コミュファ光の「光電話」とは?電話料金(通話料)や転送・ナンバーディスプレイなどオプションについて

コミュファ光は中部電力でKDDIグループの中部テレコミュニケーション株式会社が提供するインターネット接続サービスですが、それ以外にも光回線を使った固定電話サービス「光電話」も提供しています。コミュファ光電話はNTTの加入電話よりも通話料が安いんです。

そこで今回はコミュファ光電話を初心者の人でも解るような基礎知識をはじめ、電話番号が変わるのか、工事費や電話料金(通話料)などの費用、電話オプション、接続方法やルーターなど総合的に解りやすくご紹介したいと思います。

コミュファ光の光回線を使った「光電話」

コミュファ光と言えば「光回線を使った高速のインターネットが出来るんでしょ」という事は知っている人が多くいます。しかし、コミュファ光はネット接続サービス以外にも自宅の固定電話サービス「光電話」も提供しているのです。

まずは、通常のNTT加入電話とコミュファ光電話の違いについて、簡単に解りやすくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

通常はアナログやデジタル回線

一般的なNTTの加入電話を自宅で利用している人はNTTの電話回線を利用しています。

アナログ回線・デジタル回線

NTT加入電話で利用される電話回線は、以前普及していた「アナログ回線」を使って通話するのが一般的でした。その後にはISDNなどの「デジタル回線」も普及しました。

管理人
今までは自宅の固定電話で利用する回線は「アナログ回線」や「デジタル回線」を一般的に利用され普及していました。

光電話は光回線を利用する

そして今現在、自宅の固定電話で普及している回線が「光回線」です。

光電話は「光回線」が利用される

インターネット接続でも使われている「光回線」は、自宅の固定電話の回線としても利用する事が出来ます。その為、「光電話」という固定電話サービスで利用される回線は「光回線」なのです。

コミュファ光もインターネットで利用する光回線を使って提供している固定電話サービスが「光電話」という訳です。

管理人
コミュファ光の「光電話」はアナログ回線やデジタル回線を使わずに「光回線」を使った固定電話サービスという訳ですね。

電話番号が変更され変わるの?電話機はそのまま使える?

今までの自宅の固定電話で使用する電話番号は電話加入権を取得して(購入して)市外局番の電話番号を利用しなければなりませんでした。その為、現在でもそのまま加入権がある電話番号を使っている人が多くいます。もしかしたら、あなたもそうかもしれませんね。

では、アナログ回線やデジタル回線でNTTから取得した電話番号はコミュファ光電話でもそのまま利用する事ができるのでしょうか?それとも変更されて変わってしまうのでしょうか?

NTT加入権のある電話番号は「番号ポータビリティ」を利用することで、コミュファ光電話でも継続してそのまま同じ電話番号を利用する事が可能になっています。

引用:https://www.commufa.jp/services/phone/

NTT加入権のある電話番号は、コミュファ光電話へ変更するとそのまま利用するための「番号ポータビリティ」の申請とNTT電話回線の休止手続きをしなければなりません。しかし、これら申請や手続きはコミュファ光が代行してくれるので安心です。

また、今使っている電話機もそのまま利用する事が出来ます。
コミュファ光電話にするから専用の電話機を購入して用意する必要もないので、なんのリスクも面倒な事もありませんね。

管理人
NTT電話加入権のある電話番号はコミュファ光電話でも継続利用は可能ですし、その為の申請や手続きもコミュファ光が代行してくれるので心配ありません。

コミュファ光電話の詳細は正規代理店サイト

コミュファ光の光電話の工事費について

コミュファ光電話は、インターネット回線と同時に契約する事も出来ますし、インターネットが開通した後からでも光電話を契約する事も可能です。

どちらにしても、インターネットと光電話で利用する光回線は別々なので、光電話で利用する光回線の工事が必要です。その工事費は契約者が負担します。

光電話の工事費について

コミュファ光電話で利用する光回線の工事費は3,000円です。

光電話工事費
3,000円

この工事費の支払いですが、コミュファ光電話が利用できるようになった月の翌々月に請求されます。

その他必要な初期費用

コミュファ光電話の工事費以外にも以下のような初期費用が必要な場合があります。

番号ポータビリティ
工事費
2,000円
NTT休止
工事費
1契約あたり
2,000円

今までNTT加入電話で利用してきた電話番号を継続してそのまま利用する申請(番号ポータビリティ工事費)には2,000円が必要です。

また、電話番号をそのまま利用するにはNTTの回線を一旦休止する工事費として2,000円の支払いが必要です。この工事費はNTTから請求されます。

管理人
コミュファ光電話の工事費は3,000円ですね。また、電話番号を継続利用するための初期費用としては「番号ポータビリティ工事費(申請費)」とNTT休止工事費がそれぞれ2,000円必要なんですね。

安い!コミュファ光電話の月額基本料金と通話料

コミュファ光電話にするとNTT加入電話の基本料金や通話料と比較すると各段に安く利用する事が出来ます。

ここからは毎月の支払いに必要なコミュファ光電話の月額基本料と通話した分だけ支払う通話料について詳しくご紹介したいと思います。

コミュファ光電話の月額基本料

コミュファ光電話ではNTT加入電話同様に毎月の月額基本料の支払いが必要です。この月額基本料は一般的なNTT加入電話よりもコミュファ光電話はとても安くなりますので経済的です。

NTT
加入電話
コミュファ光
光電話
月額基本料 1,700円 300円

アナログ回線を利用する一般的なNTT加入電話の月額基本料は1,700円もします。通話しなくても毎月1,700円も支払わなくてはなりません。

しかし、コミュファ光電話の月額基本料はなんと300円です。
NTT加入電話の月額基本料よりも約6分の1も安くなりますので、少しでも節約したいと考えている人はインターネット回線も固定電話もコミュファ光にする事をおすすめします。

管理人
コミュファ光の月額基本料は300円ですのでNTT基本料よりも毎月1,400円も安くなり、年間で16,800円も節約出来ます。ちょっとした贅沢が出来る額ですよね。

コミュファ光電話なら電話料金(通話料)が安い

コミュファ光電話は月額基本料だけが安い訳ではありません。なんと、通話料もNTT加入電話よりも安くなります。

コミュファ光はKDDIグループなので、KDDIのauの携帯電話やスマホへの通話やauおうち電話などは「auまとめトーク」適用の場合は通話料0円です。当然、コミュファ光電話宛ての通話料も無料で0円です。

宛先電話 通話料
コミュファ光電話
宛て
0円
auおうち電話
宛て
0円
auケータイ
宛て
0円

また、国内の固定電話宛ての通話料も以下のように格段と安くなります。

一般的な
NTT加入電話
通話料金
コミュファ光電話
通話料金
固定
電話
宛て
市内
(3分)
8.5円 日本全国
一律
8円
県内市外
(3分)
20~40円
県外
(3分)
20~80円

コミュファ光電話の国内の固定電話宛ての通話料は距離に関係なく3分間一律8円です。

一律料金なので長距離通話も通話料を気にすることなく通話する事が出来ます。例えば、沖縄から北海道に通話したとしても3分8円ですからね!

管理人
KDDIグループ宛ての通話料は基本0円ですし、国内通話も3分間の通話で一律8円と安くなりますよね!NTT加入電話のままだともったいないです。

国際電話もコミュファ光電話なら安い

コミュファ光電話は国内通話料が安い事がご理解頂けたと思いますが、日本国内だけでなく海外への国際電話の通話料も大変安くなります。

通話料
1分
アメリカ(本土) 8円
カナダ 8円
ハワイ 8円
オーストラリア 40円
韓国 20円
中国 30円
フランス 22円
イギリス 22円
イタリア 22円

上記のようにコミュファ光電話から国際電話をしても通話料は格安です。NTT加入電話で国際電話をするとこの通話料の何倍もしてしまいます。

管理人
私は海外へ通話する事はないのであまり気にしたことがありませんが、コミュファ光電話は海外への通話料も安くなるんですね!

コミュファ光加入で高額キャッシュバック実施中

スポンサーリンク

コミュファ光電話のオプション(付加サービス)

コミュファ光電話には安心して利用できる充実した電話用のオプション(付加サービス)が12種類用意されています。

  1. あんしん電話着信サービス
    コミュファ光側で随時更新される詐欺や営業電話から着信すると自動で拒否するオプションサービス。
  2. 発信者番号表示サービス
    電話があると相手の電話番号が表示されるナンバーディスプレイのようなオプションサービス。
  3. 非通知着信拒否サービス
    非通知で電話してきた相手に電話番号を通知して電話するようガイダンスが流れるオプションサービス。
  4. 割込電話サービス
    通話中に着信があると今の相手を一旦保留して着信の相手と話せるキャッチホンに似たオプションサービス。
  5. 迷惑電話拒否サービス
    迷惑電話があった後に電話機でその電話番号を登録すると次回から着信拒否するオプションサービス。
  6. 転送電話サービス
    着信があると登録しておいた電話番号へ自動転送してくれるオプションサービス。
  7. 転送電話選択サービス
    登録した電話番号から着信があると転送か着信かを選択できるオプションサービス。
  8. 050オプションサービス
    050から始まる電話番号も使えるオプションサービス。
  9. 不在着信通知メールサービス
    着信があったことをメールで知らせてくれるオプションサービス。
  10. プラスナンバー
    2つの電話番号が使えるオプションサービス。電話とFAX、仕事用と自宅用など電話番号を使い分ける事ができます。
  11. プラスチャネル
    2回線分(2つの電話番号)が同時に発着信ができるオプションサービス。
  12. 電話帳掲載サービス
    電話帳(タウンページやハローページ)に電話番号を記載できるオプションサービス。

電話オプションの料金と工事費

上記のコミュファ光電話のオプションサービスは月額料金や工事費など費用が必要です。費用の詳細は以下に記載しています。

オプション名 月額料金 工事費
あんしん電話着信
サービス
300円 1,000円
発信者番号表示
サービス
400円 1,000円
非通知着信拒否
サービス
200円 1,000円
割込電話
サービス
300円 1,000円
迷惑電話拒否
サービス
700円 1,000円
転送電話
サービス
500円 1,000円
転送電話選択
サービス
200円 1,000円
050オプション
サービス
300円 500円
不在着信通知
メールサービス
100円 1,000円
プラスナンバー 100円 1,500円
プラスチャネル 400円 1,500円
電話帳掲載
サービス
60円
(1掲載)

電話オプション(付加サービス)は良いサービスなのですが1つ1つ契約すると毎月の支払い高額になってしまいますよね。そこで主要6つのオプションをパック(セット)にした「光電話付加サービス割引パックPlus」がおすすめです。

6つのオプションがセットになった電話パック

迷惑電話・営業電話を自動で着信拒否したり、相手の電話番号を表示させるナンバーディスプレイ、登録した番号へ自動転送などの主力オプションを6つにパックにした「光電話付加サービス割引パックPlus」があります。

光電話付加サービス
割引パックPlus
パック内容
  1. あんしん電話着信サービス
  2. 発信者番号表示サービス
  3. 非通知着信拒否サービス
  4. 割込電話サービス
  5. 迷惑電話拒否サービス
  6. 転送電話サービス
月額料金 990円
工事費 1,000円/契約

引用:https://www.commufa.jp/services/phone/option/discount-pack.html

これらの6つの電話オプションがパックの「光電話付加サービス割引パックPlus」は月額990円です。6つのオプションを1つ1つ契約すると総額2,400円ですので毎月1,410円もお得に6つの電話オプションが利用できる計算ですね。

コミュファ光電話のルーターと電話機の接続方法

コミュファ光電話を利用するには難しい設定や配線が必要じゃないかと思っている人も多いようです。しかし、コミュファ光の光電話への切り替えはとても簡単です。

そこで、コミュファ光電話を利用するためのルーター(ホームゲートウェイ)と電話機の接続方法と設定方法をご紹介します。

Step1 電話機とホームゲートウェイを接続する

コミュファ光でインターネット接続にも利用される機器「ホームゲートウェイ(ルーターと言う人もいる)」が設置されていると思います。

電話機とホームゲートウェイを接続する

ホームゲートウェイの裏には差込口「電話1」「電話2」がありますので、その差込口に壁にあるモジュラジャックから電話コードを差し替えてください。これで電話機とコミュファ光の機器が接続されましたね。

Step2 正しく接続出来ているかを確認する

電話機とホームゲートウェイを接続した後に【1519】へダイヤルしてください。正常にコミュファ光電話が利用できる状態だとガイダンスが流れます。

万が一、ガイダンスが流れない場合には、以下のコミュファ光の電話番号へ問い合わせしてみてください。
0120-218-919(受付時間:9時~20時)

管理人
NTT加入電話の電話番号を継続利用しない(番号ポータビリティをしない)場合は、これで接続設定は終了です。

Step3 番号ポータビリティ

今までNTT加入電話等で使っていた電話番号をそのまま継続して利用し、コミュファ光のインターネットを契約し利用中で途中から光電話を加入した場合には「番号ポータビリティ」の申し込みが必要です。

Step2で正しく接続が出来ている事を確認できれば1518】にダイヤルしてください。

【1518】にダイヤルするとオペレーターに繋がり、電話番号を継続利用できるようにする「番号ポータビリティ」の工事日をお知らせしてくれます。

番号ポータビリティ申し込み後、元に戻す

【1518】にダイヤルした後は、番号ポータビリティ工事日まで電話出来ないため、ホームゲートウェイに差した電話コードを元のモジュラジャックに差し戻ししてください。

Step4 番号ポータビリティ工事日

Step3でオペレーターから教えてもらった工事日・工事時間に、ホームゲートウェイの差込口「電話1」か「電話2」に電話コードを差してください。

番号ポータビリティ工事日に再度電話コードを差す

電話機で発着信出来るかを確認して問題なければ設定がすべて完了です。

管理人
コミュファ光の光電話の設定は基本電話機とホームゲートウェイを接続するだけです。電話番号を継続利用する場合にのみ申請等が必要になりますが、特に難しい接続方法や設定方法は必要ありませんね。

まとめ

今回はコミュファ光の光電話について総合的にご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?一般的なNTT加入電話はアナログ・デジタル回線を利用しますが、光電話はインターネットでも利用される光回線を利用する固定電話サービスです。NTT加入電話で利用してきた電話番号を継続して使えますし、月額基本料金や通話料(電話料金)もNTT加入電話よりも格安に利用できる点が大きなメリットです。また、ナンバーディスプレイや転送などのオプションも充実していますね。接続方法や設定方法も初心者の人でも簡単に出来ますのでインターネットをコミュファ光で検討している人は自宅の固定電話も光電話へ切り替えてみてはいかがでしょうか?

コミュファ光のお申し込みはこちら
正規代理店キャンペーンサイト

評判が酷い?コミュファ光の速度やサービス内容から評判が悪いのか調べてみた

2018.03.01

コミュファ光テレビとは?チャンネル番組表や料金紹介、NHK受信料は必要?BS 4Kにも対応!

2018.01.19

コミュファ光の料金センター!料金プラン(明細)を詳しく解説してみた

2016.09.13

【2018年12月版】コミュファ光のキャンペーンを公式と代理店で比較したら驚いた

2016.06.16

スポンサーリンク