コミュファ光でWi-Fi(ワイファイ)が繋がらない・電波弱い時には中継器?料金やルーターについて

コミュファ光でインターネットをするならWi-Fi(ワイファイ)で接続すると便利です。しかし、コミュファ光でWi-Fiを使う場合の料金や利用する機器・ルーターが解りませんよね。また、電波弱いかったり不安定・切れる時に繋がらない、繋がりにくい場合には中継器を使うといいようです。

そこで今回はコミュファ光を契約してインターネット接続する際にLANケーブルを使わずにWi-Fiで接続するために必要な情報を初心者の人でも解りやすくご紹介したいと思います。

コミュファ光でWi-Fi(ワイファイ)を利用する方法

Wi-Fi(ワイファイ)接続するとLANケーブルなど線を使わずにインターネットに接続できるので配線の事を気にする事なく便利になります。

ここからコミュファ光でインターネットネットが利用できるようになるまでと、Wi-Fi接続する方法をイラストを交えながらご紹介します。

光回線を使ったインターネット接続サービス

コミュファ光は中部電力系でKDDIグループの中部テレコミュニケーション株式会社が「光回線」を使ってインターネットに接続できるサービスです。

使う光回線は工事で電線から引き込む

コミュファ光で使われる光回線は、自宅の電柱から自宅やマンションなどの建物へ引き込む回線開通工事が必ず必要です。しかし、光回線を自宅内へ引き込んだだけではインターネットは利用出来ません。

光回線終端装置(ONU)が自宅内に設置

コミュファ光以外の光回線を使ったインターネット接続サービスでは、「光回線終端装置(ONU)」という機器を自宅内に設置して自宅内に引き込まれた光回線と繋げます。

光回線終端装置(ONU)という機器を設置

光回線終端装置(ONU)の事をモデムと呼んでいる人もいます。この光回線終端装置の役割は、光回線で利用される光信号をパソコンやスマホで使えるようデジタル信号に変換する重要な機器です。

そのような役割があるため、光回線終端装置(ONU)ではWi-Fiは利用できません。

コミュファ光のホームゲートウェイにはWi-Fi機能搭載

上記でご紹介した光回線終端装置(ONU)ですが、コミュファ光の場合は「ホームゲートウェイ」と呼ばれる機器が光回線終端装置の代わりに設置されます。

コミュファ光ではホームゲートウェイが設置

この自宅内に設置されるホームゲートウェイは1台で以下の3つの役割があります。

  1. 光回線終端装置
  2. 光電話モデム
  3. Wi-Fi機能

3つの機能(役割)を持つホームゲートウェイ

コミュファ光で自宅内に設置される「ホームゲートウェイ」は、光回線終端装置のように光信号をデジタル信号へ変換する機能がメインです。その他に光回線を使った通話サービス「光電話」にも利用されます。

そして、今回ご紹介するWi-Fi機能もこのホームゲートウェイに標準装備されているのが最大の特長です。

コミュファ光の自宅に設置されたホームゲートウェイのWi-Fi機能を利用すれば、すぐに自宅内がWi-Fi環境になり、ノートパソコンやスマホ、タブレットなどWi-Fiに対応した機器で簡単にインターネット接続する事が可能です。

その為、別途無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を設置する必要もありません。

管理人
コミュファ光でWi-Fi接続したい場合は、別途無線LANルーターなどの機器を購入して設置する必要がありません。「ホームゲートウェイ」と呼ばれる設置された機器にWi-Fi機能が付いているので、その機能を利用すればWi-Fiでインターネット接続が可能です。

コミュファ光代理店キャンペーンサイトで申し込むと3万円キャッシュバック中

コミュファ光でWi-Fi利用は別途料金が必要?

上記でご説明したように、コミュファ光の開通工事の際に自宅内に設置される「ホームゲートウェイ」をいう機器にはWi-Fi機能が搭載されています。

しかし、そのWi-Fi機能を利用するには、コミュファ光の月額料金以外に別途料金が必要なのでしょうか?

Wi-Fi機能は無料で利用できる

ホームゲートウェイと呼ばれる機器はコミュファ光以外のインターネット接続サービスでも設置される事があります。他社サービスだとWi-Fi機能が搭載しているホームゲートウェイでもWi-Fiを利用するには別料金の支払いが必要な場合が多いです。

しかし、コミュファ光の場合はホームゲートウェイのWi-Fi機能は無料で利用できます。

ホームゲートウェイ
Wi-Fi機能使用料
無料

その為、コミュファ光の場合はWi-Fiを利用するにあたりインターネットの月額料金以外の料金の支払いは必要ありません。

管理人
ホームゲートウェイのWi-Fi機能は無料で利用できるので、コミュファ光月額料金以外の支払いは必要なくWi-Fiが利用できるのは嬉しいですね。

コミュファ光のWi-Fiで別の部屋では繋がらない場合

コミュファ光に限らない話ですが、Wi-Fi(ワイファイ)という電波は壁などの障害物は通しにくい性質があります。

その為、ホームゲートウェイなどWi-Fiを発信する機器を設置した部屋以外の部屋でWi-Fi接続しようとすると繋がりにくい場合があり、繋がらない場合もあります。

2階など別の部屋だとWi-Fiが繋がらない場合がある

例えば、ホームゲートウェイを1階のリビングに設置したとします。

その設置したリビング以外の1階の離れた部屋でWi-Fi接続しようとすると繋がらない場合があります。また、特に2階の部屋など壁や床を通る機会が多い部屋でWi-Fi接続するとWi-Fiの電波が弱いため繋がらない場合も考えられます。

繋がらない・繋がりにくい場合は中継器を使おう

コミュファ光のホームゲートウェイでWi-Fi接続しようとした時、設置した部屋なら問題なくWi-Fi接続出来るのに、設置した部屋から離れた部屋で利用する場合には電波が弱い可能性があり繋がりにくい事があります。最悪の場合は繋がらない時もあるでしょう。

そのような時には中継器を設置すると良いでしょう。

中継器を設置する事で、Wi-Fiの電波が弱いため繋がりにくい、速度が遅い、Wi-Fiが切れる、など不安定の場合に役に立つ機器です。

中継器を使うとWi-Fiが安定

他の部屋ではWi-Fiが繋がらない・繋がりにくいという場合には、Wi-Fiが届く範囲内に中継器を設置すると解決する場合があります。中継器には置き型タイプとコンセント差込タイプがありますが手軽でオススメなのはコンセント差込タイプです。

引用:https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1094022.html

Wi-Fi中継器はこちら(Amazon)

この中継器を設置すると、コミュファ光のホームゲートウェイから発信されたWi-Fiを受け取り、再度この中継器がWi-Fiを発信します。

中継器を設置すれば広範囲でWi-Fiが使える

その為、Wi-Fiが弱い部屋や繋がらない部屋でも広範囲でWi-Fi接続できるようになります。

管理人
コミュファ光のホームゲートウェイ設置部屋以外でWi-Fi接続した際、電波が弱いために繋がりにくい・繋がらない・遅い・切れるという場合には中継器が便利なんですね。

コミュファ光のサービス内容詳細はこちら

コミュファ光のWi-Fi接続に必要なパスワードや設定方法

上記ではコミュファ光でWi-Fi(ワイファイ)を利用する場合には無線LANルーター(Wi-Fiルーター)の設置は不要で、ホームゲートウェイのWi-Fi機能を利用すれば追加料金なく無料でWi-Fiが利用できるとご紹介しました。

そこでここからは、コミュファ光のホームゲートウェイでWi-Fi接続するために必要なパスワードや設定方法などをご紹介したいと思います。

Wi-Fi接続には暗号キー(パスワード)が必要

まず、コミュファ光でWi-Fi接続に必要なものは「暗号キー」です。暗号キーというと難しそうに見えますが、簡単に言い換えればパスワードです。

引用:https://www.commufa.jp/step/howto/lan/

Wi-Fi接続に必要な暗号キー(パスワード)は、ホームゲートウェイの側面に「暗号キー(AES)」の箇所に記載されています。

暗号キーが記載されている箇所には、その他に重要な「SSID」という番号が記載されています。このSSIDもWi-Fi接続に必要な番号です。

コミュファ光のWi-Fi接続方法

Wi-Fi対応のパソコンで、コミュファ光でWi-Fi接続してインターネットをする方法をご紹介します。

パソコンのネットワークアイコンをクリックすると、コミュファ光のホームゲートウェイに記載されていたSSIDが表示されているはずです。

引用:https://www.commufa.jp/step/howto/lan/10.html

記載されていたSSIDと同じ番号をクリックして「自動的に接続」にチェックを入れて接続ボタンを押します。

引用:https://www.commufa.jp/step/howto/lan/10.html

接続ボタンを押すと「ネットワークセキュリティキーの入力」という入力できる項目があるので、そこにホームゲートウェイに記載されていたパスワード「暗号キー」を入力し、次へボタンを押すとインターネットに接続完了です。

引用:https://www.commufa.jp/step/howto/lan/10.html

意外に簡単にコミュファ光でWi-Fi接続出来る事がご理解頂けたと思います。

上記ではパソコンの設定をご紹介しましたが、スマホを利用している人はWi-Fi接続する機会が多いと思いますので設定方法は省略しますが、パソコンの設定とほぼ同じ流れでWi-Fiに接続する事が出来ます。

まとめ

今回はコミュファ光を契約するとどのようにすればWi-Fi(ワイファイ)でインターネットに接続できるのようなるのかを詳しくご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?コミュファ光の場合は光回線終端装置と光電話のモデムを兼ね備えたホームゲートウェイという機器が自宅に設置されます。このホームゲートウェイにはWi-Fi機能が標準装備されており、無線LANルーターを別に設置しなくてもWi-Fiが利用できる事が解りましたね。また、ホームゲートウェイにはWi-Fi機能を利用する際は別途使用料などは不要で無料でWi-Fi機能が使える事も解りました。Wi-Fiという電波は障害物に弱いので設置した別の部屋では繋がらない・繋がりにくいという現象が起きてしまう可能性があります。そのような場合はご紹介したように中継器を途中に設置する事で広範囲でWi-Fiが利用できるようになります。Wi-Fiは便利ですが初期設定や設置等が難しいと思っている人も多くいるようですが、コミュファ光の場合はホームゲートウェイにWi-Fi機能が備わっているので別途ルーターを設置する事も必要なく設定も難しくないのでおすすめです。

コミュファ光のお申し込みはこちら
キャッシュバックキャンペーン中

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!