OCN光ファミリーの特徴・料金・工事費がすぐわかる!集合住宅でもファミリータイプになる場合って?

OCN光は、プロバイダとして有名なOCNが提供する光コラボレーションと呼ばれるインターネット接続サービスです。OCN光で光回線を使うなら、一戸建てにお住まいの方はもれなく「OCNファミリー」プランに加入することになります。加入する前にはプランの内容や特徴を知っておきましょう。

また、集合住宅にお住まいの方でも「OCNファミリー」での契約が必要になることがあります。

そこで今回は、OCN光の戸建て向けプラン「OCNファミリー」の特徴や料金、集合住宅でも「OCNファミリー」で契約となるパターンについて解りやすくご紹介してみたいと思います。

OCN光の申し込みで
10,000円キャッシュバック!
▼詳細はこちら▼


【2019年11月版】OCN光のキャンペーンを徹底比較!キャッシュバックで新規でも転用でもお得に加入する方法

OCN光ファミリーは戸建て向けのプラン

今回はOCN光の戸建て向けプランである「ファミリー」についてご紹介しますが、そもそもOCN光とはどんなサービスなのか解らないインターネット回線の初心者の人もいる事だと思います。

そこでまずは、OCN光の特徴からご紹介してその後にOCN光ファミリーについてご紹介します。

OCN光の特徴

まずは、OCN光の特徴を紹介します。

OCN光は、NTTのフレッツ光の光回線をOCNが提供する「光コラボ」です。

光回線とプロバイダが一体化しているため、料金の支払い先は1つで済みます。また、問い合わせ先も一本化されており、トラブルが起こったときにも相談先を迷うことがありません。また、料金面では2年契約で料金がお得になる「2年割」や、格安SIMのOCNモバイルONEとのセット割が用意されています。

管理人
OCN光とは光コラボと呼ばれるNTTの光回線を利用して提供されているインターネット接続サービスで、プロバイダOCNとセット契約するんですね。

OCN光ファミリーの月額料金

OCN光のプランは「戸建て向け」と「マンション向け」の2種類です。があり、「OCN光ファミリー」は戸建て向けのプランです。

他の光回線同様、OCN光ファミリーの月額料金はマンション向けプランよりも高くなっています。

※以下のすべての金額は税別です。

OCN光
プラン
標準
月額料金
2年自動更新型
割引適用後
OCN光
ファミリー
6,200円5,100円
OCN光
マンション
4,700円3,600円

OCN光ファミリーの月額料金は標準料金では6,200円なので、一見高いと感じるかもしれません。しかし、2年自動更新の割引を適用すれば月額5,100円となり標準の月額料金より毎月1,100円も割引されます。これは光回線の中では特別高くも安くもなく、平均的な月額料金と言えます。

管理人
OCN光ファミリーは集合住宅向けのマンションプランよりも月額料金は高いですが、これはOCN光に限った事ではありません。

機器のレンタル代について

OCN光をNTT東日本エリアで契約する人は、別途無線LANルーターをレンタルする必要な場合があります。以下の場合にはOCN光の月額料金とは別に無線LANルーターのレンタル料が毎月必要です。

東日本エリアで光サービスメニューが1GかつOCN ひかり電話をご利用の場合、無線LANルーターのレンタル代金(月額300円)が必要
引用:https://www.ntt.com/personal/services/internet/hikari/ocnhikari/charge.html
光サービス
メニュー
東日本エリア西日本エリア
1G無線LANルーター
300円
無線LANカード
100円
200M/100M無線LANカード
100円

無線LANルーターのレンタル代は東日本エリアで300円、西日本エリアは無料です。OCN光の固定電話サービス「OCN光でんわ」を利用する場合には無線LANカードが必要となります。

無線LANルーターのレンタルは必須ではありませんので、自分でルーターを購入して使用することも可能です。安い物なら5,000円程度から購入できます。また、ルーターは機器によって性能が異なるため、好みの機種を使いたい人も自分で購入することをおすすめします。

管理人
OCN光ファミリーでの契約は場合によっては月額料金とは別に月額300円の無線LANルーターのレンタルも必要なんですね。

OCN光新規契約でキャッシュバック中

OCN光ファミリーの有料オプションについて

上記では簡単にOCN光の戸建て向けプラン「ファミリー」についてご紹介しました。実はOCN光にはインターネット接続サービス以外にも様々な有料オプションサービスも提供しています。

そこでここからは、OCN光ファミリーのメインオプションサービスである「OCNひかり電話」、「OCNモバイルONE」についてそれぞれがどんなサービスなのかを詳しく紹介します。

OCNひかり電話

OCN光ファミリー以外のマンションで契約する人も契約可能な有料オプションサービスが「OCNひかり電話」です。ご存知の人も多い事だとは思いますが「OCNひかり電話」は光回線を使用したIP電話です。要は光回線を使った「固定電話サービス」です。

基本プランアドバンスプラン
月額利用料500円1,500円
月額利用料に
含まれる
通話料金
480円分の通話
<最大3時間相当>
月額利用料に
含まれる
通話料金を
超過後の通話料
8円/3分
月額利用料に
含まれる
付加サービス
・発信者電話番号表示
・発信者電話番号通知リクエスト
・通話中着信
・転送電話
・迷惑電話お断り
・着信お知らせメール

OCNひかり電話には「基本プラン」と「アドバンスプラン」があり、月額料金と契約内容に上記のような違いがあります。シンプルな電話機能のみの基本プランなら月額500円です。既にNTT一般加入電話を契約中で固定電話の料金を安くしたいと考えているOCN光ファミリー契約者にはおすすめの固定電話サービスです。

詳しくは下記の関連記事にてご確認ください。

OCN光の固定電話サービス「ひかり電話」の電話番号は変わる?料金(通話料)や転送、ルーターについて

OCNモバイルONE

OCNモバイルONEは、OCNが提供する格安SIMです。MNP(番号ポータビリティ)で、携帯電話番号をそのままに乗り換えられます。

音声対応SIM は月々1,600円~の低料金ですが、OCN光ファミリーとの併用でさらに割引となります。

「OCN光ファミリー」と「OCNモバイルONE」を併用する場合には、月々の携帯料金から毎月200円が割引になります。最大5契約・合計1,000円まで割引が割引となるので、支払いの合計金額を抑えたいならスマホもセットにするとお得です。

OCNモバイルの詳細はこちら

その他のオプション

OCN光ファミリーのインターネット契約をすると、任意で以下のようなオプションサービスに契約する事が可能です。インターネットやPCの扱いに慣れている人なら不要なものが多いかもしれません。

オプション
サービス
料金概要
おまかせ
マルチパック
950円マイセキュア、
OCNプレミアムサポート、
マイポケットのセット
マイセキュア
(5ライセンス)
500円セキュリティ
OCNプレミアム
サポート
500円遠隔操作サポート
マイポケット500円ストレージ
(最大128GB)
メールウイルス
チェックサービス
300円受信メールの
ウイルス対策
迷惑メール
ブロックサービス
1アドレス
200円
迷惑メール対策
ファミリーメール250円メールアドレス追加
ひかりTV1,500円〜VOD
テレビオプション750円地デジ受信
OCNリモート
サポートサービス
500円電話・遠隔操作サポート

OCN光ファミリーの解約金について

OCN光ファミリーをこれから契約予定でも簡単でも良いので解約についても理解しておきましょう。

OCN光ファミリーを解約するときは、電話で解約の意思を伝え、レンタルしている機器を返却すれば手続き完了となります。しかし、契約状況や期間によっては解約金(違約金)の支払いが必要となります。

解約金について

OCNファミリー、OCNマンションのどちらで申し込んでも、2年自動更新で契約している場合には2年に1度訪れる契約月以外の時期に解約すると違約金が発生します。

契約月は、開通した月の翌月から数え始めて25ヶ月目・26ヶ月目です。この2ヶ月間以外の期間に解約した場合には、違約金として11,000円をOCN光に支払わなければなりません。

OCN光
プラン
標準
プラン
2年自動更新型
割引適用後
OCN光
ファミリー
解約金
11,000円

解約月以外のタイミングでも解約したい場合には、違約金分のキャッシュバックがある(違約金を負担してくれる)光回線を選びましょう。公式サイトでの契約には違約金負担がなくても、正規代理店を経由して申し込めばキャッシュバックを受けられる場合もあります。

OCN光ファミリーの解約については、下記に関連記事に詳しく記載しております。

失敗しないOCN光の解約方法!解約金(違約金)や電話番号、工事などまとめ

集合住宅でも「OCN光ファミリー」で契約となる場合

OCN光の「OCN光ファミリー」は戸建住宅(一戸建て)にお住まいの方が対象です。その為「私は集合住宅に住んでいるから関係ないね!」と思った人は大間違いです。

実は集合住宅にお住まいの場合でも「OCN光ファミリー」での契約を求められることがあります。

そこでここからは、どのような場合に集合住宅に住んでいてもOCN光マンションではなく「OCN光ファミリータイプでの契約が必要なのかを以下で詳しく解説します。

OCN光ファミリーでの契約が必要な集合住宅とは

一般的に、集合住宅にお住まいの方がOCN光を契約する際には「OCN光マンション」で契約します。しかし、中には集合住宅であってもマンションタイプでの契約ができず、戸建て住宅向けの「OCN光ファミリー」での契約となる場合があります。

「集合住宅なのに、なぜ戸建て向けのプランでの契約となるの?」という疑問は、集合住宅でどのように光回線が届けられているのかを知ることで解消できます。

光回線を分けるには回線終端装置が必要

集合住宅では、電柱から建物内部に引き込んだ光回線を、光回線を集合住宅内で分け合うには、共有部分に「回線終端装置」が設置されている必要があります。

集合住宅には「回線終端装置」が必要

つまり、集合住宅では1本の光回線を各戸で共有している(分け合っている)ということです。そのため、集合住宅では戸建て住宅よりも月額料金が安く設定されています。

しかし、マンションやアパートによってはこの「回線終端装置」がない建物もあります。

「回線終端装置」がない集合住宅はファミリー

「回線終端装置」がない集合住宅の場合には、光回線を部屋まで引き込まなければなりません。これは一戸建てで光回線を引き込むときと同じ方法ですので、料金も戸建て用の「OCN光ファミリー」が適用されるのです。

管理人
集合住宅であっても建物自体に「回線終端装置」がない場合は「OCN光ファミリー」で契約しなければならないんですね。

お住まいの住宅が「ファミリー」か「マンション」か

ここまで、集合住宅であっても「OCN光マンション」ではなく「OCN光ファミリー」で契約しなければならない場合があるとご紹介しました。

「自分のマンションはOCN光マンションでの契約ができるのか」確かめたい方は、フレッツ光の提供エリアを確認すればわかります。光コラボであるOCN光は、フレッツ光の回線を使用しているため提供エリアは同じです。

お住まいの集合住宅が「OCN光マンション」で契約可能か「OCN光ファミリー」で契約しなければならないかはエリア検索する事で解ります。

詳しいOCN光のエリア検索方法は以下の関連記事にてご確認ください。

【エリア検索】OCN光を提供しているエリアを検索する方法

まとめ

今回はOCN光のファミリープランについて詳しくご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。OCN光には戸建住宅向けの「OCN光ファミリー」と集合住宅向けの「OCN光マンション」の2つのプランがあります。基本的に集合住宅に住んでいる人は「OCN光マンション」で契約しますが建物に回線終端装置がない場合は例え集合住宅であっても「OCN光ファミリー」で契約しなければなりません。

OCN光新規契約はこちら
正規代理店キャンペーンサイト

違いは何?「OCN光withフレッツ」と「OCN光」の違いについて徹底比較して解説してみた!

完全版!OCN光の引っ越し手続き方法!移転工事費用や違約金は必要?乗り換えも検討しよう!

2019年度版OCN光の速度は糞って評判は本当?利用者の口コミから評判を判断しよう!

料金は高い?OCN光の料金内訳(料金明細)を確認してみしょう!2019年度版


忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!