OCN光からドコモ光への乗り換えはメリットかデメリットか?乗り換え方法や違いを詳しく解説!

OCN光からドコモ光へ乗り換えを検討している人向けに乗り換えるメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

OCN光もドコモ光も光回線を利用して提供されているインターネット接続サービスですが、契約内容や月額料金など全然違う部分が多くあります。

そこで今回はOCN光からドコモ光へ乗り換え(切り替え)を検討している人に、OCN光からドコモ光へ乗り換えた場合に考えられるメリットやデメリットを含めて、サービスや料金の違い、乗り換え方法など初心者の人でも解りやすくご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

OCN光からドコモ光へ変更すると何が変わる?

OCN光からドコモ光へ乗り換えに関する情報をご紹介する前に、OCN光からドコモ光へ乗り換えると何が変更になるのでしょうか?それぞれの違いを簡単にご紹介してみたいと思います。

提供先・契約先に違いがある

OCN光とドコモ光の大きな違いとして挙がられるのが提供先・契約先(契約会社)の違いです。

 サービス名  契約先
 OCN光  NTTコミュニケーションズ株式会社
ドコモ光  株式会社NTTドコモ

OCN光の場合はNTTコミュニケーションズ株式会社と契約しますが、ドコモ光の場合は株式会社NTTドコモと契約します。OCN光とドコモ光はどちらもNTTグループですが提供している会社が異なるため契約先に違いがあります。

同じNTTグループ会社ではありますがOCN光からドコモ光へ乗り換えると契約先も当然変わる事になります。

光回線は同じフレッツ光

OCN光もドコモ光もインターネットに接続する為に利用される光回線は、NTT東日本・NTT西日本が所有している光回線を借りて提供されています。フレッツ光で利用されている光回線とまったく同じ回線なんです。

OCN光もドコモ光も同じ光回線を利用

上記の簡単なイラストを見て頂ければ何となくご理解いただけると思いますが、OCN光もドコモ光もNTT東日本とNTT西日本が所有している光回線を借りて提供しているインターネット接続サービスです。

その為、OCN光からドコモ光へ乗り換えても光回線に違いはありません。

ドコモ光ならプロバイダを選べる

インターネットに接続するためには、光回線の他に「プロバイダ」も重要な役割を果たしています。プロバイダは日本語にすれば「インターネット接続事業者」でインターネットに接続してくれる会社です。

OCN光のプロバイダは「OCN」限定でOCN以外のプロバイダを利用する事は出来ません。一方、ドコモ光の場合はドコモ光に対応したプロバイダ数社から選ぶ事が可能です。

 利用できるプロバイダ
 OCN光 OCNのみ
 ドコモ光 ドコモ光対応の20社以上の
プロバイダから選択可能

OCN光は「光回線」と「プロバイダOCN」をセットで契約するため他のプロバイダを利用する事が出来ませんし変更する事もできません。

しかし、ドコモ光なら20社以上のプロバイダから好きなプロバイダを選択する事が出来ます。また後々でプロバイダだけ変更する事も可能なんです。

月額料金に違いがある

OCN光からドコモ光へ乗り換えると契約内容が変わりますし、毎月支払う月額料金も変わってきます。

 一戸建てタイプの
月額料金
 マンションタイプの
月額料金
 OCN光  5,100円 3,600円
 ドコモ光 Aタイプ:5,200円
Bタイプ:5,400円
Aタイプ:4,000円
Bタイプ:4,200円

上記で「ドコモ光はプロバイダを選べる」とご案内しましたが、選べるプロバイダによって「Aタイプ」と「Bタイプ」で分かれており月額料金も違いがあります。

OCN光からドコモ光へ乗り換えると、月額料金が一戸建てタイプの場合「100円~300円」高くなり、マンションタイプの場合は「400円~600円」高くなります。

ドコモ光の詳細はプロバイダ公式サイトへ

OCN光からドコモ光へ乗り換えるデメリット

現在契約して利用しているOCN光からドコモ光へ乗り換える場合に考えられるデメリットをご紹介したいと思います。

OCN光からドコモ光へ乗り換えると良い事もあるでしょうが悪いデメリットも知っておいた方がいいと思いますのであえてご紹介したいと思います。

デメリット1:開通工事が再度必要

上記でOCN光とドコモ光はNTT東日本とNTT西日本が所有している光回線を借りているとご紹介しました。その為、現在利用しているOCN光の光回線をそのまま利用できると思っている人が多くいるようです。

しかし、OCN光からドコモ光へ乗り換えると再度あらたに開通工事が必要になります。

各サービスでNTTから割り当てられている光回線

もう1度説明しますがOCN光もドコモ光もNTT東日本・西日本が所有する光回線を借りて提供しているので光回線に違いがありません。しかし、光回線は各サービス毎に割り当てられており、OCN光で利用してきた光回線をそのままドコモ光で利用する事ができません。

その為、OCN光からドコモ光へ乗り換える場合は、OCN光で利用してきた光回線を再利用する事が出来ず、ドコモ光に割り当てられた光回線を引き込む開通工事が必要になってしまいます。

ドコモ光の光回線を引き込む工事費は以下です。

戸建てタイプ マンションタイプ
開通工事費 18,000円 15,000円
管理人
OCN光からドコモ光へ乗り換える場合は「転用」のような簡単な手続きで乗り換えられず新規契約扱いになります。ドコモ光で利用する光回線を引き込む工事が必要なのはデメリットかもしれません。

デメリット2:月額料金が高くなる

上記でドコモ光のプロバイダは数社から選択できるとご説明しました。

ドコモ光のプロバイダを例えばOCNにすると、今まで利用してきたOCNのメールアドレスやプロバイダのオプションは継続して利用する事が可能になりますが月額料金が高くなります。

以下の料金はOCN光とドコモ光でプロバイダをOCNに選択した場合の月額料金です。

 一戸建てタイプの
月額料金
 マンションタイプの
月額料金
 OCN光 5,100円 3,600円
 ドコモ光 5,400円 4,200円

一戸建ての人が適用されるファミリータイプで比較するとOCN光は月額5,100円ですがドコモ光は月額5,400円で300円高くなります。

また、アパートやマンションの人が適用されるマンションタイプで比較するとOCN光は月額3,600円ですがドコモ光は月額4,200円で600円も高くなります。

管理人
ドコモ光はOCN光と比較すると月額料金が高くなりますが、ドコモのスマホを契約している人であれば「セット割」が適用されて毎月のスマホ代が割引されるのでドコモ光の方が安く使える場合もあります。後で詳しくご紹介します。

デメリット3:OCN光の解約金が必要

OCN光からドコモ光へ乗り換える場合、OCN光を解約してドコモ光へ新規契約する手順となります。

基本的に多くの人はOCN光の契約は2年契約(24ヶ月契約)の自動更新です。

契約更新月以外の解約には解約金が必要

OCN光は2年契約で2年経過後の25ヶ月目と26ヶ月目が契約更新月となります。契約更新月にOCN光を解約しても解約金の支払いは不要ですが、契約更新月以外のOCN光の解約には11,000円の解約金が必要です。

その為、OCN光からドコモ光へ乗り換える時期がOCN光の契約期間中であればOCN光の解約金11,000円の支払いが必要になってしまいます。

管理人
一番良いのはあなたのOCN光の契約期間を調べて契約更新月に解約できるようドコモ光を調節して申し込むと解約金が必要なく良いですよね。

OCN光からドコモ光へ乗り換える最大のメリット

上記でご紹介してきたようにOCN光からドコモ光へ乗り換えると、開通工事が必要ですし工事費の支払いも必要です。またOCN光よりもドコモ光の月額料金は高いし、OCN光の契約更新月以外に解約すると11,000円もの解約金の支払いが必要です。

なんだかOCN光からドコモ光へ乗り換えてもデメリットばかりでメリットがないように思えてきますよね。

しかし、最大のメリットは1つ。

ドコモのスマホを契約しているならドコモ光も契約することでセット割が適用できる点です。

ドコモ光セット割とは

ドコモユーザーがOCN光からドコモ光へ乗り換えると「ドコモ光セット割」が適用されます。

セット割適用で毎月のスマホ代が割引に!

自宅の光回線を「ドコモ光」に、そしてスマートフォンも「ドコモ」にして両方ドコモの契約になると「ドコモ光セット割」が適用され、スマートフォン代が毎月割引されます。

ドコモ光セット割の割引額は、スマートフォンの契約内容になって異なっています。割引額は以下でご紹介しています。

シェアパックの割引額

ドコモのスマートフォンのパケットをシェアする事で携帯代金が安く利用できる「シェアパック」。そんなシェアパックでドコモのスマートフォンを契約している場合、ドコモ光も契約する事で適用になるドコモ光セット割の割引額は以下です。

シェアパック  ドコモ光セット割
割引額
 ウルトラ
シェアパック100
毎月
3,500円割引
 ウルトラ
シェアパック50
毎月
2,900円割引
 ウルトラ
シェアパック30
毎月
2,500円割引
 シェアパック15 毎月
1,800円割引
 シェアパック10 毎月
1,200円割引
 シェアパック5 毎月
800円割引

データパックの割引額

上記のようにパケットを家族でシェアする「シェアパック」ではなく、ドコモのスマホをデータパックで契約している場合、ドコモ光も契約する事で適用になるドコモ光セット割の割引額は以下です。

データパック  ドコモ光セット割
割引額
 ウルトラ
データLLパック
毎月
1,600円割引
 ウルトラ
データLパック
毎月
1,400円割引
データMパック 毎月
800円割引
データSパック 毎月
500円割引
 ケータイパック 毎月
500円割引
管理人
OCN光からドコモ光へ乗り換えると、OCN光にはないセット割が適用できます。ドコモ光セット割の割引額は今のドコモスマホの契約プランによって上記のように異なっています。

お得にOCN光からドコモ光へ乗り換える方法

上記で散々ご紹介してきましたように、OCN光からドコモ光へ乗り換える場合は「転用」のような簡単な手続きでは乗り換える事が出来ません。

ドコモ光を申し込んで無事に開通してからOCN光を解約する方法であれば、インターネットに接続出来ない時期がないのでおすすめです。

そこで、ここからはOCN光からドコモ光へお得に申し込める方法をご紹介したいと思います。

ステップ1 ドコモ光の新規申し込みをする

現在契約中のOCN光を解約してドコモ光を申し込んでしまうと、すぐにOCN光が解約されてしまいインターネットに接続できない時期が生まれてしまいます。

その為、まずは乗り換えるドコモ光の新規契約の申し込みを行いましょう!

プロバイダ「とくとくBB」だと特典満載!

ドコモ光のプロバイダであるGMOとくとくBBのキャンペーンサイトからドコモ光を申し込むと、なんと高額キャッシュバック高機能Wi-Fiルーターが無料でレンタルできるなどの多数の特典があります。

また、ドコモ光のプロバイダOCNを選択するよりも、このGMOとくとくBBにプロバイダを選択した方が毎月ドコモ光の月額料金が200円も安いのでおすすめですよ。

GMOとくとくBB公式キャンペーンサイト

ステップ2 回線工事日を決定する

ドコモ光の新規契約の申し込みが終わると、ドコモ光で利用する光回線を自宅へ引き込む為の開通工事の日程を決めます。

申し込み後、光回線を所有するNTT東日本・NTT西日本の回線工事業者から電話がありますので、あなたが在宅している日程と合わせて回線工事業者が工事にやってきます。

基本的に「〇月〇日の〇時頃はいかだでしょうか?」など日時を指定されてきますのであなたのスケジュールにあった日程を決めてください。

ステップ3 OCN光の解約手続き

ドコモ光の回線工事日が決定したら、次にOCN光の解約手続きに入ります。

OCN光へ「ドコモ光へ乗り換えるので解約したい」旨の電話を行うだけです。

ここで重要なのがOCN光の解約日です。
ドコモ光の開通工事日の後の日を前もって解約予約しておけば、すぐにOCN光を解約される事がなくドコモ光の開通日以降に解約されるため、インターネットに接続できない時期をなくす事が出来ます。

ステップ4 OCN光の撤去工事とドコモ光の開通工事

ステップ2で工事業者と打ち合わせた日時にドコモ光で利用する光回線を引き込む工事のため、工事業者が自宅へ訪問してきます。

ドコモ光の光回線を引き込む工事の際には、今までOCN光で利用してきた光回線の撤去工事も同時に行われます。撤去工事には別途工事費用が請求される場合があります。

ステップ5 無事にOCN光からドコモ光へ乗り換え完了

ドコモ光の回線工事とOCN光の回線撤去工事が終わると、回線がドコモ光へ切り替わります。利用するパソコンやスマホなどの設定を変更すれば無事にOCN光からドコモ光へ乗り換えが完了します。

とても難しいように感じますが乗り換え自体は難しい作業ではありませんし、ドコモ光のサポートセンターへ問い合わせすれば親切に対応してくれるので安心してOCN光からドコモ光へ乗り換える事ができるでしょう。

まとめ

今回はOCN光からドコモ光へ乗り換える人の為に乗り換えた際のメリットやデメリット、それぞれのサービス内容、契約内容、月額料金などの違いをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?ドコモ光はOCN光よりも月額料金が高くなりますが、ドコモスマホとセットで契約する事で適用できる「ドコモ光セット割」でスマホ代が毎月割引されますし、プロバイダもOCN以外の対応した数社のプロバイダを利用できるのがドコモ光の最大のメリットでしょう。乗り換え自体も難しそうですがそんな事はありませんし、プロバイダGMOとくとくBBのキャンペーンサイトで申し込めばキャッシュバックなどもあるのでOCN光からドコモ光へお得に乗り換える事が出来るとお解り頂けたのではないでしょうか?

ドコモ光のお申し込みはこちら
プロバイダ公式サイト

【料金の違い】ドコモ光の5つある料金プランを徹底解説!

2018.05.17

2018年8月版!ドコモ光加入契約キャンペーンを比較してみた。新規も転用もお得な申込み先はどこ?

2018.02.06

【2018年度版】ドコモ光の評判をまとめてみた!2016・2017年も評判が良い!?

2016.11.16

ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?料金や特徴で選ぼう(2018年度)

2016.09.15

スポンサーリンク

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!