楽天ひかり(楽天コミュニケーションズ光)の「タイプS」って一体何?

楽天株式会社のグループ会社が提供している光回線を用いたインターネット接続サービス「楽天ひかり(旧サービス名:楽天コミュニケーションズ光)」ですが、申し込みを検討している人で疑問になる事が「タイプS」の存在です。楽天ひかりを申し込もうと様々検討していると一部の代理店のキャンペーンサイトには「楽天ひかり(タイプS)」との記載があり何の事なのか解りませんよね。

そこで今回はこれから楽天ひかりを契約しようと思っている人で悩みの1つである「タイプS」について解りやすくご紹介したいと思います。

2019年3月末に楽天ひかり(旧:楽天コミュニケーションズ光)の「タイプS」の新規受付は終了しました。

楽天コミュニケーションズ光新規申込で
15,000円キャッシュバック中!
▼詳細はこちら▼

楽天ひかりをキャンペーンでお得に申し込める方法【2019年9月版】

2017.08.25

楽天ひかり(楽天コミュニケーションズ光)のタイプSとは

楽天ひかり(旧:楽天コミュニケーションズ光)は楽天株式会社のグループである楽天モバイル株式会社が提供しているインターネット接続サービスです。そんな楽天ひかりのサービス内容などを検索して調べてみると「タイプS」という記述を見る事があります。

通常の「楽天ひかり」と「楽天ひかり(タイプS)」の違いは何なのでしょうか?

2019年7月よりサービス名が変更になりました。
・楽天コミュニケーションズ光 ⇒ 楽天ひかり
・楽天コミュニケーションズ光(タイプS)⇒ 楽天ひかり(タイプS)
以下は変更後の「楽天ひかり」というサービス名でご紹介しています。

楽天ひかりのプロバイダ

インターネットに接続するのに欠かせないのが「プロバイダ」です。プロバイダの正式名称は「インターネットサービスプロバイダ」で日本語にすれば「インターネット接続事業者」になります。

このインターネット接続に欠かせないプロバイダですが、実は楽天ひかりに対応しているプロバイダは以下の2つです。

  1. 楽天ブロードバンド
  2. SANNET(サンネット)

楽天ブロードバンドは楽天モバイル株式会社が提供しているプロバイダです。一方、SANNETは三洋電機の関連会社が提供していたプロバイダでしたが2014年に楽天コミュニケーションズ株式会社へ譲渡されました。その後、2019年7月からは楽天モバイル株式会社へ事業移管されました。

プロバイダ名 提供会社
楽天ブロードバンド 楽天モバイル(株)
2019年6月までは
楽天コミュニケーションズ(株)
SANNET 楽天モバイル(株)
2019年6月までは
楽天コミュニケーションズ(株)

(2014年までは三洋電機の関連会社)
管理人
上記のように楽天ひかりというインターネット接続サービスに対応しているプロバイダは「楽天ブロードバンド」と「SANNET」の2つがあるんですね。どちらのプロバイダも楽天モバイル株式会社が提供しているんですね。

タイプSのプロバイダは「SANNET」

ここから本題となりますが、「楽天ひかり(タイプS)」の「タイプS」とはどういう意味なのでしょうか?

もうお気付きの人もいるかもしれませんが、楽天ひかり(タイプS)の「S」とはSANNETの「S」です。そうです、「楽天ひかり(タイプS)」のプロバイダは「SANNET」になるのです。

逆を言えば「楽天ひかり」のみで「タイプS」の記述がない場合のプロバイダは「楽天ブロードバンド」になります。

楽天ひかりの
プロバイダは「楽天ブロードバンド」
楽天ひかり(タイプS)の
プロバイダは「SANNET」
2019年3月末にプロバイダが「SANNET」になる「楽天ひかり(タイプS)」の新規受付は終了しています。それに伴い、これから「楽天ひかり」を新規契約する人はプロバイダが「楽天ブロードバンド」限定となります。
管理人
楽天ひかり(タイプS)を申し込むとプロバイダはSANNETになり、(タイプS)の記載がない楽天ひかりを申し込むとプロバイダは楽天ブロードバンドになるんですね。

タイプSの月額料金は同じ

プロバイダがSANNETになる「楽天ひかり(タイプS)」とプロバイダが楽天ブロードバンドになる「楽天ひかり」に月額料金の違いがあるか気になりますよね。

しかし、安心してください。どちらの月額料金もまったく同じです。

※以下、金額はすべて税別です。

マンションプラン
(集合住宅)
月額料金
ファミリープラン
(戸建て)
月額料金
楽天ひかり 3,800円 4,800円
楽天ひかり
(タイプS)
3,800円 4,800円
管理人
「楽天ひかり」と「楽天ひかり(タイプS)」の月額料金は同じなんですね。

楽天ひかりの詳細は代理店へ

他に楽天ひかり(タイプS)の違いはあるのか

上記でご紹介したように「楽天ひかり」と「楽天ひかり(タイプS)」の違いですがプロバイダが「楽天ブロードバンド」になるか「SANNET」になるかの違いがありました。

その他にプロバイダの違い以外に知っておいた方がよい違いをまとめてみました。

問い合わせ先に違いがある

「楽天ひかり」と「楽天ひかり(タイプS)」は月額料金もまったく同じで、提供会社も楽天モバイル株式会社で同じですが問い合わせ先に違いがあります。

楽天ひかりの問い合わせ先はプロバイダの楽天ブロードバンドですが、楽天ひかり(タイプS)の問い合わせ先はプロバイダのSANNETです。

問い合わせ先
楽天ひかり 楽天ブロードバンド
0800-600-0111
(9:00~18:00 年中無休)
楽天ひかり
(タイプS)
SANNET
0120-989-841
(9:00~18:00 年中無休)
管理人
楽天ひかり(タイプS)の問い合わせ先は楽天ではなくプロバイダのSANNETにするんですね。

無料で使えるメールアドレス

「楽天ひかり」と「楽天ひかり(タイプS)」どちらも契約すると無料で利用できるメールアドレスを付与しています。しかし、この無料で利用できるメールアドレスの数に違いがあります。

無料メールアドレス
楽天ひかり 10個まで
無料で取得可能
楽天ひかり
(タイプS)
1個まで
無料で取得可能

楽天ひかりでは10個まで無料でメールアドレスが利用できます。しかし、楽天ひかり(タイプS)だと無料メールアドレスは1個までです。2個目からは1つのメールアドレス追加につき月額250円が必要です。

また、以下のようにメールアドレスのドメインにも違いがあります。

メールアドレス
ドメイン
楽天ひかり ×××@gol.com
楽天ひかり
(タイプS)
×××@***.sannet.ne.jp

上記のように楽天ひかりのメールアドレスは「gol.com」というドメインを、楽天ひかり(タイプS)のメールアドレスは「sannet.ne.jp」を利用します。

管理人
「楽天ひかり」と「楽天ひかり(タイプS)」の違いは無料で取得できるメールアドレスの数の違いとドメインの違いがあるんですね。

会員ページのログイン先も違う

インターネット上で契約状況や月額料金の確認、オプションの追加や解約などを行える会員専用のページにログインする事ができます。この会員ページのログイン先も「楽天ひかり」と「楽天ひかり(タイプS)」とで違いがあります。

「楽天ひかり」を契約すると楽天ブロードバンドのプロバイダ会員ページにログインできるようになります。一方、「楽天ひかり(タイプS)」を契約するとプロバイダSANNETの会員ページにログインできるようになります。

タイプSを受け付けていたキャンペーンサイト

プロバイダが楽天ブロードバンドになる「楽天ひかり」は基本キャッシュバックなどのキャンペーンは実施していません。しかし、プロバイダがSANNETになる「楽天ひかり(タイプS)」なら正規代理店キャンペーンサイトで申し込むと15,000円のキャッシュバックキャンペーンを実施しています。

タイプSの新規受付終了に伴い、現在キャンペーンサイトではプロバイダが「楽天ブロードバンド」になる「楽天コミュニケーションズ光」の新規受付をしています。

タイプS新規加入で15,000円キャッシュバック

楽天社が正規に受付を認めている正規代理店の株式会社NEXTのキャンペーンサイトから楽天ひかりを申し込みすると新規契約で15,000円キャッシュバック、フレッツ光からの転用でも5,000円キャッシュバックしてくれます。

新規契約 15,000円
キャッシュバック
フレッツ光からの
転用手続き
5,000円
キャッシュバック
条件 正規代理店NEXT社の
キャンペーンサイトから
楽天ひかりを申し込み契約する。
楽天ひかり
申し込みならこちら
代理店キャンペーンサイト

まとめ

今回は楽天ひかり(旧:楽天コミュニケーションズ光)の「タイプS」とは何かをご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?楽天ひかりに対応しているプロバイダは楽天ブロードバンドとSANNETがあり、楽天ひかり(タイプS)を申し込むとプロバイダはSANNETになります。タイプSのSはSANNETのSなんですね。「楽天ひかり」と「楽天ひかり(タイプS)」の月額料金や200ポイント還元などに違いはありません。しかし、問い合わせ先や無料で取得できるメールアドレスの数やドメイン、会員ページのログイン先に違いがあります。

2019年3月より今回ご紹介した「タイプS」の新規受付が終了しました。その為、今まで「楽天ひかり(タイプS)」の新規受付を行ってきた正規代理店キャンペーンサイトは、プロバイダが楽天ブロードバンドになる「楽天ひかり」の申込受付をしています。株式会社NEXTという正規代理店が自社運営するキャンペーンサイトで手続きすると最大15,000円キャッシュバックしてくれるので大変お得に契約出来ます。

【全6社代理店】楽天ひかりの正規代理店を徹底比較してみた!

2018.11.21

楽天ひかりではIPv6が使えない?IPv6接続方式が利用できる方法!

2018.11.08

楽天ひかりの速度は遅いの?利用者の評判から速度について調査してみた!

2018.10.30

楽天ひかりのプロバイダはどこ?

2018.05.22

スポンサーリンク