楽天ひかりの料金まとめ!支払い方法や月額料金が戸建住宅とマンションで違う理由について

楽天ひかりのインターネット契約すると当然ですが毎月の月額料金の支払いが必要です。特にこれから楽天ひかりを契約予定の人は料金面についてよく把握しておきましょう。

そこで今回は、これから楽天ひかりを契約する人向けに毎月の支払い料金や支払い方法、そしてなぜ戸建住宅と集合住宅で月額料金に違いがあるのかなどをご紹介します。

楽天ひかり新規申込で
15,000円キャッシュバック中!
▼詳細はこちら▼

楽天ひかりの工事費など初期費用をまとめてみた!

2019.05.10

楽天ひかりをキャンペーンでお得に申し込める方法【2019年10月版】

2017.08.25

楽天ひかりの毎月支払う料金について

これらか楽天ひかりを契約予定の人にとって、毎月支払う料金が一番気になる所だと思います。月額料金をよく理解しておかないと毎月いくらの出費になるのかが予測できませんから重要です。

そこでまずは、楽天ひかりのインターネット契約をした場合の月額料金をご紹介します。

※以下でご紹介する金額はすべて税抜です。

毎月の料金(月額基本料)

楽天ひかりは契約する建物タイプで料金に違いがあります。

建物タイプ 戸建住宅
(ファミリータイプ)
集合住宅
(マンションタイプ)
月額料金 4,800円 3,800円

上記が楽天ひかりのインターネット契約をした場合の月額料金表です。

一戸建ての戸建住宅で楽天ひかりを契約すると月額4,800円です。また、マンションなどの集合住宅で楽天ひかりを契約すると月額3,800円です。

集合住宅で契約するよりも戸建住宅は月額料金が1,000円高いですね。このように、契約する建物のタイプによって月額料金に違いがある事がご理解頂けると思います。

管理人
楽天ひかりの毎月支払う料金は、契約する建物「戸建住宅」と「集合住宅」で違いがあるんですね。

料金の支払方法について

楽天ひかりの毎月の料金支払い方法ですが、以下の2つ通りから選択出来ます。

  • クレジットカード
  • 自動口座振替

楽天ひかりの料金は「クレジットカード」もしくは、銀行からの「自動口座振替」による引き落としの2通りから選択する事が出来ます。どちらも楽天ひかり契約者の本人名義のカード・口座でなければ使用できません。

楽天ひかり
料金支払い方法
手数料
クレジットカード 無料
自動口座振替
  • 楽天銀行なら無料
  • 楽天銀行以外なら100円/月

ちなみに、クレジットカードで料金を支払う場合は手数料無料ですが、銀行口座からの自動引き落とし(自動口座振替)の場合、楽天銀行以外の金融機関を指定すると毎月100円の手数料が必要です。

楽天ひかりに支払う料金を楽天カードにすると、支払い金額の1%がポイント還元されます!
楽天カードへの新規入会はこちら

楽天ひかりの支払い方法は何があるの?後から支払い方法の変更も可能?

2019.03.12
管理人
楽天ひかりの毎月の料金支払い方法ですが、クレジットカードか自動口座振替が選べるんですね。ただし、自動口座振替で楽天銀行以外なら月100円の手数料が必要なんですね。

楽天ひかり正規代理店キャンペーンサイトはこちら

楽天ひかりの料金が戸建とマンションで違いがある理由

上記でご紹介したように、楽天ひかりのインターネット契約をする建物によって月額料金に違いがあります。契約する建物で料金に違いがあるのは、楽天ひかりに限った事ではありません。では、なぜ戸建住宅(ファミリータイプ)と集合住宅(マンションタイプ)で毎月支払う料金に違いがあるのでしょうか?

そこでここからは、楽天ひかりの料金が契約する建物によって違いがある理由を初心者でも解るように解説してみたいと思います。

楽天ひかりは光回線でネット接続

簡単に楽天ひかりのインターネット接続サービスについて復習しておきます。

楽天ひかりは「光回線」を利用してインターネットに接続しています。

楽天ひかりのサービスをイラストで説明

楽天ひかりは「光回線」を利用してネット接続するサービス

楽天ひかりを新規契約すると、自宅の近くにある電柱から「光回線」を宅内へ引き込みます。そして、楽天ひかりのプロバイダである「楽天ブロードバンド」へ光回線で接続されてインターネットに接続できる訳です。

この「光回線」の引き込み方法「戸建住宅」とマンションの「集合住宅」とで違いがある為、楽天ひかりの月額料金に毎月1,000円の差が出ているのです。

管理人
楽天ひかりは「光回線」を利用してインターネットに接続するサービスで、この「光回線」を宅内へ引き込む方法が戸建とマンションで違いがあるんですね。

戸建住宅は光回線を電柱から直接引き込む

一戸建ての「戸建住宅」の場合、楽天ひかりで利用する「光回線」は電柱から直接宅内へ引き込まれます。

戸建は光回線を直接引き込む

戸建は光回線を直接引き込む

上記イラストのように、戸建住宅の場合は近くにある電柱から「光回線」を直接引き込み利用します。その為、光回線を「独占」して利用できるので速度も安定しているので、マンションよりも月額料金が高いのです。

管理人
楽天ひかりの料金がマンションより戸建が高い理由は、光回線を直接引き込んでおり、回線を独占して利用できるからなんですね。

マンションでは光回線を各部屋と共有している

続いて、マンションなどの「集合住宅」の場合ですが、楽天ひかりで利用する「光回線」は戸建住宅のように部屋へ直接引き込まれていません。

マンションは回線を共有している

マンションは回線を共有している

上記イラストのように、マンションなどの集合住宅の場合は、電柱から各部屋へ直接回線を引き込みのではなく、一旦共有部分に設置された装置と接続されて、その装置から各部屋へ回線を繋げています。(水道管や電気の配線をイメージすれば解りやすいかもしれません。)

要は、マンションの場合は回線を各部屋と共有しているので戸建住宅よりも速度が安定しない場合がある為に戸建住宅より月額料金を安く設定しているのです。

管理人
楽天ひかりの料金が戸建よりもマンションの方が安い理由は、1つの回線を独占して利用しているのではなく、建物内の各部屋と共有して利用しているからなんですね。

まとめ

今回は楽天ひかりの月額料金や支払い方法、そして戸建住宅(ファミリータイプ)と集合住宅(マンションタイプ)で料金が違う理由をご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。楽天ひかりを一戸建てでインターネット契約すると月額料金は4,800円、マンションで契約すると月額料金は3,800円です。毎月の料金支払い方法は、クレジットカードか銀行口座からの自動引き落としの2通りを選択可能です。楽天ひかりをはじめとする光回線のインターネット料金は、戸建とマンションで毎月1,000円程度の差があります。その理由は戸建住宅の場合は光回線と部屋へ直接引き込んで独占利用できる料金が高いのです。また、マンションの場合は1つの光回線を各部屋と共有利用しているので戸建住宅よりも料金が安いのです。

楽天ひかりのお申込みはこちら
正規代理店NEXT社
キャンペーンサイト

【全6社代理店】楽天ひかりの正規代理店を徹底比較してみた!

2018.11.21

楽天ひかりではIPv6が使えない?IPv6接続方式が利用できる方法!

2018.11.08

楽天ひかりの速度は遅いの?利用者の評判から速度について調査してみた!

2018.10.30

楽天ひかりのプロバイダはどこ?

2018.05.22

スポンサーリンク