楽天ひかりのメリットとデメリットを徹底解説!

楽天ひかり(旧サービス名:楽天コミュニケーションズ光)を契約予定の人が気になる点としては、契約した場合のメリットやデメリットだと思います。インターネット接続サービスは数多く提供されていますが、楽天ひかりを契約するとどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

そこで今回は、楽天ひかりをこれから契約しようと検討中の人向けに、考えられるメリットとデメリットをご紹介してみたいと思います。

楽天ひかり新規申込で
15,000円キャッシュバック中!
▼詳細はこちら▼

楽天ひかりをキャンペーンでお得に申し込める方法【2019年10月版】

2017.08.25

楽天ひかりを契約する4つのメリットとは

自宅のインターネット回線をまだ未契約の人、そして他のインターネット回線から楽天ひかりへ乗り換え予定の人が気になる点と言えば、楽天ひかりを契約するとどんなメリットがあるかという点だと思います。

そこでまずは、楽天ひかりを契約した場合の考えられるメリットを4つご紹介します。

※以下でご紹介する金額はすべて税抜です。

スポンサーリンク

メリット1. 楽天ポイントが毎月貯まる

楽天ひかりを契約する最大のメリットと言えば、楽天スーパーポイントが貯まる事でしょう。

楽天スーパーポイント 毎月200ポイント

楽天ひかり契約者に対して毎月200ポイントの楽天スーパーポイントが貯まります。年間にすると2,400ポイントになる計算です。

貯まったポイントは、楽天市場のお買い物や楽天トラベルのホテル予約などで「1ポイントにつき1円」で利用できるポイントですので、毎月200円分のポイント、年間で2,400円分のポイントが貰えるという訳です。

楽天ひかりを契約すると毎月200円分のポイントが貰えるので、楽天市場でお買い物する機会が多い楽天ユーザーにとってはメリットと言えるのではないでしょうか。
管理人
楽天ひかりを契約する最大のメリットは、楽天市場などで利用できるポイントが毎月200ポイント貰える事なんですね。だから、楽天ユーザーにはメリットなんですね。

楽天ひかりのキャッシュバックやポイントでインターネットをお得にする方法

2018.05.11

メリット2. 他社より月額料金が安い場合がある

次にご紹介する楽天ひかりのメリットは、月額料金が他社と比較すると若干安い点でしょう。

楽天ひかりと、他社の光コラボの月額料金を比較した表が以下です。

サービス名 戸建住宅
月額料金
(ホームタイプ)
集合住宅
月額料金
(マンションタイプ)
楽天ひかり 4,800円 3,800円
ドコモ光 5,200円 4,000円
ソフトバンク光 5,200円 3,800円
ビッグローブ光 4,980円 3,980円

上記表をご覧いただければお解りになると思いますが、一戸建てなど戸建住宅で楽天ひかりを契約すると月額4,800円、マンションなどの集合住宅で契約すると月額3,800円です。

この楽天ひかりの月額料金と、大手光コラボであるドコモ光やソフトバンク光、ビッグローブ光の月額料金を比較してみると毎月200円程度、楽天ひかりの方が安い事が解ります。

戸建住宅
月額料金
(ホームタイプ)
集合住宅
月額料金
(マンションタイプ)
楽天ひかり 4,800円 3,800円
楽天スーパー
ポイント
毎月200円分 毎月200円分
実質
月額料金
4,800円-200円
実質月額
4,600円
3,800円-200円
実質月額
3,600円

また、上記のメリットでもご紹介したように、楽天ひかりを契約すると楽天市場などで利用可能な毎月200円分のポイントが貰えます。この貰える200円分のポイントを値引きと考える実質月額はもっと安くなります。

管理人
楽天ひかりのメリットは、他社よりも月額料金が200円くらい安い点ですね。また、毎月貰える200円分のポイントまで考えると実質200円割引みたいなものだから他社よりも安くなりますね。

メリット3. 月額料金の中にプロバイダ代が含まれる

NTTフレッツ光を契約している人は、フレッツ光の月額料金とは別にプロバイダ料も支払っているのではないでしょうか。しかし、楽天ひかりの場合はプロバイダとセット契約なので月額料金にプロバイダ料が含まれています。

上記では、楽天ひかりの月額料金をご紹介しましたが、プロバイダ料込みの月額料金です。

戸建住宅
月額料金
(ホームタイプ)
集合住宅
月額料金
(マンションタイプ)
楽天ひかり 4,800円
プロバイダ料込
3,800円
プロバイダ料込

上記表のように、楽天ひかりの月額料金にプロバイダ料が含まれています。その為、フレッツ光を契約中の場合は楽天ひかりへ乗り換える事で月額料金が安くなる場合があるのがメリットでしょう。

楽天ひかりのプロバイダは「楽天ブロードバンド」限定です。その為、逆にデメリットになる可能性もあります。このデメリットに関しては後でご紹介します。
管理人
楽天ひかりはプロバイダとセット契約だから月額料金にプロバイダ料も含まれているんですね。だから、プロバイダ料が別のフレッツ光よりは月額料金が安くなる可能性がありメリットになるかもしれない訳ですね。

メリット4. 光コラボなので工事不要で乗り換え可能

楽天ひかりは光回線を利用した「光コラボ」と呼ばれるサービスです。「光コラボ」とは、NTT東日本・NTT西日本の光回線を借りて提供しているインターネット接続サービスの事です。

光コラボはNTTの光回線を借りている

上記のイラストのように、楽天ひかりをはじめとする「光コラボ」と呼ばれるインターネット接続サービスは、NTT東日本・NTT西日本が所有している「光回線」を借りて提供しているサービスです。

楽天ひかりも「光コラボ」なので、ドコモ光やソフトバンク光など他社の光コラボと同じ「光回線」を利用してインターネットに接続しています。

楽天ひかり以外の代表的な光コラボ
ドコモ光、ソフトバンク光、ビッグローブ光、ニフティ光、OCN光、ぷらら光、エキサイト光など

このように、「光コラボ」は同じNTTの光回線を利用しているサービスなので、光コラボ間の契約乗り換えは工事不要で乗り換える事が可能なのがメリットの1つでしょう。

例えば、楽天ひかりから同じ光コラボのドコモ光へは「事業者変更」という手続きをすれば工事不要で乗り換えが可能です。しかし、楽天ひかりから光コラボではないauひかりなどへの乗り換えは開通工事を伴う面倒な手続きとなります。

光コラボ間の事業者変更(再転用)が可能に!光コラボ間の乗り換えが簡単に!

2019.06.10

楽天ひかりの契約なら代理店キャンペーンサイトへ

楽天ひかりのデメリットも理解しておこう

上記でご紹介したように、楽天ひかりは楽天ポイントが毎月貯まったり、他社よりも月額料金が安い可能性もあるのでメリットがあります。しかし、楽天ひかりはメリットだけでなくデメリットも理解しておく必要があります。

そこでここからは、楽天ひかりのデメリットについてもご紹介しておきます。

デメリット1. IPv6対応ではない

プロバイダを日本語に変換すると「インターネット接続業者」という意味となり、その名の通りインターネットに接続してくれる業者です。楽天ひかりのプロバイダは「楽天ブロードバンド」限定です。

楽天ひかりの最大のデメリットですが、楽天ひかりでセット契約となるプロバイダ「楽天ブロードバンド」はIPv6接続に対応していないのがデメリットです。

今まで一般的だった接続方法「IPv4」よりも最新の接続方法「IPv6」に対応したプロバイダを利用すると、インターネットの速度が速いとされています。

楽天ひかりの限定プロバイダ「楽天ブロードバンド」は速度が速いとされているIPv6接続に対応していないので、インターネットの速度を重視する人にとってはデメリットになるかもしれません。

楽天ひかりではIPv6が使えない?IPv6接続方式が利用できる方法!

2018.11.08
管理人
楽天ひかりで利用する楽天ブロードバンドというプロバイダはIPv6接続という最新の接続方式が未対応なので、速度重視の人にはデメリットになる可能性があるんですね。

デメリット2. プロバイダの変更が出来ない

上記でもご紹介したように、楽天ひかりは「楽天ブロードバンド」というプロバイダとセット契約です。その為、楽天ひかり契約後にプロバイダだけを変更する事が出来ません。

フレッツ光の場合は、プロバイダの変更が可能なので楽天ひかりもプロバイダだけを変更できると思った人もいるようですがプロバイダ変更が一切出来ないのがデメリットでしょう。

楽天ブロードバンド以外のプロバイダを利用したい場合は、楽天ひかり以外の光コラボ(ドコモ光やソフトバンク光、ビッグローブ光など)をおすすめします。
管理人
楽天ひかりを契約するとプロバイダは「楽天ブロードバンド」しか利用できないので、他社プロバイダへの変更は一切できないんですね。「楽天ブロードバンド」以外のプロバイダを利用したければ楽天ひかりを解約するしか方法がないんですね。

デメリット3. セット割がない

NTT docomoやau、SoftBankの携帯やスマホを契約中なら楽天ひかりはデメリットかもしれません。そのデメリットの理由は「セット割」がないからです。

契約中
スマホ
おすすめ
ネット回線
セット割
NTT docomo ドコモ光 ドコモ光セット割
au ビッグローブ光 auスマートバリュー
もしくは
auセット割
SoftBank
Y!mobile
ソフトバンク光 おうち割光セット

NTT docomoを契約中ならドコモ光を契約する事で「ドコモ光セット割」という割引が適用可能です。また、auを契約中ならビッグローブ光を契約する事で「auスマートバリュー」か「auセット割」という割引が適用可能、さらにSoftBankを契約中ならソフトバンク光を契約すると「おうち割 光セット」という割引が適用可能となります。

現在、楽天モバイルを契約中でも楽天ひかりを契約した所で上記のようなセット割はありません。

楽天ひかりは楽天モバイルとのセット割はあるの?

2018.11.01

まとめ

今回は楽天ひかりを契約予定の人向けに考えられるメリットとデメリットをご紹介したみましたがいかがだったでしょうか。楽天ひかりの最大のメリットは楽天市場などで利用可能なポイントが毎月200ポイント貰える点です。その他、楽天市場会員のヘビーユーザーならポイントが貯まるのでメリットになる事でしょう。ただし、楽天ひかりのプロバイダはインターネットの速度が速いとされるIPv6に未対応である点は最大のデメリットです。楽天ひかりを契約する前には今回ご紹介したメリットとデメリットをよく理解した上で契約するようにしましょう。

楽天ひかりの契約はこちら
正規代理店キャンペーン
キャッシュバック実施中

楽天ひかりのWiFiルーターについて。レンタルせずに購入した方がお得!

2019.06.18

【エリア検索方法】楽天ひかりの提供エリアを検索する方法

2019.02.18

楽天ひかりの速度は遅いの?利用者の評判から速度について調査してみた!

2018.10.30

スポンサーリンク