光コラボ間の事業者変更(再転用)が可能に!光コラボ間の乗り換えが簡単に!

2019年7月1日より光コラボレーション間(ドコモ光やソフトバンク光など)の再転用「事業者変更」で乗り換えが簡単になりました。2019年7月1日以前は光コラボレーションを契約中の場合、他社の光コラボレーションへ乗り換える際は今までの契約を一度解約して、再度新規契約し開通工事をする手間がありました。

いつから事業者変更が開始されるのか期待していましたが、2019年7月1日よりから事業者変更の手続きが開始されました。

そこで今回は、光コラボ間の転用が簡単となる「事業者変更」、一般的に言われる「再転用」について初心者でも解りやすくご紹介してみたいと思います。

事業者変更でもお得なキャンペーンを比較しよう!事業者変更でもキャッシュバックがある?(2019年10月版)

2019.07.09

事業者変更承諾番号の取得方法!発行手数料や有効期限はあるのか?

2019.07.02

アナログ戻しが不要!ドコモ光やソフトバンク光など光コラボ間の乗り換えでアナログ戻しがいらなくなる!

2019.06.12

再転用「事業者変更」の予備知識(初心者向け)

今までは光コラボレーションの事業者間の転用は出来ませんでした。「いつから再転用が可能になるのか」という声が多くあり、2019年7月1日より光コラボレーション間の再転用「事業者変更」が可能となりました。しかし、初心者の人にとっては「事業者変更」という再転用の意味を解っていない人もいるかもしれません。

そこでまずは、光コラボレーション間で再転用が可能となる「事業者変更」に関係する言葉を初心者の人でも解りやすいようにご紹介すると共に、2019年7月1日以前の光コラボ間の再転用が出来なかった状況についてご紹介します。

スポンサーリンク

光コラボレーションとは

全国に張り巡らされた「光回線」のほとんどは、NTT東日本・NTT西日本が所有しており、数年前は「NTTフレッツ光」のみで利用されていた光回線です。

このNTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」を借りて提供しているインターネット接続サービスの事を「光コラボレーション(略して、光コラボ)」と呼びます。

光コラボはNTTの光回線を利用している

このようなNTT東日本・NTT西日本の光回線を利用して提供されているインターネット接続サービス「光コラボレーション」の主要サービスは以下です。

主な光コラボ
サービス名
光コラボ
提供会社
ドコモ光 株式会社NTTドコモ
ソフトバンク光 ソフトバンク株式会社
ビッグローブ光 ビッグローブ株式会社
OCN光 NTTコミュニケーションズ
ニフティ光 ニフティ株式会社
ぷらら光 株式会社NTTぷらら
楽天ひかり 楽天モバイル株式会社

上記が主な光コラボ事業者です。例えば、「ドコモ光」は、株式会社NTTドコモがNTT東日本・NTT西日本から光回線を借りて提供しています。また、「ソフトバンク光」は、ソフトバンク株式会社がNTT東日本・NTT西日本から光回線を借りて提供しています。

要は「光コラボ」=「NTT東日本・NTT西日本の光回線」という訳です。

ちなみにKDDIが提供する「auひかり」の光回線は、KDDIが所有する光回線を利用したサービスなので光コラボではありません。
【関連記事】auひかりは事業者変更で乗り換え(再転用)は可能なのか?
管理人
光コラボレーションというサービスは、NTT東日本・NTT西日本の光回線を借りて提供しているインターネット接続サービスの事なんですね。

転用とは

上記でご紹介したように、NTT東日本・NTT西日本の光回線を借りて(利用して)いるインターネット接続サービスの事を「光コラボレーション」と言います。

元々は、NTT東日本・NTT西日本「フレッツ光」というインターネット接続サービスを提供してます。その為「フレッツ光」と「光コラボレーション」で利用する「光回線」はまったく同じです。

「転用(てんよう)」とは、NTTフレッツ光から光コラボレーション「光回線」を再利用して契約変更する(乗り換える)手続きの事です。

フレッツ光から光コラボへ契約変更する手続きを「転用」と言う

フレッツ光を契約中の人光コラボレーションへ「転用」という手続きだけで簡単に乗り換える事が可能なのです。「転用」は契約自体を変更しますが、フレッツ光で利用していた光回線は再利用しますので工事が不要です。

インターネットに接続する為の「光回線」がフレッツ光と光コラボは同じなので「転用」という手続きだけで乗り換えられるんです。

例えば、NTTフレッツ光を契約中なら光コラボの「ソフトバンク光」や「ドコモ光」などへ「転用」手続きだけで契約変更(乗り換え)が可能です。光回線は同じなので転用(乗り換え)の際に開通工事は不要となります。
管理人
NTT東日本・NTT西日本が提供する「フレッツ光」を契約中なら、同じ光回線を利用した「光コラボ」へ転用という手続きだけで乗り換えが可能なんですね。同じ光回線だから転用の場合は開通工事をする必要もないんですね。

フレッツ光からドコモ光へ転用で気になる工事費用や違約金、メリットデメリットなどまとめてみた

2018.01.30

【取得方法】実際にNTTで転用承諾番号を電話で取得・発行してみた体験談

2016.12.14

2019年7月1日以前は事業者変更(再転用)が不可能だった

2019年7月1日より「事業者変更」や「再転用」とも呼ばれる手続きが可能になりました。しかし、2019年7月1日以前は、事業者変更(再転用)がなく光コラボ間の乗り換えが大変でした。

2019年7月1日以前は「フレッツ光」から「光コラボレーション」へ転用した後に、再度「フレッツ光」への契約変更は簡単には出来ませんでした。

光コラボへ転用後、フレッツ光へ簡単には戻せなかった

フレッツ光の契約者が光コラボへは工事不要で「転用」という簡単な手続きだけで契約を乗り換える事が可能です。しかし、光コラボへ転用後にフレッツ光へ契約を再度戻す場合は「転用」が出来ず、光コラボを一度解約して、フレッツ光を新規契約し開通工事までする必要がありました。

2019年7月1日以前は以下のような状態でした…。

光コラボ ⇒ フレッツ光 = 転用不可
(契約中の光コラボを解約してフレッツ光を新規契約。開通工事必要。)

また、2019年7月1日以前は「フレッツ光」から「光コラボレーション」へ転用した後に、違う他社の「光コラボレーション」への契約変更も簡単には出来ませんでした。

光コラボから光コラボへの転用も出来なかった

上記でご紹介したように、フレッツ光から光コラボへの契約乗り換えは「転用」という手続きだけで簡単でした。しかし、2019年7月1日以前は「光コラボ」から「光コラボ」へ乗り換える場合「転用」手続きが出来ませんでした。

2019年7月1日以前は以下のような状態でした…。

光コラボ ⇒ 光コラボ = 転用不可
(契約中の光コラボを解約して他社光コラボを新規契約。開通工事必要。)

例えば、光コラボの「ドコモ光」を契約中で、他社の光コラボ「ソフトバンク光」へ乗り換える場合は、ドコモ光を解約して、ソフトバンク光を新規契約し開通工事を改めて実施する必要があったのです。
要は、2019年7月1日以前は「光コラボからフレッツ光」へ「光コラボから光コラボ」へは、光回線の再利用が出来ず転用出来なかった為、一度「解約」してから再度「新規契約」をして「開通工事」を改めて行う多くの手間があったのです。

スポンサーリンク

光コラボ間で簡単に再転用が可能な「事業者変更」

上記でご紹介したように、2019年7月1日以前は契約中の「光コラボ」から他社「光コラボ」へは、転用のように簡単な手続きで乗り換える事が出来ませんでした。

契約中の「光コラボ」から他社「光コラボ」へ乗り換える場合は、光回線の再利用が出来ず、解約して新規契約して開通工事をする大きな手間があったのです。

しかし、2019年7月1日からは光コラボ間への乗り換えは「事業者変更」で簡単になりました。

事業者変更とは

「光コラボ」から「フレッツ光」への乗り換え、また「光コラボ」から「光コラボ」への乗り換え(例えば「ドコモ光」から「ソフトバンク光」への乗り換え)は、解約して新規契約する手間もあり、また開通工事を伴うので非常に面倒な作業でした。

しかし、2019年7月1日からは契約中の「光コラボ」から他社「光コラボ」へ「事業者変更」という再転用が可能となる訳です。「事業者変更」は今まで認められていなかった光回線の再利用が可能となる為、開通工事不要で乗り換えが可能です。

「事業者変更」は光回線を再利用するので工事不要で簡単に

解りやすいように、光コラボの「ドコモ光」を契約中の人が同じ光コラボの「ソフトバンク光」へ乗り換える場合でご紹介しますと…

光コラボの「ドコモ光」を契約している人が、同じ光コラボ「ソフトバンク光」へ契約を変更したい場合、乗り換えたい場合には、2019年7月1日以前はドコモ光で利用していた光回線をソフトバンク光で再利用できないので、ドコモ光を解約して更にソフトバンク光を新規契約し、ソフトバンク光で利用する光回線を引き込む開通工事を実施していました。

しかし、2019年7月1日から可能となる「事業者変更」を利用すると、ドコモ光で今まで利用していた「光回線」をソフトバンク光でも再利用出来るので、開通工事をする必要がありません。

「転用」は「フレッツ光」から「光コラボ」へ乗り換えられる簡単な手続きの事ですが、「事業者変更」も転用と同じように「光コラボ」から「フレッツ光」へ、「光コラボ」から「光コラボ」へ簡単な手続きだけで乗り換えられる手続きの事なのです。
管理人
「事業者変更」はフレッツ光から光コラボへ転用して、違う光コラボへ転用のように乗り換え手続きできるので「再転用」とも呼ばれる事があります。

「事業者変更承諾番号」を取得する

光コラボ間でも光回線を再利用して工事不要で簡単に乗り換えられる「事業者変更」ですが、フレッツ光から光コラボへ転用する際に取得した「転用承諾番号」のように「事業者変更承諾番号」を取得する手続きが必要です。

事業者変更手続きに必要な「事業者変更承諾番号」契約中の光コラボから取得します。

例えば、ドコモ光を契約中でソフトバンク光へ「事業者変更」する場合は、契約中のドコモ光へ「事業者変更承諾番号」を依頼します。そして、事業者変更するソフトバンク光へ「事業者変更承諾番号」を伝える事で簡単に工事不要で乗り換えられる訳です。

事業者変更承諾番号は以下のような英数字です。

事業者変更承諾番号の例

上記の英数字が事業者変更の手続きに必要な「事業者変更承諾番号」の例です。

①は「F」か「T」のいずれかになり、NTT東日本エリアかNTT東日本エリアかを判別するものです。ちなみに「F」がNTT東日本エリアで、「T」がNTT西日本エリアとなります。

次の②の4桁の数字は「事業者変更承諾番号」が利用できる有効期限を示した数字です。上記例の「0715」であれば7月15日までが有効期限という意味となります。③は発行番号で自動で採番される数字です。

事業者変更承諾番号の取得方法や発行手数料、有効期限などの詳細は以下の関連記事で詳しくご紹介していますので参考にしてみてください。

事業者変更承諾番号の取得方法!発行手数料や有効期限はあるのか?

2019.07.02
管理人
「事業者変更」手続きに必要な「事業者変更承諾番号」は、契約中の光コラボへ依頼すると取得する事ができるんですね。

光電話の「電話番号」も継続利用可能に

光回線を利用した固定電話サービス「光電話」も一部の光コラボレーションでも提供されています。今まで光コラボレーションの「光電話」で発番された電話番号は他社光コラボレーションの「光電話」では使用できませんでした。2019年7月1日以前は「光コラボ」から「光コラボ」へ乗り換える際は、光電話の同じ電話番号を継続利用する事ができませんでした。

光電話の電話番号引き継ぎが不可だった

例えば、光コラボ「ドコモ光」の光電話で発番された電話番号が「03-1234-5678」だったとします。すると他社光コラボ「ソフトバンク光」へ乗り換えた場合は同じ電話番号「03-1234-5678」は継続利用できず、乗り換えたソフトバンク光の光電話では電話番号が変わってしまう問題がありました。

また、「アナログ戻し」という手続きを行えば光コラボ間の光電話の電話番号は継続利用可能でしたが手続きが面倒でした。例えば、ドコモ光の光電話の電話番号を「アナログ戻し」というNTTのアナログ回線に戻す手続きを行って、乗り換え先の光コラボ「ソフトバンク光」の光電話へアナログ回線から再度戻す手続き方法です。

ドコモ光(光電話回線)⇒アナログ戻し(アナログ回線)⇒ソフトバンク光(光電話回線)

管理人
2019年7月1日以前は、光コラボで発番された光電話の電話番号は引き継ぎ利用が出来ず、また、NTT一般加入電話で発番された電話番号も光コラボ間の光電話で継続利用する場合は「アナログ戻し」という面倒な手続きが必要だったんですね。

しかし、2019年7月1日から可能な「事業者変更」では光コラボで発番された光電話の電話番号乗り換え先の光コラボの光電話でも継続利用が可能となりました。

光電話の電話番号引き継ぎが可能に!

例えば、光コラボ「ドコモ光」の光電話で発番された電話番号が「03-1234-5678」だった場合、「事業者変更」で乗り換えた他社光コラボの「ソフトバンク光」の光電話でもドコモ光で利用してきた「03-1234-5678」の同じ電話番号が継続利用可能となったのです。

事業者変更によるアナログ戻しが不要になる情報については、以下の関連記事で詳しくご紹介しておりますので参考にしてみてください。

アナログ戻しが不要!ドコモ光やソフトバンク光など光コラボ間の乗り換えでアナログ戻しがいらなくなる!

2019.06.12
管理人
「事業者変更」により今まで出来なかった光コラボ間の光電話の電話番号が引き継ぎ利用が可能になったり、面倒だった「アナログ戻し」が不要となったので、光電話の電話番号が変わる事なく光コラボ間で手軽に乗り換えが出来るようになったんですね。

スポンサーリンク

光コラボ間の事業者変更(再転用)の注意点

上記では光コラボレーション間でも転用のように簡単に契約変更・乗り換えが可能となる「事業者変更」について詳しくご紹介してきました。光コラボ間でも簡単に乗り換えられる事業者変更(再転用)ですが何個か注意点があります。

そこで最後に、2019年7月1日より開始される「事業者変更」手続きを行う際に知っておきたい注意点をいくつかご紹介したいと思います。

事業者変更で契約中の光コラボは解約される

「事業者変更」手続きを行うと現在契約中の光コラボは解約されて、事業者変更を行う乗り換え先となる光コラボと新規契約する事になります。例えば、ドコモ光からソフトバンク光へ「事業者変更」手続きを行った場合は、ドコモ光は解約されてソフトバンク光と新規契約する事になります。

その為、契約中の光コラボの契約内容によっては、「事業者変更」手続きを行う事で契約中の光コラボの解約に伴う解約金(違約金)などの支払いを求められる場合もあります。

管理人
事業者変更は契約中の光コラボが解約され、工事不要で他社光コラボへ新規契約する手続きなので、契約中の光コラボの契約内容によっては解約金(違約金)などを支払う必要がある場合もあるんですね。

月額料金が変わってしまう

光コラボ各社によって月額料金に違いがあります。

その為、「事業者変更」手続きを行うと契約中の光コラボの月額料金乗り換える光コラボの月額料金が変わるので、月額料金が高くなる場合・安くなる場合が考えられます。

事業者変更の手続きを行う前に、事業者変更して乗り換えた場合の光コラボの月額料金現在契約中の光コラボの月額料金しっかりと比較しておきましょう。

管理人
「事業者変更」を行うと光コラボ間の乗り換えが変更になる(契約が変更になる)ので、事業者変更する光コラボの月額料金がいくらかも調べておく必要がありますね。

メールアドレスが使えなくなる場合も

契約中の光コラボで取得したメールアドレスを利用している場合、「事業者変更」手続きを行う事で利用していたメールアドレスが使えなくなる可能性もあります。

フリーメールアドレスなどを利用している人なら問題ありませんし、メールアドレスが変更になっても問題ない人は事業者変更しても困りません。

しかし、光コラボで取得したメールアドレスを変更したくない人は「事業者変更」手続きを行う前に契約中の光コラボへ「事業者変更をするとメールアドレスはどうなるのか」を問い合わせしてください。

管理人
事業者変更する事で光コラボで取得したメールアドレスが使えなくなる可能性があるんですね。

まとめ

今回は2019年7月1日より開始された「事業者変更」という光コラボ間の乗り換えが簡単になる手続きについてご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。光コラボから光コラボへの契約変更(乗り換え)は、2019年7月1日以前は契約中の光コラボを解約して乗り換える光コラボを新規契約する必要があり、また光回線が再利用できなかったので再度開通工事をする面倒な手続きや流れでした。しかし、2019年7月1日以降は「事業者変更」という簡単な手続きで光コラボ間の乗り換えが可能となりました。光コラボで利用していた光回線が再利用できるようになるので、他社の光コラボへ「事業者変更」で乗り換えたとしても開通工事が不要となりますので、今までとは極端に簡単な手続きで光コラボ間が乗り換えできるようになります。

ソフトバンク光へ事業者変更する方法を徹底解説!初心者でも失敗なくソフトバンク光へ乗り換えよう!

2019.07.25

ビッグローブ光からドコモ光へ乗り換え方法と各社サービス内容を比較!転用は出来ない!?

2018.07.18

ソフトバンク光とNTTフレッツ光の違いを比較!転用後は簡単に戻す事は可能?

2018.03.19

【乗り換え】ドコモ光からソフトバンク光へ光コラボ間の転用できる?

2017.09.24