光コラボレーション電話勧誘注意点。NTTフレッツ光から乗り換える(転用する)と本当にお得?

最近、光コラボレーションの勧誘営業が電話で盛んに行われているようです。特にフレッツ光を利用中の人に対しての勧誘が行われてます。営業での勧誘はよくあることですが、誤った内容での勧誘、まるでNTTの人間かのように装っての勧誘が多いようです。

そこで今回はどのような勧誘が行われているのか、そして損をしないようにお得に光コラボレーションへ乗り換える方法などをご紹介します。

光コラボならソフトバンク光!
日本一お得な申し込みサイトはこちら
詳細はこちら

総務省も注意を呼びかける光コラボレーションの勧誘

光コラボレーションの勧誘は特に「フレッツ光」を利用している人に対して電話営業が行われています。適切な勧誘なら問題ないのですが、まるでNTTからのお知らせのような営業で、不正な説明をしている業者もいるようで総務省も注意を促す騒ぎにもなったほどです。

そもそも光コラボレーションとは

まずは、光コラボレーションとは何かを簡単に整理しておきます。

フレッツ光という光ファイバー回線はNTT西日本とNTT東日本が提供している回線です。フレッツ光という回線を利用する場合は、インターネットに接続してくれる業者である「プロバイダ」とも契約しなければいけません。

NTTとプロバイダの契約が必要

NTTとプロバイダの契約が必要

上記の図のようにフレッツ光を利用する場合は、光ファイバー回線の契約をNTTと、インターネット接続業者であるプロバイダ各社と契約しなければなりません。以上のようにフレッツ光を利用する場合はNTTとプロバイダ会社の2つの契約が必要なので毎月の請求も別々に来ますし、面倒に感じませんか?

対して光コラボレーションは回線とプロバイダがセット

フレッツ光の場合は、NTTと回線使用の契約、プロバイダとネット接続の契約の2つが必要と上記で説明しましたが、光コラボレーションの場合は1つの契約で済みます。

光コラボは回線とプロバイダがセットで契約

光コラボは回線とプロバイダがセットで契約

光コラボレーションであるソフトバンク光で説明してみます。
ソフトバンクはフレッツ光で利用している光ファイバー回線をNTTから借りて、尚且つ自社で持っているプロバイダであるYahoo!BBをまとめてセット契約ができる「ソフトバンク光」を提供しています。

ソフトバンク光という光コラボレーションに契約することで、フレッツ光の回線とYahoo!BBのプロバイダをまとめて契約することができるのです。

「フレッツ光の回線」+「プロバイダ」を1つの契約としてまとめられるインターネット接続サービスが光コラボレーションです。

なぜ勧誘しやすいのか?

上記の説明のように光コラボレーションの各事業者は、NTTのフレッツ光の回線を借りてプロバイダとセットにしてインターネット接続サービスを提供しています。

今現在、フレッツ光を契約している人は「転用」という簡単な手続きで光コラボレーションに加入できますし、利用しているフレッツ光の回線を利用するので工事の必要がないので勧誘しやすいのです。

28,000円キャッシュバック
特典ありのソフトバンク光

光コラボの勧誘で注意するポイント

何となく光コラボレーションのことを解っていただいたと思いますので、どのような誤った勧誘が行われているのかを見ていきましょう。

特に2015年2月に総務省から行政指導を受けたU-NEXT光という光コラボレーションの申し込みを代行する代理店が不正な説明を電話で行っているようです。

以下のポイントを抑えると不適切な勧誘かを判断できます。

勧誘1「フレッツ光の料金改定がありました。」

よくある勧誘がまるでNTTの人間であるかのような言い方で料金改定があったと説明してきます。料金改定で料金を安くするためには「転用」という手続きが必要だと説明します。

転用手続きは、実際にフレッツ光を利用している人でなければすることができない手続きで、NTTのホームページなどから行いますが、手続きのサポートを行うという勧誘もされます。

しかし、ここでよく考えてください。
本当のNTTからの電話勧誘なら、わざわざお客様に転用の手続きをホームページでさせるでしょうか?また、NTTが提供するフレッツ光の契約をNTTがまったく違う「他社」の光コラボレーション事業者への契約に変更させるでしょうか?有り得ませんよね。

勧誘2「毎月の料金が安くなります」

光コラボレーションは光回線とプロバイダを1つの契約で済むのでセット割引などを行っています。その為、通常のフレッツ光+プロバイダの2つの契約よりは毎月の料金が安くなる場合があります。

しかし、現在利用しているフレッツ光やプロバイダの現在の料金プランに割引が適用されていて、光コラボレーションにすると逆に高くなる場合もあります。

光コラボレーション業者は、NTTとあなたのフレッツ光の契約内容を知っているわけがありません。もし知っていたら個人情報がNTTから他社の光コラボレーション業者に流出しています。まっ流出のような事例は今はありませんが、他社との契約内容や料金プランも知らないのに「今よりも光コラボレーションの方が安くなる」といきなり断定することは不可能です。いきなり安くなると勧誘してくるのは不適切です。

勧誘3「工事は不要でそのまま利用できます」

確かに光コラボレーションはNTTのフレッツ光の回線を利用するので、フレッツ光をご利用中なら工事の必要はありません。工事が不要なのは事実ですが、そのまま利用できるというのは不親切な説明です。

なぜ、「そのまま利用できる」が不適切な説明かというと、上記でも何度も説明していますように「光回線とプロバイダ」のセットが光コラボレーションです。なので、現在ご利用中のプロバイダを解約しなければいけない場合がほとんどです。解約には解約金が必要ですし、現在のプロバイダで利用しているメールアドレスも利用できなくなります。

高額キャッシュバックがもらえる
ソフトバンク光の代理店は【コチラ】

本当にお得になるのかを比較する

このページで光コラボレーションは悪いものとの印象を与えてしまったかもしれませんが違います。光コラボレーションが悪いのではなく勧誘する会社が悪いのです。

光コラボレーションにすることで今よりも月額料金が安くなる場合もあれば、いつも利用しているサービスが割引される場合などお得なことが多いのです。

ではどのような光コラボレーション業者がお得になるのかを比較する方法をご紹介します。

現在ご利用中のフレッツ光とプロバイダの料金を洗い出す

光コラボレーションの一番のメリットは月額料金が安くなる点です。しかし、長期でフレッツ光やプロバイダを利用している場合は長期割引が適用になっていて、光コラボレーションよりも安い場合があります。

その為、現在利用しているフレッツ光やプロバイダのプランや毎月支払っている料金を洗い出して計算しましょう。そして、光コラボレーションにした場合の月額料金と比較することがお得になるかを調べる大前提の作業です。

ご利用中のプロバイダが提供する光コラボを調べる

大手のプロバイダもNTTからフレッツ光の回線を借りて光コラボレーションを提供しています。例えば、大手プロバイダの「OCN」は「OCN光」、「ビッグローブ」は「BIGLOBE光」、「ソネット」は「ソネット光」、「エキサイト」は「エキサイト光」などを提供しています。

勧誘があってすぐに勧誘された光コラボレーションに転用するのではなく、現在利用しているプロバイダも光コラボレーションを提供しているかを調べましょう。そうすることで月額料金が安くなり、プロバイダの解約金も不要で、現在利用中のメールアドレスもそのままに利用できるようになる可能性が高くなります。

毎月の支払いの割引がある光コラボを選ぶ

毎月支払っている料金はありませんか?
すぐに浮かぶのが携帯電話やスマホの通話代金や基本料金です。今では小学生でも携帯電話を持っている時代ですので、誰もが持っていて便利です。しかし、毎月の料金が気になりませんか?

このスマホなどの毎月の支払いを安くできる光コラボレーションがあります。それが上記の例でも登場したソフトバンク光です。ソフトバンク光は、フレッツ光の「光回線」プロバイダの「Yahoo!BB」をセットにした光コラボレーションです。

もし、フレッツ光をご利用中のソフトバンクスマホユーザーがソフトバンク光へ転用すると、毎月のソフトバンクのスマホ代が毎月最大2,000円も割引されます。もし、家族4人全員がソフトバンクのスマホだったら毎月最大8,000円も安くなるのです。

ソフトバンク光なら
毎月のスマホ代が最大2,000円引き!!!

auスマホユーザーならauひかりに乗り換える

光コラボレーションはNTTの光ファイバー回線を利用していますが、同じく光ファイバー回線を利用するKDDIのauひかりというサービスがあります。

auひかりを利用するとソフトバンク光同様にスマートフォンが毎月割引になるauスマートバリューが対象となりますので、もし現在フレッツ光を利用しているauスマートフォンユーザーなら、フレッツ光を解約してしまってauひかりに乗り換えてしまう方法もよいでしょう。

auスマホユーザーなら
▼auひかり▼

まとめ

  • 光コラボレーションの勧誘電話はNTTは行っていないと思ってよい
  • 光コラボを電話勧誘されたら本当に安くなるか比較する必要がある
  • 光コラボレーションで月額料金が安くならない場合もある
  • 利用中のプロバイダが光コラボを提供しているか調べる
  • ソフトバンク光など毎月割引があるお得なところで申し込む

【取得方法】実際にNTTで転用承諾番号を電話で取得してみた体験談

2016.12.14

光コラボレーションに転用するとデメリットなのか?

2016.04.06

光コラボレーションとは一体どんなインターネットサービスなのか?

2016.03.14