光コラボレーションに転用するとデメリットなのか?

NTTのフレッツ光の光ファイバー回線を各社が借りてインターネット接続サービスを提供する「光コラボレーション」という制度ですが、いろいろな情報が出回っています。特に見かける情報が光これぼレーションにするとデメリットが多いかのような情報です。

そこで今回はフレッツ光から光コラボレーション各事業者のサービスへ転用すると本当にデメリットなのか、それともメリットがあるのかを徹底的に調査してみます。

フレッツ光から光コラボレーションへの転用について詳しく知りたい方は下記の関連ページをご覧ください。

【関連ページ】フレッツ光の転用?NTT東日本と西日本から転用承諾番号を取得する方法とは

光コラボの速度が遅いというデメリット情報

光コラボレーションであるデメリットの評判や口コミですが速度に関するものがあります。光コラボレーションへ転用したら「以前より速度が遅くなった」というデメリットなのですが、フレッツ光から光コラボレーションへ転用(変更)すると本当に速度が遅くなるのでしょうか?

hikari_colabo

そもそも光コラボレーションとは、フレッツ光の現在利用している光ファイバー回線を各社が借り入れて(レンタルして)プロバイダとのセットで提供する新しいサービスです。例えば、「フレッツ光回線+Yahoo!BB」のセットはソフトバンク光。「フレッツ光回線+OCN」のセットはOCN光。「フレッツ光回線+So-net」のセットはSo-net光なのです。

光コラボレーションは転用する前と同じNTTの光ファイバー回線「フレッツ光」のものを利用するので回線が理由で遅くなるということはまずありません。

速度低下はプロバイダが原因

同じフレッツ光の回線を利用する光コラボレーションなので、回線が理由で遅くなることは考えにくいです。それでは原因は何か?それはインターネットに接続してくれる業者である「プロバイダ」に原因があると思われます。

「じゃ、プロバイダを変更すればいいのか!」と単純なことでもないのが光コラボレーションなのです。

プロバイダ変更が出来ない光コラボレーション

上記でもご案内したように光コラボレーションはフレッツ光回線とプロバイダをセットにしたサービスです。
例えば、プロバイダであるBIGLOBE(ビックローブ)も光コラボレーションであるビックローブ光を提供していますが、「フレッツ光回線+プロバイダBIGLOBE」のセットがビックローブ光です。その為、光コラボレーションのビックローブ光に転用した後に速度が遅いから違うプロバイダへ変更しようとしても、「フレッツ光回線+プロバイダBIGLOBE」がビックローブ光であるためBIGLOBE以外のプロバイダに変更することはできません。

もし、プロバイダを変更したければ光コラボレーションを解約違約金を払って解約するほかありません。

光コラボでは問い合わせ電話が繋がらない?!

光コラボレーションのデメリットとしては、相談したり問い合わせをする電話番号へ電話をしても繋がらないというものです。

私は実際に数社の光コラボレーションの問い合わせ窓口へ電話を掛けたことがありますが、確かに繋がりにくいです。でも、それは光コラボレーションに限ったことではありません。NTTのフレッツ光やKDDIのauひかり、ドコモやソフトバンクなどの携帯電話会社、電波でネット接続できるワイマックスを提供する各社、いろんなサービスを利用していましたし電話もしましたが、どこの会社も繋がりにくいものです。特にインターネットや携帯などの通信事業者の電話は繋がりにくいです。

以上の理由で光コラボレーションの電話だけが繋がりにくいというデメリット情報は違います。どのインターネット提供会社でも同様のことが言えるのです。

光コラボではキャンペーンを行っていない?!

次に光コラボレーションのデメリットでよく見かける情報がキャッシュバックなどのキャンペーンを行っていないという口コミです。光コラボレーション以外の様々なインターネット接続サービスを新規契約すると「○万円キャッシュバック!」とよく見る機会があります。

確かに、光コラボレーションを新規に契約しても数万円のキャッシュバックを行っている業者はありません。頑張って見つけても5,000円とか10,000円とかのキャッシュバック額で、30,000円以上は絶対にありません。

「なんだ、光コラボレーションはキャッシュバックがないから損だね」

そう思われた人も多いでしょう。でも待ってください。

毎月割引がある光コラボレーション

新規契約時に3万円程度のキャッシュバックがあるのは魅力的ですが、毎月支払っているスマホ代や電気代などが安くなった方がよくないでしょうか?

例えば、ソフトバンクのスマートフォンを利用している人がソフトバンク光という光コラボレーションを利用した場合、毎月のスマホ代金が最大2,000円も割引されるのです。家族も割引適用されるので、例えばご夫婦がソフトバンクのスマートフォンを利用していて毎月最大2,000円の割引が適用された場合、「2,000円×2人=毎月4,000円引き」になり年間48,000円もスマホ代が安くなる計算です。

契約した時に一度に3万円程度のキャッシュバックをもらうか、それとも年間年間48,000円スマホ代を安くするか、選択できますよね。

以上のように毎月支払っているサービスがあるなら光コラボレーションで毎月お得になる場合もあります。決して、光コラボレーションはキャンペーンがない、もしくはキャッシュバックが少ないから損という訳ではないのです。

光コラボはデメリットもあればメリットもある

フレッツ光を利用している人が光コラボレーションへ転用する場合、そのままのフレッツ光回線を利用するので自宅へ回線を引き込む工事をする必要がありません。「光コラボレーションは工事不要」や「月額料金や安くなる」などのメリットを強調する営業方法をしているところもありますが、速度が遅くなりプロバイダの変更をしたくても出来ないデメリットだけを頭に入れておいてください。

光コラボレーションはデメリットの口コミもありますが、口コミをした人がデメリットと感じただけです。「電話が繋がらない」とデメリットを書いた人もいれば、私のように「繋がりにくいのは当然だ」と書く人もいます。

光コラボレーションにはあなたにとってデメリットと感じる点とメリットに感じる点があるのは確かです。安易にフレッツ光から転用するのではなく、料金や割引制度など他社の光コラボレーションもよく比較することをおすすめします。

↓テレビCMで話題のソフトバンク光↓

【取得方法】実際にNTTで転用承諾番号を電話で取得してみた体験談

2016.12.14

ソフトバンク光転用後の料金や割引額の比較方法とお得な転用方法とは?

2016.12.13

光コラボレーション電話勧誘注意点。NTTフレッツ光から乗り換える(転用する)と本当にお得?

2016.03.28