ビッグローブ光のIPv6対応無線LANルーターでWi-Fiを使う方法!レンタルと購入はどちらがおすすめ?

自宅でビッグローブ光を開通させるとインターネットに接続できるようになりますが、無線LANルーターを設置するとWi-Fi(ワイファイ)が利用できるようになりスマホなどでもネット接続出来て便利になります。

しかし、無線LANルーターを設置しなくてもWi-Fiが使える場合と、無線LANルーターを設置しないとWi-Fiが使えない場合もあり、設置しないといけない場合はIPv6対応ルーターでなければいけないみたいで、よく解りません。

そこで今回はビッグローブ光を開通させた後に自宅でWi-Fiが利用できるようにするために、どんな無線LANルーターが必要なのか、レンタルできるのか、IPv6対応って何かなど初心者の人でも解りやすくご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ビッグローブ光でWi-Fiを使うにはルーターが必要?

ビッグローブ光の開通工事が終わってインターネットが使えるようになっても、Wi-Fi(ワイファイ)を利用するには無線LANルーターという機器が必要だという事は知っている人が多いです。しかし、ビッグローブ光の開通工事後に自宅に設置される光回線終端装置(ONU)がルーターだと勘違いしている人もたくさんいます。

そこで、詳しくご紹介する前にビッグローブ光で設置される機器は何なのか、無線LANルーターとは何なのかを初心者向けに解りやすくご紹介します。

光回線終端装置(ONU)はルーターではない

まず、ビッグローブ光でインターネット接続する為に利用される光回線を自宅へ引き込む回線工事が行われます。回線工事が終わると自宅の中に「光回線終端装置(ONU)」という機器が置かれます。

回線工事後に光回線終端装置(ONU)が設置される

ビッグローブ光の回線工事が終わるとNTTのロゴが付いた機器「光回線終端装置(ONU)」が設置されますが、この「光回線終端装置(ONU)」をWi-Fiが利用できるルーターだと勘違いしている人が多くいるみたいです。

この光回線終端装置(ONU)という機器はWi-Fiが使えるようになる無線LANルーターではありません。

一般的に「モデム」とも言われる光回線終端装置(ONU)は、光回線でデータをやり取りする「光信号」をパソコンやスマホなどでも利用する「デジタル信号」に変換する機器です。

LANケーブルを繋げないとネットが使えない

光回線終端装置(ONU)はWi-Fiが使えるようになる無線LANルーターではないので、LANケーブルでパソコンと接続しなければネット接続出来ません。その為、2階など別の部屋で利用する場合は配線が面倒ですし、スマホやタブレットなどではネット接続出来ないので不便です。

そこで、Wi-Fiが利用できるようになる必要機器が無線LANルーターなのです。

無線LANルーターがWi-Fiを飛ばす

光回線終端装置(ONU)と無線LANルーターを接続することで、無線LANルーターがWi-Fiを発信し始めます。自宅の別の部屋でもWi-Fiを受信する事でLANケーブルを使うことなくインターネットに接続できるようになり便利ですし、パソコン以外のスマホやタブレットなどでもインターネットが出来るようになります。

管理人
意外に勘違いしている人が多いのですが、ビッグローブ光回線工事後に設置されたNTTのロゴが入った機器ではWi-Fiは使えません。Wi-Fiを使うには無線LANルーターが必要なんです。

お得に加入!ビッグローブ光キャンペーンサイト

ビッグローブ光対応ルーターはレンタル?それとも購入?

上記では初心者の人でも解るようにビッグローブ光でWi-Fiを利用するには無線LANルーターが必要だとご紹介しました。もうご理解頂けましたよね。

では、ビッグローブ光に対応した無線LANルーターの機種はどれがいいのでしょうか?また、無線LANルーターはレンタルもできるようですが、レンタルと購入はどちらが良いのでしょうか?

IPv6対応の無線LANルーターを選ぶ

以前は「IPv4」という通信技術が一般的でした。しかし、近年では「IPv6」という最新通信技術の普及が進められています。ビッグローブ光は最新通信技術「IPv6」と「IPv4」も利用されています。

その為、ビッグローブ光で無線LANルーターを選ぶにあたり「IPv6」と「IPv4」の両方の通信技術が利用できるMAP-E機能搭載の無線LANルーターを選ぶ必要があります。

一言でいえば「IPv6対応の無線LANルーター」が必要という事です。

更に詳しく説明するとビッグローブ光はIPv6という通信技術を使ってIPv4でネット接続する方式を取っています。そのような通信方式をMSP-E(別名:v6プラス)と呼んでいます。

ビッグローブ光のルーターレンタルはおすすめしない

ビッグローブ光でWi-Fi接続する為に必要な無線LANルーターですが、ビッグローブ光では有料で無線LANルーターのレンタルもしています。

BIGLOBEでレンタルできるルーター

メーカー型番 NEC Aterm WG1810HP(JE)
初期費用 不要
レンタル料 月額500円

ビッグローブ光でレンタルできる無線LANルーターはNEC製の「Aterm WG1810HP(JE)」です。このルーターはレンタル専用なので販売はしていません。

レンタル料は月額500円なので2年間(24ヵ月)レンタルしたら総額12,000円もします。

また、レンタルをお願いしてもなかなか届かないという口コミもありますし、必要なくなった時の返却も面倒です。もし、無線LANルーターのレンタルを解約して返却しなかったら16,000円も請求されます…。

このレンタルできる無線LANルーター同等の機種は購入で10,000円もしません。また、レンタルできるルーターよりも高機能のルーターが12,000円程度で購入できます。その為、私個人的にはレンタルせずに購入する事をおすすめします。

おすすめの購入できる無線LANルーター

ビッグローブ光でWi-Fi接続する為に必要な無線LANルーターですがどれを選べばよいか解らないものですよね。そこで、ビッグローブ光対応の購入できるおすすめの無線LANルーターをご紹介します。

おすすめルーターその1

ビッグローブ光でレンタルできる無線LANルーター同等機種は以下の「NEC Aterm WG1800HP2」です。

レンタル機種と同等のルーター

ビッグローブ光でレンタルできる「NEC Aterm WG1810HP(JE)」というルーターと、購入におすすめの「NEC Aterm WG1800HP2」の見た目はほぼ同じでしょ?無線LANルーターとしての機能もほぼ同じです。

「NEC Aterm WG1800HP2」はAmazonで価格6,680円なので1年間のレンタル料金とほぼ同じです。長期間レンタルするなら購入がおすすめです。

NEC Aterm WG1800HP2(Amazon)

おすすめルーターその2

次におすすめする無線LANルーターは、ビッグローブ光でレンタルできるルーターよりも高機能の「NEC Aterm WG2600HP2」です。

レンタルのルーターより高機能

レンタルのルーターはNEC製ですが、このおすすめする無線LANルーターも同じNEC製です。

「NEC Aterm WG2600HP2」はAmazonで価格12,400円で少々お高めですが2年間のレンタル料金とほぼ同じ金額になります。アマゾンでのレビューも悪く良いのでおすすめの無線LANルーターです。

NEC Aterm WG2600HP2(Amazon)

ビッグローブ光のIPv6に関しては関連記事で詳しく掲載しておりますので合わせてご覧ください。
【関連記事】ビッグローブ光のIPv6オプションで速度が速い?

ビッグローブ光のWi-Fi利用はルーター不要の場合もある

上記ではビッグローブ光でWi-Fi接続したい場合は無線LANルーターの設置が必要だと散々ご紹介してきました。しかし、無線LANルーターを設置する事なくWi-Fi接続が出来る場合があるのです。

無線LANルーター不要でWi-Fiが使える場合とは、ビッグローブ光で光電話も契約している場合です。どういう事?って思いますよね。

以下で詳しくご紹介します。

光電話で使用するONUはWi-Fi機能付き

ビッグローブ光の回線工事が終わると光回線終端装置(ONU)という機器が設置されるとご紹介しましたよね。

ビッグローブ光の「インターネット回線契約のみ」の場合に設置される光回線終端装置(ONU)にはWi-Fi機能が付いていません。その為、Wi-Fi接続するには無線LANルーターの設置が必要です。

一方、ビッグローブ光の「インターネット回線と光電話」の両方の契約の場合には、Wi-Fi機能が付いている光回線終端装置(ONU)が設置されます。

光電話も契約するとWi-Fi機能付きのONUが設置

ネット契約のみ ネット+光電話
両方契約
ONU
機能
Wi-Fi機能なし Wi-Fi機能あり

「なんだ!ビッグローブ光の光電話にも加入すると無線LANルーターは必要なくWi-Fiが使えるのか!」と思ったあなた、確かに無線LANルーターは必要ありませんが「無線LANカード」が必要になるんです。

Wi-Fi機能付きONUには無線LANカードが必要

上記でご紹介したように、ビッグローブ光のネット契約+光電話契約の両方契約すると自宅に設置される光回線終端装置(ONU)にはWi-Fi機能が付いています。

ただし、Wi-Fi機能が付いているだけそのままWi-Fi接続できる訳ではありません。

「無線LANカード」をレンタルしなければWi-Fiが使えないのです。

ONUに無線LANカードを挿して使う

東日本エリア 西日本エリア
無線LANカード
レンタル料
月額300円 月額100円

Wi-Fi機能付きの光回線終端装置(ONU)に無線LANカードを挿すとWi-Fiが利用できるようになります。この無線LANカードのレンタル料は、ビッグローブ光を契約する自宅のエリアで異なり、東日本エリアの場合は月額300円、西日本エリアの場合は月額100円でレンタル出来ます。

まとめ

今回はビッグローブ光でWi-Fiが使えるようになる無線LANルーターについて初心者の人でも解るように基礎からご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?基本的に回線工事が終わった後に設置される光回線終端装置(ONU)にはWi-Fi機能が付いていないので無線LANルーターを設置する事でWi-Fi接続が可能となります。レンタルも可能ですが長期間使うのであればレンタルではなくIPv6対応の無線LANルーターの購入がおすすめです。また、光電話も契約している場合には光回線終端装置(ONU)にWi-Fi機能は付いていますが無線LANカードのレンタルが必ず必要です。ぜひ、ビッグローブ光の契約を検討している人はルーターを設置して快適なWi-Fi接続でインターネットをしてみてくださいね。

ビッグローブ光の申し込みはこちら
キャッシュバックキャンペーン中

【エリア検索】ビッグローブ光が利用可能な提供エリアを確認する方法

2018.06.04

悪い評判!?ビッグローブ光はガチで酷い?評判をまとめてみた(2018年度版)

2018.05.25

【2018年9月版】ビッグローブ光キャンペーン比較決定版!公式サイトよりお得なキャッシュバックはここだ!

2017.09.08

ビッグローブ光のauセット割で月額料金を割引させる方法

2016.09.08

スポンサーリンク