ワイマックス(WiMAX)が2020年3月にサービス終了!機種やプラン変更について

KDDIグループであるUQコミュニケーションズ株式会社が提供するワイマックス(WiMAX)が2020年3月31日をもってサービス終了すると発表されました。サービス終了するワイマックスはすべてWiMAX 2+へ完全移行されます。

そこで今回は2020年3月にワイマックスがなぜサービス終了するのか、そして終了前に契約者が行わなければならないWiMAX 2+の対応の機種変更やプラン変更手続きについてご紹介したいと思います。


スポンサーリンク

ワイマックス(WiMAX)がサービス終了

2018年9月3日に驚くニュースが舞い込んできました。前から噂されてきたワイマックス(WiMAX)が2020年3月31日でサービス終了するのです。そして、WiMAXの新規契約の申し込みも2018年9月30日で受付終了します。

そこで、まずワイマックスのサービス提供が終了する情報を初心者でも解りやすく解説したいと思います。

ワイマックスのサービス内容

まずはワイマックス(WiMAX)のサービス内容について簡単にまとめてご紹介します。

ワイマックスというサービスは、以下の2つのサービスから成り立っています。

  • WiMAX
  • WiMAX 2+

WiMAXは2009年2月26日より試験的にサービス提供され始めて、2012年6月には全国的にエリアを拡大してきたモバイルのインターネット接続サービスです。そして、WiMAXの後継サービスとして2013年10月よりサービス提供が開始されたのがWiMAX 2+(ワイマックス ツープラス)です。

WiMAX WiMAX 2+
提供開始 2009年2月 2013年10月
提供終了 2020年3月
最大通信速度 下り:13.3Mbps
上り:15.4Mbps
下り:758Mbps
上り:112.5Mbps
速度制限 なし 直近3日間で
10GB以上

上記表のように、ワイマックスは今まで「WiMAX」と「WiMAX 2+」というまったくサービス内容が違うサービスを展開していたのです。

管理人
要は「WiMAX 2+」は「WiMAX」の後継サービスなんですね。その為に「WiMAX」の事を「旧WiMAX」と呼んでいる人もいます。

完全終了でなくWiMAX 2+へ移行される

このニュースを見たワイマックスを契約している人は「えっ!?もうワイマックスが使えなくなるの?」と思ったかもしれませんが、ワイマックス自体をサービス終了するのではありません。

「WiMAX」というサービスを終了して、後継サービス「WiMAX 2+」へ完全移行する、というニュースなのです。

その為、現在「WiMAX 2+」を契約している人は何も気にしなくてよいニュースという事です。一番気にしないといけない人は「WiMAX 2+」以前の「WiMAX」サービスを契約している人です。

管理人
ワイマックスがサービス終了するのではなく、「WiMAX 2+」以前からサービス提供している「WiMAX」というサービスのみが2020年にサービス終了するんですね。

終了するプランと使えなくなる機種

「私はWiMAXなの?それともWiMAX 2+なの?」と解らない人もいるかもしれませんね。そんな時は現在契約しているワイマックスのプランを確認してみてください。

以下のプランが(旧)WiMAXの料金プランです。

  • UQ Flat年間パスポート
  • UQ Flat年間パスポートハート割
  • UQ Flat
  • UQ Step
  • UQ 1Day

上記のプランで契約している人は2020年にサービス終了する「WiMAX」を契約している可能性があります。上記プランで契約している人は「WiMAX」の後継サービス「WiMAX 2+」へ移行手続きをしなければ使えなくなります。

管理人
上記の5つのプランが終了する「WiMAX」のプランです。5つのプランで契約している人は「WiMAX 2+」へ移行しなければサービス終了する2020年3月31日以降は使えなくなる訳ですね。

また、現在利用している機種が以下の機種であればサービス終了する「WiMAX」プランで契約しています。プランが解らない人は機種で判断する事も可能です。

引用:https://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201809031.html

引用:https://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201809031.html

引用:https://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201809031.html

上記の機種でワイマックスを利用中の場合は、サービス終了する「WiMAX」プランで契約しています。

管理人
2020年3月以降はサービス終了に伴い使えなくなりますので後継サービス「WiMAX 2+」への移行手続きが必要です。

スポンサーリンク

ワイマックスが終了前に機種変更とプラン変更

現在、ほとんどが「WiMAX 2+」で契約している人が多いのですが、「WiMAX」プランで契約している人だけはサービス提供が終了するため、「WiMAX 2+」対応の機種変更「WiMAX 2+」のプランへ変更する必要があります。

負担なく移行できる「おトクに機種変更」

上記でもご紹介したように、サービス提供が終了してしまう「WiMAX」プランで契約している人は「WiMAX 2+」プランへの変更や機種変更が必要になります。

通常「WiMAX 2+」対応の機種は購入しなければなりません。

しかし、「WiMAX」プランで契約している人は「WiMAX 2+」対応機種に変更する際に負担がないように「おトクに機種変更」というキャンペーンで無料で機種変更が可能です。

また、「WiMAX」プランから「WiMAX 2+」へプラン変更する場合に必要な登録料3,000円が無料となります。

キャンペーン名 おトクに機種変更
受付期間 2018年10月1日~
2020年3月10日まで
対象者 WiMAX契約者で
WiMAX 2+へ移行する人
機種変更
料金
WiMAX 2+対応機種を
無料で機種変更
登録料 通常3,000円が無料

サービス終了する旧「WiMAX」プランから後継サービス「WiMAX 2+」へ負担なく移行できる「おトクに機種変更」の受付期間は2018年10月1日からサービス終了する直前の2020年3月10日までとなっています。

管理人
「WiMAX 2+」へ移行する際に負担がないように対応機種の機種変更料金や登録料が無料になるんですね。

割引期間も長めに設定

WiMAXからWiMAX 2+へ移行する人限定割引期間が長めになっています。

「WiMAX 2+」で多くの人が契約しているプラン「UQ Flatツープラスギガ放題 3年プラン」で契約する場合は割引期間が「3ヶ月間」から「3年間」に延長されます。

プラン UQ Flat
ツープラスギガ放題
受付期間 2018年
9月30日まで
2018年
10月1日~
月額料金 割引価格
3,696円
(通常4,380円)
割引価格
3,696円
(通常4,380円)
契約期間 3年 3年
割引期間 3ヶ月間 3年間

「UQ Flatツープラスギガ放題 3年プラン」は通常月額4,380円ですが3ヶ月間だけ月額3,696円に割引されます。しかし、「おトクに機種変更」受付期間中の2018年10月1日から2020年3月10日まで「WiMAX」プランから「WiMAX 2+」へプラン変更すると通常3ヶ月間の割引期間が3年間に割引延長されます。

移行手続き方法

2020年3月にサービス終了する「WiMAX」から「WiMAX 2+」へ移行する場合は手続きが必要です。

「WiMAX 2+」への移行手続き先ですが、あなたが「WiMAX」プランを契約したワイマックス提供会社へ連絡します。
管理人
あなたはどのワイマックス提供会社で「WiMAX」プランを契約しましたか?

以下は、主なワイマックス提供会社の問い合わせ一覧です。

「WiMAX」プランから「WiMAX 2+」プランへ変更する場合は、あなたが契約したワイマックス提供会社へ問い合わせしてください。

提供会社
(契約先)
問い合わせ先
UQ WiMAX 0120-929-818
9時~21時(年中無休)
Broad WiMAX 0120-299-963
10時~20時(年中無休)
DTI WiMAX 0120-830-501
10時~17時(平日)
とくとくBB 0120-377-109
10時~19時(年中無休)
novas WiMAX 0120-446-321
9時~17時(年中無休)
@nifty WiMAX 0120-50-2210
10時~19時(年中無休)
BIGLOBE WiMAX 0120-926-762
9時~21時(年中無休)
So-net WiMAX 0120-080-790
9時~18時(年中無休)
ASAHIネット
WiMAX
0120-030-275
DIS WiMAX 0120-276-616
11時~20時(年中無休)
J:COM WiMAX 0120-999-000
9時~21時(年中無休)
YAMADA air
Mobile WiMAX
(ヤマダ電機)
0120-810-666
10時~19時
BIC WiMAX
(ビックカメラ)
0120-99-5151
9時~21時(年中無休)
ワイヤレスゲート
(ヨドバシカメラ)
0570-025879
10時~18時(年中無休)
エディオンネット 0120-12-9909
9時~19時
KT WiMAX
(ケーズデンキ)
0120-980-886
10時~20時(年中無休)

「WiMAX」プランを契約した時の契約書などに問い合わせ先が記載されていますが、万が一解らない場合は上記のワイマックス提供会社で「WiMAX」プランを契約した記憶がある所へ電話してみてください。

管理人
ワイマックスを契約している提供会社へ連絡して「サービスが終了するWiMAXプランからWiMAX 2+プランへ移行したい」と伝えると解るはずです。

なぜWiMAXがサービス終了するのか

最後に、そもそも何故「WiMAX」サービス(プラン)が終了して「WiMAX 2+」へ移行しなければならないのかを簡単に説明したいと思います。

ワイマックスの基礎知識

ワイマックスというサービスは「電波」を使ってインターネットに接続するサービスです。

ワイマックスは電波を使ってネット接続

電波塔から発信された「電波」をモバイルルーター(機種)が受信をする事でインターネットに接続できるサービスがワイマックスです。

管理人
ワイマックスは携帯電話やスマホのように「電波」を利用してネット接続できるサービスなんです。

電波(周波数帯)が違っていたワイマックス

ワイマックスでも利用される「電波(周波数)」には様々な種類があります。

サービス終了する「WiMAX」では「10MHz帯」の電波(周波数)を利用しています。一方、「WiMAX 2+」では「20HMz帯」の電波(周波数)を2つ利用しています。

WiMAXとWiMAX 2+の電波は違う

※「MHz」の読み方は「メガヘルツ」

WiMAX 10MHz
WiMAX 2+ 20HMzを2つ
(合計40HMz)
管理人
WiMAXとWiMAX 2+で利用する電波の種類が違うんですね。

終了の理由は周波数帯を広げるため

ここから「WiMAX」を終了する理由です。

「WiMAX」で利用してきた「10MHz」の電波(周波数)はサービス終了で空きが出ますよね。空いた電波(周波数)をどう使うのか。

WiMAX終了で空いた周波数をWiMAX 2+で使う計画

それは、空いた電波(周波数)を「WiMAX 2+」で使おうという計画があるので「WiMAX」を終了するのです。

WiMAX サービス終了
WiMAX 2+ 10MHzと
20HMzを2つ
(合計50HMz)

今までWiMAX 2+では20MHzを2つ、合計40HMzを利用していました。しかし、WiMAXサービス終了で利用してきた10MHzが空きます。その分をWiMAX 2+で利用する事で「20MHzを2つ」+「10MHz」合計50MHzの電波(周波数)を確保できます。

周波数帯が広いと安定したインターネットの提供が可能となりますので、WiMAXを終了してWiMAX 2+へ移行させたい、というのがサービス終了の理由です。

まとめ

今回は2020年3月にサービスが終了するワイマックスのプラン「WiMAX」について解りやすくご紹介しましたがいかがだったでしょうか。ワイマックス自体がサービス終了するのではなく、2つある「WiMAX」と「WiMAX 2+」というサービスで「WiMAX」のみが終了する事がご理解頂けたと思います。「WiMAX」のプランで契約中の人は2020年3月以降は使えなくなります。その為、「WiMAX 2+」のプラン変更と対応機種変更が必要です。「WiMAX」プランから「WiMAX 2+」プランへ変更する人は2018年10月1日から始まる「おトクに機種変更」というキャンペーンで負担なく変更が可能です。

スポンサーリンク