ワイマックスとワイモバイル(イーモバイル)の違いは何?様々な観点から比較してみた。

外出先でもノートパソコンやiPadなどのタブレット端末などを使ってインターネットに接続して利用したいですよね。そんな時に便利なサービスが「ワイマックス」と「ワイモバイル」です。どちらも外出先でインターネット接続できるサービスですが、イマイチ違いが解りませんよね。

そこで今回はワイマックスとワイモバイルのサービス内容違いや料金の比較、評判など様々な観点から徹底調査してみたいと思います。

スポンサーリンク

ワイマックスとワイモバイルの基本

出張先や学校、カフェ、営業先など自宅や会社以外の外出先でインターネットを接続して利用できるサービスが「ワイマックス」と「ワイモバイル」です。どちらも同じようなサービスですし、どちらも「ワイ」と付くので違いが解りません。

自宅や会社で利用しているインターネットは、光ファイバー回線やADSL回線を利用した「有線サービス」です。有線とは、そのまま「線が有る」という意味で電柱をつたって自宅や会社までやってきた光ファイバーなどの回線を利用します。

▼当サイトおすすめUQ WiMAX▼

ワイマックスやワイモバイルは電波を利用した無線サービス

「ワイマックス」と「ワイモバイル」というインターネット接続サービスは、光ファイバーやADSLなどの有線回線を利用せずに下の写真のような「モバイルWiFiルーター」という端末を利用してインターネットに接続します。

モバイルルーターを持ち歩くことで利用できる

モバイルWiFiルーターを持ち歩くことで利用できる

ワイマックスやワイモバイルは電波を利用した「無線サービス」です。無線とはそのまま「線が無い」という意味で、町中を飛び交う電波を利用してインターネットに接続します。

電波塔から発信された電波をキャッチ

電波塔から発信された電波をキャッチ

ワイマックスやワイモバイルは、各自の電波塔を持っておりそこから電波を発信しています。その電波をキャッチ(受信)する機器がモバイルWiFiルーターなのです。

電波を受信したモバイルWiFiルーターはWiFiと呼ばれるノートパソコンやiPadなどのタブレット端末で利用できる電波に変換します。そのWiFiを利用してインターネットに接続できるようになるインターネット接続サービスがワイマックスでありワイモバイルなのです。

ワイマックスとワイモバイル(イーモバイル)の違い

ワイマックスもワイモバイルも「電波」を利用したインターネット接続サービスということは何となくお解りいただけたと思います。しかし、それぞれの違いがイマイチ判りませんよね。

そこでここからはワイマックスとイーモバイルの違いについて詳しく解説していきたいと思います。

ワイマックスとワイモバイルは会社が違う

まず大きな違いはワイマックスとワイモバイルは提供している会社が違うという点です。ワイマックスはUQコミュニケーションズ株式会社ワイモバイルはワイモバイル株式会社が提供する無線のインターネット接続サービスなのです。

ワイマックスはUQコミュニケーションズ株式会社が提供サービス

ワイマックスはUQコミュニケーションズが提供している

ワイマックスはUQコミュニケーションズが提供している

ワイマックスという無線のインターネット接続サービスを提供しているのはUQコミュニケーションズ株式会社という会社です。この会社はauなどと同じくKDDIグループです。

ワイモバイルはワイモバイル株式会社が提供するサービス

ワイモバイルはワイモバイル株式会社が提供している

ワイモバイルはワイモバイル株式会社が提供している

ワイモバイルいう無線のインターネット接続サービスを提供しているのはワイモバイル株式会社という会社です。この会社はソフトバンクグループです。

以前は「イーモバイル」というサービス名でしたが、ソフトバンクグループに入ってから「ワイモバイル」とサービス名を変更しています。

以上のようにワイマックスとワイモバイルを提供している会社が違うということをまず認識しておきましょう。

ワイマックス ワイモバイル
提供会社 UQコミュニケーションズ ワイモバイル株式会社
グループ KDDI ソフトバンク

ワイマックスとワイモバイルは電波が違う

上記のように提供している会社が違うことはお解りいただけたと思います。次にワイマックスとワイモバイルの違いで重要な点あります。それはワイマックスとワイモバイルの利用する電波が違うという点です。

携帯電話やスマートフォンも電波を利用しています。ドコモやソフトバンク、auなど各社には国から割り当てられた電波(周波数帯)を利用してサービスを提供しています。携帯電話やスマートフォン同様に電波を利用するワイマックスとワイモバイルも利用している電波(周波数帯)が違います。

使用している電波(周波数)が違う

電波だの周波数帯だのよく解りませんよね。実際私もイマイチ解りません(笑)

しかし、ワイマックスとワイモバイルは利用する電波が違うので特性も違うようです。例えば、ワイマックスの電波は速度は速いが直進性があり繋がりにくい、ワイモバイルの電波は速度はある程度あるが波がある特性があるようです。

電波の特性が違う

電波の特性が違う

イメージで書くと上記のような波の電波になります。

  1. ワイマックスの電波は波が小さく直進性があるため速度が速い一方で直進性があるため建物などの中では繋がりにくい性質があります。
  2. ワイモバイルの電波は波が大きく直進性があまりないため速度がワイマックスに比べ遅い一方で波が大きいために繋がりやすい性質があります。
ワイマックス ワイモバイル
電波性質 波が小さく
直進性あり
波が大きく
直進性なし
速度 ワイモバイルに比べ
速い
ワイマックスに比べ
遅い
室内利用 繋がりにくい 繋がりやすい

極端に比較すれば、繋がりにくいが速度が速いワイマックスを選ぶか、繋がりやすいがワイマックスより速度が遅いワイモバイルを選ぶかです。以上のような電波の性質も理解しておきましょう。

ワイマックスとワイモバイルは料金が違う

最後に、ワイマックスとワイモバイルの違いとしては月額料金が違うところです。当然、提供している会社が違うので月額料金も違いますし、プランも様々あります。

しかし、どちらも似たようなインターネット接続サービスなのでライバルです。その為、月額料金やプランも似ています。

ワイマックスとワイモバイルの料金比較

代表的な各社のプランを比較してみます

ワイマックス ワイモバイル
プラン UQ Flatツープラス
ギガ放題
Pocket WiFiプラン2
月額料金 最大3ヵ月3,696円
3カ月以降4,380円
3,696円
契約期間 2年間 3年間

ワイマックスの代表的なプランは「UQ Flatツープラス ギガ放題」です。最大3ヵ月間は3,696円で3カ月以降は4,380円で2年契約となります。

ワイモバイルの代表的なプランは「Pocket WiFiプラン2」です。月額料金は3,696円で3年契約となります。

ワイマックスとワイモバイルはどこから申し込む?

それではどこから申し込んだ方がよいのでしょうか?

家電量販店などでも申し込む事ができますが、UQ WiMAXとワイモバイルの公式サイトからでも24時間申し込めることができます。公式サイトから申し込むと時期によってはキャッシュバック特典キャンペーンを実施している場合がありますのでお得です。公式サイトは要チェックです!

▼ワイマックス公式サイト▼

ワイモバイルの電波を利用した
▼安心のYAHOO! Wi-Fi公式サイト▼

ソフトバンク光の利用でワイモバイルの料金割引?「おうち割 光セット(A)(旧:光おトク割)」とは

2016.08.31

クレカがない!ワイマックスで口座振替で支払えるところはあるのか?

2016.07.06

ワイマックスとは何?ルーターや料金などを評判を調査した

2016.03.15

スポンサーリンク