クレカがない!ワイマックスで口座振替で支払えるところはあるのか?

インターネットの支払い方法に限らず、様々な方法で支払いますよね。例えばクレジットカードや口座振替、コンビニ払いなどあります。実は携帯電話やスマホ、インターネットサービスの支払い方法でクレジットカードに限定しているところも多くあります。

ワイマックスも同様に毎月の月額料金をクレジットカードのみで受け付けているところもあります。クレジットカードを持っていない人のために口座振替でもワイマックスが申し込めるところを調査してみました。

スポンサーリンク

ワイマックスが口座振替不可が多い理由

ワイマックスというインターネット接続サービスはカード型のデータ通信端末を利用した接続サービスです。その為、この端末費用を各社が負担したり分割で払ってもらうようにしています。

口座振替でワイマックスのサービスを開通させてしまうと、その人が悪質な人だっだら高額なデータ端末だけをもらって逃げてしまった場合に端末代金を負担したワイマックスの会社が大損をしてしまいます。

wimax_kouza_img01

そしてデータ端末だけを手に入れた悪人はオークションなどで売ってしまえば利益になりますよね。

ワイマックスの申し込みをクレジットカードのみの受付にしておくと、もし何かあった時に損をすることがないのでワイマックスの会社も安心です。

もしもの為にも支払い方法は口座振替不可としているワイマックスの会社が多いのです。

口座振替で申し込めるワイマックス

「クレジットカードを持っていないからワイマックスが申し込めない…。」そんな嘆きも聞こえてきそうですがご安心ください。

ほとんどのワイマックスを提供する各社はクレジットカードのみの申し込み受付なのですが数社だけ口座振替にて申し込める会社があります。

今回はその中でも口座振替が可能なおすすめの「UQ WiMAX」「BIGLOBE WiMAX 2+」「Broad WiMAX」の3社をご紹介したいと思います。

UQ WiMAXの口座振替詳細

UQ WiMAXはワイマックスの電波を持っているKDDIグループです。最近はたまにCMも見かけますね。そんなUQ WiMAXは口座振替での支払いが可能です。手数料も無料なので嬉しいですよね。

UQ WiMAXの口座振替申請方法は2つ

UQ WiMAXを公式サイトで申し込みを進めていくと支払い方法の選択が出てきますので「口座振替」を選びます。

wimax_kouza_img02

すると「Web申込」と「口座振替依頼書」の2つから口座振替の申請をすることができます。おすすめは「Web申込」です。「口座振替依頼書」の場合ですと書類に記入や捺印をして返送する手間が必要で、手続き完了までに2カ月もかかります。その間はコンビニ支払専用の請求書が送られてくるのでコンビニで支払わなくてはなりません。

しかし「Web申込」の場合は記入も捺印も変更もする必要がなく簡単です。ワイマックスで口座振替が可能で口座振替申請がインターネットからできるのはUQ WiMAXをだけです!

UQ WiMAXなら口座振替可能
▼キャッシュバックあり▼

BIGLOBE WiMAX 2+の口座振替詳細

大手プロバイダで一度は聞いたことがあるであろう「ビッグローブ」が提供しているワイマックスのBIGLOBE WiMAX 2+でも口座振替で支払うことが可能です。ただ、UQ WiMAXとは違い口座振替での請求のたびに別途200円(税別)の手数料が必要です。なのでどうしても口座振替でなくてもよい人は手数料が無料なクレジットカードがおすすめです。

BIGLOBE WiMAX 2+口座振替の申し込みの流れ

BIGLOBE WiMAX 2+を申し込みと「支払方法登録申込書」が送られてきますので、記入してビッグローブへ返送します。その後、返送されてきた「支払方法登録申込書」をビッグローブがチェックを行い口座振替が可能になるように手続きを行います。この手続きに1週間以上かかります。口座振替の手続きが完了するとそれから1週間程度でデータ端末が送られてきます。

「支払方法登録申込書」を記入してから返信後、手続きなどでデータ端末が来るのは申し込んでから2週間程経たないと送らて来ないのです・・・。口座振替には端末が届くまで時間がかかるので、すぐに必要な人にはおすすめできません。

大手で安心のBIGLOBE
▼口座振替も可能▼

Broad WiMAXの口座振替詳細

大手ではありませんがBroad WiMAXという会社もワイマックスの支払いで口座振替が選択可能です。

Broad WiMAXは「ギガ放題 月額最安プラン 」「ギガ放題 ベーシックプラン 」「ギガ放題 au スマホ割プラン 」の3つの料金プランがありますが、口座振替が可能なプランは「ギガ放題 月額最安プラン 」のみです。残りの2プランはクレジットカードのみの支払い方法です。BIGLOBE同様に口座振替の場合は別途200円(税別)の手数料が必要。

初期費用などが代引き払い

Broad WiMAXを口座振替の支払い方法にするとデータ端末が送られてくる際に初期費用など代金引換で支払わなくてはなりません。代金引換で支払う手数料は初期費用・契約事務手数料・決済手数料です。クレジットカードなら無料だった初期費用18,857円契約事務手数料3,000円、さらには不明な手数料である「決済手数料」を支払わなくてはなりません。合計で21,857円と高額な代金を支払います。またこれにプラスしていくらか不明で恐ろしい決済手数料がプラスされます。

以上のことからBroad WiMAXを口座振替で申し込むのはリスクが大きいように思います。さらには株式会社リンクライフという小さな会社がBroad WiMAXを運営しています。ここはもともとオールコネクトという販売代理店が作った会社ですので、UQ WiMAXやBIGLOBEに比較するとサポート体制が不安です。

⇒口座振替でワイマックス可能
【詳細はこちら】

ワイマックスの口座振替まとめ

以上のようにワイマックスはほとんどの会社がクレジットカード払いのみの受付です。しかし、上記でご紹介した3社なら口座振替でもワイマックスを申し込むことが可能です。

ただ、BIGLOBE WiMAX 2+の場合は利用開始までに2週間くらいかかりますし、Broad WiMAXの場合は初回の支払いが2万円以上必要です。それを考えるとワイマックスで口座振替で支払いたいのであればUQ WiMAXが一番おすすめです!

▼UQ WiMAX公式サイト▼

UQ WiMAXのBroad WiMAX口コミ評判は?初期費用や料金、キャンペーンを比較

2016.03.17

BIGLOBE WiMAX2+の評判やキャッシュバックキャンペーンなど調べてみた

2016.03.11

スポンサーリンク