NTT東日本・西日本フレッツ光の引越し手続き方法。工事費や解約金は必要?キャッシュバックやキャンペーンも調査してみた。

現在、フレッツ光をご利用中で引越し先でもそのまま利用したい人はNTT東日本やNTT西日本に引越しの手続きをする必要があります。そこで今回はフレッツ光を引越し先でも利用しようと思っている人にどのような手続きをするのか、そして工事費や解約金など必要なお金に関することなど引越しの際に知っておくべき情報を書きたいと思います。

フレッツ光引越し手続き方法

まず、引越し前の現在利用しているエリアと引越し先のエリアが「NTT東日本」なのか「NTT西日本」なのかを把握する必要があります。

引用:https://www.ntt.co.jp/product/category/area.html

引用:https://www.ntt.co.jp/product/category/area.html

なぜ、利用中のエリアと引越し先のエリアをそれぞれ「NTT東日本」なのか「NTT西日本」なのか調べる必要があるかというと、同じNTTなのですが別会社になるので、もし「NTT東日本」のエリアから「NTT西日本」のエリアへ引越し場合は別会社なので「解約して新規で申し込む」必要があるためです。

NTT東日本フレッツ光提供地域

北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

NTT西日本フレッツ光提供地域

富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

詳しいフレッツ光引越し手続き

上記で「利用中」のエリアと「引越し先」のエリアがNTT東日本かNTT西日本か調べていただいたでしょうか?あなたに合っている引越し手続き方法は以下の通りです。

同じ地域エリアでの引越し方法

現在お住まいの地域が「NTT東日本」で引越し先も「NTT東日本」の場合、また現在お住まいの地域が「NTT西日本」で引越し先も「NTT西日本」の場合は、現在ご利用中のNTTへ連絡してください。インターネットでの手続きもできるようですが面倒でよく解らない人は電話してみましょう。

NTT東日本・西日本共通
0120-116116(午前9時~午後5時)

引越し先が違う地域の引越し手続き

NTT東日本から西日本の地域へ、逆にNTT西日本から東日本の地域へ引越しされる場合の手続き方法です。

同じNTTなのですが「NTT東日本」と「NTT西日本」は別会社です。同じフレッツ光という光ファイバーを利用したインターネット回線を提供していますが別会社なので別契約なのです。その為、利用中の地域と引越し先の地域が「NTT東日本」と「NTT西日本」と違う場合、一度解約して新規で契約しなければなりません。

NTT東日本からNTT西日本へ引越しの人

●一旦NTT東日本のフレッツ光を解約して、新規でNTT西日本のフレッツ光を契約する。

NTT西日本からNTT東日本へ引越しの人

●一旦NTT西日本のフレッツ光を解約して、新規でNTT東日本のフレッツ光を契約する。

面倒ですが「NTT東日本」と「NTT西日本」の地域をまたいでの引越しの場合は一度解約して新規で申し込むという面倒な手続きが必要になります。

引っ越し先でもフレッツ光の工事は必要?

NTT東日本とNTT西日本の地域をまたがない引越しの場合でも引越し先へ光ファイバー回線を自宅内へ引き込む工事は当然必要です。
工事費も支払わなくてはなりませんが同じ地域での引越しの場合は、工事費の割引もあり通常の工事費より半額くらいの工事費で済みます。例えばNTT西日本地域内での引越しの場合、「移転時工事割引」が適用されて18,000円の工事費が9,000円の半額になります。

NTT東日本とNTT西日本の地域をまたぐ引越しの場合も同様に、引越し先のご自宅へフレッツ光の回線を引き込む工事は必要です。

フレッツ光の引越しは解約金は必要なのか?

NTT東日本とNTT西日本の地域をまたがない引越しの場合、同じ地域エリア内での引越しなので解約する必要はありませんので解約金も必要ありません。

ただ、「NTT東日本→NTT西日本」「NTT西日本→NTT東日本」の引越しの場合、それぞれ別会社なので一度解約して新規で申し込む必要があるため解約金が必要になります。

フレッツ光の引越しキャンペーンはあるのか?

上記でも書きましたが利用中の地域と引越し先の地域が同じ場合、「NTT東日本」「NTT西日本」それぞれ引越し先で行う工事費の割引がありますが、特にキャッシュバックするような大きなキャンペーンは残念ながら行っていません。

auスマホユーザーならauひかりへ乗り換えるとお得

引越し先でもフレッツ光をそのまま利用する手続きをご紹介してきましたが、もしあなたがauのスマートフォンを利用しているのであれば、KDDIが提供しているフレッツ光と同等のサービス「auひかり」に乗り換え変更する方法もあります。

auのスマートフォンを利用している場合、auひかりにするとauスマートバリューという割引が利用できるようになり、auスマートフォンの月額料金が毎月最大2,000円も割引されるとても魅力的なキャンペーンです。

auひかりが解約違約金をサポート

フレッツ光からauひかりへ乗り換え変更する場合、当然フレッツ光の解約が必要です。解約する場合はNTTへ違約金を支払う必要がありますが、この違約金をKDDIが最大30,000円を還元してくれるキャンペーンを実施しています。

auひかりなら高額キャッシュバックキャンペーン

auひかりへ新規契約するとフレッツ光の新規契約よりも高額なキャッシュバックキャンペーンをauひかりの正規代理店が行っています。

以下、フレッツ光の代理店とauひかりの代理店の新規契約時のキャッシュバックキャンペーン比較です。

フレッツ光 auひかり
キャッシュバック額 5,000円程度 30,000円以上

これだけ見てもキャッシュバック額がまったく違くことが明白です。

フレッツ光の引越しを機に
auひかりへ変更するのもお得でおすすめ!
詳しくはこちら

ソフトバンク光の引っ越し時手続きは?移転工事費用は必要?

2016.07.21

auひかりの工事方法や内容、工事時間が遅いのか調査した

2016.04.11