フレッツ光の転用?NTT東日本と西日本から転用承諾番号を取得する方法とは

現在、フレッツ光をご利用中ならドコモ光やソフトバンク光などの「光コラボレーション」事業者へ工事不要で簡単に変更することができます。フレッツ光から光コラボへ変更(乗り換え)することを「転用(てんよう)」と言います。

そこで今回は、フレッツ光から光コラボレーションへ変更する「転用」という方法をご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フレッツ光を「転用する」とはどういう事?

もし、あなたが現在フレッツ光を自宅などで既にご利用中なら工事をせずにインターネット業者を好きにな光コラボレーション事業者へ変更することができます。

フレッツ光から光コラボレーションへ変更することを「転用」と呼んでいます。

フレッツ光と光コラボレーションの違い

まず、現在のフレッツ光のご契約内容を確認してみてください。

フレッツ光のサービス概要

「回線」と「プロバイダ」の契約は別

「回線」と「プロバイダ」の契約は別

フレッツ光をご利用中なら、上記のような図の契約になっているはずです。フレッツ光の場合は、NTTの光ファイバー回線サービス「フレッツ光」とインターネット接続業者「プロバイダ」の2つの契約が必要です。

  • ①回線
    フレッツ光というNTTが提供する光ファイバー回線
  • ②プロバイダ
    インターネットへ接続してくれる業者

一方、光コラボレーションのサービスは?

「回線」と「プロバイダ」とセットで契約

「回線」と「プロバイダ」とセットで契約

光コラボレーション事業者が提供するインターネットサービスは上記のような図の契約になっています。フレッツ光の場合、「回線」はNTTと「プロバイダ」はプロバイダ事業者とそれぞれ契約する必要がありましたが、光コラボレーションの場合、「回線」と「プロバイダ」をセットで契約することができます。

  • 回線とプロバイダがセット
    光ファイバーの回線とインターネット接続業者のプロバイダはセットになっている

なぜ、光コラボレーションは工事が必要ないの

光コラボレーションの光ファイバー回線は「フレッツ光」の回線を利用しているので、現在フレッツ光をご利用中なら既に回線が自宅まで来ているので工事をする必要がありません。

その為、申し込みのみで簡単にフレッツ光のNTTとの契約から光コラボレーションの他社への転用(契約変更)ができるのです。

フレッツ光から転用するメリット

フレッツ光から光コラボレーションへ転用するメリットは、フレッツ光の料金よりも割引される点です。また、光コラボレーションの事業者によって特典もあります。

例えば、ドコモやソフトバンクのような携帯電話会社も光コラボレーションの事業者なのですが、「ドコモ光」や「ソフトバンク光」という光コラボレーションに転用すると携帯電話やスマートフォンの月額料金が毎月値引きされるなどの特典もあります。

光コラボレーション転用の申し込みの流れ

光コラボレーションへの申し込みはとても簡単で3ステップで完了します。

スポンサーリンク

転用ステップ①「転用承諾番号」を取得する

フレッツ光から光コラボレーション事業者のサービスへ変更(転用)する場合、「転用承諾番号」という番号が必要になります。「転用承諾番号」はフレッツ光を契約している人はNTT東日本とNTT西日本でホームページや電話で取得できることができます。

取得方法 NTT東日本 NTT西日本
ホームページで取得 https://flets.com/tenyou/ https://flets-w.com/collabo/
 電話で取得  0120-140-202  0120-553-104

転用ステップ②光コラボレーション事業者で申し込む

あなたに合った割引などがある光コラボレーション事業者や代理店から申し込みましょう。

転用ステップ③利用開始

光コラボレーションの申し込みが完了すると自動的に転用され、フレッツ光のサービスから光コラボレーションのサービスへ移行され利用が開始されます。

おすすめの光コラボレーション事業者は?

まとめ

  • 転用とはフレッツ光から光コラボ事業者へ変更すること
  • 光コラボはフレッツ光の回線を利用するので工事不要
  • 光コラボ事業者ならではの特典が魅力
  • 転用は簡単で3つのステップで完了できる

ソフトバンクユーザーなら
絶対、ソフトバンク光!

【取得方法】実際にNTTで転用承諾番号を電話で取得してみた体験談

2016.12.14

転用するとフレッツ光の貯まったポイントは?

2016.12.06

フレッツ光から転用するとお得か損か?メリットやデメリットについて調査

2016.06.21