フレッツ光のプロバイダを乗り換え手続き方法。工事は必要?キャンペーンや違約金を比較

現在、フレッツ光を利用しているのであればプロバイダにも契約しています。プロバイダとはインターネットに接続してくれる事業者のことで、フレッツ光の光ファイバー回線はそのままに違うプロバイダへ乗り換え変更することができます。

ソフトバンクスマホを使ってるなら
ソフトバンク光へ乗り換えよう
詳細はこちら

フレッツ光のプロバイダの役割

フレッツ光を契約しているのに、なぜプロバイダにも契約しなければならないのでしょうか?NTT東日本の公式サイトに解りやすい図が掲載されていましたのでそれを元に説明します。

引用:https://flets.com/first/provider/

引用:https://flets.com/first/provider/

プロバイダの正式名称は「インターネット接続業者」です。インターネットを利用したい場合はプロバイダまで接続する回線が必要です。それがNTT東日本とNTT西日本が提供する光ファイバー回線サービス「フレッツ光」なのです。

  • フレッツ光=プロバイダまで接続する回線
  • プロバイダ=インターネットに接続する事業者

代表的なプロバイダとは

ASAHIネット、@nifty、OCN、ODN、SANNET、とくとくBB、So-net、Toppa!、DTI、hi-ho、BB.excite、BIGLOBE、ぷらら、Yahoo! BB、楽天ブロードバンド

上記の代表的なプロバイダ以外にも日本にあるプロバイダ事業者は大小合わせると100社を超えます。

現在、どのプロバイダと契約しているのかご存知でしょうか?プロバイダに乗り換える前に契約書や毎月の請求書などから、契約しているプロバイダを把握しておきましょう。

フレッツ光のプロバイダは乗り換えられる

フレッツ光を契約した際には、プロバイダにも同時に契約しているはずなのですが、よく解らずに契約した人もいるのではないでしょうか。家電量販店や代理店のおすすめするプロバイダを言われるがまま契約している人が多いようです。

その為にフレッツ光に契約している認識はあってもプロバイダと契約した認識がない人が大半なのです。

しかし、フレッツ光の光ファイバー回線はそのままに、あなたが好きなプロバイダの業者へ乗り換え変更することができます。例えば現在のプロバイダがOCNだった場合、OCNからYahoo!BBへ変更することだって可能なのです。

なぜプロバイダを乗り換えるのか

フレッツ光を利用している人がプロバイダだけを乗り換え変更する人も増えているようです。なぜ、皆さんがプロバイダを乗り換えているのかの理由を一部ご紹介します。

速度が遅い

プロバイダは直接インターネットに接続する業者なので、プロバイダによって速度が遅く感じる場合があります。速度が不満でプロバイダを乗り換えようと考える人が多いようです。ただ、ご利用の地域やご利用時間、自宅の無線LAN環境によっても速度が変わりますので、プロバイダだけが原因の理由ではない場合もあります。

月額料金の見直し

フレッツ光の回線利用料をNTTに支払っていますが、プロバイダにも接続料を毎月支払っています。プロバイダ各社によって月額料金が違います。プロバイダの月額料金の高さに不満を持つ人も多いようです。高いところでは月額1,200円、安いところでは月額500円と様々です。

対応の悪さ

プロバイダの業者によって当然対応が違います。質問したのに返答が遅い場合や問い合わせ電話番号の記載が見当たらない場合、電話してもオペレーターになかなか繋がらない場合など対応の不満からプロバイダを乗り換えようという人もいるようです。

フレッツ光のプロバイダ乗り換えには工事が必要?

プロバイダ乗り換えは工事不要

プロバイダ乗り換えは工事不要

最初にフレッツ光を自宅に引き込む工事を業者の人が自宅へ訪問しませんでしたか?プロバイダを乗り換える際も工事の日時やまた業者の人が訪問するのがイヤで足踏みして乗り換えを断念する人が多いようですが、プロバイダの乗り換えの際は工事は必要ありません。

既にフレッツ光の回線はご自宅に来ているので工事は不要で、簡単な設定だけでプロバイダを変更することができます。

乗り換える際の注意点や確認事項

プロバイダを他社へ乗り換える際に注意したい点としては、契約内容やメールアドレスが変更になる2つです。

当然、現在のプロバイダとは違う事業者と契約するのですから契約内容が異なります。特にプロバイダの月額料金は現在の場合と変更した場合をよく比較しておきましょう。

また、現在利用しているプロバイダでは無料で1つメールアドレスが利用できるようになっていると思います。例えば、××××@nifty.comや××××@ybb.ne.jpのようにプロバイダによってメールアドレスが違いますがプロバイダを乗り換えると今まで利用してきたメールアドレスが利用できなくなります。

乗り換え手続き方法は簡単

各社ともインターネットから24時間簡単に乗り換え申し込みが可能です。手続き方法はとても簡単で乗り換えようと思っているプロバイダのホームページへアクセスして申し込むだけです。

乗り換えが完了すると書類などに記載の通りに利用中のパソコンやモデム、ルーターの設定を自分で行うだけです。不明点あれば各社プロバイダへ連絡すれば対応してれます。

おすすめのプロバイダ

それでは3社程おすすめのプロバイダをご紹介したいと思います。現在ご利用中のプロバイダ料金よりも安くなるはずです。

楽天ブロードバンド

大手ショッピングサイト楽天市場の子会社である楽天コミュニケーションズが提供しているプロバイダが楽天ブロードバンドです。月額プロバイダ料金が500円と格安なほか、楽天市場で利用できる100ポイントが毎月貯まる特典があります。

とくとくBB

GMOインターネットが運営しているプロバイダ「とくとくBB」です。月額料金は乗り換え特典として2年間は490円とかなり格安で利用できます。特典としては毎月100ポイントが貯まり、溜まったポイントは1ポイント=1円でプロバイダの支払いに利用できます。




BB.excite

大手プロバイダで有名なエキサイトが運営するプロバイダです。月額料金も500円と格安で利用することができます。キャンペーン期間中などに乗り換えを申し込むと6ヶ月間の月額料金が300円になったりしますので要チェックです。


フレッツ光から光コラボへ乗り換え(転用)が安い場合もあり

フレッツ光の回線をそのまま利用してプロバイダを乗り換える方法もありますが、光コラボレーションの方が月額料金が安くなる場合があります。

光コラボレーションとはフレッツ光の回線とプロバイダをセットにして契約を1つにまとめることができます。最近では携帯電話事業者のドコモが「ドコモ光」、ソフトバンクが「ソフトバンク光」を提供していますが、それがまさしく光コラボレーションです。

乗り換えるよりもソフトバンク光!?

光コラボレーションに乗り換え(転用)しても光ファイバー回線はフレッツ光を利用するため工事をする必要はなく、回線とプロバイダをセットにするので月額料金も割引されていることが多くあります。

また、上記で説明した「ドコモ光」や「ソフトバンク光」などの携帯電話事業者の光コラボレーションなら毎月のスマホ代も割引される特典があります。

フレッツ光からドコモ光へ乗り換え

フレッツ光の光ファイバー回線をそのまま利用して乗り換え(転用)出来る人気の光コラボレーションの1つが「ドコモ光」です。ドコモ光はNTT docomoが提供しているインターネット接続サービスです。

スマートフォンや携帯電話がドコモの人は、自宅の固定回線もドコモ光にすると、毎月のスマホ代や携帯代が割引になるセット割が適用できるのでおすすめです。

ドコモのスマホ・携帯なら
ドコモ光へ乗り換えよう
詳細はこちら

フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換え

ソフトバンク光もドコモ光同様に光コラボレーションというインターネット接続サービスで、フレッツ光を利用している人は転用という手続きで簡単に乗り換えすることが出来ます。

ソフトバンク光は特にスマートフォンや携帯電話がソフトバンクの人におすすめです。モバイルと固定回線を両方ソフトバンクにすることで「おうち割光セット」と呼ばれる割引が適用されます。おうち割光セットに適用すると、毎月のスマートフォンや携帯電話が最大1,000円も割引されるのでおすすめです。

ソフトバンクのスマホを利用中なら
フレッツ光からソフトバンク光へ乗り換えよう
詳細はこちら

フレッツ光からauひかりへ乗り換え

ドコモ光やソフトバンク光のように、携帯電話事業者が提供するインターネット接続サービスにKDDIが提供するauひかりというサービスもあります。

auひかりは光コラボレーションではありませんので、転用のような簡単な手続きで乗り換えることが出来ません。

しかし、スマートフォンがauを利用しているのであれば、思い切ってフレッツ光を解約してauひかりへ乗り換える方法もおすすめです。スマートフォンと固定回線のどちらもauにすれば「auスマートバリュー」と呼ばれるセット割引が適用されますので、毎月のスマホ代が割引になりますよ!

auのスマホ利用者は
auひかりへ乗り換えがおすすめ
詳細はこちら

まとめ

  • フレッツ光のプロバイダは乗り換え変更可能
  • フレッツ光を利用中なら工事は不要
  • 今のプロバイダ月額料金をチェックすべし
  • プロバイダを乗り換えより光コラボもおすすめ

 

ドコモ光のプロバイダに悩んだらgmo「とくとくBB」

2016.10.26

ソフトバンク光のプロバイダは選べる、それとも不要?メールアドレスはどうなるの?

2016.05.19

フレッツ光のキャッシュバックキャンペーンをもう期待しない方がよい!?

2016.03.16