口コミが悪い!?ドコモ光のアンドライン(ANDLINE)プロバイダは繋がらない?特典はWi-Fiルーター無料レンタル?

ドコモ光は25社の中から利用したいプロバイダを1社選択する事が出来ますが、その中にアンドライン(ANDLINE)という聞き慣れないプロバイダが含まれています。

ドコモ光に対応したプロバイダ各社は利用して(選択して)もらう為にWi-Fiルーター無料レンタルやキャッシュバックなどのキャンペーン特典を付けている場合があります。

そこで、今回はドコモ光のプロバイダ1社であるアンドラインとはどんなプロバイダでキャンペーンなどはあるのか、速度が遅いのかなど、他社プロバイダと比較しながらご紹介したいと思います。

ドコモ光の対応プロバイダ「アンドライン」について

ドコモ光を契約するとドコモ光に対応している25社のプロバイダの中から1社を選択する事が出来ます。その中に「アンドライン(ANDLINE)」というプロバイダも含まれています。ほとんどの人が聞いた事がないプロバイダだと思います。

そこで、まず、ドコモ光のプロバイダをアンドラインにすると月額料金はいくらになるのか、アンドラインとはどんなプロバイダなのかを簡単に解りやすくご紹介します。

スポンサーリンク

アンドラインってどんなプロバイダ?

ドコモ光対応プロバイダの中であまり聞きなれない「アンドライン」というプロバイダですが、どんな会社なのでしょうか?

ドコモ光対応プロバイダ「アンドライン」

「アンドライン」は株式会社アイキューブ・マーケティングという会社が運営しているプロバイダです。会社設立も2010年11月と若い会社で従業員数も41名しかおらずプロバイダとしては小規模の会社です。

販促支援や人材派遣なども行う会社でプロバイダ専門の会社ではなさそうです。

タイプAに属するプロバイダ

ドコモ光のプロバイダは25社あるとご紹介しましたが、プロバイダは以下のように「タイプA」と「タイプB」に分かれています。

タイプA
(17社)
ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、DTI、Tigers-net.com、BIGLOBE、excite、andline、ic-net、@nifty、エディオンネット、SYNAPSE、TikiTiki、Rakutenブロードバンド、hi-ho、COARA
タイプB
(8社)
@ネクス、SIS、@TCOM、OCN、TNC、Asahi Net、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

ドコモ光に対応したプロバイダは、上記のようにタイプAの17社タイプBの8社2つのタイプに分けられています。そして、今回ご紹介する「アンドライン」というプロバイダはタイプAに属している事がお解りになるかと思います。

管理人
ドコモ光のプロバイダは「タイプA」「タイプB」に分けられ、アンドラインとは「タイプA」に属しているプロバイダなんですね。

気になるドコモ光の月額料金

ドコモ光の月額料金は「光回線使用料」と「プロバイダ料」の両方が含まれていて、フレッツ光などは別々などの解りやすいです。

上記でご紹介した「タイプA」と「タイプB」の違いはドコモ光の月額料金です。

※下記でご紹介する金額は税別で、2年契約の場合です。

建物タイプ タイプA タイプB
戸建てタイプ
(一戸建て)
5,200円
(プロバイダ料込)
5,400円
(プロバイダ料込)
マンションタイプ
(集合住宅)
4,000円
(プロバイダ料込)
4,200円
(プロバイダ料込)

選択するプロバイダが「タイプA」に属している場合は戸建てタイプで月額5,200円、マンションタイプで4,000円です。また、「タイプB」に属しているプロバイダを利用する場合は戸建てタイプで月額5,400円、マンションタイプで4,200円です。

「タイプB」よりも「タイプA」の方が月額料金が毎月200円安い事が解りますよね。その為、多くの人は「タイプA」に属するプロバイダを選択します。

上記でもご紹介しましたが、
アンドラインというプロバイダは「タイプA」に属しています。

建物タイプ タイプA
戸建てタイプ
(一戸建て)
5,200円
(プロバイダ料込)
マンションタイプ
(集合住宅)
4,000円
(プロバイダ料込)

という事は、プロバイダを「アンドライン」に選択して利用した場合のドコモ光の月額料金は、戸建てタイプで月額5,200円マンションタイプで月額4,000円という事になりますね。

管理人
ドコモ光の月額料金は選択・利用するプロバイダが「タイプA」と「タイプB」のどちらに属しているかで違いますね。アンドラインは「タイプA」に属しているので「タイプB」のプロバイダよりも安くドコモ光を利用できるという訳ですね。

ドコモ光のアンドラインと他社の特典やキャンペーン比較

25社あるドコモ光に対応したプロバイダ各社はプロバイダ独自のオプションや特典、キャンペーンなどで利用してもらうように促進しています。25社もあるのですべてのプロバイダとアンドライン(ANDLINE)のオプションなどを比較すると大変です。

そこで、同じ「タイプA」に属し人気の高い「GMOとくとくBB」というプロバイダと「アンドライン」を様々比較してみたいと思います。

独自キャンペーンを比較してみた

ドコモ光はドコモショップや公式サイトからでも申し込みは可能ですが、各社プロバイダの公式サイトから申し込む事で様々なプロバイダ独自キャンペーンを実施しています。

もちろん、アンドラインも公式サイトからドコモ光の申し込みも可能でキャンペーンも実施しています。

GMO
とくとくBB
アンドライン
キャッシュバック 最大15,000円
キャッシュバック
なし
特典
  • ウイルス対策ソフト
    12ヶ月間無料
  • Wi-Fiルーター
    無料レンタル
  • 出張サポート無料
  • ウイルス対策ソフト
    12ヶ月間無料
  • Wi-Fiルーター
    無料レンタル

アンドラインの公式サイトからドコモ光を申し込むと、アンドライン独自のキャッシュバックキャンペーンは実施されていません。しかし、GMOとくとくBBの公式キャンペーンサイトからドコモ光を申し込むと最大で15,000円もキャッシュバックしてくれる独自キャンペーンを只今実施中です。

その他、プロバイダ特典としては2社とも「ウイルス対策ソフト」が12ヶ月間無料で使える他、高機能の無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を無料レンタル出来ます。

ただ、GMOとくとくBBの方は、インターネットの接続などを訪問してサポートしてくれる「出張サポート」が1回無料で付いてくるのが大きな違いですね。

管理人
比較した2社ともルーター無料レンタルなど変わらない特典ですが「アンドライン」と「GMOとくとくBB」のキャンペーンを比較すると、キャッシュバックがあり「GMOとくとくBB」の方がお得ですね。
GMOとくとくBBキャッシュバック
キャッシュバックキャンペーンは2018年7月3日(火)より実施されていますが、予告なく終了または、変更する場合があります。詳細はキャンペーンサイトへアクセスしてください。
ドコモ光プロバイダ「GMOとくとくBB」
公式キャンペーンサイト

プロバイダ提供サービスを比較

ドコモ光のプロバイダ各社はメールアドレスやセキュリティサービス、サポートなどに違いがあります。アンドラインもプロバイダとしての特色を出す為に提供している無料サービスがあります。

「アンドライン」のプロバイダ提供サービスも「GMOとくとくBB」と比較してみました。解りやすいように以下に比較表を作っていますのでご確認ください。

GMO
とくとくBB
アンドライン
メール メール
アドレス数
15個 5個
メール
容量
無制限 2GB
メール
ドメイン
gmobb.jp andline.jp
セキュリティ メール
ウィルス
チェック
無料 無料
迷惑メール
フィルタ
無料 無料
セキュリティ
ソフト
12ヶ月間
無料
12ヶ月間
無料
サポート リモート
サポート
なし
初回無料
訪問
サポート

初回無料
なし
IPv6 IPoE
IPv4 over IPv6通信
IPoE
IPv4 over IPv6通信
独自サービス ・Wi-Fiルーター無料
ホームページ
(350MBまで/最大15個)
Webメール
メール転送サービス
くまポン優待特典
・Wi-Fiルーター無料

上記表はドコモ光のプロバイダ「アンドライン」と「GMOとくとくBB」のプロバイダ独自サービスを比較した表です。明らかに優位なサービスは太文字で赤くしていますが、どちらが独自無料サービスが優位かお伝えしなくてもお解りになるかと思います…。

無料レンタルされるWi-Fiルーターは格安のもの

上記でご紹介しているようにプロバイダのアンドラインをドコモ光で契約すると、Wi-Fiルーターが無料でレンタルされます。しかし、このWi-Fiルーターは正直微妙です。

アンドラインの公式サイトを見ても、どのメーカーのどの機種がレンタルされるのかの記載が一切ありません。しかし、詳しく調べてみるとアンドラインで無料レンタルされるWi-FiルーターはELECOM製のWRC-300FEBKという機種のようです。

アンドラインで無料レンタルされている格安のWi-Fiルーター
引用:https://amzn.to/2N8Kcbe

アンドラインから無料レンタルされるこのWi-Fiルーターは、アマゾンで2,000円以下で売られているものです…。(アマゾンで確認

しかし、比較しているGMOとくとくBBで無料レンタルされるWi-Fiルーターは現在、信頼性の高いBUFFALO製WXR-1750DHP2アマゾンでも10,000円近くで売られています。アマゾンで確認

管理人
アンドラインもGMOとくとくBBもWi-Fiルーターを無料レンタルしていますが、価格や機能性を比較するとアンドラインの無料Wi-Fiルーターは安くて手に入るものですね…。

アンドライン公式サイト

GMOとくとくBBキャンペーンサイト

ドコモ光でアンドラインを利用中の人の評判・口コミ

実際にドコモ光でプロバイダをアンドライン(ANDLINE)を利用中の人の評判や口コミを確認すれば、評判が良いのか、サポートや問い合わせの対応はどうなのか解りますよね。そこで、インターネット上にあるアンドラインの評判や口コミを調査してみました。

アンドラインの評判・口コミが少ない

ドコモ光の対応プロバイダであるアンドラインを利用している人の評判や口コミを検索して探しました。しかし、アンドラインの評判や口コミがほとんどありません。

通常、他のプロバイダの評判などはインターネット上にたくさん書き込まれているのですが、アンドラインの口コミなどがとても少ないです。その理由は、ドコモ光やフレッツ光などでプロバイダをアンドラインで利用している人が少ない為だと推測します。

それでも数少ないアンドラインの口コミを探ってみました。

アンドラインの問い合わせが繋がらない!

ドコモ光でプロバイダをアンドラインで契約して利用している人の声がヤフー知恵袋にありましたのでご紹介します。

引用:https://chiebukuro.yahoo.co.jp/

ルーターの設定で困ってしまいアンドラインへ電話で問い合わせをしたけで混み合っていて全然繋がらないという口コミ・質問ですね。

管理人
インターネットの設定や接続で繋がらないなどのトラブルがあった場合に電話が繋がりやすい方が良いに決まっています。しかし、アンドラインは口コミのように電話が繋がらないようです。従業員数が41名と小規模のプロバイダなので仕方がないと言えばそれまでですが。

アンドラインに騙された?

次に見つけたプロバイダ「アンドライン」の口コミは2チャンネルです。が、あまり良くない内容です。

引用:http://saradabird.com/type/kako/1429/14296/1429603103.html

この内容は簡単に要約すると、

アンドラインからドコモ光への転用の勧誘があった。
勧誘では月額料金が今より安くなると言われた。
NTTから10,000円を超える請求が来た。
アンドラインの電話対応が悪い感じだった。

という事になります。

アンドラインの電話勧誘があり、フレッツ光でプロバイダがOCNだった人が「アンドラインにすると安くなる」と勧誘されてドコモ光へ転用したのでしょう。すると、NTTから解約金として10,000円を超える請求があったという事ですね。

管理人
ドコモ光でアンドラインのプロバイダを利用すると確かに月額料金は安くなります。しかし、フレッツ光で契約していた(OCNで利用していたオプション)は解約となり解約金の請求があります。その事までをアンドラインの勧誘営業担当者は説明すべきでしたね…。

まとめ

今回はドコモ光に対応しているタイプAに属したプロバイダ「アンドライン(ANDLINE)」についてご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?人気のある他社のプロバイダ(GMOとくとくBB)とキャンペーン内容やプロバイダ提供サービス等を比較してみてもドコモ光でアンドラインにするメリットはあまりないように感じました。プロバイダ自体もまだ開始して10年経っていないようですし利用者も少ないようです。ドコモ光のプロバイダをアンドラインにしようと検討している人は、今回比較したGMOとくとくBBの公式キャンペーンサイトから申し込んだ方がお得のようです。

ドコモ光の申し込みはこちら
GMOとくとくBB
公式キャンペーンサイト

【2018年度版】最悪な評判!?ドコモ光の速度やプロバイダなどの口コミや評判を見て検討しよう

2018.06.13

【料金の違い】ドコモ光の5つある料金プランを徹底解説!

2018.05.17

【2018年10月版】ドコモ光契約時キャンペーンを比較してみた。新規も転用もお得な申込み先はどこ?

2018.02.06

ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?料金や特徴で選ぼう(2018年度)

2016.09.15

スポンサーリンク