全25社徹底比較!ドコモ光のプロバイダを比較してみた(2018年度版)

これからドコモ光を契約しようと考えている人の悩みの1つがプロバイダ選びです。ドコモ光に対応したプロバイダは2018年5月現在25社もあり、特に初心者の人はプロバイダはどこがいいのか解らないと思います。

そこで今回はドコモ光を新規契約もしくはフレッツ光から転用しようと考えている初心者の人向けに、全25社のプロバイダを料金やサービス内容から比較し、私が思うおすすめのプロバイダを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

ドコモ光のプロバイダの役割とは

おすすめのドコモ光のプロバイダを比較する前に、プロバイダの役割について簡単にご紹介したいと思います。プロバイダについての知識がある人はこのパートは読み飛ばしても結構です。

プロバイダはインターネット接続に重要

ドコモ光で利用する「光回線」は、NTT東日本とNTT西日本が所有している光回線をNTT docomoが借り入れて提供されています。

また、「プロバイダ」を日本語に変換すれば「インターネット接続事業者」でインターネットに接続してくれる重要な役割をしています。

インターネットに接続できるのはプロバイダのおかげ

ドコモ光を利用する自宅とプロバイダは光回線で結ばれています。
そして、プロバイダがインターネットに接続してくれる重要は役割を果たしてるのです。

管理人
上記のようにネット接続に欠かせないプロバイダはドコモ光の場合、あなたが好きなプロバイダを選んで利用する事が出来ます。

ドコモ光対応大手プロバイダは全25社

上記でご紹介したようにプロバイダはインターネット接続には重要で欠かせない存在です。もし、プロバイダを介さなければインターネットには接続できないのです。

そんな重要なプロバイダはドコモ光の場合、全25社の中からあなたが1社のプロバイダを選択し利用する事になります。

ドコモ光に対応した全25社のプロバイダ一覧は以下。

  1. ドコモnet(ドコモネット)
  2. plala(ぷらら)
  3. So-net(ソネット)
  4. GMOとくとくBB(ジーエムオー トクトク ビービー)
  5. DTI(ディーティーアイ)
  6. Tigers-net.com(タイガースネットドットコム)
  7. BIGLOBE(ビッグローブ)
  8. excite(エキサイト)
  9. andline(アンドライン)
  10. ic-net(アイシーネット)
  11. @nifty(ニフティ)
  12. エディオンネット
  13. SYNAPSE(シナプス)
  14. TikiTiki(ティキティキ)
  15. Rakutenブロードバンド(楽天)
  16. hi-ho(ハイホー)
  17. COARA(コアラ)
  18. @ネクス
  19. SIS(スピーディアインターネット)
  20. @TCOM(アットティーコム)
  21. OCN(オーシーエヌ)
  22. TNC(ティーエヌシー)
  23. Asahi Net(アサヒネット)
  24. WAKWAK(ワクワク)
  25. @ちゃんぷるネット

正直、ドコモ光に対応した上記の25社もあるプロバイダから「1社を選べ」と言われてもどこがいいのかサッパリ解りませんよね。インターネットやプロバイダに多少詳しい私でも迷ってしまいますから、初心者の人はなおさらどのプロバイダにすればいいのか解らないと思います。

管理人
よく解らないので店舗のスタッフや営業マンの言われたままプロバイダを選択してドコモ光を契約している人が多いのですが、しっかりと比較してお得に申し込めるよう、以下でご説明する内容をよく理解しておいた方が後々で後悔せずに済みますよ。

ドコモ光のプロバイダの比較方法

ドコモ光のプロバイダ選びには様々な観点から比較する事が出来ます。

ドコモ光の月額料金で比較する

ドコモ光の月額料金は利用するプロバイダによって違いがあります。

ドコモ光のプロバイダは大きく分けて「タイプA」「タイプB」に分けられています。

 タイプAのプロバイダ
以下の17社
タイプBのプロバイダ
以下の8社
ドコモnet
(ドコモネット)
@ネクス
plala
(ぷらら)
SIS
(スピーディアインターネット)
So-net
(ソネット)
@TCOM
(アットティーコム)
GMOとくとくBB
(ジーエムオー トクトク ビービー)
OCN
(オーシーエヌ)
DTI
(ディーティーアイ)
TNC
(ティーエヌシー)
Tigers-net.com
(タイガースネットドットコム)
Asahi Net
(アサヒネット)
BIGLOBE
(ビッグローブ)
WAKWAK
(ワクワク)
excite
(エキサイト)
 @ちゃんぷるネット
andline
(アンドライン)
ic-net
(アイシーネット)
@nifty
(ニフティ)
エディオンネット
SYNAPSE
(シナプス)
TikiTiki
(ティキティキ)
Rakutenブロードバンド
(楽天ブロードバンド)
hi-ho
(ハイホー)
COARA
(コアラ)

上記のように「タイプA」に分けられたプロバイダは17社、「タイプB」に分けられたプロバイダは8社です。圧倒的にタイプAのプロバイダが多いですね。

実は「タイプA」と「タイプB」とで分けられたプロバイダによってドコモ光の月額料金に違いがあるんです。

 マンションタイプ
(集合住宅)
 戸建てタイプ
(一戸建て)
タイプA
ドコモ光月額料金
 4,000円  5,200円
 タイプB
ドコモ光月額料金
 4,200円  5,400円
タイプAタイプB
月額料金差額
 200円  400円

マンションやアパートなどの集合住宅でドコモ光を利用する場合の月額料金は「タイプA」は4,000円「タイプB」は4,200円です。また、一戸建てでドコモ光を利用する場合の月額料金は「タイプA」は5,200円「タイプB」は5,400円です。

月額料金で比較すると「タイプB」に入っているプロバイダよりも「タイプA」に入っているプロバイダを選択した方が毎月200円安いという事になります。

管理人
ドコモ光のプロバイダを選ぶ上で少しでも月額料金を安く使いたいという人であれば、「タイプA」のプロバイダを選択する事をおすすめします。

キャッシュバックで比較する

せっかくドコモ光を契約するのですから少しでもお得に申し込みたいですよね。

ドコモ光はドコモ公式サイトやドコモショップなどでも申し込みが出来ますが、特にプロバイダにこだわりがない人はプロバイダ公式サイトからドコモ光を申し込む事をおすすめします。

管理人
プロバイダから直接ドコモ光を申し込むと、プロバイダ独自で実施するキャッシュバックキャンペーンが適用出来て大変お得にドコモ光へ加入する事ができますよ。

現在、プロバイダ独自キャッシュバックキャンペーンを実施してるプロバイダは以下です。

引用:https://gmobb.jp/lp/docomohikari/

現在、ドコモ光をプロバイダ「GMOとくとくBBの公式キャンペーンサイト」で申し込むとナント新規契約でもフレッツ光からの転用でも16,000円ものプロバイダ独自キャッシュバックキャンペーンを実施中です。

 ドコモ光
新規契約で
 フレッツ光からの
転用で
GMO
とくとくBB
16,000円
キャッシュバック
(関西エリアの場合は11,000円)
16,000円
キャッシュバック
GMOとくとくBB公式キャンペーンサイトからドコモ光を申し込むとプロバイダは当然GMOとくとくBBになります。

現在プロバイダが独自でキャッシュバックを実施しているのは「GMOとくとくBB」だけになります。

ドコモ光プロバイダ「GMOとくとくBB」
公式キャンペーンサイト
管理人
少しでもお得にドコモ光へ加入したいのであれば、どのプロバイダを比較しても「GMOとくとくBB」が一番お得と言えるでしょう。

速度で比較する!IPv6対応プロバイダがおすすめ

プロバイダがもっているネットワーク通信技術によってインターネットの速度に違いが出ると言われています。その為、最新の次世代通信技術を持っているプロバイダと持っていないプロバイダでは、ドコモ光の高速の光回線を利用していたとしてもインターネットの速度の「速い」「遅い」に関わってきます。

このプロバイダが持つ次世代通信技術を「IPv6」と呼びます。

IPv6対応プロバイダだと速度が速い

IPv6について詳しく書くと専門的過ぎて解りづらくなりますので、初心者の人でも解るように説明するとすれば、上記イラストのような感じです。

IPv6に対応していないプロバイダの場合は「POI/網終端装置」を通るのでインターネットをする人が多い場合は混雑して速度の低下につながります。一方、IPv6に対応したプロバイダの場合は混雑するポイントがないので速度が安定して速い通信技術なのです。

IPv6を高速道路で例えると解りやすい

IPv6をもっと解りやすく例えれば「高速道路」です。
連休の混雑する高速道路の入口をイメージしてください。ETCという技術を搭載した車の場合は通行券を取る必要がないのでETC入口はスムーズですよね。一方、ETCという技術を搭載していない車の場合は必ず通行券を取る必要があるので通行券用入口には長い行列が出来て渋滞しますよね。

管理人
プロバイダによってIPv6に対応(例えならETCを搭載している車)の方が速度が速いって訳です。その為、IPv6に対応したプロバイダであるかを比較する必要があります。

v6プラス対応プロバイダがおすすめ

「IPv6」と一言で言っても「v6プラス」「IPv6 IPoE」「IPv6 PPPoE」って通信技術が細分化されています。

その中でも「v6プラス」が最新技術で速度が速いと言われています。

IPv6の次世代通信技術「v6プラス」に対応したドコモ光のプロバイダは下記の表にまとめています。

IPv6対応の
ドコモ光プロバイダ一覧
 ドコモnet  plala  So-net
 GMOとくとくBB  Tigers-net.com  ANDLINE
 IC-NET  @nifty  SIS

※2018年5月現在のIPv6対応プロバイダ

管理人
ドコモ光のプロバイダをどこがいいか解らない場合は、v6プラスに対応しているかも比較のポイントとしてはおすすめの比較方法ですよ。

セキュリティソフトの無料期間で比較する

インターネットに接続すると最新情報を知れたり、動画を楽しめたり、買い物が出来たりと様々楽しく便利になる事は言うまでもありません。

しかし、インターネットに接続するとSNSなどの不正ログイン、ウイルス感染、情報漏えいなどの脅威もあり、インターネットに接続するパソコンなどの機器へのインターネットセキュリティソフトの導入は当たり前です。

とても大切なインターネットセキュリティソフトを12ヶ月~24ヶ月間ほど無料で提供しているプロバイダもあります。利用できる期間があるとはいえ、無料でセキュリティソフトを利用できるドコモ光のプロバイダを選択すると、そのセキュリティソフト利用料が節約できますよね。

ドコモ光のおすすめプロバイダ比較まとめ

上記では、ドコモ光に対応したプロバイダを様々な観点から比較してきましたが、各項目でズラズラと書いてきたので解りづらくなったので、ここからは上記で比較した内容を簡単にまとめてみましたので参考にしてみてください。

比較内容を整理

今回ご紹介してきたドコモ光のプロバイダを比較するポイントとしておすすめの比較方法は以下の4つでした。

  1. 月額料金で比較
  2. キャッシュバックで比較
  3. 速度で比較(v6プラス対応)
  4. セキュリティソフトで比較

各4つのプロバイダの比較すべき内容は以下にまとめました。

月額料金で比較
ドコモ光の月額料金は「タイプA」と「タイプB」で違う。
タイプAに属するプロバイダの方が毎月200円も安い。
キャッシュバックで比較
 プロバイダの公式キャンペーンサイトでドコモ光を申し込むと
独自キャッシュバックを実施していればお得に加入できる。
速度で比較
(v6プラス対応)
 次世代通信技術「v6プラス」に対応したプロバイダを選べば
インターネットの速度が速いとされている。
 セキュリティソフトで比較
 インターネットに接続する機器に導入すべき
セキュリティソフトを無料で提供しているプロバイダを選ぶ。

プロバイダ比較表一覧

上記の比較ポイントを押さえた上で、ドコモ光のプロバイダの比較表を一覧でまとめてみました。

プロバイダ  月額料金  キャッシュ
バック
 速度
(v6プラス)
 セキュリティ
ソフト
 総合
評価
ドコモnet  タイプA  なし v6プラス
対応
 無料
12ヶ月間
★★★
星3つ
plala  タイプA  なし v6プラス
対応
 無料〇
24ヶ月間
★★★★
星4つ
So-net  タイプA  なし v6プラス
対応
 無料〇
24ヶ月間
★★★★
星4つ
GMO
とくとくBB
 タイプA  16,000円
v6プラス
対応
 無料
12ヶ月間
 ★★★★★
星5つ
DTI  タイプA  なし 未対応  無料
12ヶ月間
★★
星2つ
Tigers-net  タイプA  なし v6プラス
対応
 無料◎
永年無料
★★★★
星4つ
BIGLOBE  タイプA  なし 未対応  無料
12ヶ月間
★★
星2つ
excite  タイプA  なし 未対応  無料〇
36ヶ月間
★★★
星3つ
andline  タイプA  なし v6プラス
対応
 無料
12ヶ月間
★★★
星3つ
ic-net  タイプA  なし v6プラス
対応
 無料〇
24ヶ月間
★★★★
星4つ
@nifty  タイプA  なし 未対応  無料
12ヶ月間
★★
星2つ
エディオン
ネット
 タイプA  なし 未対応 有料×
星1つ
SYNAPS  タイプA  なし 未対応  無料
12ヶ月間
★★
星2つ
TikiTiki  タイプA  なし 未対応 有料×  ★
星1つ
Rakuten
ブロードバンド
 タイプA  なし 未対応  無料
12ヶ月間
★★
星2つ
hi-ho  タイプA  なし 未対応 有料×
星1つ
COARA  タイプA  なし 未対応 提供なし×
星1つ
@ネクス  タイプB  なし 未対応  有料×
星1つ
SIS  タイプB  なし v6プラス
対応
 無料◎
永年無料
★★★
星3つ
@TCOM  タイプB  なし 未対応  無料
12ヶ月間
★★
星2つ
OCN  タイプB  なし 未対応  無料
12ヶ月間
★★
星2つ
TNC  タイプB  なし 未対応  無料
12ヶ月間
★★
星2つ
Asahi Net  タイプB  なし 未対応 有料×
星1つ
WAKWAK  タイプB  なし 未対応 有料×
星1つ
ちゃんぷる
ネット
 タイプB  なし 未対応 有料×
星1つ

全部で25社あるドコモ光に対応したプロバイダを独自観点から比較してみましたが、すべてのプロバイダを比較してみると一番おすすめのプロバイダは「GMOとくとくBB」という事になりました!

GMOとくとくBBはドコモ光のタイプAに属しているプロバイダですのでタイプBよりも毎月200円月額料金が安いです。また、GMOとくとくBBの公式キャンペーンサイトでドコモ光を申し込めば独自キャッシュバック「16,000円」が貰えますし、速度が速いとされているIPv6のv6プラスに対応しています。さらには、インターネットセキュリティソフトが12ヶ月間も無料で利用できるのが嬉しいポイントですね。

まとめ

今回は全25社のドコモ光に対応したプロバイダを月額料金、独自キャッシュバック、速度、そしてセキュリティソフトで比較してみましたがいかがだったでしょうか?25社もあるプロバイダの中から1社を選ぶのは初心者の人には難しくどこがいいのか解りづらいものです。営業マンやスタッフから言われるがままにドコモ光のプロバイダを選んでもいいのですが、やはり自分で納得がいくプロバイダを選択頂きたいです。そんな人の為に解りやすくプロバイダを比較してみましたが参考になったでしょうか?今回比較した中でGMOとくとくBBが一番ドコモ光のプロバイダの中でおすすめですのでぜひ検討してみてくださいね。

ドコモ光のお申し込みなら
GMOとくとくBB
公式キャンペーンサイトはこちら

【料金の違い】ドコモ光の5つある料金プランを徹底解説!

2018.05.17

2018年8月版!ドコモ光加入契約キャンペーンを比較してみた。新規も転用もお得な申込み先はどこ?

2018.02.06

【2018年度版】ドコモ光の評判をまとめてみた!2016・2017年も評判が良い!?

2016.11.16

スポンサーリンク

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!