フレッツ光からドコモ光へ転用で気になる工事費用や違約金、メリットデメリットなどまとめてみた

NTT東日本とNTT西日本が提供しているインターネット接続サービス「フレッツ光」ですが、同じNTTグループのNTT docomoが提供するドコモ光へ転用する人が増えているようです。現在、フレッツ光を利用しているのであれば「転用」という簡単な手続きでドコモ光へ乗り換えることができます。

そこで今回はフレッツ光からドコモ光へ転用する際に気になる料金面(違約金や工事費用など)や技術的な設定、転用した時に考えられるメリットとデメリットなどをトータル的にまとめてみました。

フレッツ光からドコモ光へ転用するってどんな事?

NTTフレッツ光でインターネットをしている人は、転用という簡単な手続きでドコモ光へ切り替えることができます。

フレッツ光を提供しているのは「NTT東日本」と「NTT西日本」です。
一方、ドコモ光を提供しているのは「NTT docomo」です。

NTT東日本・西日本、NTT docomoは同じNTTグループ会社ではありますが別会社です。

転用で契約内容と契約会社が変わる

フレッツ光からドコモ光へ転用するということは、
フレッツ光からで利用していた光回線はそのまま利用して、契約を「NTT東日本・西日本」から「NTT docomo」へ変更する手続きです。

フレッツ光とドコモ光は、同じ光回線は利用しますが、サービス内容が異なるので料金も違いますし契約内容も違います。

ドコモ光へ転用してもフレッツ光の光回線を利用する

上記でも少し書きましたが、ドコモ光へ転用したとしても現在のフレッツ光で利用している光回線をそのまま利用します。

ドコモ光もフレッツ光も同じNTT所有の光回線

フレッツ光からドコモ光へ転用すると光回線の工事が必要だと思っている人がいるようですが、フレッツ光で利用してきた光回線を利用するので工事をする必要がありません。

【関連】ドコモ光とNTTフレッツ光の違いは?料金やメリットとデメリットを比較してみた

スポンサーリンク

フレッツ光からドコモ光への転用に伴う料金費用

フレッツ光からドコモ光へ転用を考えている人で一番気になるのが料金や費用などお金に関わることだと思います。そこで転用に伴う料金に関わることを解りやすくまとめてみました。

フレッツ光からドコモ光へ転用で月額料金が変わる

フレッツ光の場合、NTT東日本・西日本とプロバイダの2か所と契約しています。その為、光回線使用料金をNTT東日本・西日本へ、プロバイダ(インターネット接続事業者)へプロバイダ料金をそれぞれ支払っているはずです。

しかし、ドコモ光の場合は月額料金の中に光回線使用料金とプロバイダ料金の両方が含まれています。

フレッツ光 ドコモ光
月額料金 光回線使用料+
プロバイダ料
ドコモ光月額料金のみ
(プロバイダ料含む)
 契約先
(請求先)
NTT東日本・西日本と
プロバイダ会社
NTT docomo

フレッツ光のほとんどの場合、毎月の請求はNTTとプロバイダから来ていたと思いますが、ドコモ光の場合は月額料金の中にプロバイダ料金も含まれているので請求はドコモ1か所からにまとめられます。

フレッツ光からドコモ光へ転用工事費用

ドコモ光へ転用したいけど、転用に伴う工事費用が気になっている人もいるかもしれません。

フレッツ光からの転用の場合、基本的に工事が必要ないため工事費用は不要です。

上記でも簡単にご説明していますが、ドコモ光へ転用しても今までフレッツ光で利用してきた光回線をそのまま利用します。その為、工事業者が自宅へ来て回線を引き込む工事などは必要なりませんので工事費用もいらないのです。

しかし、工事費用が必要ないのは現在「フレッツ光ネクスト」を利用している人に限ります。

「フレッツ 光ネクスト」を
ご利用の方
工事費不要
「Bフレッツ」
「フレッツ光プレミアム」
「フレッツ光ライト」を
ご利用中の方
  • 屋外・宅内工事ありの場合
    24,000円
  • 宅内工事のみの場合
    9,600円

「Bフレッツ」「フレッツ光プレミアム」「フレッツ光ライト」を利用している人がドコモ光へ転用する場合は上記の工事費が別途必要です。

ドコモ光へ転用すると違約金や解約金は必要?

違うインターネット接続サービスへ乗り換える場合は、今利用してるサービスを解約するために違約金やら解約金やら必要だったりします。

しかし、転用はフレッツ光を解約するわけでなく契約を変更する手続きのようなものですので、フレッツ光に対する違約金・解約金は一切必要ありません。

プロバイダの違約金・解約金が必要な場合あり

フレッツ光で利用しているプロバイダもドコモ光で利用する場合は基本的に違約金や解約金は必要ありません。しかし、ドコモ光へ転用する際にフレッツ光で利用してきたプロバイダとは別のプロバイダへ切り替える場合は違約金や解約金が必要な場合があります。

私の場合、転用する際に違うプロバイダへ変更しましたが、フレッツ光で利用してきたプロバイダへ問い合わせたところ違約金・解約金は必要ありませんでした。転用で違うプロバイダへ変更を考えている人は現在利用中のプロバイダへ問い合わせてみてください。

ドコモ光へ転用した月は日割り計算?

フレッツ光からドコモ光へ転用する日は、見事月初めになる人はほとんどいません。月の途中で転用されることがほとんどでしょう。では、月途中の料金は日割りされるのでしょうか?

フレッツ光からドコモ光へ転用した月はそれぞれ日割り計算されて請求が来ます。

その為、月の途中でドコモ光へ転用したとしてもフレッツ光の料金は日割りされてきますので安心してください。

フレッツ光からドコモ光へ転用するメリットとデメリット

フレッツ光を利用している人がドコモ光へ転用するとどんなメリットやデメリットが考えられるのでしょうか?転用する前に考えられるメリットとデメリットをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

フレッツ光からドコモ光へ転用するメリット

まずは、フレッツ光からドコモ光へ転用した場合の考えられるメリットをご紹介します。

[メリット1]月額料金が安くなる

フレッツ光は光回線使用料とプロバイダを別々に契約している場合が多いので、現在の月額料金を確認してみてください。

ドコモ光 フレッツ光
月額料金  4,000円  3,750円
プロバイダ料金  不要  530円
毎月  4,000円  4,280円

例えば上記の料金表はマンションタイプの月額料金です。ドコモ光の月額料金は4,000円ですが、フレッツ光+プロバイダ(とくとくBB)の月額料金は4,280円です。ドコモ光に転用すると月額料金が安くなる場合があります。

[メリット2]ドコモのスマホ代が割引される

ドコモのスマートフォンを利用している人ならドコモ光がおすすめです。フレッツ光からドコモ光へ転用すると「ドコモ光セット割」が適用されてドコモのスマートフォンが毎月割引になります。

利用中の
パケットパック
マンションに
住んでいる人
一戸建てに
住んでいる人
ウルトラ
シェアパック100
-3,000円/月 -3,200円/月
ウルトラ
シェアパック50
-2,400円/月 -2,500円/月
ウルトラ
シェアパック30
-2,000円/月
シェアパック15(標準) -1,800円/月
シェアパック10(小容量) -1,200円/月
シェアパック5(小容量) -800円/月

[メリット3]キャッシュバックや特典がもらえる

フレッツ光からドコモ光へ転用すると上記でご紹介したようなドコモのスマートフォンが割引になる特典などがあります。その他にも転用することでdポイントやキャッシュバックがもらえるキャンペーンを実施している店舗もあります。

フレッツ光からドコモ光へ転用するデメリット

次に、フレッツ光からドコモ光へ転用すると考えられるデメリットをご紹介したいと思います。

[デメリット1]解約料やドコモ光の契約手数料が必要

フレッツ光からドコモ光へ転用する場合、フレッツ光で利用してきたプロバイダを解約しなければならない場合はプロバイダの契約内容によっては違約金が必要な場合があります。

また、ドコモ光の契約の際には契約手数料3,000円が必要です。契約事務手数料は他社のスマートフォンや他のインターネット回線と契約する際に必ず必要な手数料です。

[デメリット2]フレッツ光へ戻せない

フレッツ光からドコモ光などの光コラボレーションへ転用した後、サービス内容や速度に満足いかない場合にドコモ光からフレッツ光へ再度戻すことが出来ません。ドコモ光からフレッツ光へ戻す場合はすべて解約してから再度新規契約しなければなりません。

[デメリット3]フレッツ光のポイントが失効する

フレッツ光の利用者は、NTT東日本の場合「フレッツ光メンバーズクラブ」NTT西日本の場合は「CLUB NTT-West」という会員用クラブに無料で入っていて利用状況などに応じてポイントがもらえます。

このポイントはフレッツ光からドコモ光へ転用すると失効してしまい使えなくなります。必ず転用する前にポイントを利用して何かの商品と交換しておきましょう。

[デメリット4]フレッツ光のセキュリティが使えない

フレッツ光で利用できるセキュリティ対策ツールは無料だったり有料だったりします。フレッツ光で利用してきた無料のセキュリティはドコモ光へ転用した場合は使えなくなります。

有料の場合はそのまま転用しても利用できるようですが、ウィルスバスターやノートンの方が月額にすると安い場合がありますのでそちらを検討することもおすすめです。

ドコモ光へ転用でキャッシュバック?
ドコモ光の転用手続きは
ドコモショップだと大損!?

フレッツ光からドコモ光へ転用するとモデムやルーターはどうなる?

フレッツ光からドコモ光へ転用すると現在利用しているモデムやルーターはどうすればいいのか疑問を持っている人もいるようです。そもそも、モデムと無線LANルーターの違いは何なのでしょうか?

フレッツ光からドコモ光へ転用しようと考えている人は自宅にNTTのロゴが付いた「モデム(回線終端装置)」が設置されているはずです。この「モデム(回線終端装置)」は光回線から伝ってきた光信号をパソコンなどでインターネットが出来るようにデジタル信号へ変換する機器です。この「モデム(回線終端装置)」はドコモ光へ転用しても基本そのまま利用するので返却などは不要です。

無線LANルーターはパソコンやスマホ、タブレットなどWiFiでインターネットする際に利用している人が多いはずです。この無線LANルーターはプロバイダからレンタルしている場合は返却する必要がある場合があります。購入せずにレンタルしている人は返却が必要かをNTTかプロバイダへ確認してみてください。

フレッツ光で利用していたひかり電話はドコモ光転用でどうなる?

フレッツ光を利用している人でNTT東日本・NTT西日本のひかり電話を利用している人はドコモ光へ転用した場合、ひかり電話からドコモ光電話へ切り替えることができます。NTT東日本・NTT西日本のひかり電話を契約されたままドコモ光に転用される場合は「ドコモ光電話」へ転用されます。

しかし、フレッツ光のひかり電話からドコモ光へ転用した場合は、今までの料金プランやオプションサービス、割引サービスは引き継ぎされずに継続して利用できません。また、転用前に保持していた無料通話分の残額は転用時に失効されます。

転用で引き継げない電話サービス
「安心プラン」「もっと安心プラン」「FAXお知らせメール」「フリーアクセス・ひかりワイド」「特定番号通知機能(NTT西日本は「特定番号通知サービス」)」「ひかり電話#ダイヤル」「コールセレクト」「テレビ電話チョイス定額」「同一契約者グループ内通話」「付加サービスセット割引(NTT東日本のみ)」

まとめ

今回はフレッツ光からドコモ光へ転用した場合に気になる変更される契約内容や違約金や工事費用などの料金、転用によるメリットやデメリットなどをご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?

現在のフレッツ光とプロバイダの月額料金を調査してみて、ドコモ光の月額料金の方が安くなるのであれば転用することをオススメします。また、ドコモのスマートフォンを利用しているのであればドコモ光セット割が適用されてスマホ代が毎月割引になるのでうれしいですね。

フレッツ光からドコモ光へ転用した場合のメリットとデメリットをよく理解した上でキャッシュバックしてくれるホームページなどからドコモ光の転用申し込みをお得に行ってくださいね。

ドコモ光の正規代理店サイト
転用手続きはこちら

【2018年度版】最悪な評判!?ドコモ光の速度やプロバイダなどの口コミや評判を見て検討しよう

2018.06.13

【料金の違い】ドコモ光の5つある料金プランを徹底解説!

2018.05.17

【2018年10月版】ドコモ光契約時キャンペーンを比較してみた。新規も転用もお得な申込み先はどこ?

2018.02.06

ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?料金や特徴で選ぼう(2018年度)

2016.09.15

スポンサーリンク