ドコモ光テレビオプションの工事内容や工事費用、視聴可能チャンネル(スカパー)、NHK受信料などまとめてみた

ドコモ光は光回線を利用した高速のインターネット接続サービスですがテレビも視聴できるサービスもオプションとして提供しています。サービス名はドコモ光テレビオプションと言います。

通常テレビを視聴する場合はアンテナやケーブルを利用しますがドコモ光のテレビ視聴サービス「ドコモ光テレビオプション」はインターネット回線で利用している「光回線」を使ってテレビが見れるようになります。

そこで今回はドコモ光テレビオプションの月額料金や工事費用、工事内容、接続方法、そして視聴できるチャンネルは何があるのかなどを解りやすくご紹介してみたいと思います。

ドコモ光テレビオプションとは?初心者向けの基礎知識!

詳しくドコモ光テレビオプションをご説明する前に簡単にどのようなサービスなのかを説明します。

「ドコモ光でテレビが見れるらしい」と思ってあなたもページにアクセスされていると思いますがその通りです。

ドコモ光を既に契約している人、そして今からドコモ光を契約してインターネットを始めようと考えている人向けに提供しているテレビ視聴サービスが「ドコモ光テレビオプション」です。

ドコモ光テレビオプションのイメージ図

上記はドコモ光でテレビを視聴できるサービスのイメージ図です。
通常テレビを視聴する場合はUHFアンテナやパラボラアンテナ、ケーブルなどを使って視聴していますよね。

でも、ドコモ光テレビオプションはドコモ光でインターネットをする際に利用する光回線を使って視聴するサービスです。

管理人
簡単に言えば、アンテナ不要でドコモ光の光回線を使ってテレビが見れるサービスが「ドコモ光テレビオプション」って事です。

スポンサーリンク

どんなテレビチャンネルが視聴できる?

ドコモ光テレビオプションにも加入すると、どんなテレビ番組やチャンネルが視聴できるようになるのでしょうか?

基本的には「地上デジタル放送」「BSデジタル放送」「CSデジタル放送」です。また、別途料金を支払えば、有料放送の「BS放送」や「CS放送(スカパー)」なども見れるようになります。

詳しい視聴可能なチャンネルは以下でご説明します。

初期費用と月額料金が必要

ドコモ光テレビオプションに加入する場合、初期費用として「登録料」「基本工事料」が必要です。また、ドコモ光のインターネットを利用する月額料金に加えてドコモ光テレビオプション月額利用料の支払いが別途必要です。

ドコモ光テレビオプション導入に必要な費用は以下で詳しくご説明します。

管理人
上記の説明で何となく「ドコモ光テレビオプション」のサービス内容がご理解いただけたと思います。ドコモ光の光回線を使って地デジやBS放送が見れる有料オプションって訳ですね!
ここまでドコモ光テレビオプションの基礎がご理解いただけたと思いますので、これから具体的な説明に入りたいと思います。

詳細はプロバイダGMOとくとくBB公式サイトへ

ドコモ光テレビオプションの料金について

まずは、気になる料金の事からご説明します。

ドコモ光を契約してインターネットをしている人やこれから契約する人は、当然インターネットの月額料金を支払いますよね。

今回ご紹介しているドコモ光の光回線でテレビが見れる「ドコモ光テレビオプション」はインターネットの月額料金とは別に月額利用料の支払いが必要です。また、インターネットで利用する為に必要な光回線を自宅へ引き込む工事とは別にテレビ工事費や登録料が別途必要です。

ドコモ光テレビオプションの月額利用料

月額料金 ドコモ光インターネット月額料金
+
ドコモ光テレビオプション
月額利用料 
660円
(内訳)
スカパーJSAT施設利用料210円
テレビオプション伝送サービス料450円

ドコモ光テレビオプションの月額利用料は660円です。
内訳も書いていますが、スカパーJSAT施設利用料が210円、テレビオプション伝送サービス料が450円、合計660円となります。

新4K8K衛星放送が2018年12月より始まります。その為、スカパーの放送設備拡充の為に施設使用料が300円になり90円値上がりします。2018年12月からは月額料金が750円に変更になります。

「スカパーJSAT施設利用料っ何よ?」
「テレビオプション伝送サービス料って何さ?」

そんなあなたの心の声が聞こえてきましたよ(笑)
後で詳しく説明したいと思います。

初期費用と工事費

ドコモ光テレビオプションを契約する際には、初期費用や光回線でテレビが見れるようにする工事費が必要になります。

が、既にドコモ光を契約中でインターネットをしている人これからドコモ光を契約する人とでは、初期費用と工事費に違いがあります。

また、ドコモ光テレビオプションでテレビ1台で視聴するのか、2台以上で視聴するかでも違いがあります。

管理人
ドコモ光のインターネットの工事費や初期費用とは別に「ドコモ光テレビオプション」を視聴するための工事費や初期費用が別途必要なんですね。

ドコモ光をこれから契約する人の場合

まだドコモ光を契約しておらず、これからドコモ光のインターネットと新規か転用申し込みと同時にドコモ光テレビオプションにも加入する場合は以下のようになります。

 テレビ1台で
視聴する場合
 テレビ2台~4台で
視聴する場合
契約事務手数料  0円  0円
 スカパーJSAT
施設利用登録料
 2,800円  2,800円
基本工事費
(テレビ用回線引込工事)
 3,000円  3,000円
 テレビへの接続工事料  6,500円  19,800円
初期費用
合計 
 12,300円  25,600円

これからドコモ光のインターネットを契約する人の場合は、テレビオプションにも同時契約すると、インターネットで利用する光回線とテレビで利用する光回線を自宅へ引き込む工事が一度に行われます。

手数料や登録料、工事費などの初期費用合計は、テレビ1台で視聴する場合は12,300円2台~4台で視聴する場合は25,600円ドコモ光テレビオプションを導入するだけで必要という事になります。

既にドコモ光を契約している人の場合

もう既にドコモ光を契約してインターネットを利用している人が、後で「ドコモ光テレビオプション」を追加で加入する場合は以下のようになります。

 テレビ1台で
視聴する場合
 テレビ2台~4台で
視聴する場合
契約事務手数料  2,000円 2,000円
 スカパーJSAT
施設利用登録料
 2,800円  2,800円
基本工事費
(テレビ用回線引込工事)
 7,500円  7,500円
 テレビへの接続工事料  6,500円  19,800円
初期費用
合計 
 18,800円  32,100円

既にドコモ光を契約している人の場合、これからドコモ光のインターネットと同時契約する人に比べて契約事務手数料が必要だったり、基本工事費が高かったりしますね。

請求はいつ?分割は出来る?

上記でご紹介したようにドコモ光テレビオプションを導入するには手数料や登録料、工事費など結構高額になりますよね。そこで疑問なのが請求はいつ頃来るのか?そしてこの初期費用は分割で支払う事ができるのかという点ですね。

ドコモ光テレビオプションの工事費などの初期費用の請求時期は基本的に翌月に請求されます。但し、工事日が月末だったりすると翌々月の請求になる場合もあるようです。

また、ドコモ光テレビオプションの初期費用ですが分割払いも可能のようです。
だた、何回払いの分割になるのかなどの記載がドコモ光公式サイトにもありませんので、申し込む際に確認してみてください。

ドコモ光の新規・転用申し込みはこちら
高額キャッシュバック中

スポンサーリンク

ドコモ光テレビオプションで映らないエリアもある

実は、今回ご紹介してるドコモ光の光回線でテレビが視聴できるドコモ光テレビオプションは提供エリアがあります。提供エリア以外は映らないのでテレビ視聴する事ができません。

また、ドコモ光を利用する建物のタイプによっても申し込めない場合があります。

ドコモ光テレビオプションの提供エリア

ドコモ光テレビオプションを提供しているエリア(都道府県)があります。
提供していないエリア地域では映らないので申し込む事すら出来ません。

以下がドコモ光テレビオプションの提供エリアは以下。

東日本エリア
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部地域
西日本エリア
大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、愛媛県、福岡県、佐賀県の各一部地域

上記でご紹介している都道府県がドコモ光テレビオプションの提供エリアです。

マンションではドコモ光テレビオプションは映らない?

上記でご紹介しているドコモ光テレビオプションの提供エリアの一戸建ての人の場合は問題なく申し込みが可能です。

ただ、マンションやアパートなどの集合住宅の人の場合は、たとえ提供エリアであっても視聴出来ないのです…。

西日本エリアは一戸建てのみでマンション不可

上記でご紹介したドコモ光テレビオプションの西日本エリアの都道府県にお住まいであっても、マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる人は提供されていませんので申し込みすら出来ません。

管理人
西日本エリアのドコモ光テレビオプションは一戸建て限定なんですね。

東日本エリアは一戸建てと一部のマンションのみ提供

東日本エリアのドコモ光テレビオプションの提供エリアにお住まいの一戸建ての人はすべて申し込みが可能です。

ただ、マンションやアパートの集合住宅にお住まいの人は、建物が「光配線方式」の場合のみドコモ光テレビオプションに申し込みが可能です。

集合住宅が「VDSL配線方式」「LAN配線方式」の場合は申し込む事が出来ません。

管理人
お住まいのマンションなどが「光配線方式」なのか「VDSL配線方式」「LAN配線方式」なのか知っている人なんでほとんどいません(笑)なので、東日本エリアのマンションにお住まいの人は申し込んで利用可能なマンションなのかをドコモ光で調べてもらいましょう。

ドコモ光テレビで視聴可能なチャンネル番組

上記ではドコモ光テレビオプションの料金など概要を説明してきましたが、結局どんなチャンネルや番組が見れるようになるかも重要ですよね。

そこでここからはドコモ光テレビオプションに加入すると見れるチャンネルやBS放送などを具体的にご紹介します。

NHKや民放などの地デジ

ドコモ光テレビオプションではお住まいの地域で視聴可能なNHKを含む民放各局の地上デジタル放送(地デジ)が視聴可能です。

地上デジタル
NHK総合テレビ
NHK Eテレ
お住まいの地方民放局

有料でスカパーも視聴可能

ドコモ光テレビオプションではスカパーの視聴も可能ですが、スカパーは当然有料です。無料でスカパーは見れません。

ドコモ光テレビオプションでスカパーを視聴する為の料金例は以下です。

 ドコモ光
テレビオプション
月額利用料
 660円
 スカパー月額基本料  390円
 チャンネル、
セットパック
月額料
新基本パック
47チャンネル見放題 
 セレクト5
47チャンネルから
5チャンネルを選択
1チャンネルのみ 
 3,400円  1,833円  371円~
 合計  4,450円  2,883円  1,421円~

ドコモ光テレビオプションでスカパーを見る場合は、ドコモ光テレビオプションの月額利用料に加えてスカパーの「月額料金390円」と見たい「チャンネル、パックセットの月額料」が必要です。

BSデジタル放送

ドコモ光テレビオプションではBSデジタル放送も視聴できるようになります。

ただし、BSデジタル放送には有料チャンネルもありますよね。有料チャンネルのBSデジタル放送は別途契約と視聴料の支払いが必要です。

無料
BSデジタル
チャンネル
 NHK BS1
(受信料契約必要)
 NHK BSプレミアム
(受信料契約必要)
 BS日テレ
 BS朝日
 BS-TBS
 BSジャパン
 BSフジ
 BS11
 TwellV
 放送大学
 Dlife
有料
BSデジタル
チャンネル
別途契約と月額料が必要
 WOWOWプライム
 WOWOWライブ
 WOWOWシネマ
 スターチャンネル1 プレミアム
 スターチャンネル2 セレクト
 スターチャンネル3 吹替専門
 グリーンチャンネル
 アニマックス
 FOX スポーツ&エンターテイメント
 BSスカパー
 J SPORTS 1
 J SPORTS 2
 J SPORTS 3
 J SPORTS 4
 釣りビジョン
 シネフィルWOWOW
 日本映画専門チャンネル
 ディズニー・チャンネル
ディズニー映画・アニメ

NHK受信料・契約は必要?

ここでちょっとNHK受信料契約についてご紹介します。
ドコモ光テレビオプションに加入すると地デジのNHK総合テレビやNHK Eテレが視聴できるようになりますが、NHK受信料の支払いや契約は必要なのでしょうか?

答えは、NHKの受信契約と受信料の支払いは必要です。

たとえ、視聴方法がインターネット回線になったとしてもNHKが視聴可能な場合は受信契約と毎月の受信料の支払いは必要です。NHK受信料はドコモ光テレビオプションの月額利用料には含まれていませんので注意しましょう。

ドコモ光テレビオプションの提供はスカパーJSAT

少しドコモ光テレビオプションの月額料金を振り返ってみますと…

月額料金 ドコモ光テレビオプション
月額利用料 
660円
(内訳)
スカパーJSAT施設利用料210円
テレビオプション伝送サービス料450円

月額利用料は660円ですが、内訳を見ると、
「スカパーJSAT施設利用料」
「テレビオプション伝送サービス料」
この2つの意味が解りませんよね!

視聴提供はスカパーJSAT社

実は、ドコモ光テレビオプションで地デジやBS放送など視聴提供しているのはドコモではなく「スカパーJSAT株式会社」です。

ドコモ光テレビオプションは、スカパーJSATを介して視聴している

ドコモ光テレビオプションは、地デジやBSデジタル放送などをインターネット回線を使って視聴できる技術を持っているスカパーJSATを介して視聴しています。

その為、スカパーJSATの技術を利用するための「スカパーJSAT施設利用料」の支払いが毎月210円必要なんです。

テレビオプション伝送サービス

では「テレビオプション伝送サービス」って何なんでしょうか?

上記では簡単に説明するように「インターネットの光回線」を利用していると説明してきましたが、インターネットで使用する光回線とは別にテレビを視聴する光回線を別途用意しなければなりません。

テレビ視聴用の光回線使用料

簡単に言えば、インターネットとテレビの光回線は別に必要なんですね。
だから、ドコモ光テレビオプションは別に工事も必要なんです。

そう、テレビを視聴するための光回線使用料、それが「テレビオプション伝送サービス」450円と思ってください。

ドコモ光テレビオプションの工事内容

ここからは初心者の人でも解るようにドコモ光テレビオプションを導入する場合に必要な工事内容をご紹介したいと思います。

ちょっと専門的になるので読み飛ばしても構いません。

工事に必要なケーブルや分配器、ブースター、ルーターなど

ドコモ光テレビオプションに必要なケーブルや部品等は以下の表のものです。
テレビ接続工事を工事業者にお願いする場合は準備する必要はありませんが、「工事は自分でやる!」って人は必要なので準備しなければなりません。

同軸ケーブル 分配器
分岐器
分波器 ブースター
映像用回線終端装置と各部屋のテレビを接続するケーブル テレビの電波信号を複数のテレビに分配する部品 地上波とBS/CSの電波信号を分ける部品 テレビの電波が弱い時に、テレビの信号を増幅させる部品

工事は「基本工事」と「テレビ接続工事」

ドコモ光テレビオプションの工事は基本的には「基本工事」と「テレビ接続工事」の2種類です。

初期費用の工事費の部分だけ見ると解りやすいと思います。

 テレビ1台で
視聴する場合
 テレビ2台~4台で
視聴する場合
基本工事費
(テレビ用回線引込工事)
「ドコモ光」新規と同時:3,000円
「ドコモ光」ご利用中 :7,500円
 テレビへの接続工事料  6,500円  19,800円

2種類の工事を行うので、工事費もそれぞれ必要なんですね!

基本工事とは

基本工事のイメージ

ドコモ光テレビオプションの「基本工事」とは、テレビ視聴の為に利用する「光回線」と「映像用回線終端装置」を接続するまでの事を言います。

テレビ接続工事とは

テレビ接続工事のイメージ図

ドコモ光テレビオプションの「基本工事」とは、「基本工事」で設置した映像用回線終端装置とテレビを接続する工事の事を言います。

複数台でテレビを見る場合は「分配器」というテレビ信号を複数に分ける部品を取り付けます。「分波器」という「地デジ信号」と「BS・CS信号」を分ける部品を取り付けます。

配線や接続方法など詳しい人は自分で「テレビ接続工事」をする事も出来ます。自分でテレビ接続工事をする場合はテレビ接続工事費の支払いは不要です。ただ、素人の人がやるには大変な工事なので専門的な知識がない人は工事業者にお願いしましょう。

まとめ

今回はドコモ光のインターネット以外のオプションサービス「ドコモ光テレビオプション」について詳しくご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?普通はアンテナを利用して地デジやBSなどを視聴しますがドコモ光テレビオプションは光回線を利用して提供されている事がご理解いただけたと思います。通常テレビを見る場合はNHK受信料の支払いだけですが、ドコモ光テレビオプションは別途月額料金が必要です。視聴可能となるチャンネル数は増えますし、別途契約すればスカパーなどの有料チャンネルを見る事も可能です。

ドコモ光のお申し込みはこちら
プロバイダ公式サイト

【2018年度版】最悪な評判!?ドコモ光の速度やプロバイダなどの口コミや評判を見て検討しよう

2018.06.13

【料金の違い】ドコモ光の5つある料金プランを徹底解説!

2018.05.17

【2018年11月版】ドコモ光契約時キャンペーンを比較してみた。新規も転用もお得な申込み先はどこ?

2018.02.06

ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?料金や特徴で選ぼう(2018年度)

2016.09.15

スポンサーリンク