ドコモ光のIPv6対応プロバイダはどこがおすすめ?料金や対応ルーターなどIPv6についてまとめてみた

ドコモ光はIPv6という新しい通信方式で「速度が速い」という人がいますが、IPv6を利用するには対応プロバイダでなければなりません。また、対応ルーターや料金、切り替え設定など解らない事もたくさんあります。

そこで今回はIPv6に対応したドコモ光のプロバイダはどこかを確認し、おすすめの対応プロバイダをご紹介すると共に、そもそもIPv6とは何かという基礎知識まで総合的に解りやすくご紹介したいと思います。

ドコモ光はIPv6だから速度が速い?

最近「IPv6の対応プロバイダだと速度が速い」という口コミやブログをインターネットで見かける機会が増えてきました。その為にドコモ光もIPv6対応のプロバイダを選択した方が良いという認識の人も増えてきたようです。

まずドコモ光のIPv6対応プロバイダをご紹介する前に、そもそもIPv6とは一体何なのかを解りやすくご紹介したいと思います。IPv6について知っているよ、という人は読み飛ばして頂いて構いません。

住所の役割と同じIPアドレス

インターネットに接続する為の機器(パソコンやスマホなど)には、1つとして同じものがないIPアドレスという番号が振り割られています。

ネット接続する機器に振り割られている「IPアドレス」は住所と同じような役割です。

IPアドレスと住所は似ている

例えば、相手へ荷物を送る際には伝票に送ってほしい「相手の住所」と、送る「自分の住所」を記入する事で荷物を運んでくれますよね。IPアドレスはこれに似ています。

Webサイトのデータはネットを介してIPアドレスへ

例えば、持っているパソコンに割り振られたIPアドレスが「000.11.222.3」だったとします。IPアドレスが「000.11.222.3」のパソコンでYahooを閲覧しようとした場合、Yahooのホームページのデータはインターネットを通じて「000.11.222.3」のIPアドレスへ送られます。

相手の住所を記入せずに送った荷物は、相手の住所が解らないので当然相手へは送れません。それと同じで、インターネットに接続する端末にIPアドレスがなければホームページなどのデータはどこへ送ってよいか解らないので閲覧出来ません。
管理人
IPアドレスは住所と同じように、どの端末へWebサイトや動画などのデータを送るか判断するために重要なんですね。

IPアドレスはIPv4からIPv6へ

以前はIPv4というIPアドレスが利用され、約43億個のIPアドレスが利用されてきました。しかし、約43億個のIPアドレスが利用できるIPv4という通信方式ではIPアドレスが足りない事態になっています。

以前はインターネットに接続する機器と言えばパソコンくらいでしたよね。しかし、現在はパソコン以外にもスマートフォンやタブレット端末、テレビや冷蔵庫、デジタルカメラなどの家電、ゲーム機などの端末でもインターネットに接続する時代です。

その為、IPv4の約43億個のIPアドレスでは足りないのです。

そこで近年ではIPv6という約340澗個(340兆の1兆倍の1兆倍)のIPアドレスが利用できる通信方式が採用され始めています。IPv6はまだ利用者が少ないため、インターネットが高速で利用できるという利点が言われているのです。

管理人
ドコモ光でIPv6対応プロバイダを選ぶと良いという口コミはこのような理由があるんですね。

IPoE方式とPPPoE方式

ドコモ光のプロバイダ選びに重要なのは「IPv6」に対応しているかだけではありません。接続方式は何を採用しているかもプロバイダ選びに重要です。

インターネットに接続するための接続方式には「IPoE方式」と「PPPoE方式」があります。この2つの接続方式を詳しく説明すると専門用語ばかりで解りづらくなるので、初心者の人でも解るよう以下のイメージ図を作りました。

IPoE方式とPPPoE方式

従来の接続方式「PPPoE方式」はトンネル方式と呼ばれPPPoE対応の機器が必要で、イメージ図のようにインターネットに接続する利用者が多くなると混雑して速度が低下します。

一方、新しい接続方式「IPoE方式」はネイティブ方式と呼ばれ、イメージ図のようにインターネットの利用者が多くてもスムーズにインターネットに接続出来ます。

管理人
ドコモ光のプロバイダを選ぶ際は通信方式が「IPoE方式」を採用しているプロバイダを選んだ方が良さそうですね。

「IPv4 over IPv6」対応プロバイダを選ぼう

ドコモ光のプロバイダを選択する際には、速度が速いとされているIPv6対応のプロバイダを選んだ方が良さそうだと上記の説明でご理解頂けたと思います。

しかし、IPv6通信のみだと、IPv4のWebサイトにアクセスする事が出来ません。

IPv6通信のみではIPv4対応のWebサイトにアクセス出来ない

IPv6通信はIPv4通信よりも速度が速いとされています。しかし、アクセスするWebサイトがIPv4のみに対応していた場合にIPv6通信ではアクセス出来ません。IPv4だけに対応したWebサイトはまだまだ沢山ありますので、IPv6通信だけだとアクセス出来ないWebサイトが出てきてしまいます。

そこで、ドコモ光のプロバイダで「IPv4 over IPv6」に対応している事が重要になります。

IPv4 over IPv6対応のプロバイダいを選ぶ!

IPv4 over IPv6に対応したドコモ光のプロバイダであれば、通信方式は「IPv6」で行います。また、IPv4に対応したWebサイトにも自動で切り替えられてアクセスする事が可能となります。

管理人
以上の事をまとめるとドコモ光のプロバイダは「IPv6」に対応し「IPoE方式」で通信、さらに「IPv4 over IPv6」に対応したプロバイダを選ぶと良い事が解りますね。

IPv6対応プロバイダはこちら

ドコモ光のIPv6対応プロバイダを確認しよう

上記でご紹介したように、ドコモ光のプロバイダを選択する場合には適用に選ぶのではなく以下の条件に適していた方が良さそうです。

  1. IPv6通信に対応
  2. IPoE方式で接続
  3. IPv4 over IPv6にも対応

上記の3つの条件にあったプロバイダを一つ一つ確認する作業は大変です。そこで以下で上記3つの条件にあったドコモ光の対応プロバイダとおすすめプロバイダをご紹介したいと思います。

IPv6(IPv4 over IPv6)対応プロバイダ

「IPv6対応プロバイダです!」と言っていても「IPv4 over IPv6」に対応していなければIPv4のWebサイトにはアクセス出来ません。

そこで、最新の通信方式「IPv6通信」で尚且つ「IPv4 over IPv6」に対応したドコモ光のプロバイダを以下の表でまとめてみました。

IPv6対応
ドコモ光プロバイダ
(IPv4 over IPv6)
ドコモnet
ぷらら
So-net
GMOとくとくBB
@nifty
ic-net
Tigers-net
GIBLOBE
アンドライン
SIS
OCN

現在、ドコモ光のプロバイダは25社ありますが、IPv6通信IPoE方式で接続し、さらに「IPv4 over IPv6」にも対応したプロバイダは上記の11社となります。

「IPv4 over IPv6」又は「IPv6」未対応のプロバイダは以下。
シナプス、AsahiNet、WAKWAK、@ちゃんぷるネット、DTI、エキサイト、エディオンネット、Tiki Tiki、ハイホー、ネクス、コアラ、@TCOM、TNC、楽天ブロードバンド
管理人
ドコモ光のプロバイダによっては「IPv4 over IPv6」の事を「IPv6プラス」や「IPv6オプション」と呼んでいる事もあります。

ドコモ光のおすすめIPv6対応プロバイダ

ドコモ光を申し込む際には25社もあるプロバイダから1社を選択しなければなりません。上記でご紹介したようにIPv6通信に対応してIPoE方式で「IPv4 over IPv6」のドコモ光のプロバイダがベストです。

では、どのドコモ光のプロバイダが良いのか解らない人におすすめのプロバイダを2社ご紹介します。

「GMOとくとくBB」はIPv6 IPoE接続方式

今、ドコモ光の対応プロバイダで人気が高いのが「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBというプロバイダは、上記で散々ご紹介したように「IPv6接続」で「IPoE方式」でインターネットに接続出来ますし、IPv4対応のWebサイトにも対応した「IPv4 over IPv6」にも対応しています。

「GMOとくとくBB」でドコモ光を申し込めるキャンペーンサイト

また、GMOとくとくBBは独自キャンペーンも充実しています。

GMOとくとくBBのプロバイダ公式キャンペーンページからドコモ光を申し込むと、独自のキャッシュバックキャンペーンIPv6対応ルーターが無料でレンタル出来る特典があります。

また、インターネット接続を始める前に必要なパスワードなどの設定ですが、GMOとくとくBBの場合は「IPv6」接続で利用すると面倒は設定は不要です。その為、初心者の人にもおすすめのプロバイダです。

管理人
GMOとくとくBBは、IPv6に対応していて、キャンペーンもキャッシュバックなど充実、さらには難しい設定が不要なので、初心者の人でドコモ光のプロバイダ選びに迷ったらココですね。

「So-net」もIPv6対応プロバイダ

もう1社ドコモ光のIPv6に対応したプロバイダでおすすめなのが大手のSo-net(ソネット)です。

上記でご紹介したGMOとくとくBB同様に「IPv6接続」で「IPoE方式」の「IPv4 over IPv6」にもSo-netは対応しています。しかし、So-netのキャンペーン内容をGMOとくとくBBと比較すると少しお得ではない事は否めません。

引用:https://www.so-net.ne.jp/

GMOとくとくBBでも受けられるドコモ光公式キャンペーン「工事費無料」「dポイントプレゼント」以外にはSo-net独自キャンペーンは「ソネットポイント5000ptプレゼント」ぐらいです。So-netは長年プロバイダとして人気がありますのでGMOとくとくBBとキャンペーン内容で比較する事でよりお得に申し込める方はどちらかを検討してみてください。

So-net公式キャンペーンページ

管理人
ドコモ光のIPv6(IPv4 over IPv6)に対応したプロバイダは11社ありますが、どこのプロバイダが良いか迷ったら上記の2社からキャンペーンで比較する事でお得にドコモ光へ申し込みが出来ますね。

その他、ドコモ光のIPv6に関する疑問

上記ではIPv6に関する基礎知識やIPv6に対応したドコモ光のプロバイダなどをご紹介してきました。ここからはその他、ドコモ光のIPv6に関するよくある質問や疑問をご紹介して回答形式で答えてみたいと思います。

IPv6接続には料金が必要?それとも無料?

ドコモ光でIPv6接続に対応しているプロバイダを利用する場合、IPv6接続すると別途料金が必要なのでしょうか?

ドコモ光のIPv6に対応したプロバイダを利用する場合には、特にIPv6接続するからといって別途料金を請求される事はありません。IPv6接続に対する料金は無料です。しかし、当然ですがドコモ光の月額料金の支払いは必要です。

IPv6に対応ルーターやモデムはある?

ドコモ光を契約すると自宅内をWi-Fi環境にしてスマホなどでもインターネット接続したいですよね。無線LANルーター(Wi-Fiルーター)はIPv6に対応したルーターを利用しなければIPv6接続出来ません。

IPv6対応ルーター選びに悩んでいる人はプロバイダからIPv6対応ルーターをレンタルして利用してみる事をおすすめします。GMOとくとくBBならIPv6対応ルーターが無料でレンタルしてくれる特典もあります。

市販のバッファロー製などのルーターを利用したい場合はwxr-1750dhpなどの高機能のWi-Fiルーターを購入して利用する事をおすすめします。

ちなみに、AirMac ExtremeやAirMac Time Capsuleなどアップルのルーターの場合、Pv6 通信ができない可能性があります。

IPv6設定で接続できない、繋がらない場合

IPv6の設定をしてもインターネットに接続できない人や繋がらない人もいるようです。そのような場合は市販のルーターがIPv6に対応していないか、もしくはパソコンやアクセスしたWebサイトがIPv4対応の可能性があります。

IPv6で接続できない場合は利用者の環境など様々な要因が考えられますので、一度ドコモ光の利用しているプロバイダへ連絡して設定しても繋がらない旨を問い合わせして対応してもらう方法が一番早いと思います。

IPv6を西日本で使うと同意が必要?

ドコモ光のほとんどのプロバイダがIPv6に対応しています。しかし、今まで西日本エリアでフレッツ光を契約して利用してきた人がドコモ光へ転用(乗り換え)する際には、ドコモ光(NTT docomo)が代理でNTT西日本に対してフレッツ・v6オプションを申し込むことに同意しなければなりません。

IPv6の接続にはフレッツ・v6オプションが必要です。
ご利用場所がNTT西日本エリアかつフレッツ・v6オプションを契約されていないお客さまは
、弊社がお客さまの代理人としてNTT西日本に対してフレッツ・v6オプションを申し込むことに同意いただきます(フレッツ・v6オプションの利用料、手数料などはかかりません)。
引用:https://www.nttdocomo.co.jp/hikari/provider_list/docomo_net/ipv6/index.html

要は、簡単にいうと、ドコモ光はフレッツ光の光回線を利用しますが、ドコモ光へ乗り換える際に今まで利用してきたフレッツ光でIPv6で契約していなかったら、乗り換えと同時にIPv6が使えるようにNTT西日本へ代わりにお願いするので、その事を同意してよね!って事です。

まとめ

今回はドコモ光のIPv6に関する情報を初心者の人でも解りやすくご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?IPv6とは従来利用してきたIPv4ではIPアドレスが足りなくなってきたので新しく追加された通信方式だという事です。IPv6は利用者が少ない為に速度が速いとされています。しかし、IPv6を利用したい場合には対応したドコモ光のプロバイダを確認する必要がありましたね。また、IPv4でもアクセス可能な「IPv4 over IPv6」にも対応しているプロバイダが良い事もご理解頂けたと思います。

【料金の違い】ドコモ光の5つある料金プランを徹底解説!

2018.05.17

2018年8月版!ドコモ光加入契約キャンペーンを比較してみた。新規も転用もお得な申込み先はどこ?

2018.02.06

【2018年度版】ドコモ光の評判をまとめてみた!2016・2017年も評判が良い!?

2016.11.16

ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?料金や特徴で選ぼう(2018年度)

2016.09.15

スポンサーリンク

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!