ドコモ光のタイプCのプロバイダはケーブルテレビ?プロバイダ、転用、速度などタイプCの解らない点をまとめてみた

ドコモ光を契約する際に「タイプA」や「タイプB」に分けられたプロバイダを選択するのが一般的ですが「タイプC」というあまり知られていないタイプも存在します。しかし、ドコモ光のタイプCについてよく理解していない人も多くいるようです。

そこで今回はドコモ光のタイプCとは何なのか、タイプCのプロバイダはケーブルテレビになるのか、転用可能なのか、速度はどうなのか、タイプCはテレビオプションも利用できるのかなどをご紹介したいと思います。

ドコモ光新規契約で
最大20,000円キャッシュバック!
▼今なら開通工事費無料!▼
キャンペーンサイトはこちら

【料金プランの違い】ドコモ光の5つある料金プランを徹底解説!

ドコモ光のタイプCのプロバイダはケーブルテレビ?

ドコモ光を契約する際には、ドコモ光に対応したプロバイダから利用するプロバイダを1つ選択しなければなりません。ドコモ光に対応したプロバイダは「タイプA」「タイプB」「タイプC」の3つに解られています。

そこでドコモ光のタイプCに属しているプロバイダはどこなのか、タイプCのプロバイダを利用すると月額料金はいくらになるのか、選択できるエリアはあるのかをご紹介します。

タイプCに属するプロバイダ

そもそも「プロバイダ」とはインターネット接続業者の事です。その為、プロバイダを利用しなければインターネットに接続出来ません。

プロバイダがインターネットに接続してくれている

インターネットに接続してくれるドコモ光に対応したプロバイダは「タイプA」と「タイプB」の25社ありますが、それ以外にも以下のように「タイプC」に属している19社のプロバイダもあります。

ドコモ光 タイプC
プロバイダ
提供会社
CTY(株)シーティーワイ
CNS(株)ケーブルネット鈴鹿
KCN近鉄ケーブルネットワーク(株)
NCT(株)エヌシィティ
NCV(株)ニューメディア
tck光(株)テレビ小松
TCN多摩ケーブルネットワーク(株)
KBN香川テレビ放送網
CNA(株)秋田ケーブルテレビ
ICT伊賀上野ケーブルテレビ(株)
JCV上越ケーブルジョン(株)
いずみ射水ケーブルネットワーク(株)
ads(株)アドバンスコープ
テレビ岸和田(株)テレビ岸和田
MITAST(株)ケーブルテレビ富山
waiwai(株)ケーブルメディアワイワイ
Baycom(株)ベイコミュニケーションズ
KATCH(株)キャッチネットワーク
TOKAI(株)TOKAIケーブルネットワーク

上記がドコモ光の「タイプC」に属しているプロバイダです。

ほとんどの人が聞いた事がない知らないプロバイダではないでしょうか。それもそのはず、ドコモ光の「タイプC」に属しているプロバイダは地方のケーブルテレビ会社(CATV)ばかりです。

ドコモ光の「タイプA」や「タイプB」に属しているプロバイダは、OCNやSo-net、ビッグローブ、GMOとくとくBBなど有名なプロバイダが多い中、「タイプC」に属しているプロバイダはケーブルテレビ会社が提供しているプロバイダなのです。

ドコモ光の対応プロバイダ全24社を徹底比較してみた!【2019年度版】

管理人
ドコモ光のタイプCのプロバイダは地域密着型のケーブルテレビ会社(CATV)が提供しているプロバイダばかりなんですね。

タイプCのプロバイダを選択した場合の月額料金

上記でご紹介したように、ドコモ光のタイプCは地方ケーブルテレビ局が提供しているプロバイダが属しているタイプです。では、ドコモ光のプロバイダをタイプCの中から選んで利用する場合の月額料金はいくらになるのでしょうか?

以下は、ドコモ光のタイプCのプロバイダを利用した場合のドコモ光の月額料金です。

建物タイプファミリータイプ
(戸建て住宅)
マンションタイプ
(集合住宅)
ドコモ光
月額料金
(2年契約の場合)
5,200円4,000円
ドコモ光
月額料金
(契約期間なし)
6,700円5,000円

ドコモ光のタイプCのプロバイダを利用する場合ドコモ光を2年契約する場合は、一戸建ての場合は月額5,200円、マンションの場合は月額4,000円です。ドコモ光を2年契約しない場合は月額料金が少々高くなります。

このドコモ光の月額料金の中にはプロバイダ料も含まれている「プロバイダ料金一体型」です。

管理人
ドコモ光のタイプCのプロバイダを利用する場合の月額料金は、タイプAのプロバイダを利用する場合とまったく同額なんですね。

エリアが限定されるタイプC

ドコモ光のタイプCに属しているプロバイダは、地方でケーブルテレビを提供している会社のプロバイダです。その為、ドコモ光のタイプCは提供エリアが限定されています。

タイプCに属するプロバイダの提供エリアは以下です。

ドコモ光 タイプC
プロバイダ
提供エリア
CTY三重県四日市市、いなべ市、桑名市(長島町のみ)、
菰野町、木曽岬町
CNS三重県鈴鹿市
KCN奈良県奈良市、生駒市、天理市、生駒郡、香芝市、
大和郡山市、大和高田市、葛城市、桜井市、
北葛城郡、橿原市、磯城郡、高市郡、御所市、
五條市、大阪府四条畷市
NCT新潟県長岡市、三条市、見附市、小千谷市
NCV北海道函館市、七飯町、北斗市、山形県米沢市、
南陽市、高畠町、川西町、福島県福島市、
新潟県新潟市
tck光石川県小松市、能美市
TCN東京都青梅市、羽村市、福生市、
西多摩郡瑞穂町の一部
KBN香川県坂出市、綾歌郡宇多津町
CNA秋田県秋田市
ICT三重県伊賀市
JCV新潟県上越市、妙高市
いずみ富山県射水市、高岡市の一部
ads三重県名張市、伊賀市の一部
テレビ岸和田大阪府岸和田市、泉北郡忠岡町
MITAST富山県富山市、中新川郡舟橋村
waiwai宮崎県延岡市、日向市、門川町
Baycom大阪府大阪市福島区、西淀川区、港区、
大正区、此花区、西区、住之江区、
西成区南部、北区・中央区の一部、
兵庫県尼崎市、西宮市、伊丹市
KATCH愛知県刈谷市、安城市、高浜市、
知立市、碧南市、西尾市
TOKAI静岡県富士市、富士宮市、沼津市、
静岡市(旧蒲原町・由比町)、
三島市、裾野市、御殿場市、清水町、
長泉町、伊豆の国市、函南町、焼津市、
藤枝市、伊豆市一部、小山町一部、島田市

ドコモ光のタイプCに属するプロバイダは、ケーブルテレビ会社の提供エリア内であれば利用出来る事が解りますね。その為、ドコモ光のタイプCのプロバイダを利用したくても提供エリア外であれば、タイプCに属しているプロバイダを選択する事が出来ません。

管理人
ドコモ光のタイプCのプロバイダは全国的に利用出来る訳ではなく提供エリアがあるんですね。

ドコモ光のタイプCについての疑問点

上記でご紹介したように、ドコモ光のタイプCの概要についてはご理解頂けたと思います。しかし、ドコモ光のタイプCで契約すると転用出来るのか、速度はどのくらいか、テレビオプションは利用出来るのか、ドコモ光セット割は可能かなど疑問点が多いですよね。

そこで、ここからはドコモ光のタイプCに関する事で、インターネット上でも多く見かける疑問点を解決してみたいと思います。

タイプCでも転用可能か

現在、NTTフレッツ光を契約中であれば「転用」という手続きだけで契約変更が可能です。フレッツ光で利用する光回線をそのまま利用してドコモ光やソフトバンク光ビッグローブ光などの光コラボレーションへ転用可能です。

もちろん、ドコモ光のタイプCでもフレッツ光から転用可能です。

但し、上記でもご紹介したように、タイプCに属するプロバイダは提供できるエリアが限定されています。その為、ドコモ光のタイプCのプロバイダへ転用したくても、提供エリア外であれば転用不可となります。

管理人
フレッツ光からドコモ光へ転用する際にタイプCのプロバイダでも転用可能ですが、タイプCの提供エリア内でなければ転用不可となります。その場合はエリアが全国的なタイプAやタイプBのプロバイダを利用する事になります。

タイプCの速度について

インターネットの速度はプロバイダによって左右されますので、プロバイダ選びは大変重要です。その為、ドコモ光のタイプCのプロバイダの速度を気にしている人もいる事でしょう。

ドコモ光のタイプCに属するプロバイダの速度は以下です。

ドコモ光 タイプC
プロバイダ
速度
CTY最大1Gbps
CNS最大1Gbps
KCN最大1Gbps
NCT最大1Gbps
NCV最大1Gbps
tck光最大1Gbps
TCN下り最大2.5Gbps
上り最大1.25Gbps
KBN最大1Gbps
CNA最大1Gbps
ICT最大1Gbps
JCV最大1Gbps
いずみ最大1Gbps
ads最大1Gbps
テレビ岸和田最大1Gbps
MITAST最大1Gbps
waiwai最大1Gbps
Baycom最大1Gbps
KATCH最大1Gbps
TOKAI最大1Gbps

ドコモ光のタイプCの各社プロバイダの速度はほぼ最大1Gpbsです。

しかし、ドコモ光の通信速度はベストエフォート型と呼ばれ、技術上最大値の通信速度を表示しています。その為、必ず上記のような速度は出ません。インターネットをする環境や端末、回線の混雑状況などにより表示速度よりも必ず速度は低下します。

ドコモ光はベストエフォート型サービスです。記載の通信速度は技術規格上の最大値であり、インターネットご利用時の速度は、お客さまのご利用環境(パソコンの処理能力、ハブやルーターなどのご利用機器の機能・処理能力、LANケーブルの規格、電波の影響等)、回線の混雑状況、ご利用時間帯によって大幅に低下することがあります。

タイプCではテレビオプションは利用出来ない

ドコモ光ではインターネット接続サービス以外にも、インターネット回線(光回線)を使って地上波デジタル放送などを視聴出来る有料オプションサービス「テレビオプション」も契約可能です。

ドコモ光の有料オプションサービス「テレビオプション」は、タイプAとタイプBのプロバイダであれば契約可能ですがタイプCのプロバイダでは利用出来ません。

ドコモ光の「テレビオプション」を利用したいのであれば、タイプCのプロバイダで契約せずに「タイプA」や「タイプB」のプロバイダで契約する事をおすすめします。

ドコモ光テレビオプションとは?工事内容や工事費用、視聴可能チャンネル(スカパー)、NHK受信料などまとめてみた

管理人
ドコモ光の有料オプション「テレビオプション」はタイプCのプロバイダでは利用不可なんですね。

ドコモ光セット割はタイプCでも可能か

NTT docomoの携帯電話やスマホを契約している人が自宅のインターネットもドコモ光にする事で適用できる「ドコモ光セット割」という割引制度があります。

ドコモ光セット割タイプCのプロバイダを利用しても適用可能です。

ドコモ光セット割が適用すれば契約中のNTT docomoのスマホ代が毎月割引になるので適用した方がお得です。タイプCのプロバイダを利用してもセット割が適用可能なのでご心配なく。

解りづらい!ドコモ光のセット割とずっとドコモ割プラスを初心者向けに詳細を解説!

管理人
ドコモ光のタイプCのプロバイダを利用したとしてもセット割は適用出来るんですね。

ドコモ光のタイプC加入時よりもお得にする方法

インターネット回線を契約する際には現金キャッシュバックなどのキャンペーンを実施している場合があります。ドコモ光でも利用するプロバイダによってはキャッシュバックなどの特典があるのでお得に契約可能です。

そこで、ドコモ光のタイプCのプロバイダを利用する契約の際にはお得なキャッシュバックなどはあるのか、また、タイプC以外のおすすめプロバイダをご紹介します。

タイプCのプロバイダはキャッシュバックがない

ドコモ光の対応プロバイダによってはプロバイダ限定のキャッシュバック特典などがあります。では、タイプCのプロバイダを利用する契約ではキャッシュバックなどがあるのでしょうか?

ドコモ光のタイプCに属するプロバイダを選択して契約してもキャッシュバックはありません。

タイプCに属するケーブルテレビ会社のプロバイダ各社はドコモ光でタイプCのプロバイダで契約したとしても、タイプCのプロバイダ各社の独自特典であるキャッシュバックなどは実施していません。

ドコモ光契約時にキャッシュバックをして欲しいのであれば「タイプC」ではなく「タイプA」に属しているプロバイダ「GMOとくとくBB」がおすすめです。

管理人
ドコモ光のタイプCのプロバイダ各社はキャッシュバックをしていないんですね。

タイプCよりもタイプAの「GMOとくとくBB」がおすすめ

ドコモ光のタイプCのプロバイダを利用するよりも、タイプAに属しているプロバイダ「GMOとくとくBB」の公式キャンペーンサイトから申し込むとキャッシュバックがあるのでお得です。

タイプAのプロバイダ「GMOとくとくBB」

ドコモ光の「タイプA」に属するプロバイダ「GMOとくとくBB」のキャンペーンサイトから、ドコモ光とプロバイダ「GMOとくとくBB」を申し込むとキャッシュバックが限定特典として貰えます。それ以外にもWi-Fiが利用出来るようになる無線LANルーターも無料レンタルしてくれます。

管理人
ドコモ光のプロバイダをタイプCから選ぶよりも、タイプAのプロバイダ「GMOとくとくBB」を選び、プロバイダ公式キャンペーンサイトからドコモ光を申し込んだ方が断然お得ですね。
ドコモ光の対応プロバイダ
GMOとくとくBB
公式キャンペーンサイト

タイプAとタイプCの月額料金比較

上記でドコモ光のタイプAに属するプロバイダ「GMOとくとくBB」にした方がお得、「GMOとくとくBB」公式キャンペーンサイトで申し込むとお得とご紹介しました。

では、ドコモ光のタイプAとタイプCの月額料金に違いがあるか比較してみます。

建物タイプファミリータイプ
(戸建て住宅)
マンションタイプ
(集合住宅)
ドコモ光
タイプA
月額料金
5,200円4,000円
ドコモ光
タイプC
月額料金
5,200円4,000円

上記のドコモ光の月額料金表のように、「タイプA」のプロバイダを利用しても「タイプC」のプロバイダを利用しても月額料金は同じである事がご理解頂けると思います。

タイプAもタイプCもドコモ光の月額料金が同じであれば、ドコモ光の契約時にお得に申し込めるプロバイダを選ぶべきです。という事は、タイプCに属するプロバイダを利用するよりも、タイプAに属する「GMOとくとくBB」を利用して公式キャンペーンサイトから申し込んだ方がお得という事が解ります。

まとめ

今回はドコモ光のタイプCについて詳しくご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?ドコモ光にはタイプA、タイプB、そしてタイプCと3つのカテゴリにプロバイダが分けられていますが、タイプCに属しているのは地方ケーブルテレビ会社が提供するプロバイダだという事が解りましたね。フレッツ光からドコモ光へ転用可能ですがタイプCのプロバイダへの転用も可能でドコモ光セット割の割引も適用可能です。しかし、ドコモ光のテレビオプションはタイプCのプロバイダだと利用不可です。ドコモ光を契約時にタイプCのプロバイダを選択するとキャッシュバックなどがありませんので、タイプAに属するプロバイダのGMOとくとくBBをおすすめします。

ドコモ光の単独タイプにはメリットがある?IPv6対応プロバイダやタイプ変更など単独タイプについてまとめてみた!

ドコモ光の契約時に迷ったらタイプAがおすすめ!タイプBとの違いや終了プロバイダについて。

ドコモ光の対応プロバイダ全24社を徹底比較してみた!【2019年度版】

ドコモ光ミニの料金は安い!?プロバイダ別途契約で面倒かも!

ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」とは?プロバイダ選びに悩んだらGMOがおすすめ!

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!