ドコモ光と楽天ひかりを徹底比較!どちらと契約した方が良いのか?契約乗り換え方法もご紹介!

ドコモ光と楽天ひかりはどちらも光回線を利用してインターネットに接続するサービスです。しかし、インターネット回線の初心者にとってはドコモ光と楽天ひかりの違いが解らず、どちらと契約した方が良いのか解らない事だと思います。

そこで今回は、ドコモ光と楽天ひかりを様々な観点から比較して違いをご紹介すると共に、既にどちらかを契約している人が乗り換える方法をご紹介したいと思います。

ドコモ光新規契約で
最大20,000円キャッシュバック!
▼今ならdポイント最大2万ptも贈呈中▼

【2019年8月版】ドコモ光契約時キャンペーンを比較してみた。新規も転用もお得な申込み先はどこ?

2018.02.06

楽天ひかりをキャンペーンでお得に申し込める方法【2019年8月版】

2017.08.25

ドコモ光と楽天ひかりの違いを比較してご紹介

ドコモ光と楽天ひかりは自宅の固定インターネット回線である事は多くの人がご存知の事だと思います。しかし、これから契約しようと考えている人にはドコモ光と楽天ひかりは何か違うのか解らない人も多くいるのが現状です。

そこでまずは、ドコモ光と楽天ひかりの違いを様々な観点から比較しながら解りやすくご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

サービス提供会社に違い

「ドコモ光」「楽天ひかり」というサービス名の違いでも解るように、インターネット接続サービスを提供している会社に違いがあります。

サービス名 提供会社
ドコモ光 株式会社NTTドコモ
楽天ひかり 楽天モバイル株式会社

ドコモ光は、携帯電話やスマホなどの契約をしている人も多い「NTTドコモ株式会社」が提供しているインターネット接続サービスです。これ以上説明不要だと思います。

一方、楽天ひかりは、楽天グループ会社である「楽天モバイル株式会社」が提供しています。元々は、楽天ひかりは「楽天コミュニケーションズ光」というサービス名で楽天コミュニケーションズ株式会社が提供していました。しかし、2019年7月よりサービス名を「楽天ひかり」へ変更して提供会社も楽天モバイル株式会社へ変更されました。

管理人
ドコモ光は「NTTドコモ」が、楽天ひかりは「楽天モバイル」がそれぞれ提供しているサービスなので、提供会社に違いがあるんですね。

月額料金に違いがある

ドコモ光と楽天ひかりの契約内容にも違いがありますが、皆さんが一番気になる点が月額料金の違いでしょう。ドコモ光と楽天ひかりの月額料金は以下の表の通りです。

※以下の月額料金は全て税別です。

サービス名 建物タイプ 月額料金
ドコモ光 集合住宅
(マンションタイプ)
4,000円
(2年契約)
※タイプAの場合
戸建住宅
(ファミリータイプ)
5,200円
(2年契約)
※タイプAの場合
楽天ひかり 集合住宅
(マンションタイプ)
3,800円
(2年契約)
戸建住宅
(ファミリータイプ)
4,800円
(2年契約)

ドコモ光や楽天ひかりに限らず、多くのインターネット接続サービスは契約する建物タイプによって月額料金に違いがあります。それを踏まえた上で「集合住宅」と「戸建住宅」で月額料金を比較してみます。

マンションなどの「集合住宅」ドコモ光を契約すると月額4,000円楽天ひかりを契約すると月額3,800円です。月額200円の違いがありドコモ光よりも楽天ひかりの方が月額料金が安いです。

次に、一戸建ての「戸建住宅」で契約した場合の月額料金の違いですが、ドコモ光は月額5,200円楽天ひかりは月額4,800円です。こちらも月400円の違いがありますね。

管理人
ドコモ光と楽天ひかりとでは、インターネット契約の月額料金に違いがあるんですね。

プロバイダに違いがある

ドコモ光と楽天ひかりではプロバイダに違いがあります。

ドコモ光の対応プロバイダと楽天ひかりのプロバイダは以下です。

サービス名 対応プロバイダ
ドコモ光 ドコモnet、
plala、
So-net、
GMOとくとくBB、
DTI、
Tigers-net.com、
BIGLOBE、
excite、
andline、
ic-net、
@nifty、
エディオンネット、
SYNAPSE、
TikiTiki、
楽天ブロードバンド、
hi-ho、
COARA、
@ネクス、
SIS、
@TCOM、
OCN、
TNC、
Asahi Net、
WAKWAK、
@ちゃんぷるネット
楽天ひかり 楽天ブロードバンドのみ

ドコモ光に対応しているプロバイダは25社あります。ドコモ光を契約後に25社のプロバイダなら変更し乗り換える事が可能です。

一方、楽天ひかりのプロバイダは「楽天ブロードバンド」限定です。他のプロバイダは利用できません。その為、楽天ひかり契約後に「楽天ブロードバンド」が嫌でもプロバイダを他社へ変更する事ができません。

管理人
ドコモ光は25社の中から1社のプロバイダを利用出来て、後々対応プロバイダ内なら変更可能なのに対して、楽天ひかりは楽天ブロードバンドというプロバイダ限定なんですね。

ドコモ光契約で限定キャッシュバック中!

ドコモ光と楽天ひかりの共通点について

上記では最低限知っておくべき「ドコモ光」と「楽天ひかり」の違いについてご紹介しました。しかし、共通点は一切ないのかというとそうではありません。

そこでここからは、ドコモ光と楽天ひかりの共通点をご紹介します。

利用する光回線は同じ

ドコモ光と楽天ひかりはインターネット接続で利用する「光回線」が同じです。

ドコモ光と楽天ひかりは「光コラボレーション(略して、光コラボ)」と呼ばれるインターネット接続サービスです。「光コラボ」はNTT東日本・NTT西日本が所有する「光回線」を借りて提供されています。

どちらもNTT東日本・NTT西日本の「光回線」

ドコモ光と楽天ひかりは「光コラボ」なので、インターネットに接続する「光回線」はNTT東日本・NTT西日本の「光回線」を借りて提供されています。その為、ドコモ光と楽天ひかりで利用する「光回線」は同じです。

ドコモ光と楽天ひかりは同じNTT東日本とNTT西日本の「光回線」を利用しているので、提供エリアもまったく同じです。
管理人
ドコモ光と楽天ひかりは「光コラボ」なので、インターネット接続に使う「光回線」は同じで共通しているんですね。

ドコモ光と楽天ひかりは結局どちらと契約すべきか

上記でご紹介したように、ドコモ光と楽天ひかりでは様々な違いがありますが光回線は同じという共通点もありました。しかし、今から契約する人にとっては結局どっちと契約した方が良いのか解りませんよね。

そこでここからは、これから自宅のインターネット回線を契約する人向けに、「ドコモ光」と「楽天ひかり」のどちらと契約した方が良いのかをご紹介します。

携帯・スマホがドコモなら「ドコモ光」がおすすめ

NTTドコモのスマホを契約している人もいる事だと思います。もし、NTTドコモのスマホを契約している人、そして家族でNTTドコモを契約しているなら楽天ひかりよりも「ドコモ光」と契約する方をおすすめします。

その理由は「ドコモ光セット割」があるからです。

ドコモ光セット割でスマホ代が割引に

NTTドコモのスマホなどを契約している人が「ドコモ光」も契約する事で「ドコモ光セット割」という割引が適用可能となります。ドコモ光セット割が適用されると、NTTドコモのスマホ代が毎月割引されます。

ドコモ光セット割の毎月の割引額はNTTドコモのスマホ契約プランなどによって異なります。

解りづらい!ドコモ光のセット割とずっとドコモ割プラスを初心者向けに詳細を解説!

2018.08.16
管理人
この「ドコモ光セット割」という割引があるので、NTTドコモの携帯・スマホを契約しているなら楽天ひかりよりも「ドコモ光」の方が良い訳ですね。

光電話や光テレビも契約するなら「ドコモ光」

インターネットの接続で利用する「光回線」を使って、固定電話サービス「光テレビ」や映像サービス「光テレビ」も契約予定ならドコモ光をおすすめします。その理由は楽天ひかりには「光テレビ」「光テレビ」のオプションサービスがないからです。

サービス名 光電話・光テレビ
(オプションサービス)
ドコモ光 あり
楽天ひかり なし

自宅にNTT一般加入電話を設置して利用している人なら、光電話にすると月額基本料や通話料が安くなります。その為、NTT一般加入電話に加入中の人は光電話にする人が多いです。光電話はNTT一般加入電話で利用する電話番号をそのまま利用できるので安心です。

楽天ひかりには「ひかり電話」や「光テレビ」のオプションサービスがないの?

2018.12.26

ドコモ光の「光電話」の電話料金や電話回線、工事費、ルーターなどの基礎知識

2018.06.20
管理人
光電話などのオプションサービスも利用したいのであれば、楽天ひかりでは提供がないのでドコモ光と契約した方がいいんですね。

楽天ポイントが欲しいなら「楽天ひかり」

楽天市場でお買い物をする機会が多い人なら「楽天ポイント」を貯めていると思います。

楽天ひかりを契約している楽天ユーザーに対して「楽天ポイント」が毎月200ポイント貯まります。年間にすると2,400ポイントになる計算です。

楽天ひかりなら楽天ポイントが毎月200ポイント貯まる

楽天市場でお買い物をする人、楽天トラベルで旅行の予約をする人、クレジットカードが楽天カードの人など、楽天ポイントを貯めている人なら「楽天ひかり」をおすすめします。

管理人
楽天ひかりを契約すると、楽天市場などのお買い物で利用できる楽天ポイントが毎月200ポイントもらえるんですね。

ドコモ光のプロバイダ公式キャンペーンサイト

ドコモ光・楽天ひかりの間の契約乗り換え方法

上記では、ドコモ光と楽天ひかりを未契約でこれから新規契約する人向けに様々な違いや共通点などをご紹介してきました。しかし、既にドコモ光から楽天ひかりを契約中でどちらかへ乗り換えたいという人もいるかもしれません。

そこでここからは、「ドコモ光」「楽天ひかり」間の乗り換え方法についてご紹介します。

「事業者変更」手続きで乗り換え可能

上記でもご紹介しましたが、ドコモ光と楽天ひかりはNTT東日本・NTT西日本の「光回線」を利用してサービス提供している「光コラボ」です。

同じ光コラボである「ドコモ光」「楽天ひかり」間の乗り換えは光回線を再利用して工事不要の「事業者変更」という手続きで乗り換えが可能です。

光コラボ間の乗り換えは「事業者変更」

光コラボ間の乗り換えは「事業者変更」という手続きをすれば、光回線の工事をする事なく乗り換える事が可能です。もちろん、ドコモ光と楽天ひかりは光コラボなので、事業者変更で契約を乗り換えられます。

事業者変更という手続きがない時は、光コラボ間の乗り換えでも開通工事が必要で面倒でした。しかし、2019年7月1日より、光回線を再利用し工事不要で光コラボ間の乗り換えができる「事業者変更」という手続きが開始されました。

光コラボ間の事業者変更(再転用)が可能に!光コラボ間の乗り換えが簡単に!

2019.06.10
管理人
契約中の「ドコモ光」から「楽天ひかり」へ、その逆の契約中の「楽天ひかり」から「ドコモ光」への乗り換えは「事業者変更」という手続きをすれば工事不要で乗り換えられるんですね。

事業者変更承諾番号を取得する

「ドコモ光」から「楽天ひかり」、「楽天ひかり」から「ドコモ光」へ乗り換える場合は、上記でご紹介したように「事業者変更」という手続きで比較的簡単に乗り換えが可能です。

事業者変更する場合には、契約中の光コラボ「事業者変更承諾番号」という番号を発行してもらう必要があります。「事業者変更承諾番号」の発行依頼は以下の電話番号へ電話をします。

契約中
サービス名
事業者変更承諾番号
問い合わせ先
ドコモ光
  • ドコモの携帯電話からの場合
    151
  • 一般電話などからの場合
    0120-800-000

(受付時間9:00~20:00)

楽天ひかり 0800-600-0111
(受付時間9:00~21:00)

現在、ドコモ光を契約中の人は「151」もしくは「0120-800-000」へ電話をして楽天ひかりへ事業者変更したい旨を伝えて「事業者変更承諾番号」を発行してもらいましょう。

楽天ひかりを契約中の人は「0800-600-0111」へ電話をして、ドコモ光へ事業者変更したい事を伝えてから「事業者変更承諾番号」を発行してもらってください。

事業者変更承諾番号の取得方法!発行手数料や有効期限はあるのか?

2019.07.02
管理人
ドコモ光・楽天ひかり間の乗り換えは、契約中の方に「事業者変更承諾番号」という番号を発行してもらうんですね。

ドコモ光と楽天ひかりのオススメ契約申込サイト

こらからドコモ光もしくは楽天ひかりを新規契約する人、そしてドコモ光・楽天ひかり間で乗り換える事業者変更の手続きをする人、光コラボ以外のサービスから乗り換える人など様々だと思います。

そこで最後に、ドコモ光と楽天ひかりの契約申込が可能なキャンペーンサイトをご紹介します。

ドコモ光の申込ならプロバイダ公式サイト

これから「ドコモ光」の契約申し込みをする予定なら、ドコモ光の対応プロバイダでもあり人気がある「GMOとくとくBB」の公式キャンペーンページで申し込む事をおすすめします。

プロバイダ「GMOとくとくBB」公式キャンペーンサイト

ドコモ光に対応したプロバイダは25社もあり、どのプロバイダを利用して良いのか解らない人は「GMOとくとくBB」というプロバイダをおすすめします。

上記画像の「GMOとくとくBB」の公式キャンペーンページでドコモ光を契約すると、プロバイダが「GMOとくとくBB」になります。「GMOとくとくBB」ではWi-Fiルーターの無料レンタルなどの特典が満載で、公式キャンペーンページでドコモ光を申し込み後に契約が成立するとキャッシュバックが貰えるのでおすすめです。

【2019年度版】ドコモ光のプロバイダはどこがおすすめ?全25社のプロバイダを徹底比較してみた!

2018.05.16
ドコモ光の申し込みはこちら
GMOとくとくBB限定ページ
キャンペーンページ

楽天ひかりの正規代理店キャンペーンサイト

楽天ひかりは公式サイトでも契約申し込みが可能ですが、正規代理店である株式会社NEXTが運営しているキャンペーンサイトでも契約申し込みが可能です。

正規代理店NEXT社のキャンペーンサイト

上記画像は、楽天から正式に許可を得て楽天ひかりの申し込みを代行して受け付けている正規代理店の株式会社NEXTが自社運営しているキャンペーンサイトです。

このキャンペーンサイトで楽天ひかりを申し込みして契約すると、正規代理店NEXT社現金15,000円をキャッシュバックしてくれます。キャッシュバックの条件は楽天ひかりの「ネット契約のみ」で、他の有料オプションに強制加入させられる事もないので安心です。キャッシュバックは開通後最短2ヶ月後というのもいいですね。

楽天ひかりの契約申込はこちら
限定キャッシュバック中
キャンペーンサイト

まとめ

今回はドコモ光と楽天ひかりを様々な観点から比較して違いや共通点などを中心にご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。ドコモ光と楽天ひかりはサービス提供会社や月額料金(契約内容)、そしてプロバイダに違いがある事がご理解頂けたと思います。また、共通点としては光回線が同じNTT東日本・NTT西日本のものを利用して提供している光コラボという点でしたね。結局、ドコモ光と楽天ひかりのどちらと契約した方がよいかと言うと、NTTドコモの携帯電話やスマホを契約している人は「ドコモ光セット割」という割引が適用できるドコモ光をおすすめします。少しでも月額料金が安く楽天ポイントも貰いたいという人は楽天ひかりと契約しましょう。

ドコモ光の契約申込はこちら
プロバイダ「GMOとくとくBB」
お得なキャンペーンページ

ドコモユーザーならeo光よりドコモ光をおすすめする最大の理由!

2019.01.29

【初心者向け】ドコモ光とワイマックスの違いを徹底比較!解約して乗り換えよう!

2018.08.03

ドコモ光のプロバイダに悩んだらgmo「とくとくBB」

2016.10.26

スポンサーリンク