ドコモ光でベイコムのプロバイダが利用可能なタイプCについて。ベイコム以外のプロバイダをおすすめする理由!

大阪と兵庫でケーブルテレビ局として知られているベイコムは、地域密着型のインターネットプロバイダもサービス提供しています。そんなベイコムのプロバイダをドコモ光でも利用可能です。しかし、ドコモ光でベイコムを利用する為の方法や料金、ベイコム以外のプロバイダも気になる所です。

そこで今回は、ドコモ光でプロバイダ「ベイコム」を利用する方法と「ベイコム」以外のプロバイダと契約した方がよい理由などをご紹介したいと思います。

ドコモ光新規契約で
最大20,000円キャッシュバック!
▼今なら開通工事費無料!▼

【代理店6社】ドコモ光の正規代理店が独自で実施する特典をランキングで比較してみた!

2019.03.01

ドコモ光のタイプCのプロバイダはケーブルテレビ?プロバイダ、転用、速度などタイプCの解らない点をまとめてみた

2018.12.03

【2019年10月版】ドコモ光契約時キャンペーンを比較してみた。新規も転用もお得な申込み先はどこ?

2018.02.06

ドコモ光でプロバイダ「ベイコム」が利用可能

大阪府や兵庫県以外にお住まいの人は「ベイコム」というサービス名を聞いた事がないと思います。それもそのはず、「ベイコム」は大阪府と兵庫県のみで提供しているケーブルテレビ局だからです。

そんな大阪府と兵庫県でケーブルテレビを提供している「ベイコム」ですが、インターネット接続事業である「プロバイダ」も提供しており、ドコモ光のプロバイダとして「ベイコム」を利用する事が可能です。

そこでまずは、インターネット初心者向けにプロバイダとはどんな役割をしているのか、そしてドコモ光でベイコムを利用する為の契約プランと月額料金などをご紹介します。

そもそもプロバイダの役割とは(初心者向け)

インターネット初心者にとっては「プロバイダ」という言葉を聞いた事があっても、どんな役割をしているか解りませんよね。そこで、今後の理解を深める為にも「プロバイダ」の役割について簡単に説明します。

プロバイダがネット接続してくれる

「プロバイダ」とは、日本語で言い換えると「インターネット接続業者」です。その名の通り、プロバイダがインターネットに接続してくれる重要な役割をしています。上記イラストのように、自宅とプロバイダは「回線」で繋がっています。そしてプロバイダがインターネットに接続してくれている訳です。

今回ご紹介する「ベイコム」もケーブルテレビ以外にもインターネットに接続する「プロバイダ」も提供しており、ドコモ光のプロバイダとしてベイコムを利用する事が可能なのです。

ちなみに、ドコモ光は全国で契約可能ですがプロバイダ「ベイコム」を利用できる人は大阪府と兵庫県のベイコムの提供エリアに住んでいる人のみとなります。
管理人
プロバイダとはインターネットに接続してくれる業者の事で、大阪府と兵庫県でケーブルテレビを提供しているベイコムもプロバイダを提供しているんですね。

ベイコムを利用するには「タイプC」で契約する

ドコモ光を契約する時に利用するプロバイダを選択する必要があります。ドコモ光を契約する際に選択するプロバイダ「タイプA」「タイプB」「タイプC」3つのタイプに分けられています。

ドコモ光
プロバイダタイプ
選択可能な
プロバイダ
タイプA ビッグローブ、GMOとくとくBBなどを含む
大手プロバイダ17社
タイプB OCNなどを含む
大手プロバイダ8社
タイプC ベイコムなどを含む
ケーブルテレビ局19社

上記表のように、ドコモ光で利用するプロバイダによってタイプが3つに分けられています。

例えば、プロバイダ「GMOとくとくBB」を利用したい場合はドコモ光をタイプAで契約します。また、プロバイダ「OCN」を利用したい場合はタイプBで契約します。ケーブルテレビである「ベイコム」をドコモ光で利用する場合「タイプC」で契約する必要があります。

管理人
ドコモ光のプロバイダをケーブルテレビ局のベイコムを利用したい場合には「タイプC」で契約する訳ですね。

ドコモ光でベイコムを利用する場合の月額料金

上記でご紹介したように、ドコモ光で利用するプロバイダによって「タイプA」「タイプB」「タイプC」に分けられており、ベイコムを利用するには「タイプC」で契約します。

ドコモ光の3つあるタイプで以下のように月額料金に違いがあります。

ドコモ光
プロバイダタイプ
戸建住宅
(ファミリータイプ)
集合住宅
(マンションタイプ)
タイプA 5,200円
(プロバイダ料込)
4,000円
(プロバイダ料込)
タイプB 5,400円
(プロバイダ料込)
4,200円
(プロバイダ料込)
タイプC 5,200円
(プロバイダ料込)
4,000円
(プロバイダ料込)

ドコモ光でプロバイダを「ベイコム」で利用する場合は「タイプC」で契約するので、月額料金は戸建住宅なら5,200円集合住宅なら4,000円になります。

ちなみに「タイプC」の月額料金は「タイプA」のプロバイダを利用した場合の月額料金と同じです。また、ドコモ光の月額料金にはプロバイダ料が含まれています。

管理人
ドコモ光でケーブルテレビ局のプロバイダ「ベイコム」を利用すると、戸建住宅は月額5,200円で集合住宅は月額4,000円なんですね。

ベイコム以外のおすすめプロバイダはこちら

ドコモ光のプロバイダ「ベイコム」よりもおすすめプロバイダとは

上記では、ドコモ光では大阪と兵庫限定のケーブルテレビ局「ベイコム」のプロバイダを利用出来る事、そしてベイコムを利用した場合のドコモ光の月額料金をご紹介しました。

しかし、私でしたらドコモ光を契約する際は「ベイコム」よりも「GMOとくとくBB」というプロバイダで契約する事をおすすめします。

そこでここからは、ドコモ光のプロバイダを「ベイコム」より「GMOとくとくBB」をおすすめする理由をご紹介していみたいと思います。

プロバイダ独自の特典がある

ドコモ光に対応したプロバイダ各社は独自の特典を用意しています。そんな特典の中でも、契約時のキャッシュバック特典は魅力的ですよね。

ドコモ光をプロバイダ「ベイコム」で新規契約するよりも「GMOとくとくBB」というプロバイダで新規契約した方がキャッシュバックがあるのでお得です。

GMOとくとくBBのキャンペーンページ

GMOとくとくBBのキャンペーンページ

プロバイダ「GMOとくとくBB」キャンペーンページはこちら

上記の画像はドコモ光に対応したプロバイダ「GMOとくとくBB」の公式サイトにあるキャンペーンページです。この「GMOとくとくBB」のキャンペーンページでドコモ光を契約すると最大20,000円のキャッシュバックがあります。

しかし、ドコモ光を「ベイコム」で契約しても契約時のキャッシュバックは一切ありません。

ドコモ光
プロバイダ
新規契約時の
キャッシュバック
ベイコム なし
GMOとくとくBB 最大20,000円
キャッシュバック

これからドコモ光を新規契約や転用・事業者変更によって契約する人は、プロバイダを「ベイコム」にするよりも「GMOとくとくBB」にしてキャンペーンページから契約するとキャッシュバックがあるのでお得です。

ちなみに、ドコモ光はドコモショップなどの店舗で契約してもキャッシュバックがありません。「GMOとくとくBB」キャンペーンページで契約した方がお得です。

ドコモ光の申込をドコモショップですると損!?相談やキャンペーンを比較で驚いた!

2018.07.20

ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」とは?プロバイダ選びに悩んだらGMOがおすすめ!

2016.10.26

管理人
ドコモ光を契約する場合は「ベイコム」で契約するよりも、大手プロバイダである「GMOとくとくBB」のキャンペーンページで契約した方がキャッシュバックがあるからお得なんですね。
ドコモ光の契約申込なら
GMOとくとくBB
キャンペーンページはこちら

ベイコムではIPv6接続できない

インターネットの速度を気にしている人、インターネットに詳しい人はプロバイダが「IPv6」接続可能なのかも契約時の重要な決め手となっています。

以前は「IPv4」という接続方法ですが、今は「IPv6」という最新の接続方法が支流になりつつあります。「IPv6」で接続可能なプロバイダを利用した方がインターネットの速度が速いとされています。

ドコモ光の対応プロバイダであるケーブルテレビ局の「ベイコム」はIPv6に未対応です。

インターネットの速度を重視したい人はドコモ光のプロバイダを「ベイコム」以外のIPv6に対応した「GMOとくとくBB」などのプロバイダで契約する事をおすすめします。

ドコモ光のIPv6対応プロバイダはどこがおすすめ?料金や対応ルーターなどIPv6についてまとめてみた

2018.07.23
管理人
プロバイダ「ベイコム」はIPv6接続に未対応なので、速度を重視したいのであればIPv6に対応したドコモ光のプロバイダを利用した方がいいんですね。

ベイコムは契約可能なエリアが狭い

ドコモ光でプロバイダを「ベイコム」を利用できるエリアが以下のように非常に狭いです。

引用:https://baycom.jp/new/area/hikari.html

ベイコムが利用できるエリア
大阪府大阪市福島区、西淀川区、港区、大正区、此花区、西区、住之江区、西成区南部、北区・中央区の一部、兵庫県尼崎市、西宮市、伊丹市

上記は、ドコモ光でプロバイダ「ベイコム」を利用可能はエリアです。上記エリア以外にお住まいなら「ベイコム」を利用する事ができません。

もし、ドコモ光のプロバイダを「ベイコム」で契約中で、上記エリア外に引っ越しする場合はプロバイダが利用できなくなります。その為、今後引っ越しの予定がありそうなら「ベイコム」ではなく、全国で契約可能は「GMOとくとくBB」などのプロバイダで契約していた方が良いでしょう。

管理人
プロバイダ「ベイコム」の提供エリアは狭いんですね。ドコモ光契約後に提供エリア以外に引っ越しする場合は他社のプロバイダへ乗り換え手続きする手間が必要なんですね。

まとめ

今回は大阪府と兵庫県で提供しているケーブルテレビ局「ベイコム」をドコモ光のプロバイダとして利用する為の契約方法や月額料金などについてご紹介してみましたがいかがだったでしょうか。ドコモ光のプロバイダをベイコムで利用した場合は「タイプC」というプランで契約する必要があります。ドコモ光の「タイプC」は戸建住宅で月額5,200円、集合住宅で月額4,000円でベイコムのプロバイダ料込みです。しかし、ドコモ光のプロバイダをベイコムで新規契約するとキャッシュバックがないですし、速度が速いIPv6接続も未対応、また、提供エリアが狭いのでおすすめしません。

ドコモ光の契約申込なら
GMOとくとくBB
独自キャッシュバック実施中

ドコモ光プロバイダ「BIGLOBE」はどう?IPv6や速度、セキュリティ、評判などをまとめてみた!

2019.08.22

JCOMからドコモ光へ解約して乗り換えよう!工事や速度、料金などを比較してみた!

2019.07.01

ドコモ光のプロバイダ「So-net」はIPv6なのに速度が遅い?口コミや特典キャンペーンなどを比較してみた!

2019.04.22

ドコモ光専用プロバイダ「ドコモネット」の評判!IPv6対応でも速度が遅い?ルーターやキャンペーンについて

2018.12.18

スポンサーリンク