スマホが割引?ドコモ光の基礎知識や料金割引について

最近「ドコモ光」っていうインターネット接続サービスを見かけたり聞いたりする機会が増えましたよね?CMなどでもドコモ光を宣伝しています。

そこで今回はNTT docomoが提供しているドコモ光の料金やスマホの割引について初心者の人でも解りやすいように解説してみたいと思います。

スポンサーリンク

ドコモ光とはフレッツ光の光回線を利用したサービス

ご自宅などで高速のインターネットを利用するには、光ファイバーと呼ばれる回線を利用した接続サービスが一般的になってきています。その代表的なサービスが「フレッツ光」です。

フレッツ光というサービスは、NTT東日本とNTT西日本が提供する光ファイバー回線を利用したインターネット接続サービス名です。

フレッツ光の光ファイバーは電柱を利用して近くまで来ています。

フレッツ光の光ファイバーは電柱を利用して近くまで来ています。

フレッツ光の光ファイバー回線は電線同様に電柱を使って、今お住まいの場所近くまでやってきているのです。光ファイバー回線のエリアカバー率は実に約95%で、ほとんどのエリアでフレッツ光の光ファイバー回線を利用できる地域ということになります。

フレッツ光の卸がドコモ光

そして本題のドコモ光ですがこのフレッツ光の光ファイバー回線を利用して提供しているインターネット接続サービスなのです。

もっと具体的に書けば、NTT東日本とNTT西日本が持っている光ファイバー回線をNTT docomoに卸して、NTT docomoが自社サービスとして提供している光ファイバー回線を利用したインターネット接続サービスが「ドコモ光」なのです。

docomohikari_oroshi

NTT東西はdocomoに光ファイバーを卸している

「NTTがdocomoに光ファイバー回線を卸している」と言われてもピンと来ませんが、簡単に言えばNTT東日本と西日本が所有している光ファイバー回線を「使用料を支払えば使っていいよ」とNTT東日本と西日本が言っているのです。それならばと、docomoが使用料をNTT東日本と西日本に支払って光ファイバー回線を使わせてもらって提供されているサービスがドコモ光なのです。

ちなみに「NTT東日本・NTT西日本」と「NTT docomo」は同じNTTグループでも別会社です。

ドコモ光とフレッツ光の料金比較

フレッツ光の光ファイバー回線を利用して提供されているドコモ光ですが、実際フレッツ光とドコモ光では月額料金はどちらが安く、どちらが高いのでしょうか?

まず、プロバイダについて簡単に説明しておきます。
プロバイダとは「インターネット接続業者」のことで、自宅とプロバイダは光回線で結ばれています。

インターネットに接続してくれるプロバイダと自宅は光回線で結ばれる

インターネットに接続してくれるプロバイダと自宅は光回線で結ばれる

インターネットを利用する為には大変重要なプロバイダなのですが、フレッツ光の場合は月額料金とは別にプロバイダ料は別途必要です。
しかし、ドコモ光の場合、月額料金の中にプロバイダ料が含まれています。

ドコモ光はプロバイダ込みの月額料金

フレッツ光の場合は光回線使用料をNTTに、プロバイダ料は契約しているプロバイダにそれぞれ支払う必要があります。

ドコモ光はプロバイダ料込みの月額料金

ドコモ光はプロバイダ料込みの月額料金

しかし、ドコモ光の場合は「光回線使用料+プロバイダ料」が一本化され明細も解りやすく請求も1ヶ所(ドコモ)からなので簡素化されます。

ドコモ光とフレッツ光(プロバイダBIGLOBE)の月額料金比較

プロバイダをBIGLOBEにした場合のフレッツ光とドコモの料金を比較してみます。

ファミリータイプ
(一戸建て)
マンションタイプ
(集合住宅)
NTT東日本
フレッツ光
月額料金
5,700円
・にねん割適用
・ギガ推し割適用
・ファミリーお得割適用
3,950円~4,700円
・にねん割適用
・ギガ推し割適用
NTT西日本
フレッツ光
月額料金
5,300円
・光もっと2割適用
・ファミリーお得割適用
3,700円~4,600円
・光もっと2割適用
ドコモ光
月額料金
5,200円 4,000円

ドコモ光の方は月額料金の中にプロバイダ料金が含まれていて一見安く見えますが、ハッキリ言ってドコモ光とフレッツ光の月額料金はあまり変わらないです。ドコモ光は劇的に安くなるという訳ではありません。

ドコモ光の詳細はプロバイダとくとくBBへ

ドコモ光のメリットはスマホが割引になるセット割

ドコモ光の月額料金は特に安くないので、毎月支払う料金が特段安くなることはありません。

では、ドコモ光を利用するメリットと言えば、スマートフォンと自宅のインターネットを全部ドコモにすることで毎月のスマートフォン代が割引になるセット割です。

自宅のネットとスマホをドコモにすることでセット割引になる

自宅のネットとスマホをドコモにすることでセット割引になる

ドコモ光を利用してお得になる人は、現在スマートフォンをドコモで契約している人に限りますね。

ドコモ光とスマホのセットでの割引額

スマートフォンをdocomoで契約して利用している人が自宅のインターネットを「ドコモ光」にすることで、毎月のスマートフォンが割引になるセット割ですが、どのくらい安くなるのでしょうか?

docomo
スマホプラン
(パケットパック)
セット割引 ドコモ光
ファミリータイプ
ドコモ光
マンションタイプ
シェアパック30 毎月
3,000円引き
5,200円-3,000円
実質2,200円
4,000円-3,000円
実質1,000円
シェアパック20 毎月
2,400円引き
5,200円-2,400円
実質2,800円
4,000円-2,400円
実質1,600円
シェアパック15 毎月
1,800円引き
5,200円-1,800円
実質3,400円
4,000円-1,800円
実質2,200円
シェアパック10 毎月
1,200円引き
5,200円-1,200円
実質4,000円
4,000円-1,200円
実質2,800円
シェアパック5 毎月
800円引き
5,200円-800円
実質4,400円
4,000円-800円
実質3,200円
データLパック 毎月
1,000円引き
5,200円-1,000円
実質4,200円
4,000円-1,000円
実質3,000円
データMパック 毎月
800円引き
5,200円-800円
実質4,400円
4,000円-800円
実質3,200円
データSパック 毎月
500円引き
5,200円-500円
実質4,400円
4,000円-500円
実質3,500円
らくらくパック 毎月
500円引き
5,200円-500円
実質4,400円
4,000円-500円
質3,500円

例えば、ドコモ光を契約する人のスマートフォンのプラン(パケット割引サービス)が「シェアパック30」だった場合のセット割引額は毎月3,000円です。スマートフォン代が毎月3,000円割引になるのでドコモ光の実質月額料金はファミリータイプで月額2,200円、マンションタイプで月額1,000円で利用できる計算です。

このようにdocomoのスマホを持っている人がドコモ光にすると割引になる額は、現在契約しているdocomoのパケットプランによって割引額が異なることが解りました。

スマホ代の割引範囲

docomoのスマートフォンと自宅のネット回線「ドコモ光」をセットにすると、毎月のスマートフォン代が割引になることはお解り頂けたと思いますが、家族のスマートフォン代まで割引してくれるのでしょうか?

答えは「ドコモ光契約者のみスマホ代を割引」するです。

契約者の家族は割引対象外

契約者の家族は割引対象外

勘違いをしている人も多いのですが、docomoのスマホとドコモ光のセット割が対象になるのはドコモ光を契約した人のみとなり、契約者の家族は割引対象外となります。

まとめ

以上がドコモ光についての基礎知識や月額料金、セット割についての解説でしたがお解り頂けたでしょうか?

ドコモ光はNTTフレッツ光の回線を利用して提供されている光ファイバーを利用したインターネット接続サービスです。月額料金はプロバイダ込みの料金となり解りやすくなります。ドコモ光を利用すると他のサービス月額料金と比較するとそこまで安く感じません。もしかしたら他社サービスの方が安いかもしれません。

しかし、docomoのスマートフォンを利用している人がドコモ光も利用することでセット割が適用され毎月のスマートフォン代が割引になります。スマホのデータ定額プランによって割引額が違うので、割引額が多いプランであればお得にドコモ光を利用することができますが、割引額が小さいプランで契約している人はそこまでお得にドコモ光を利用できません。

ドコモ光のお申し込みはこちら
キャッシュバックキャンペーン中

【2018年度版】最悪な評判!?ドコモ光の速度やプロバイダなどの口コミや評判を見て検討しよう

2018.06.13

【料金の違い】ドコモ光の5つある料金プランを徹底解説!

2018.05.17

【2018年9月版】ドコモ光契約時キャンペーンを比較してみた。新規も転用もお得な申込み先はどこ?

2018.02.06

ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?料金や特徴で選ぼう(2018年度)

2016.09.15

スポンサーリンク