ガチ調査!ドコモ光のプロバイダ「ぷらら」はIPv6なのに速度が遅いと評判!?

ドコモ光でセット契約出来るプロバイダの中でぷらら(plala)を検討する人も多いです。ぷららは老舗のプロバイダで知っている人も多いので、ドコモ光のプロバイダとしてぷららを選択する人がいるようです。

しかし、実際にドコモ光を契約中でプロバイダ「ぷらら」を利用している人の評判を見る事も、25社もあるドコモ光のプロバイダ選びには重要です。

そこで今回はドコモ光の「ぷらら」とはどんなプロバイダなのか、評判良いのか、IPv6の速度が遅いのか、解約する人が多いのか、設定は簡単なのかなどを初心者に人でも解るようにご紹介してみたいと思います。


スポンサーリンク

ドコモ光対応プロバイダ「ぷらら」について

ドコモ光は「タイプA」と「タイプB」の2つにプロバイダが分かれており、ドコモ光を契約すると対応しているプロバイダ全25社から1社を選択しなければなりません。その中で「タイプA」に入っているドコモ光のプロバイダで老舗の「ぷらら」もあります。

そこで、まずはドコモ光の対応プロバイダであるぷららはどんなプロバイダ会社なのか、ぷららを選択するとドコモ光の月額料金は毎月いくらになるのかをご紹介します。

ぷららとは大手老舗のプロバイダ

インターネットをした事がある人は一度でも「ぷらら(plala)」というプロバイダを聞いた事があるかもしれません。

ドコモ光に対応しているプロバイダ「ぷらら」

ぷららというプロバイダはNTTグループである株式会社NTTぷららが提供しているプロバイダ(インターネット接続事業者)です。ぷららがプロバイダを提供し始めたのは、今のようにインターネットが普及していない1996年で歴史が長いプロバイダです。

ぷららはドコモ光以外にもフレッツ光やADSLなどのプロバイダとして、長年に渡って多くの人が利用している大手プロバイダの1社です。

ドコモ光のタイプAに属するプロバイダ

上記でも少し触れましたが、ドコモ光の契約とセットに出来るプロバイダは現在25社あります。この25社あるドコモ光対応プロバイダの中で大きく「タイプA」と「タイプB」に分けられています。

「ぷらら」は「タイプA」に属しているプロバイダです。

タイプA
(17社)
ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、DTI、Tigers-net.com、BIGLOBE、excite、andline、ic-net、@nifty、エディオンネット、SYNAPSE、TikiTiki、Rakutenブロードバンド、hi-ho、COARA
タイプB
(8社)
@ネクス、SIS、@TCOM、OCN、TNC、Asahi Net、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

ドコモ光に対応している全25社のプロバイダは、上記表のように「タイプA(17社)」と「タイプB(8社)」に分けられています。そして、今回ご紹介しますプロバイダの「ぷらら(plala)」は「タイプA」に属しています。

なぜ、ドコモ光はタイプAとタイプBにプロバイダを分けているのかと言うと、タイプAとタイプBではドコモ光の月額料金が違うからです。詳しくは下記でご紹介します。

管理人
ドコモ光の対応プロバイダはタイプAとタイプBとに分けられていて、ぷららは「タイプA」に属しているプロバイダである事が解りますね。

ぷららにするとドコモ光の月額料金はいくら?

ドコモ光を契約する際は対応しているプロバイダ全25社から1社のプロバイダを選択しなければなりません。

上記でもご紹介したように、ドコモ光は「タイプA」と「タイプB」の2つにプロバイダが分かれており、選択するプロバイダがどのタイプに属しているかでドコモ光の月額料金が違います。

建物タイプ タイプA タイプB
戸建てタイプ
(一戸建て)
5,200円
(プロバイダ料込)
5,400円
(プロバイダ料込)
マンションタイプ
(集合住宅)
4,000円
(プロバイダ料込)
4,200円
(プロバイダ料込)

※上記の月額料金は税別で2年契約の場合

上記のドコモ光の月額料金表を見て頂くとお解りになると思いますが、タイプAの方がタイプBよりも月額料金が安い事が解りますね。

今回ご紹介している「ぷらら」「タイプA」に属しているドコモ光のプロバイダです。という事は、ドコモ光でプロバイダを「ぷらら」にすると、戸建てタイプの場合月額5,200円マンションタイプの場合月額4,000円となります。

ちなみに、ドコモ光はプロバイダとのセット契約となります。その為、ドコモ光の月額料金の中にプロバイダ料金が含まれています。
管理人
ドコモ光のプロバイダは「タイプA」と「タイプB」に分けられていて「タイプA」の方が月額料金が「タイプB」より安いんですね。ぷららは「タイプA」に属しているから「タイプB」のプロバイダを利用するよりも安い訳ですね。

ドコモ光のプロバイダ「ぷらら」と「他社」を比較

ドコモ光の全25社あるプロバイダは各社でサービス内容やキャンペーン内容、オプションなどまったく異なります。その為、全社のプロバイダとぷららを比較したい所ですが、25社すべてを比較すると解りづらくなります。

そこで、人気急上昇中のドコモ光対応プロバイダ「GMOとくとくBB」と「ぷらら」を様々な観点から比較してみたいと思います。

プロバイダ独自特典で比較

ドコモ光の申し込みはドコモショップや家電量販店などの店舗でも可能です。しかし、プロバイダ公式サイトからドコモ光を申し込んだ方がプロバイダが独自で実施するキャンペーンがあるので、お得にドコモ光を契約出来ます。

ドコモ光をプロバイダの「ぷらら」と「GMOとくとくBB」の公式サイトから申し込むと、どのようなプロバイダ独自キャンペーンがあるかを比較してみます。

プロバイダ ぷらら GMO
とくとくBB
プロバイダ独自
キャッシュバック
14,000円 最大
15,000円
プロバイダ
主な独自特典
  1. セキュリティソフト
    24ヶ月間無料
  2. Wi-Fiルーター
    レンタル無料
  3. 訪問サポート
    1回無料
  1. セキュリティソフト
    12ヶ月間無料
  2. Wi-Fiルーター
    レンタル無料
  3. 訪問サポート
    1回無料
※2社のキャッシュバックキャンペーンは2018年9月30日までです。

プロバイダの「ぷらら」も「GMOとくとくBB」もほぼ同じ内容の独自キャンペーンである事が解りますね。ただ、ドコモ光を申し込むと貰えるプロバイダ独自のキャッシュバック額が若干「GMOとくとくBB」の方が多いですね。

管理人
プロバイダ「ぷらら」と「GMOとくとくBB」の公式サイトでドコモ光を申し込むと貰える特典は同じですが、キャッシュバック額が「GMOとくとくBB」の方が多くてお得ですね。

ぷらら公式サイト

GMOとくとくBBキャンペーンサイト

プロバイダ独自サービスで比較

ドコモ光に対応しているプロバイダは「ぜひ当社を選んでほしい!」と様々なサービスを独自で提供しています。例えば、メールアドレスやメールアドレスが利用できる数、セキュリティソフトの無料で使える期間など各プロバイダで違いがあります。

ぷららのサービス内容もGMOとくとくBBと比較してみました。

サービス内容 GMO
とくとくBB
ぷらら
メール メール
アドレス数
15個 7個
メール
容量
無制限 2GB
メール
ドメイン
gmobb.jp plala.or.jp
セキュリティ メール
ウィルス
チェック
迷惑メール
フィルタ
セキュリティ
ソフト
12ヶ月間
無料
24ヶ月間
無料
サポート リモート
サポート
なし
訪問
サポート

初回無料

初回無料
IPv6 IPoE
IPv4 over IPv6通信
IPoE
IPv4 over IPv6通信

ドコモ光対応プロバイダ「ぷらら」と「GMOとくとくBB」のプロバイダ独自サービスを比較してみましたが、サービス内容は大きく変わりませんでした。

管理人
では、どちらが良いのか?という声が聞こえてきそうですが、正直「ぷらら」にしても「GMOとくとくBB」にしても大差がないと思います。そこで、ぷららを利用中のユーザーの評判を以下でご紹介します。

ドコモ光のプロバイダ「ぷらら」は評判が悪い

ドコモ光のプロバイダをぷららにしようと思っても評判が良いのか悪いのか解りませんよね。そんな時はドコモ光を契約していてプロバイダをぷららにしている人の口コミを見ると本当の評判が解るはずです。

ぷららはIPv6なのに速度が遅い!?

プロバイダによっては速度が速いとされている通信方式「IPv6」を採用しています。プロバイダ「ぷらら」もIPv6の通信方式で提供されていますが速度が遅いという評判がありました。

引用:http://kakaku.com/

上記の口コミはドコモ光でプロバイダがぷららの人です。

夜には3Mbps程度しか速度が出なくて遅いという評判ですね。3Mbpsはスマートフォン以下で話しならない程遅い速度です。googleマップでさえも表示が遅いのでストレスだと…。可哀そうです。

引用:http://kakaku.com/

この人もドコモ光を契約中でぷららのプロバイダにしている人ですが、速度が最悪だという評判ですね。ぷららは速度が速いとされるIPv6の通信方式なのになぜ速度が遅いのかが疑問です。名指しで「プロバイダに問題がある」と言われています。

引用:http://kakaku.com/

上記の人もプロバイダのぷららでは速度が遅いので「動画が一切見れない」「Yahooのホームページも満足に見れない」という評判ですね。

管理人
このようなぷららの評判を見ると、ドコモ光のプロバイダをぷららにすると大丈夫かな…と思ってしまいます。

【関連記事】ドコモ光のIPv6対応プロバイダはどこがおすすめ?

設定不要で評判が良いプロバイダはどこ?

ドコモ光のプロバイダをぷららに選ぶ際に利用者の評判を見て判断した方が良いとお話ししました。上記のようにぷららの評判が速度が遅いなど、あまりよろしくないようです。

では、ぷらら以外にどこのプロバイダが評判が良いのでしょうか。

引用:http://kakaku.com/

上記の口コミはドコモ光のプロバイダがGMOとくとくBBの人です。

上記でもぷららと比較した「GMOとくとくBB」ですが口コミのように速度が速いという評判の人が多数います。また、設定も無料レンタルしてくれる無線LANルーターがあるので難しい設定も不要だという事が解りますね!

管理人
プロバイダの特典やサービス内容も変わらない「ぷらら」と「GMOとくとくBB」でしたが速度や設定などの評判を見る限り、ドコモ光では「GMOとくとくBB」の方が良さそうですね。
ドコモ光のプロバイダならGMO!
プロバイダ公式サイトはこちら

まとめ

今回はドコモ光に対応した全25社のプロバイダの中で「ぷらら」の事を中心にご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?ぷららは大手老舗のプロバイダで知っている人も多いです。ドコモ光のタイプAに属するプロバイダでぷららはタイプBのプロバイダよりも月額料金が安いです。ただ、ぷららの評判を見ると速度が遅いという口コミをよく見かけます。ぷららはIPv6対応で速度が速いとされていますが、ドコモ光でぷららのプロバイダを使っている人は速度が遅いという評判が目立ちますね。

ドコモ光の申し込みはこちら
キャッシュバックサイト

【2018年度版】最悪な評判!?ドコモ光の速度やプロバイダなどの口コミや評判を見て検討しよう

2018.06.13

【料金の違い】ドコモ光の5つある料金プランを徹底解説!

2018.05.17

【2018年9月版】ドコモ光契約時キャンペーンを比較してみた。新規も転用もお得な申込み先はどこ?

2018.02.06

ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?料金や特徴で選ぼう(2018年度)

2016.09.15

スポンサーリンク