アパートでドコモ光を利用するとマンションタイプでなく戸建てタイプの料金になる!?

NTT docomoが提供している光回線を利用したインターネット接続サービスのドコモ光。マンションではなく2階建て程度のアパートに住んでいる人がドコモ光を利用する前に気になる事が月額料金だと思います。

ドコモ光は一戸建ての家に住んでいる人向けの月額料金よりも、マンションやアパートなど集合住宅に住んでいる人向けの月額料金の方が安いです。しかし「ドコモ光を申し込んだらアパートに住んでいるのに戸建ての料金になる」と言われた人もいるようです。

そこで今回は、集合住宅、特にアパートに住んでいる人がドコモ光を導入する前に気になる月額料金について詳しくご紹介したと思います。

ドコモ光の月額料金のおさらい

まずは、ドコモ光の月額料金についておさらいしておきましょう。

ドコモ光の月額料金はまず「マンションタイプ」と「戸建てタイプ」に分けられ、さらに「タイプA」と「タイプB」に分けられます。

マンション
タイプ
戸建て
タイプ
タイプA  4,000円  5,200円
タイプB  4,200円  5,400円

「タイプA」と「タイプB」の違いは利用するプロバイダによって分けられています。

【関連記事】ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?

上記のドコモ光料金表を見て頂ければお解りになると思いますが「戸建てタイプ」よりも「マンションタイプ」の方が月額料金が安いですよね。アパートは集合住宅なのでドコモ光の「マンションタイプ」が適用になると思っている人がいるようです。

しかし、アパートでドコモ光を利用する場合、住んでいるアパートによっては「戸建てタイプ」になる場合があります。

管理人
アパートでドコモ光を利用すると「マンションタイプ」ではなく「戸建てタイプ」が適用になる場合があるんですね。

そこで、マンションと同じように集合住宅の「アパートがなぜ戸建てタイプになってしまう」のかを以下で詳しく解説していきます。

ドコモ光の詳細は代理店サイト

スポンサーリンク

アパートの場合ドコモ光の戸建てタイプになる?

アパートのような集合住宅でドコモ光を利用すると「マンションタイプ」、一戸建てでドコモ光を利用すると「戸建てタイプ」が適用になるイメージで合っています。

しかし、ドコモ光をアパートに住んでいる人が契約すると「マンションタイプ」ではなく「戸建てタイプ」が適用される場合があります。何故なのでしょうか?

マンションタイプと戸建てタイプの違い

そもそもなぜ、住んでいる住居タイプによってドコモ光の月額料金が違うのでしょうか。

まずは、簡単な下のイメージ図を見てください。

戸建ては回線を独占利用、マンションは回線を共有利用

一戸建ての場合は、ドコモ光で使用する光ファイバー回線を電柱から直接引き込むので光回線を独占して利用することができるため月額料金が高めに設定されています。

一方、マンションタイプの場合は、ドコモ光で使用する光ファイバー回線は一旦建物に引き込まれて各部屋へ結ばれて回線を共有して利用しているために、月額料金が安めに設定されています。

管理人
簡単に言えば、ドコモ光の「マンションタイプ」と「戸建てタイプ」の違いは、光回線を「独占」しているか「共有」しているかの違いなんですね。

アパートが戸建てタイプになる場合とは

上記の説明でドコモ光で使用する「光回線を共有」できるマンションやアパートであれば「マンションタイプ」が適用になる、と説明しました。

お住まいのアパートで「マンションタイプ」が適用される場合とは、そのアパートの建物に光回線を各部屋で共有する為の装置「回線終端装置」があるか、ないかなのです。

アパートに回線を共有できる装置があるか

この「回線終端装置」は住んでいる人が勝手に設置出来ません。大家さんや管理会社の意向で設置しているアパートと設置していないアパートがあります。

管理人
この各部屋へ光回線を共有する装置が設置してあるアパートであれば、ドコモ光の料金は「マンションタイプ」が適用になります。

しかし、お住まいのアパートに回線を共有するための装置が設置されていない場合はどうなるのでしょうか…。

一戸建て同様に直接回線を部屋へ引き込む

アパートの各部屋で光回線を共有するための「回線終端装置」がない場合、一戸建て同様に光ファイバー回線を住んでいる部屋へ直接引き込まなくてはなりません。その為、このような場合はドコモ光の「マンションタイプ」ではなく「戸建てタイプ」が適用されるのです。

管理人
ドコモ光を申し込んだ後に「アパートに住んでいるのに戸建てタイプと言われた!」と文句を言っている人は、マンションのように集合住宅のアパートであっても、そのアパートに「回線終端装置」がないから戸建てタイプ適用と言われているのですね!なるほど!

ドコモ光加入前にあなたのアパートがどのタイプかを調べる方法

上記ではアパートでドコモ光を利用すると「マンションタイプ」ではなくて「戸建てタイプ」になる場合を詳しくご紹介しました。

では、ドコモ光を申し込む前にあなたが住んでいるアパートが「マンションタイプ」になるのか「戸建てタイプ」になるのか調べたいですよね。

安心してください。
住んでいるアパートがどちらのタイプか調べる方法があるんです!

その方法を詳しく以下でご紹介していきます。

NTT東日本・NTT西日本のフレッツ光エリアを確認する

ドコモ光をアパートで利用する場合に「マンションタイプ」か「戸建てタイプ」かを調べる方法があります。

それは、NTT東日本とNTT西日本が提供しているフレッツ光のエリアを確認すれば解ります。

「えっ!?ドコモ光なのに何故フレッツ光のエリアを確認するの???」と思った人もたくさんいると思います。

その理由はドコモ光の光ファイバー回線は、フレッツ光の光ファイバー回線を利用して提供しているからなのです。

管理人
ドコモ光はNTT東日本・西日本が提供しているフレッツ光の光回線を借りて提供されているから、フレッツ光のエリアを確認すれば、アパートが「マンションタイプ」か「戸建てタイプ」を調べる事が出来る訳ですね。

NTT東日本エリアでドコモ光を利用する人の場合

NTT東日本のエリアにあるアパートに住んでいる人が、ドコモ光が「マンションタイプ」か「戸建てタイプ」かを調べる方法です。

NTT東日本エリアは以下の都道府県です。
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県

NTT東日本のフレッツ光エリア検索

NTT東日本のフレッツ光エリア検索画面

NTT東日本の公式サイトでフレッツ光のエリアを検索出来ます。
お住まいのアパートがある都道府県を選択すると詳しい番地まで選択して進んでいきます。

集合住宅を選んで次へボタン

すると、ドコモ光を利用したいお住まいのアパート名が表示されますので、選択して次へ進むと結果が出ます。

エリア検索結果でどのタイプか判断できる。

例えば、検索結果に「ご指定のご住所は、詳しい状況確認が必要です。」と表示されたら回線共有装置がないアパートなのでドコモ光は「戸建てタイプ」になる可能性が高いです。

一方、「フレッツ光 ネクスト ギガマンション・・・」など表示されたら回線共有装置がアパートに設置されているのでドコモ光は「マンションタイプ」になります。

このまま申し込むとフレッツ光を申し込む事になるので注意しましょう。

NTT西日本エリアでドコモ光を利用する人の場合

続いてお住まいのアパートがNTT西日本エリアの場合に、そのアパートが「マンションタイプ」か「戸建てタイプ」かを調べる方法です。

NTT東日本エリアは以下の都道府県です。
富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

NTT西日本のフレッツ光エリア検索

NTT西日本のエリア検索画面

NTT西日本の公式サイトにあるフレッツ光のエリア検索ページへ進むと上記のような画面になります。「マンション(集合住宅)」を選択して「府県で検索」からお住まいのアパートの住所を選択していきます。

最終的にアパート名が表示されますので、アパート名を選ぶと以下のような検索結果が表示されます。

NTT西日本のフレッツ光検索結果画面

検索結果に「ファミリー」という表示がされた場合は、アパートに回線を共有するための装置がないのでドコモ光のタイプは「戸建てタイプ」になる可能性が高いです。

一方、「マンション」という表示がされた場合は、アパートに回線を共有する装置が設置してあるのでドコモ光のタイプは「マンションタイプ」になります。

このまま申し込むとフレッツ光を申し込む事になるので注意しましょう。

正確な情報はドコモ光に申し込んで調べてもらう

上記の方法でドコモ光を利用するアパートが「マンションタイプ」か「戸建てタイプ」かを判断することは可能になります。

しかし、古い情報の可能性もあります。
フレッツ光のエリア検索は更新されていますが、情報が古い可能性もありますので、正確なアパートのタイプはドコモ光に一度申し込んで詳しく調べてもらいましょう。

もし利用するアパートがドコモ光の「戸建てタイプ」と判断された場合は申し込みをキャンセルして再検討するか、そのまま諦めて申し込みましょう。

まとめ

今回はドコモ光をアパートで申し込む際、「マンションタイプ」か「戸建てタイプ」のどちらになるのかを調べる方法をご紹介しましたがいかがだったでしょうか?ドコモ光は戸建てタイプよりもマンションタイプの方が月額料金が安いです。その為、アパートに住んでいる人がドコモ光へ申し込むと、結果「戸建てタイプ」と判断されて「料金が高い」と不満を言っている人もいます。しかし、お住まいのアパートに光回線を共有する「回線終端装置」があるかないかの違いで、これは大家や管理会社が判断している事なのです。

ドコモ光のアパートが「マンションタイプ」か「戸建てタイプ」かを判断するには、ドコモ光で使用する光回線「フレッツ光」のエリアを検索すれば判断できます。アパート住まいの人でドコモ光の月額料金が気になる人はまずNTT東日本・NTT西日本のフレッツ光のエリア検索をやってみてくださいね。

ドコモ光のお申し込みはこちら
代理店キャンペーンサイト

【2018年度版】最悪な評判!?ドコモ光の速度やプロバイダなどの口コミや評判を見て検討しよう

2018.06.13

【料金の違い】ドコモ光の5つある料金プランを徹底解説!

2018.05.17

【2018年12月版】ドコモ光契約時キャンペーンを比較してみた。新規も転用もお得な申込み先はどこ?

2018.02.06

ドコモ光のおすすめプロバイダはどこ?料金や特徴で選ぼう(2018年度)

2016.09.15

スポンサーリンク