ソフトバンク光はホームゲートウェイが必要?不要?レンタル継続で解約は不可能!?

フレッツ光からソフトバンク光へ転用した場合、既に設置してあるフレッツ光で利用していたホームゲートウェイはどうすればいいのでしょうか?

ホームゲートウェイは基本的にインターネット以外に光電話も利用する場合に設置されるONUと呼ばれるNTTのロゴが付いている機器です。

そこで今回はソフトバンク光へ転用した場合のホームゲートウェイは必要なのか不要なのか、そして設定は難しいのかなどをご紹介したいと思います。


ソフトバンク光のホームゲートウェイは必要か不要か

現在、NTTフレッツ光を契約している人であれば「転用」という簡単な手続きでソフトバンク光へ乗り換える事が出来ます。

フレッツ光で光電話も契約して利用していた人の場合は自宅に「ホームゲートウェイ」と呼ばれるNTTのロゴが付いた機器が設置されていると思います。

ホームゲートウェイの役割とは

まず、簡単にホームゲートウェイの役割について解りやすくご紹介したいと思います。

NTTフレッツ光を契約中の場合で光電話も利用している場合には、自宅にホームゲートウェイという機器が設置されているはずです。

ホームゲートウェイはネット接続や光電話に欠かせない機器

このホームゲートウェイは以下の3つの役割をしています。

  1. インターネット接続
  2. 光電話
  3. Wi-Fi(無線LANルーター)

ホームゲートウェイはインターネットに接続する為に必ず必要な機器の1つです。LANケーブルでパソコンと接続するとインターネットが利用できます。また、光回線を使った固定電話サービス「光電話」にも利用される機器です。

さらには、ホームゲートウェイには無線LANルーター機能が内蔵されており、Wi-Fiでパソコン、スマホ、タブレットなどでインターネットが利用できるようになります。

管理人
ホームゲートウェイは1台で「ネット接続」「光電話」「無線LANルーター」3つの役割を果たしている機器なんですね。

転用してもホームゲートウェイは必要

上記でご紹介したようにホームゲートウェイは「インターネット接続」や「光電話」を利用するために欠かせない機器です。フレッツ光からソフトバンク光へ転用する場合でもホームゲートウェイは必要な機器です。

その為、返却せずにそのまま利用する事になります。

ホームゲートウェイはNTTからレンタルしていますが、ソフトバンク光へ転用すると「ホームゲートウェイ(N)」というオプションで継続してレンタルする事が可能となっています。

詳しいホームゲートウェイ(N)のレンタル料金については下記に記載しております。

管理人
フレッツ光からソフトバンク光へ転用したとしても利用してきたホームゲートウェイは不要ではなく返却せずにそのまま利用するんですね。

代理店キャンペーンサイトなら転用でもキャッシュバック中

ソフトバンク光のホームゲートウェイ(N)と無線LAN(N)

上記でご紹介したようにフレッツ光からソフトバンク光へ転用して乗り換えたとしても、自宅に設置してあるNTTロゴが付いた機器「ホームゲートウェイ」は継続して利用します。

ホームゲートウェイはNTTからレンタルしていますが、ソフトバンク光へ転用すると「ホームゲートウェイ(N)」というオプションで継続利用されます。ちなみに、ホームゲートウェイのレンタル料はNTTの時とまったく同じで以下のようになっています。

NTT東日本エリアのホームゲートウェイ(N)

NTT東日本エリアにお住まいの人がソフトバンク光へ転用しても利用するホームゲートウェイを継続してレンタルするオプション「ホームゲートウェイ(N)」のレンタル料金は以下のようになります。

回線タイプ ホームゲートウェイ(N)
光電話(N)
契約あり
光電話(N)
契約なし
ホーム
(戸建住宅)
ギガスピード
ハイスピード
ファミリー
ファミリー・ライト
0円 450円
マンション
(集合住宅)
ギガスピード
ハイスピード
マンション
450円 450円

NTT東日本エリアの人がソフトバンク光へ転用した場合のホームゲートウェイ(N)のレンタル料金は、ホームタイプ(戸建て)の場合は光電話契約ありでレンタル料無料です。但し、マンションタイプ(集合住宅)の場合は光電話契約ありでも月額450円です。

※フレッツ光 ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプから転用する場合は0円です。

ちなみに、上記レンタル料金はNTTフレッツ光の時とまったく同じです。

NTT西日本エリアのホームゲートウェイ(N)

次にNTT西日本エリアの人がソフトバンク光へ転用した場合に、ホームゲートウェイを継続利用する場合のレンタル料は以下です。

回線タイプ ホームゲートウェイ(N)
光電話(N)
契約あり
光電話(N)
契約なし
ホーム
(戸建住宅)
ギガスピード
ハイスピード
ファミリー
ファミリー・ライト
0円 450円
マンション
(集合住宅)
ギガスピード
ハイスピード
マンション

ホームゲートウェイを継続利用できるソフトバンク光のオプション「ホームゲートウェイ(N)」はNTT西日本エリアの場合だと、光電話契約ありでレンタル料は無料、光電話契約なしだと月額450円です。

NTT西日本エリアでもフレッツ光の時とまったく同じレンタル料です。

管理人
フレッツ光からソフトバンク光へ転用しても利用されるホームゲートウェイは、フレッツ光と同じレンタル料が必要なんですね。

無線LAN機能を使うには「無線LAN(N)」

上記でもご紹介しましたが、ホームゲートウェイにはWi-Fiが利用できる無線LANルーター機能も付いています。ホームゲートウェイの無線LAN機能をフレッツ光で利用している人は月額100円~300円をNTTへ支払っています。

ソフトバンク光へ転用してもホームゲートウェイの無線LAN機能でWi-Fiを利用する場合には「無線LAN(N)」というオプションに加入します。

エリア 無線LAN(N)
月額使用料
NTT東日本 300円
NTT西日本 100円

上記のようにホームゲートウェイの無線LAN機能を使う場合にはNTT東日本エリアで月額300円、NTT西日本エリアで月額100円の使用料が必要です。

ちなみに、ソフトバンク光へ転用してもホームゲートウェイの無線LAN機能の月額使用料もフレッツ光の時とまったく同じです。

管理人
要はホームゲートウェイはソフトバンク光へ転用しても利用する機器です。フレッツ光と同様のレンタル料が必要という訳ですね。ホームゲートウェイをそのまま利用したり無線LAN機能を使うソフトバンク光のオプション「ホームゲートウェイ(N)」「無線LAN(N)」の(N)はNTTのNなんです。

ソフトバンク光の詳細は代理店キャンペーンサイトへ

ソフトバンク光のホームゲートウェイは解約して返却できる?

フレッツ光からソフトバンク光へ転用した後に利用してきたホームゲートウェイは解約して返却する事ができるのでしょうか?

基本的にソフトバンク光以外でもフレッツ光から転用すると、そのままホームゲートウェイは継続利用するため、ホームゲートウェイだけ解約する事は出来ません。

ホームゲートウェイはネット接続や光電話に欠かせない機器

上記でもご紹介しましたが、ホームゲートウェイは「インターネット」や「光電話」に欠かせない機器です。

ホームゲートウェイがないとネットも光電話も出来ない

ソフトバンク光へ転用した後にホームゲートウェイだけ解約すると、上記イラストのようにインターネットの接続も出来なくなりますし、光電話も利用できないくなります。

その為、ホームゲートウェイだけを返却して解約する事は出来ません。

光BBユニットをレンタルするならホームゲートウェイは無料

ソフトバンク光ではSoftBankの毎月のスマホ代や携帯代が割引になるセット割「おうち割 光セット」が適用出来ます。おうち割 光セットを適用するには「光BBユニット」という機器のレンタルと「光電話」、Wi-Fiが利用できるオプション「Wi-Fiマルチパック」の加入が必須です。

  1. 光BBユニットレンタル(機器)
  2. 光電話
  3. Wi-Fiマルチパック

これらオプションは3つセットで月額500円です。

光BBユニットをレンタルでホームゲートウェイは無料

おうち割 光セットを適用するために必要な3つのオプションに加入すると、光BBユニットはWi-Fiの電波を発信し始めますのでホームゲートウェイの無線LAN機能(月額使用料100円~300円)は不要になりますね。

また、光BBユニットをレンタルする事で、ホームゲートウェイ(ソフトバンク光でいうホームゲートウェイ(N))の月額レンタル料も光電話を解約したとしても無料でレンタル出来ます。

管理人
ホームゲートウェイ自体は解約する事は出来ませんが、光BBユニットのWi-Fiを利用すればホームゲートウェイでWi-Fiを利用する「無線LAN(N)」は解約してもいいですね。

ソフトバンク光へ転用でホームゲートウェイの設定は必要か

上記では散々ご紹介してきましたが、フレッツ光からソフトバンク光へ転用するとNTTのロゴが付いている光電話でも利用されるホームゲートウェイは継続して利用します。

では、ソフトバンク光へ転用するとフレッツ光で利用してきたまま設定せずにホームゲートウェイを利用できるのでしょうか?それもと再設定が必要なのでしょうか?

光BBユニットを使わない場合は設定が必要

ソフトバンク光の機器(光BBユニット)をレンタルしない場合には、フレッツ光からソフトバンク光へ転用するとホームゲートウェイの設定が必要です。

ホームゲートウェイのみの場合は設定が必要

光BBユニットをレンタルしない場合には、ブラウザを開いてユーザー認証設定(PPPoE)が必ず必要です。詳しい設定方法はソフトバンクの公式サイトに記載がありますのでそちらを参考にしてみてください。

ユーザー認証設定(PPPoE)

光BBユニットを使う場合は設定不要

SoftBankのスマホや携帯代が毎月割引になるおうち割 光セットを適用する為にレンタルが必要な光BBユニットを利用する場合には、ホームゲートウェイの設定は必要ありません。

光BBユニットを使う場合は設定不要

ソフトバンク光からレンタルした光BBユニットとホームゲートウェイをLANケーブルで接続するだけです。ホームゲートウェイや光BBユニットの設定は特に必要ありません。

但し、ホームゲートウェイではなく光BBユニットのWi-Fiを利用する事になりますので、パソコンやスマホ、タブレットなどのWi-Fi設定は初回のみ変更する必要はあります。

管理人
ソフトバンク光へ転用すると、今まで利用してきたホームゲートウェイは光BBユニットを使わない場合にのみ設定が必要なんですね。

まとめ

今回はフレッツ光からソフトバンク光へ転用した場合に転用前に設置されていたホームゲートウェイは必要か不要かをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?ソフトバンク光はNTTの光回線を利用しているため、転用したとしてもホームゲートウェイは必要です。ホームゲートウェイはネット接続や光電話にも利用される重要な機器のため、ソフトバンク光でも解約・返却せずにそのまま利用する事になります。ただし、光BBユニットをレンタルした場合にはホームゲートウェイのレンタル料は不要ですし設定も必要ないため、特に問題なくソフトバンク光へ転用できると思います。

ソフトバンク光のお申し込みはこちら
代理店キャッシュバックサイト

スポンサーリンク

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!