ソフトバンク光の解約について。ルーター返却や工事は必要?解約金は日割り計算?

【解約】申し込む前にもソフトバンク光の解約も調べよう

これからソフトバンク光を新規で申し込もう、またはフレッツ光から転用しようと思っている人に、申し込む前に確認しておいてほしいのが解約についてです。一生、ソフトバンク光を利用し続ける人は気にしなくてもいい解約についてですが、何らかの理由で解約しなければならない時が来るかもしれません。

そこで今回はソフトバンク光を契約する前に知っておきたい解約についてを総合的にまとめてみました。

ソフトバンク光の解約方法は電話でOK

「違うインターネットサービスに乗り換える」「引越しを機にインターネットをやめる」「月額料金が払えない」など様々な理由でソフトバンク光を解約しなければならない時が来るかもしれませんね。

ソフトバンク光の解約を申し出るのは簡単で電話してオペレーターに解約したい旨を伝えるだけになります。

解約はソフトバンク光の電話番号に電話する

ソフトバンク光にはサポートセンターがあり、そちらの電話番号へ電話をするとオペレーターに繋がります。そしてソフトバンク光を解約したいことを伝えることから始まります。

  • 電話番号
    186-0800-111-2009
  • 受付時間
    10:00~19:00

上記の電話番号に電話をしますが、契約しているソフトバンクの電話番号か連絡先として登録した電話番号から電話をします。電話番号の先頭にある三桁「186」は省略することなく電話してください。

念のために書類も準備しておくとスムーズ

解約の電話をする際、本人確認のため様々な質問をされますが、ソフトバンク光が開通した前後に送られてきた書類を準備しておくと解約がスムーズに行われます。

ソフトバンク光開通時の書類

開通前後に送られてきた書類は上記写真のような書類で「要保管」と書いてあると思います。「要保管」の書類を捨てる人はいないと思いますが、この書類はカスタマーIDや認証IDなどが記載されていますので、解約時にこの書類があればスムーズに手続きをすることができますよ。

スポンサーリンク

ソフトバンク光の解約金(違約金)は必要なのか

ソフトバンク光を解約する際には解約金(違約金)が必要な場合と必要ではない場合があります。では、どんな時に解約金が必要で、どんな時は解約金が不要なのかを詳しく見ていきましょう。

契約満了月は解約金が不要

ソフトバンク光はほとんどの人が2年間の自動更新プランで加入していると思います。このプランはソフトバンク光が開通した月から2年間(24か月間)契約を約束するプランです。

この2年間自動更新プランは、2年目(24か月目)に解約の旨を伝えなければ、自動的に再度2年間の契約が更新されるプランです。

出典:http://faq.mb.softbank.jp

例えば、上記図のように1月にソフトバンク光との契約が成立した場合、翌年の12月が契約満了月となります。この契約満了月である1か月の間に解約すれば契約金は不要で無料で解約が可能となります。

契約満了月以外は解約金が必要

上記でご紹介した24か月目の契約満了月以外でソフトバンク光を解約しようとすると以下の契約金が必要となります。

プラン 解約金
自動更新ありプラン
(2年)
9,500円
自動更新ありプラン
(5年)
15,000円

自動更新が2年間のプランですと解約金が9,500円、5年間のプランですと解約金が15,000円になります。引越しなどの急な解約が必要になった場合は契約満了月以外になることが多いので上記の解約金が必要だと思っていた方がいいです。

解約金は日割りできる?

上記でご紹介したソフトバンク光の契約満了月以外で支払わなくてはならない解約金ですが日割りが出来ると思っている人も多いようですが、日割りは一切出来ません。

日割りされずにしっかり9,500円もしくは15,000円の解約金が必要です。

その他の解約金について

ソフトバンク光を解約することにより不要になった有料オプションも解約する人も多いことでしょう。例えば光テレビや光電話など様々な有料オプションがありますよね。

それらのオプションにも加入している場合、一部有料オプションの解約には解約金が必要な場合もあります。上記でご紹介したソフトバンク光の解約金以外にも必要となるかもしれない有料オプションの解約金についても解約時にオペレーターに確認しておきましょう。

ソフトバンク光のルーターやモデムの返却

ソフトバンク光の光ファイバーを引き込む工事の際に工事業者が設置したNTTのログ入りのモデムやソフトバンクからレンタルしている光BBユニットと呼ばれる機器などは返却が必要です。

レンタルしている機器の一例

まず、必ず自宅にあるのがNTTのロゴが入った「モデム」と呼ばれる機器でレンタルしています。また、ソフトバンク光からは光電話やWiFiルーターの役目をする「光BBユニット」と呼ばれるソフトバンクのロゴ入りの機器をレンタルしている人も多いことでしょう。

これらは自分で購入している機器以外のすべては返却しなければなりません。

スポンサーリンク

NTTのモデムの返却方法

NTTのロゴが入っている機器「モデム」の返却方法は、ソフトバンク光へ解約を伝えると「レンタル機器返却キット」というものが自宅に送られてきますので、そのキット(箱)に入れて指定の住所へ返却します。

その返却に必要は送料は負担しなければなりません。

光BBユニットの返却方法

ソフトバンク光を利用している人の多くがレンタルしていると思われる「光BBユニット」と呼ばれる機器。この機器は光電話で使用したり、WiFiルーターなどの役目をする機器で、ほとんどの人がレンタルしているので返却は必要です。

光BBユニット接続ガイドとケーブル数種類

この光BBユニットには、本体以外にも電源アダプタやLANケーブル、モジュラーケーブルなどが同梱されて送られてきていますが、これらのケーブルすべても返却しなければなりません。

光BBユニットの本体だけを返却する人も多いようなのでケーブル類もすべて返却するようにしましょう。

返却に必要な送料は負担しなければなりません。

ソフトバンク光の解約に工事が必要?

ソフトバンク光を解約して、インターネットは一切使用しないという人も多いかもしれませんね。では、ソフトバンク光を解約してしまうと、開通時の時に行った工事が必要なのでしょうか?

マンションなど集合住宅では工事不要

マンションなどの集合住宅でソフトバンク光を利用している人は、その集合住宅そのものに光ファイバー回線が引き込まれているので、回線を撤去するような工事は基本的に必要ありません。

ただ、集合住宅でもマンションタイプで契約できずに戸建タイプでソフトバンク光を契約していた人は、個別に回線が引き込まれている可能性があるため、大家さんが撤去してほしいと依頼がある場合もありますがそのような場合のみ回線を電柱へ戻すような撤去工事が必要です。10,000円程度の工事費です。

1戸建タイプはどちらでもよい

一戸建てのような自分所有のご自宅なら、ソフトバンク光を解約した際に回線を撤去してもいいし、しなくてもいいです。家自体に回線が引き込まれた状態のままでよい人は撤去工事は必要ありません。しかし、家に回線が引き込まれたままだと嫌だという人は撤去工事が必要です。10,000円程度の工事費です。

スポンサーリンク

まとめ

今回はソフトバンク光の解約全般についてまとめてみましたがいかがだったでしょうか?

ソフトバンク光は専用の電話番号へ電話することで解約手続きが可能になることが解りました。また、契約満了時以外の解約には解約金が必要であることも解りましたね。自分で購入した周辺機器以外はレンタルしているので、当然レンタルした機器は返却が必要です。

いざ、解約が決まったら即時にソフトバンク光のカスタマーセンターへ電話するようにしましょう。

ソフトバンク光新規申し込みで
今なら高額キャッシュバック中!
詳細はこちら

ソフトバンク光問い合わせを電話などでする方法!オペレーターと直接話せる?

2017.12.13

ソフトバンク光転用前にフレッツ光やプロバイダの料金や解約金を調べよう

2016.10.10

ソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーンで違約金負担してくれる!

2016.08.24

ソフトバンク光のYahoo! BB基本サービス(オプション)について。強制加入?解約はできるのか?

2016.06.23

【解約】申し込む前にもソフトバンク光の解約も調べよう

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!