ソフトバンク光の料金未払い(未納)でいつ停止?強制解約?

うっかりしていてソフトバンク光の月額料金を支払い忘れて滞納し、未払い(未納)状態になっている人はいませんか?料金の未払い(未納)を続けると利用停止になるとか、強制解約になるとか、インターネットでは様々な情報がありますね。

そこで今回はソフトバンク光の料金の未払い・未納を続けるといつ利用停止されるのか?そして強制解約されるとどうなるのかを調査してみたいと思います。

ソフトバンク光料金未払い(未納)について

ソフトバンク光の毎月支払う月額使用料金の支払いを忘れると未払い(未納)扱いにされます。ソフトバンク光に限らず、インターネット料金の未払い(未納)に陥りやすい人は、コンビニ払いにしている人やクレジットカードの引き落としが出来なかった人、銀行引き落としされる口座に残高がなかった人などがほとんどのようです。

特にコンビニ払いにしていると、毎月支払い用紙が郵送されてきますが、「ついつい面倒で支払いを忘れてしまった」なんて人もいるようです。

では、料金の未払い・未納が続くとどうなってしまうのでしょうか?

未払い(未納)が2ヶ月で利用停止に

ソフトバンク光の月額使用料金を支払わずに2ヶ月間放置しまうと利用停止にされてしまいます。早い人では未払い・未納が1ヶ月間で利用停止になってしまうそうです。

ソフトバンク光が利用停止になれば、当然ですがインターネットに接続できなくなります。その為、パソコンやスマホなどでインターネット接続は出来ず、メール受信なども出来なくなってしまいます。当然ですが、光テレビなどを利用してた場合もテレビが視聴出来なくなります。

未払い(未納)が3ヶ月で強制解約

上記でご紹介したように、ソフトバンク光の料金を2ヶ月間未払い・未納状態が続けば「利用停止」になりますが、それでも支払わずにいたらどうなるのでしょうか?

なんと、3ヶ月間の未払い・未納が確認されれば強制解約となってしまいます。
強制解約はとても重たい処置ですので、当然ながら避けるべきです。

スポンサーリンク

ソフトバンク光の未払い(未納)の支払い方法

基本的にソフトバンク光の月額使用料金の未払い・未納が確認されれば、ご自宅にコンビニで支払える用紙(払込票)が郵送されてきます。郵送されてきた払込票をコンビニのレジに持っていき、記載されている料金をレジで支払うだけです。

しかし、コンビニで未払い(未納)分を支払うと以下手数料が別途必要になります。

請求書発行
手数料
300円
コンビニ
収納手数料
10,000円未満⇒60円
10,000円以上50,000円未満⇒100円
50,000円以上⇒300円

以上のように、未払い分の料金以外にも支払う額が増えてしまうので、なるべく未払い・未納状態がないようにしたいですね。

未払い(未納)支払い後いつ再開される?

ソフトバンク光の未払い(未納)分の料金をコンビニで支払ったら、いつ頃インターネットが利用できるように再開してくれるのでしょうか?

コンビニで支払うと入金確認に3日くらい日数が必要になりますし、土日祝日の業務は行っていません。そのため、ソフトバンク光が再開されるまで最短でも3日~5日の日数が必要です。支払いから5日後くらいにインターネットが利用できるようになると考えていればよいでしょう。コンビニで支払った後、いつ頃再開されるかの詳しい日程についてはソフトバンク光のカスタマーセンターへ電話をすると詳しく教えてくれます。

スポンサーリンク

ソフトバンク光の強制解約のリスク

強制解約される事は避けるべきと書きましたが、それには理由があります。
理由とは強制解約はリスクが高すぎるということです。

「支払えないから強制解約されて、そのままにしておけばいいや!」なんて簡単に思っている人がいれば大間違いです。ソフトバンク光に限らず、様々なインターネット回線の契約後に支払いを怠り未納状態が続き、最悪強制解約されると、解約に伴う違約金の支払い義務や周辺機器や工事費の分割払いがあれば一括で支払う義務、レンタル機器があれば返却の義務などが生じてきます。

もし、未払い・未納分の料金を支払わず、違約金など支払うべき料金を支払わなかった場合どうなってしまうのでしょうか?

法的措置で訴訟される

当然支払うべき料金を未払い・未納が続き強制解約され、さらに強制解約に伴う料金も支払わなかった場合、インターネット提供会社から債権回収会社へ情報が回され、その債権回収会社が料金の支払い請求を代行することになります。それでも未払いが続くと法的処置がとられて訴訟を起こされることになります。

ちなみに、債権回収会社を装った詐欺の可能性もありますので、そのような事にあった場合は弁護士に相談するなど、対応が大変になります。

信用情報に傷がつく

「ソフトバンク光が強制解約されたから、違うインターネット回線を申し込めばいいじゃん!」なんて簡単に考えている人もいるかも知れません。しかし、インターネット会社や携帯電話会社の未払い・未納の顧客情報が共有されていますので、違うインターネット回線を新規で申し込もうとしても拒否されてしまいます。携帯電話やスマホなどの契約もしにくくなる恐れがありますので、強制解約されないように、そして未払い・未納が続かないように気を付けましょう。

まとめ

今回はソフトバンク光の料金未払い・未納状態が続くとどうなってしまうのかを調査してみましたがいかがだったでしょうか。1ヶ月分の支払いをうっかり忘れていたくらいなら可愛い方ですが、3ヶ月放置すると最悪強制解約されリスクが高まります。

故意に未払い・未納状態にはせず、支払うべき料金はしっかりと支払うことを心がけましょう。って当たり前ですが・・・。

ソフトバンク光新規申し込みなら
こちらが断然お得!
32,000円キャッシュバック中
詳細はこちら

スポンサーリンク

【料金明細】ソフトバンク光転用後の初回料金内訳を確認してみた

2017.01.24

【支払方法】ソフトバンク光の料金支払い方法や登録方法は?携帯とまとめて請求可能?

2017.01.06

ソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーンで違約金負担してくれる!

2016.08.24

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!