ソフトバンク光の工事費や工事内容など工事全般についてまとめてみた

ソフトバンク光は光ファイバー回線を利用した高速インターネット接続サービスです。その為、自宅でソフトバンク光を利用する前には光ファイバー回線を引き込む工事が必要です。工事と聞くとなぜか大がかりな面倒な工事をイメージしてしまう人も多いようですが違います。

そこで今回はソフトバンク光を申し込む前に気になる工事費や工事日、工事内容など工事に関する全般をまとめてみました。

工事は必要?ソフトバンク光の開通工事について

ソフトバンク光は速度が遅いADSLやISDNとは違い、高速の「光ファイバーケーブル」と言われる回線を利用して提供されているインターネット接続サービスなので工事が必要になります。ソフトバンク光はNTTが所有している光ファイバー回線を利用する為、安定的な速度で提供されています。

光ファイバーを引き込む工事が必要

光ファイバーを引き込む工事が必要

ソフトバンク光で利用する光ファイバー回線は、電話回線同様に電柱を使って自宅付近まで結ばれていますので、近くにある電柱から光ファイバーを自宅内へ引き込むための工事が必要になります。この工事は自宅の外で行いますので「屋外工事」と呼ぶ場合が多いです。

マンションなどは装置があれば屋外工事不要

マンションなどの集合住宅の工事の場合、一戸建ての家とは違ってマンションの共有部分に「接続装置」が既に設置されていれば屋外工事は必要ありません。ソフトバンク光を利用する建物に接続装置があれば、電柱から光ファイバーが既に引き込まれているため、装置から各部屋へ光ファイバーを繋げるだけで済みます。このような場合は宅内工事だけで済むことになります。

しかし、マンションなどの集合住宅の共有部分に接続装置がない場合は建物自体に光ファイバー回線が引き込まれていないので屋外工事が必要になります。

気になるソフトバンク光の工事費

ソフトバンク光を申し込む前に工事内容も気になりますが、一番気にする人が多いのが工事費です。お財布と直結している工事費なので慎重に費用を調べている人が大半なのです。

そこでここでは「一戸建て」とマンションやアパートの「集合住宅」の2つに分けて工事費について解説してみます。

一戸建ての場合の工事費

一戸建ての工事費について

一戸建ての工事費について

ソフトバンク光を初めて導入する一戸建てにお住まいの場合、以下の条件に当てはまる人は必ず立ち会いによる工事が必要です。

  1. 「フレッツ 光ネクスト」以外のフレッツ光を利用中
  2. フレッツ光を利用していない
  3. インターネットを利用していない

以上、3つの条件に1つでも当てはまる一戸建ての人は工事が必要で、工事費が発生します。

一戸建ての場合
立ち合い工事必要
工事費24,000円

マンションの場合の工事費

集合住宅の工事費について

集合住宅の工事費について

マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの場合、一戸建て同様に以下の条件に当てはまる人は必ず立ち会い工事が必要です。

  1. 「フレッツ 光ネクスト」以外のフレッツ光を利用中
  2. フレッツ光を利用していない
  3. インターネットを利用していない

以上、3つの条件に1つでも当てはまる集合住宅に住んでいる人はソフトバンク光の工事が必要で、工事費が発生します。

集合住宅
工事費
屋外工事あり
宅内工事あり
24,000円
屋外工事なし
宅内工事あり
9,600円

一戸建ての工事とは異なり、上記でもご説明したようにマンションなどの集合住宅の場合は建物に接続装置がある場合は、電柱から建物へ光ファイバー回線を引き込む工事が終わっているので屋外工事は必要はなく工事費は9,600円です。

屋外工事がある場合やない場合でも必ずお部屋内での宅内工事(屋内)は必要になります。

工事不要で工事費無料の場合

実は工事をする必要がなく工事費が無料になる場合がソフトバンク光にはあります。

それは現在、NTTのフレッツ光ネクストを利用している人がソフトバンク光へ変更(転用)した場合のみ工事は不要で工事費も無料になります。

そ の理由としてソフトバンク光の光ファイバー回線は、NTTフレッツ光ネクストで利用されているものをソフトバンクが借入れて提供されている為、まったく同 じ回線を利用するためです。同じ回線なのでフレッツ光ネクストを利用中の人はその回線を利用してソフトバンク光へ切り替える(転用)するだけなので工事費 が無料になるのです。

ソフトバンク光は開通工事費いつまで支払う?

ソフトバンク光をご自宅で利用できるように光ファイバー回線を引き込む開通工事費は、上記の費用が必要なのはご理解いただけたと思います。しかし、開通後に「工事費の請求がずっと来る」という人もいるようです。それはなぜでしょうか?

工事費は一括か分割で支払う

あまり理解していない人が多いようですが、ソフトバンク光の開通工事費の支払いは一括か分割を選択することができます。

当然、一括を選択した人は初回請求時に開通工事費の請求が1度だけ来ます。
しかし、分割を選択した人は分割回数(24回/36回/48回/60回払い)を選べますので、例えば開通工事費を24回分割払いにした場合は、工事費を24回に分割した額が24ヵ月請求が来る訳です。

ソフトバンク光の料金明細を見て「開通工事費をいつまで払うの?」と疑問を持った人は分割で開通工事費を支払っているはずですので、分割回数を確認してみてください。

屋外工事が必要なマンションやアパートとは

上記でもご紹介したようにマンションやアパートに電柱から光ファイバー回線を建物内へ引き込むための接続装置があればソフトバンク光の屋外工事は必要ありません。

接続装置があれば「屋外工事」は必要ない

屋外工事が必要なくても、接続装置から各部屋へ回線を引き込む宅内工事は必要です。
最近のマンションでは建築当時から接続装置が設置されていることが多く、比較的新しいマンションであれば屋外工事は必要ないでしょう。

しかし、古いマンションや木造アパートなどの場合、接続装置が設置されていない、または設置できないような比較的古い集合住宅では屋外工事が必要です。

光ファイバーを直接部屋へ繋がる屋外工事

光ファイバーを直接部屋へ繋がる屋外工事

上記イラストのような集合住宅の場合は、接続装置を介して各部屋へ光ファイバーを繋げられません。その為、電柱から部屋へ直接光ファイバー回線を引き込む為の屋外工事が必要になるのです。

屋外工事で穴を開けるの?

賃貸のマンションやアパートで屋外工事が必要となった場合、一番心配なのが光ファイバー回線を部屋へ引き込む為に壁などに穴を開けられるのかという心配がありますよね。賃貸の場合は勝手に穴を開けてはいけません。

基本的に賃貸マンションや賃貸アパートにソフトバンク光を導入するために必要になった屋外工事はなるべく穴を開けずにエアコンなどのダクト穴を利用して光ファイバー回線を部屋内へ引き込むように工事業者も努力します。

なるべくエアコンダクト穴を利用している

なるべくエアコンダクト穴を利用している
出典:http://diy-ie.com/

しかし、エアコンダクトなどの穴が利用できない場合には直接壁などに穴を開けて光ファイバー回線を部屋へ引き込む屋外工事が行われます。このような工事の場合にはマンションやアパートなどの大家さんの許可が必要です。ソフトバンク光などの事業者は仲介してくれませんので直接大家さんへ許可を願い出る必要があります。

ソフトバンク光の工事内容と工事時間

上記でソフトバンク光を開通させるには、電柱から光ファイバー回線を引き込む屋外工事がまず必要になることはお解りいただけたと思います。屋外工事には「光ファイバーを電柱から引き込み」と「穴から光ファイバーを宅内へ引き込む」という大きな2つの工事の為、工事時間は約1時間程度かかります。

屋外工事が終わると次は宅内工事です。

では、実際利用する自宅やお部屋の中で行う宅内工事はどのような工事をするのでしょうか?

ソフトバンク光の工事内容(範囲)

電柱から自宅や部屋に光ファイバー回線を引き込む屋外工事が終わった、もしくは屋外工事をする必要がなかった場合、宅内工事を行います。

自宅内へ引き込まれた光ファイバー回線は「ONU」と呼ばれる最終装置を設置して繋げられます。このONUという装置を設置してインターネットが利用できるか確認するまで工事業者の工事内容・範囲です。

基本的には宅内工事は「ONUを設置」して「ネットが利用できるか確認」することだけですので宅内工事だけの工事時間は約30分程度で終わってしまいます。

以上のようなソフトバンク光の工事内容ですので、工事時間の目安は以下のようになります。

工事内容 工事時間目安
屋外工事
宅内工事
約1時間~1時間半
宅内工事のみ 約30分

 

ソフトバンク光の工事日

ソフトバンク光を申し込むと工事が必要な人には工事を行う工事日の打ち合わせを電話で行うことになります。基本、工事には立ち合いが必要な為、自宅にいる日や時間を工事業者と合わせる必要があります。

ソフトバンク光の光ファイバー回線はNTTが所有するものを借り入れて提供されていますので、工事業者もNTTの委託工事業者が行います。NTTはソフトバンク光同様の「フレッツ光」というサービスも提供していますし、ソフトバンク光と同じような光コラボレーションと呼ばれるサービスも他社は提供しているので、NTT委託工事業者は大忙しです。

特に引越し時期になるとインターネットの申し込みが増えるために希望工事日・希望工事時間には工事できないことが多々あります。工事日を希望通りにしたい場合は、インターネットの申し込みが混み合う3月~4月を避けるようにしましょう。

フレッツ光からソフトバンク光へ転用の場合は工事不要

以上、ソフトバンク光の工事についてお伝えしてきましたが、現在ご利用中のNTTフレッツ光からソフトバンク光へ転用(乗り換える)場合は工事が不要です。

転用という手続きはフレッツ光で利用してきた光ファイバー回線をそのまま利用するため、ソフトバンク光へ転用した場合には工事が一切必要ありません。

まとめ

以上がソフトバンク光の工事に関する全般の内容でしたがいかがでしたでしょうか?

ソフトバンク光を開通させるには光ファイバー回線を利用する自宅や部屋へ引き込む工事が必要です。ただ、比較的新しいマンションには接続装置があるので屋外工事は不要になることが多いです。一戸建てや古いアパートなどは屋外工事が必要になる場合が多いです。

工事料金も屋外工事があるかないかで違いが出てきます。屋外工事も宅内工事も必要な場合は24,000円、宅内工事だけなら9,600円の工事費が必要です。工事時間は目安ですが約30分~1時間程度で終わることが多いようです。

高額キャッシュバックあり
有料オプション加入なし・最短振込
一番お得なソフトバンク光申し込みサイト
詳細はこちら

【速度測定】ソフトバンク光の速度スピードは遅いか検証してみた。

2017.02.09

ソフトバンク光の引っ越し時手続きは?移転工事費用は必要?

2016.07.21

NTT東日本・西日本フレッツ光の引越し手続き方法。工事費や解約金は必要?キャッシュバックやキャンペーンも調査してみた。

2016.04.05

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!