ソフトバンク光の外国人契約方法!在留期限・在留カードやパスポートは必要?

日本では現在多くの外国人の方が働いておりソフトバンク光を利用したいと考えている外国人も多数いるようです。

疑問となるのが、外国人でもソフトバンク光を契約する事ができるのか、在留期限の長さは契約に関係あるのか、在留カードや外国パスポート、特別永住者証明書などの確認書類は契約に必要なのかという点です。

そこで今回は外国人の方がソフトバンク光の契約に必要な情報を解りやすくまとめてご紹介したいと思います。

外国人でもソフトバンク光の契約は可能?

今現在、日本で働く外国人労働者は実に120万人を超えています。最近ではコンビニやレストランなど飲食店や工場など外国人の方が様々な仕事をされているのを見かけますよね。

そんな日本で働く外国人の方でも自宅では高速の光回線インターネットを利用したいと考えています。ソフトバンク光への契約は外国人の方でも可能なのでしょうか?

外国人でも契約可能

ソフトバンク光は外国人の方の契約も可能です。

しかし、日常会話の日本語が出来ないと申し込みが難しいようです。

また、観光客などの短期在留の外国人の契約は出来ませんし、在留期間が数か月で切れる方のソフトバンク光の契約は出来ない可能性が高いです。

日本語が出来ない外国人の場合

ソフトバンク光は外国人の方でも契約は出来ますが、新規申し込みをする際は日本語での対応となります。

例えば、ソフトバンクショップなどの店舗やソフトバンク光新規申し込み受付電話などでも外国語での対応が難しく日本語対応になります。その為、日本語がまったくしゃべれない、もしくは日本語がまったく書けない外国人の方の契約は難しいかもしれません。

しかし、日本語が出来なくてもソフトバンク光の契約内容を通訳して案内してくれる日本語がしゃべれる人が一緒に対応すれば契約は可能です。

管理人
ソフトバンク光は外国人でも契約は出来るけど、最低限の日本語が出来ないと契約は難しいのね。そんな時は日本語が出来る人のサポートが必要なんだね。

ソフトバンク光を外国人が契約する方法

早速ですがソフトバンク光を外国人の方が契約するための方法をご紹介したいと思います。

基本的には日本人がソフトバンク光を契約する方法とまったく同じなのですが、外国人の方だけ在留カードや外国パスポート、特別永住者証明書などの確認書類が必要なのかを含めて、以下で詳しくご紹介します。

在留カード、外国パスポート、特別永住者証明書は必要?

ソフトバンクショップ(店頭)でソフトバンク光を契約する時だけ「在留カード+外国パスポート」もしくは「特別永住者証明書」の提示が必要です。

店頭契約で必要な書類

上記書類はソフトバンクショップなどの店頭でソフトバンク光を新規契約する際に持っていかなくてはならない確認書類です。

しかし、ソフトバンク光の正規代理店が運営するキャンペーンサイトの場合は確認書類の提出が不要なので楽なんです。

管理人
店舗での契約は確認書類の提出が必要なのに、正規代理店のキャンペーンサイトなら提出は不要なんだね!

種類提出が不要の正規代理店キャンペーンサイト

契約に在留期限は関係ある?

在留期限とは、在留資格をもって在留する外国人が日本に在留することのできる期間です。永住者資格を持っている外国人の場合は残留期間が無期限なので問題ないのですが、その他の外国人の方の在留期間は30日や1年、3年、5年と様々です。

ソフトバンク光の契約期間は2年契約(自動更新)です。
※契約期間中の解約は解約金9,500円を支払えば解約する事は出来ます。

そんな関係で在留期間が残り数ヶ月で切れる外国人の方の契約は、在留期間の更新後に確認書類の提出を求められます。また、残留期間が数か月で切れてその後更新予定がない場合は契約を断られます。(まっ、当然と言えば当然ですが…)

上記でご紹介したソフトバンク光の正規代理店キャンペーンサイトで申し込んだ場合、確認書類の提出は不要とご紹介しましたが、残留期間などを口頭で質問されます。

支払いはクレジットカード

ソフトバンク光の毎月の月額料金の支払いは、基本的にクレジットカードや銀行口座からの自動引き落としが選択可能です。

ただし、残念な事に外国籍の方は統計上、料金の未払いからの強制解約が大変多く、未払いを避けるため外国人の方の支払い方法はクレジットカード限定になる場合が多いのです。

日本人も同様ですが外国人の方も銀行口座からの自動引き落としでの支払いを希望される場合はソフトバンクの審査が必要になります。

外国人でもキャッシュバック!お得なソフトバンク光の代理店紹介

ソフトバンク光は、ソフトバンク公式サイトやソフトバンクショップ、家電量販店などでも加入手続きをする事が出来ます。しかし、店頭でソフトバンク光を申し込むと加入特典の現金キャッシュバックがありません。

外国人の方でもお得にソフトバンク光を申し込みたいのであれば、ソフトバンク光の申し込みを正規で代行受付を行う「正規代理店」のキャンペーンサイトがおすすめです!

キャンペーンサイトなら現金32,000円キャッシュバック

ソフトバンク光の正規代理店である株式会社NEXTのキャンペーンサイトから申し込み手続きをすると、なんと32,000円もの現金をキャッシュバックしてくれる独自キャンペーンを実施中です。

ソフトバンク光申し込み加入でキャッシュバック

ソフトバンク公式サイトやソフトバンクショップ(店舗)では一切実施していないキャッシュバックキャンペーンなのでお得に申し込めておすすめですよ。

当然、このキャンペーンサイトでも外国人の方のお申し込みも受け付けています。

キャンペーンサイトと店舗の比較

上記でご紹介した外国人の方でもお得なキャッシュバックがあるソフトバンク光正規代理店のキャンペーンサイトですが、キャッシュバックがあるだけではなくソフトバンクショップ(店舗)よりも楽に申し込めるんですよ。

以下、キャンペーンサイトとソフトバンクショップ(店舗)での申し込み比較です。

 ソフトバンク光
正規代理店サイト
 ソフトバンクショップ
(店舗)
 キャッシュバック
キャンペーン
32,000円
キャッシュバック
なし
 書類提出 なし
(残留期間を口頭確認のみ)
「在留カード+外国パスポート」
もしくは「特別永住者証明書」の
提出が必要

正規代理店のキャンペーンサイトなら外国人の方でも新規契約で32,000円のキャッシュバックが受けられ、申し込みの際には残留期間などを質問される以外は書類の提出は必要ありません。インターネットで申し込むので当然店舗へ行く必要もないんです。

一方、店舗でソフトバンク光を契約するとキャッシュバックはありませんし、在留カードやパスポート、特別永住者証明書などの書類を提出しなければ契約できません。

まとめ

今回はソフトバンク光を外国人の方が契約できるのかをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?日本で働く外国人の方で短期間の在留や在留期間が切れそうな場合を除けばソフトバンク光を契約する事は可能です。ただし、日本語が出来なければいけないので、日本に来たばかりの日本語が出来ない外国人の方の場合は日本語が喋れる人のサポートが必要になります。

ソフトバンク光のお申し込みはこちら
正規代理店キャンペーンサイト

忙しい人の為の一発比較
簡単クイック比較

各インターネット接続サービスで一番お得の申し込み先はどこかを比較するのも面倒で時間がないという人に、当ブログ管理者がおすすめする申し込み先1社をご紹介しています!