ソフトバンク光の地デジチューナー(R)とは?サービス内容や料金、解約などまとめてみた!

ソフトバンク光の地デジチューナー(R)というオプションをご存知ですか?

ソフトバンク光はインターネット接続サービス以外にも多くの有料オプションサービスを提供していますが、その中で地デジチューナー(R)というオプションがあります。地デジチューナー(R)にも加入すると、自宅や外出先でもスマホやタブレットを使って地上波デジタル(地デジ)が視聴できるようになります。

そこで今回はソフトバンク光のオプションサービス「地デジチューナー(R)」のサービス内容や月額利用料金、解約方法、紛失した場合の対処方法など、解りやすくご紹介したいと思います。

ソフトバンク光「地デジチューナー(R)」のサービス内容

ソフトバンク光は光回線を利用したインターネット接続サービスですが、ネット接続サービス以外にも多くのオプションサービス(付加サービス)を提供しています。ソフトバンク光の様々あるオプションの中には「地デジチューナー(R)」というサービスもあります。

そこで、まずは地デジチューナー(R)とはどんなサービスなのかを具体的にご紹介します。

スポンサーリンク

スマホやタブレットで地デジの視聴・録画が可能に

一般的には地デジ(地上波デジタル)はテレビで視聴します。しかし、持ち運びが便利なスマホやタブレットで地デジが視聴できれば便利ですよね。

スマホなどで地デジが視聴できるサービス

「地デジチューナー(R)」は、テレビがない部屋(寝室や書斎、キッチンなど)でもスマホなどで手軽に地デジが視聴できるソフトバンク光のオプションサービスです。

また、スマホなど専用アプリの番組表から7日先の地デジで放送されるテレビ番組の録画予約も可能です。

管理人
ソフトバンク光のオプション「地デジチューナー(R)」は、自宅のテレビがない部屋でも、手軽にスマホなどで地デジの視聴や録画が出来るサービスなんですね。

外出先でもスマホで地デジの視聴が可能

ソフトバンク光の有料オプション「地デジチューナー(R)」は自宅内だけでなく外出先でもスマホやタブレットで地デジの視聴が可能にもなります。また、見たいテレビ番組の録画予約を忘れた場合でも、外出先からでも番組の録画予約が可能です。

ただし、外出先で地デジを視聴する場合にはWi-Fi環境が必要です。「4G LTE」や「3G」など携帯電話の電波では視聴出来ません。

管理人
「地デジチューナー(R)」はWi-Fi環境があれば外出先でも地デジの視聴や録画が出来るんですね。

地デジチューナー(R)で必要な機器や契約について

上記でご紹介したように、ソフトバンク光のオプションサービス「地デジチューナー(R)」を使うとスマホなどで場所を選ばずに地デジが視聴出来ます。

ここからは「地デジチューナー(R)」を利用する為に必要な機器やソフトバンク光の契約・オプションについてご紹介したいと思います。

と、その前にまずは、下記の「地デジチューナー(R)」を利用した際の簡単な相関図(イメージ図)を作ったのでご覧ください。

地デジチューナー(R)の利用イメージ

上記のイメージ図を見ただけでは解りづらいと思いますので、以下で詳しくご紹介します。

地デジチューナー(R)のレンタル

上記では解りやすくする為に「地デジチューナー(R)はソフトバンク光のオプションです。」とご紹介しました。しかし、正確に説明すれば少し違います。

「地デジチューナー(R)」とは、ソフトバンク光のオプション名ではありません。

スマホなどで地デジが視聴出来るようになる機器の名前なのです。

引用:www.pixela.co.jp/company/news/2013/20130801.html

上記の写真が「地デジチューナー(R)」という名前の機器です。

ソフトバンク光でスマホなどで地デジを視聴できるサービスを利用するには、SoftBankから「地デジチューナー(R)」をレンタルする必要があるのです。

管理人
ソフトバンク光のオプションでスマホ等で地デジを見る場合には「地デジチューナー(R)」という機器をレンタルするんですね。

利用する為に必要な契約

「地デジチューナー(R)」の機器をレンタルしただけでは利用が出来ません。「地デジチューナー(R)」を利用する為には以下の契約が必ず必要です。

  1. ソフトバンク光
  2. 光BBユニットのレンタル
    (ソフトバンク光のオプション)
  3. Wi-Fiマルチパック
    (ソフトバンク光のオプション)

まず必要な契約はソフトバンク光のインターネット契約です。ソフトバンク光のオプションなので当然と言えば当然ですね。逆を言えば、ソフトバンク光を契約していないと地デジチューナー(R)は使えない訳です。

次に必要なのが「光BBユニット」という機器のレンタルです。

レンタル出来る機器「光BBユニット」

この「光BBユニット」という機器は、スマホなどで地デジを視聴する為に必要な機器「地デジチューナー(R)」とは違い、インターネットの接続や光電話などで利用されます。

次に必要なのが「Wi-Fiマルチパック」という契約です。

光BBユニットでWi-Fiが使える

この「Wi-Fiマルチパック」は、上記でご紹介したレンタルする機器「光BBユニット」でWi-Fiが利用できるようになるオプションです。

管理人
地デジチューナー(R)を利用してスマホなどで地デジを見る為に必要な契約は「ソフトバンク光」「光BBユニットのレンタル」「Wi-Fiマルチパック」の3つなんですね。

地デジチューナー(R)の料金について

ソフトバンク光でスマホやタブレット端末で地デジ出来るサービスを利用する為には、上記でご紹介したように「地デジチューナー(R)」という機器のレンタルが必要です。

そこでここからは、ソフトバンク光の地デジチューナー(R)を利用する為に必要な料金など費用をご紹介します。

※下記の料金は税別です。

地デジチューナー(R)の料金

ソフトバンク光のオプション「地デジチューナー(R)」は月額934円です。

地デジチューナー(R) 月額934円

この料金はソフトバンク光でスマホなどで地デジが視聴出来るようになる「サービス料」ではありません。実は、この月額934円は「地デジチューナー(R)」という機器のレンタル料金です。

月額934円は機器のレンタル料金で結構高いです。

管理人
地デジチューナー(R)の料金は、オプション料金(サービス料)ではなく、機器のレンタル料金なんですね。

地デジチューナー(R)の解約には解約金が必要か

ソフトバンク光のオプション「地デジチューナー(R)」を契約している人が、地デジチューナー(R)だけ必要なく解約したいと思った場合、解約に伴う解約金は必要なのでしょうか?

ソフトバンク光の契約はそのままで「地デジチューナー(R)」だけを解約した場合には解約金の支払いは不要です。ただし、地デジチューナー(R)を解約した場合、機器はレンタルしているので返却が必要です。

ソフトバンク光のインターネット回線も同時に解約する場合には、ソフトバンク光の契約に対しての解約金は必要な場合があります。
管理人
ソフトバンク光の「地デジチューナー(R)」を契約する際は解約金は不要だけど、レンタルしていた機器は返却しないといけないんですね。

ソフトバンク光の地デジチューナー(R)は必要?不要?

「スマホやタブレットなどで地デジを見たい!」そう考えているソフトバンク光を契約している人は「地デジチューナー(R)」も検討しても良いかもしれません。

しかし、私はただ「スマホで地デジを見たい」というだけなら「地デジチューナー(R)」の契約は必要ないと思います。また、もし、既に地デジチューナー(R)を契約している人なら解約をおすすめします!

私が地デジチューナー(R)の「契約は不要」「解約をおすすめ」の理由は以下です。

機器のレンタル料金が高い

上記でもご紹介しましたが、月額934円はサービス対するものではありません。「地デジチューナー(R)」という機器のレンタル料金です。

地デジチューナー(R)という機器をレンタルするだけで月額934円は高過ぎます。

機器は購入しよう

実はソフトバンク光のスマホで地デジが見れるサービスに対する料金は無料です。

視聴する為に必要な地デジチューナー(R)という機器が必要なだけで、その機器をレンタルしているだけのソフトバンク光のオプションなのです。

実は「地デジチューナー(R)」はレンタルしなくてもAmazonで10,000円程度で販売されています。

地デジチューナー(R)のレンタル料は月額934円(税込1,008円)です。地デジチューナー(R)はAmazonで10,000円以下で購入出来ますので、10ヶ月以上レンタルするのであれば購入が絶対お得です。

地デジチューナー(R)の購入はこちら(Amazon)

管理人
高額なレンタル料金を毎月長期間支払うのであれば、購入した方が格安ですね。

モバイル地デジチューナーがおすすめ!

iPhoneやiPadでは地デジやワンセグが見れません。その為、ソフトバンク光の地デジチューナー(R)もいいかもしれません。しかし、さらに手軽にiPhoneやiPadで地デジを見る方法があります。

その方法とは「モバイル地デジチューナー」です。

ピクセラ社のモバイル地デジチューナー

上記写真は、ピクセラというメーカーから発売されている「モバイル地デジチューナー」です。これをiPhoneやiPadに挿すとだけでテレビが視聴可能となります。

当然、自宅でも外出先でも地デジが視聴可能です。

ピクセラ「PIX-DT350N」

実は、上記写真のモバイル地デジチューナー「PIX-DT350N」のメーカー「ピクセラ」は、ソフトバンク光でレンタル出来る機器「地デジチューナー(R)」を製造しているまったく同じメーカーです。

PIX-DT350Nの購入はこちら(Amazon)

管理人
お手軽にiOS(iPhone/iPad)で地デジの視聴を始めたいのであれば、このモバイル地デジチューナーで十分かもしれませんね。

まとめ

今回はソフトバンク光のオプションサービス「地デジチューナー(R)」をご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?地デジチューナー(R)という機器をソフトバンク光でレンタルする事で、スマホやタブレットで地デジが視聴出来るようになる事がご理解頂けたでしょう。また、外出先でもWi-Fi環境があれば地デジの視聴が可能ですし、録画予約も可能です。ただ、地デジチューナー(R)の機器レンタル月額料金が高いですね。もし、iPhoneなどiOSで地デジを視聴したいだけなら、ソフトバンク光から地デジチューナー(R)をレンタルせずにモバイル地デジチューナーで十分かもしれません。

ソフトバンク光の新規契約はこちら
代理店キャンペーンサイト

【2018年12月版】ソフトバンク光キャッシュバック比較方法とおすすめキャンペーンサイト!

2017.12.26

ソフトバンク光テレビ視聴サービスの料金や工事について。スカパーも見れる?

2017.12.21

ソフトバンク光ルーター(BBユニット)が繋がらない時の解決方法

2017.12.19

ソフトバンク光の料金が高い理由と安くする方法

2016.08.18

スポンサーリンク