ソフトバンク光の「がっちりパック」は解約せよ!がっちりパックのオプション内容と解約方法はこちら!

ソフトバンク光が高いので請求料金を確認してみると「がっちりパック」という謎の有料オプションの請求があった人がいるようです。この「がっちりパック」というオプションはSoftBankが提供していません。なのに何故、ソフトバンク光の料金と合算されて請求があるのでしょうか?

そこで今回はソフトバンク光の料金を圧迫している「がっちりパック」はどんなオプションなのか、どの会社が提供していて料金はいくらなのか、何故このようなオプションに加入させられているのかの理由、そして解約方法などを詳しくご紹介したいと思います。

ソフトバンク光の料金明細で「がっちりパック」があった人は最後までお読みください。必ずあなたを救う内容になっています。

ソフトバンク光に合算請求されている「がっちりパック」とは

「ソフトバンク光の料金明細を確認したら、がっちりパックというオプションに加入させられていた!」きっとあなたもそのような経験でこのページに訪れているはずです。

そんなあなたは残念ながら騙された可能性があります。「えっ?どこから騙されたの?」と思ったことでしょう。その理由は後でじっくりとご紹介するとして、まずはソフトバンク光に合算請求されている「がっちりパック」というオプションについてご紹介します。

スポンサーリンク

がっちりパックはソフトバンク光のオプションではない

いきなり驚くような事実をご紹介します。

「がっちりパック」という有料オプションはソフトバンク光のオプションではありません!

「でも、ソフトバンク光の料金と合わせて請求が来ている!」そう思った人もいるかもしれませんが、「がっちりパック」はSoftBankが提供するサービスでもなければ、ソフトバンク光のオプションでもありません。

がっちりパックはSoftBankのオプションでない!?

ソフトバンク光の料金と一緒に「がっちりパック」も料金も請求されているのに、SoftBankが提供しているオプションではない・・・もう意味が解りませんよね。

何故「がっちりパック」はSoftBankとは関係ないのに、ソフトバンク光と合算請求があるのかは後で詳しくご紹介します。

管理人
がっちりパックという有料オプションサービスは、SoftBankが提供しているオプションサービスでない事実をまず知っておきましょう。

がっちりパックとは

そもそも「がっちりパック」という有料オプションはどんなサービスなのでしょうか?

この「がっちりパック」という有料サービスを提供しているのは、SoftBankではなく「Toppa!(トッパ)」というプロバイダ会社です。

ソフトバンク光のプロバイダは「Yahoo!BB」限定です。でも、何故関係ないプロバイダ「Toppa!」のサービスに加入させれているのでしょうか?これも後で詳しくご紹介します。

※以下、金額はすべて税抜です。

サービス名 がっちりパック
提供会社 プロバイダ「Toppa!」
(株式会社Hi-Bit)
月額料金 ・がっちりパック(N):980円
・がっちりパック:900円

がっちりパックには「がっちりパック(N)」と「がっちりパック」の2種類があります。がっちりパック(N)は2016年1月5日で受付終了、がっちりパックは2014年3月31日に受付終了しています。

それぞれ月額料金は980円・900円と結構高額な有料オプションです。

「がっちりパック」のオプション内容を書くと長くなるので省略しますが、簡単に言うとパソコンやインターネットなどのトラブルを解決してくれるオプションがセットになっています。

管理人
がっちりパックはソフトバンク光のオプションではなく、プロバイダのToppa!が提供していて、パソコンなどのトラブルを解決する数個のオプションがセットになっているんですね。
がっちりパックを提供するToppa!(株式会社Hi-Bit)は、SoftBankグループでも子会社でもありません。まったくSoftBankとは関係ない会社です。

ソフトバンク光とは関係ない「がっちりパック」の解約方法

もうご理解頂けていると思いますが上記でもご紹介したように「がっちりパック」はSoftBankが提供するソフトバンク光の有料オプションではありません。

その為、SoftBankに「がっちりパック」の解約の連絡をしても解約出来ません。

では、どこにがっちりパックの解約を申し出れば良いのでしょうか?

がっちりパックの解約方法

ソフトバンク光と合算請求されている「がっちりパック」の解約はSoftBankではなく提供会社であるToppa!へ電話にて解約手続きをしなければなりません。

Toppa!サポートセンター
(携帯電話の場合)0570-783-108
(携帯電話以外)0120-344-108
受付時間:10時〜18時

上記のToppa!サポートセンターへ電話をして、がっちりパックを解約手続きをした事をオペレーターへ伝えると手続き可能です。ソフトバンク光と合算されてがっちりパックの請求が来ている人は、その旨もオペレーターへ伝えましょう。

管理人
「がっちりパック」にあなたが契約している事について、Toppa!は全然悪くありません。Toppa!やSoftBank以外に、あなたが「がっちりパック」に契約させられている黒幕がいます。

スポンサーリンク

がっちりパックの料金がソフトバンク光と合算請求がある理由

ソフトバンク光の月額料金が予想以上に高くて明細を調べてみると「がっちりパック」という高額な有料オプションの支払いが原因だった人が多いようです。

ソフトバンク光と合算請求されている

上記が画像のようにソフトバンク光の請求明細を確認すると「がっちりパック利用料金」などの名目で980円(税込:1,058円)もソフトバンク光の月額料金とは別に請求されている人が多いのです。

しかし、上記で散々ご紹介したように、「がっちりパック」はSoftBank提供のソフトバンク光の有料オプションではありません。では、どうしてソフトバンク光と合算請求されているのでしょうか?

がっちりパックの料金をSoftBankが代行請求しているだけ

SoftBankは携帯電話やスマホの料金、ソフトバンク光の料金などと一緒に、SoftBank以外の他社サービスの料金を代行するサービスを行っています。

その他社サービスの料金を代わりに代行して請求するSoftBankのサービスを「他社サービス利用料金回収代行」と言います。

その証拠としてソフトバンク光の明細を確認すると解ります。

他社料金を代行するサービス

上記画像のように「がっちりパック」の請求料金の上に「他社サービス利用料金回収代行」と記載がありますね。

これはあなたが契約した(契約したと思っていないと思いますが)Toppa!が提供するオプション「がっちりパック」の料金をSoftBankToppa!の代わりにソフトバンク光の料金と共に代行請求している形になっています。
管理人
SoftBankはあなたが契約したToppa!の「がっちりパック」の料金をToppa!の代行で請求してあげているだけなんですね。

いつ「がっちりパック」を契約してしまったのか

9割の人が「がっちりパック」を契約した記憶がないと思います。ソフトバンク光の請求額が高いので調べてみたら「がっちりパック」と契約していた事実を知る人も多いと思います。

ソフトバンク光だけを契約したはずなのに、何故あなたはSoftBankと関係ないToppa!が提供する「がっちりパック」を契約させられて、さらにソフトバンク光の料金と合算請求されているのでしょうか?

それは、詐欺のような手口を使う「悪質な代理店」が黒幕です。

初心者を騙す悪質な代理店で申し込んだ可能性

あなたはソフトバンク光を申し込む際に「最大70,000円キャッシュバック!」と記載があるようなキャンペーンサイトで手続きした記憶がありませんか?

ソフトバンク光だけを純粋に契約した際は通常30,000円程度のキャッシュバックが限界です。70,000円などの高額なキャッシュバックは絶対に出来ません。

「ソフトバンク光契約で30,000円キャッシュバック!」
「ソフトバンク光契約で最大70,000円キャッシュバック!」

このような2つの謳い文句がある場合、インターネット初心者の人は「70,000円」の方で申し込んでしまいますよね。仕方がありません。しかし、その裏でソフトバンク光の契約以外にも「がっちりパック」をはじめとする様々な有料オプションも契約する事がキャッシュバックの条件だったりします。

悪質な代理店が行う詐欺のような手口です。

そんな事とは知らない初心者の人は言われるがまま契約を進めて「ソフトバンク光以外に実はがっちりパックも契約させられいた」可能性があります。

結論から言えば、魅力的なキャッシュバック額を提示して、実は「がっちりパック」の契約もキャッシュバックの条件という、悪質な詐欺のような代理店からあなたはソフトバンク光を申し込んでしまった。という事になります。

「株式会社ネットナビ」が実施していた手口

様々、インターネットで検索してソフトバンク光などネット回線を契約しただけなのに「がっちりパック」も契約させられていた人の口コミを調査してみました。

すると、株式会社ネットナビが「がっちりパック」の契約を条件にキャッシュバックを高額に見せて、ソフトバンク光の契約を取っているようです。(孫さんに言わないと!)もともとネットナビという会社は評判が悪い代理店で有名です。

ネットナビ社は以前からソフトバンク光以外にもフレッツ光などのネット回線の契約で「がっちりパック」の契約を条件にキャッシュバックを高額に見せていたようです。その証拠が以下の口コミです。

引用:jpnumber.com/freedial/numberinfo_0120_157_787.html

上記の口コミで解るように、既に2015年からネットナビ社は、無駄な有料オプションを強引に契約させているようです。がっちりパックまで契約させられた、と口コミでありますね。

また、ヤフー知恵袋にも以下のような相談がありました。

引用:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14142603729

ヤフー知恵袋に相談している人も、ネットナビのキャッシュバックに釣られてフレッツ光を申し込んだ人ですね。そして、がっちりパックの「利用開始の案内書」が突然送られてきたと。でも、ネットナビのオペレーターは「がっちりパック」の説明はなかった。そんな質問内容ですね。

このように、ソフトバンク光を悪質な代理店から申し込んで、あなたの知らないうちに「がっちりパック」を契約させられていた可能性が99%です。そうです、あなたはキャッシュバック額に魅力を感じて悪質な代理店からソフトバンク光を申し込んでしまったのです。

この件に関して、あなたは悪くありません。騙されたようなものです。SoftBankも悪くありませんし、がっちりパックを提供しているToppa!も悪くありません。一番悪い黒幕は、知らないうちに説明もなくキャッシュバックの条件として「がっちりパック」を契約していた悪質な代理店です。

まとめ

今回はソフトバンク光の月額料金と合算されて請求されている被害者が多い「がっちりパック」というオプションについて詳しくご紹介してきましたがいかがだったでしょうか?「がっちりパック」はSoftBankが提供するソフトバンク光の有料オプションではなく、Toppa!というSoftBankとは関係ないプロバイダのオプションだという事がご理解頂けたと思います。正直、このオプションは世界で一番必要がないオプションですので即刻解約しましょう。「がっちりパック」はソフトバンク光と合算請求されているのでSoftBankに解約手続きをすればいいようなものですが、SoftBankでは解約出来ません。「がっちりパック」はあなたとToppa!間の契約なので解約手続きはToppa!に電話をするしかありません。SoftBankはToppa!の代わりに「がっちりパック」の料金を代行請求してあげているだけです。しかし、なぜ「がっちりパック」という世界一必要ないオプションに契約させられているのかの一番の理由は、あなたが高額キャッシュバックを提示している悪質な代理店でソフトバンク光を申し込んでしまったのが原因です。今までの「がっちりパック」の料金を悪質代理店へ請求したい気持ちは解りますが、きっと見えないような小さな文字で「がっちりパック」の契約がキャッシュバックの条件と記載があるか、悪質代理店のオペレーターが「がっちりパックがキャッシュバックの条件です」と簡単に説明している可能性があるので訴えても負ける可能性があります。最後にもう一度言いますが、残念ながらあなたがソフトバンク光を申し込んだ悪質代理店が「がっちりパック」を申し込んでいます。即刻、今すぐ「がっちりパック」の解約をToppa!に電話をして手続きしてください!

【2018年10月版】ソフトバンク光キャッシュバック比較方法とおすすめキャンペーンサイト!

2017.12.26

ソフトバンク光テレビ視聴サービスの料金や工事について。スカパーも見れる?

2017.12.21

ソフトバンク光ルーター(BBユニット)が繋がらない時の解決方法

2017.12.19

ソフトバンク光の料金が高い理由と安くする方法

2016.08.18

スポンサーリンク