【乗り換え】ドコモ光からソフトバンク光へ 光コラボ間の転用できる?

現在、ドコモ光やソフトバンク光を筆頭に光コラボレーションと呼ばれているインターネット接続サービスに人気が集まっています。光コラボレーションは、NTTフレッツ光を利用している人は「転用」と呼ばれる簡単な手続きだけで乗り換えることができるため、大変多くの人たちが利用しているサービスです。

しかし、光コラボレーションへ転用した後、再度違う光コラボレーション事業者へ転用(乗り換え)が可能なのか疑問に思っている人もたくさんいるようです。

そこで今回は光コラボレーションの簡単な基礎知識や「ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換える」といったような光コラボレーションの間の乗り換えは可能なのかなどを調査してみたいと思います。

長文ですがすべてお読み頂くと初心者の方でもご理解いただけるように解りやすく解説しております。

この記事はドコモ光からソフトバンク光への乗り換え方法の情報ですが、
逆に、ソフトバンク光からドコモ光への乗り換える方も参考になります。

フレッツ光から光コラボへの転用は簡単

このページをご覧いただいているということは、現在、光コラボレーションでインターネットを利用していて、他の光コラボレーションへ乗り換えようと考えている人だと思います。

光コラボレーション事業者は100社以上と言われており、大手では「ドコモ光」「ソフトバンク光」「ソネット光」「ビッグローブ光」「OCN光」などです。

NTTのフレッツ光を利用している人は「転用」という簡単な手続きだけで、光コラボレーションへ乗り換えることが可能です。

スポンサーリンク

NTTフレッツ光も光コラボも同じ光回線を使用

NTT東日本とNTT西日本が提供するインターネット接続サービス「フレッツ光」。このフレッツ光は光ファイバーと呼ばれる高速でインターネットが可能な回線を利用して提供されています。

回線はNTT所有の光ファイバー

フレッツ光で利用される光ファイバー回線はNTTが所有しているものです。

では、光コラボレーションの場合はどうなるのでしょうか?
ソフトバンク光で例えると以下のような図になります。

ソフトバンク光など光コラボの回線もNTT

実はソフトバンク光で利用される光ファイバー回線もフレッツ光同様にNTTが所有する回線を借りて提供されています。もちろん、ソフトバンク光以外の光コラボレーション事業者も同様にNTTから回線を借りています。

その為、フレッツ光を利用していた人はドコモ光やソフトバンク光などの光コラボレーションへ転用(乗り換え)しても、回線はそのまま利用するので簡単な手続きだけでOKなのです。

もちろん、フレッツ光から光コラボレーションへの転用はフレッツ光で利用していた回線をそのまま利用するので、回線を引き込むような工事は必要ありません。

 

光コラボから光コラボへ乗り換え可能?

ここから本題となります。

フレッツ光から光コラボレーション事業者への乗り換えは「転用」という手続きで簡単でした。しかし、光コラボレーション事業者から光コラボレーション事業者へ乗り換えられるのでしょうか?

ここでは解りやすくするための例として「ドコモ光」から「ソフトバンク光」へ乗り換えられるか、そしてどんな手続きが必要かをご紹介したいと思います。

ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換え後の回線は同じ?

ドコモ光もソフトバンク光もどちらもNTTの光ファイバー回線を利用して提供されています。

ドコモ光もソフトバンク光も同じNTTの回線を利用

「なんだ、同じNTT回線だから転用のように手続きが簡単なのね」と思った人は大間違いです。

実は、ドコモ光で割り当てられた回線はドコモ光でしか利用できません。逆に、ソフトバンク光で割り当てられた回線はソフトバンク光でしか利用できないのです。

管理人
ドコモ光で利用していた回線をそのままソフトバンク光で再利用することが不可能。ソフトバンク光で利用していた回線をそのままドコモ光で再利用することも不可能なんですね。

光コラボレーション事業者は、同じNTTの光ファイバー回線を借りて使用していますが、各光コラボレーション事業者へそれぞれ回線が割り当てられているのです。

その為、今までドコモ光で利用してた回線をソフトバンク光でそのまま使える訳ではないのです。

転用ではなくソフトバンク光新規契約、ドコモ光解約

ということで、上記で例えていた「ドコモ光からソフトバンク光」へ乗り換える場合は、今まで利用していたドコモ光の光ファイバー回線を転用のように再利用できません。その為、ソフトバンク光を新たに新規契約をして、ドコモ光を解約する手続きが必要です。

逆に「ソフトバンク光からドコモ光」へ乗り換える場合は、ドコモ光を新規契約してソフトバンク光を解約する手続きが必要になるわけです。

管理人
フレッツ光からドコモ光やソフトバンク光への乗り換えは転用という手続きで簡単。しかし、「ドコモ光からソフトバンク光」、「ソフトバンク光からドコモ光」のように光コラボ間の乗り換えは、一旦解約してから新規申し込みをしないといけないんですね。

ドコモ光からソフトバンク光の乗り換えは工事が必要

上記でご紹介したように、各光コラボレーション事業者へ光回線がNTTから割り当てられているために、光コラボレーション間の乗り換えには再度工事が必要になります。

光コラボ間の乗り換えはそのまま回線を利用できず、再度工事が必要

ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換える場合、その逆のソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える場合、また、その他の事業者、ビックローブ光からドコモ光へ乗り換える場合などなど、光コラボレーション間の乗り換えには、その光コラボレーション事業者へ割り当てられた回線を引き込むための工事がどうしても必要になるのです。

管理人
現在契約中の光コラボの回線は再利用できないので、乗り換える光コラボの回線を自宅へ引き込む工事が必要なんですね。

ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換える方法

光コラボレーション事業者間の乗り換えは、NTTフレッツ光から光コラボレーションへ転用した時のように簡単な手続きだけでは乗り換えることが出来ません。

光コラボレーション事業者間の乗り換える方法をドコモ光からソフトバンク光へ乗り換えた場合に例えてご紹介していきます。以下の乗り換える方法はどの光コラボレーション間の乗り換えも同じ流れになります。

Step1.ソフトバンク光へ新規契約の申し込みをする

現在利用している光コラボレーション(ここではドコモ光)をすぐに解約してしまうと、インターネットが利用できない期間が出てしまいます。その為、まずは乗り換える先(ここではソフトバンク光)へ新規契約の申し込みが必要です。

ソフトバンク光のオススメ申し込みサイト

上記画像は、ソフトバンク光の正規代理店である株式会社NEXT(ネクスト)さんのホームページです。こちらからソフトバンク光の新規申し込みを行うと32,000円もキャッシュバックしてくれますので大変オススメです。

株式会社NEXT正規代理店サイトはこちら

Step2.ソフトバンク光の工事日を決定する

上記でご紹介した正規代理店のホームページからソフトバンク光を申し込むと、ソフトバンク光で利用するための光ファイバー回線を開通するための工事日の打ち合わせを電話で行います。

工事日については光ファイバー回線の所有であるNTTの工事業者から電話が後日あり、「○月○日の○時ごろは可能でしょうか」と工事可能な日時を提示され、あなたがご自宅にいる日を指定しましょう。

Step3.ドコモ光へ解約を伝える

工事日まで決まると、ドコモ光へ「ソフトバンク光へ乗り換える」ため解約の旨を伝えます。ついでにソフトバンク光の工事日も伝えるとよいでしょう。工事日か工事日の後日を解約日にすればインターネットが使えない時期がなくなりますよね。

ドコモ光を解約する時期によっては、ドコモへ以下のような違約金(解約金)を支払わなくてはなりません。

  • マンションタイプ8,000円
  • 戸建タイプ15,000円

もし違約金(解約金)があっても安心してください!

ソフトバンク光の場合、他社から乗り換える人が以前使っていた光コラボレーションの解約の際に支払った違約金(解約金)を満額を還元してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施していますので実質無料です。

Step4.ソフトバンク光開通工事及びドコモ光の撤去工事

電話で打ち合わせた日時にソフトバンク光の開通工事が行われます。

約1時間程度の工事が行われます。

その開通工事の時に同じ工事業者が以前使っていたドコモ光の光ファイバーの撤去工事も同時に行われることがほとんどです。ソフトバンク光の開通工事もドコモ光の撤去工事も同時に行うわけです。

ドコモ光の撤去工事には工事費用が別途請求される場合があります。しかし、ソフトバンク光なら上記でもご紹介した「あんしん乗り換えキャンペーン」で撤去工事費用も満額還元してくれますので実質無料です。

Step5.ソフトバンク光へ無事乗り換え完了

ソフトバンク光の開通工事とドコモ光の撤去工事が完了すれば、無事にソフトバンク光へ乗り換えが完了します。

なんだか難しそうに思うかもしれませんが、意外に簡単ですし、ソフトバンク光へ乗り換える場合は、解約金や撤去工事など乗り換える場合に必要な費用は満額還元してくれるので実質無料で乗り換えられますね。

ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換え費用まとめ

同じ光コラボレーション同士のドコモ光からソフトバンク光へ乗り換える際、上記でもご紹介したようにドコモ光の違約金(解約金)やソフトバンク光で利用する光回線の開通工事費用などが必要になります。そこで、ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換えた場合の費用をまとめてみました。

乗り換えに伴う工事費用

上記でも散々ご紹介しましたが、光コラボレーション間の乗り換えは、今まで利用してきた光ファイバー回線を再利用できないため、新たに乗り換える光コラボレーション先で利用できる光ファイバー回線を引き込む工事が必要です。

ソフトバンク光の場合の工事費用は以下。

一戸建ての
工事費
24,000円
(立ち合いが必要)
集合住宅の
工事費
屋外工事あり
宅内工事あり
24,000円
屋外工事なし
宅内工事あり
9,600円

ソフトバンク光へ乗り換える際の工事費用は上記表のように最大でも24,000円が必要です。

しかし、ソフトバンク光では新規契約すると「24,000円商品券プレゼント」や「工事費無料キャンペーン」などを行っている場合が多く、工事費用は実質無料になることが多くありますので安心ですね。

解約に伴う違約金(解約金)

ドコモ光を利用している人の多くは「2年間の自動更新プラン」で契約しています。その為、契約してから24ヶ月目の月に解約すると違約金(解約金)は必要ありません。

しかし、それ以外の月にドコモ光を解約すると以下の違約金(解約金)が必要です。

戸建てタイプの
解約金
13,000円
マンションタイプの
解約金
8,000円

乗り換えに伴うドコモ光の解約金は、戸建てタイプ(一戸建て)の場合は13,000円、マンションタイプ(集合住宅)の場合は8,000円をドコモへ支払わなくてはなりません。

しかし、ソフトバンク光ではドコモ光のような他のサービスから新規で乗り換えた際に支払った解約金を還元してくれる「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施してるので、解約金は実質無料になります。

以前の回線撤去工事費用

ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換えた場合、ドコモ光の光ファイバー回線を撤去する工事が必要になります。ほとんどの場合、撤去するための撤去工事費用は無料になることが多いです。

しかし、もし撤去費用が必要になった場合でもソフトバンク光では「あんしん乗り換えキャンペーン」を実施しているので、撤去工事で支払った工事費も満額還元してくれるため、撤去工事費用は実質無料になります。

まとめ

今回は「ドコモ光からソフトバンク光へ乗り換え」のように、光コラボレーション間での乗り換えについて調査してみましたがいかがだったでしょうか?

光コラボレーション間では転用は出来ず、今まで利用していたサービスを解約して、これから利用するサービスを新規契約することで乗り換えられることが解りました。また、利用していた光コラボレーションの回線は再利用できないため、新規契約する光コラボレーションで利用する回線の開通工事が再度必要であることも解りました。

ソフトバンク光へ乗り換える場合は、乗り換える際の様々な費用を還元してくれるキャンペーンをソフトバンクが行っているため、負担なく乗り換えることができますね。

ソフトバンク光の新規申し込み
今なら32,000円キャッシュバック中!
詳細はこちら

【2018年12月版】ソフトバンク光キャッシュバック比較方法とおすすめキャンペーンサイト!

2017.12.26

ソフトバンク光テレビ視聴サービスの料金や工事について。スカパーも見れる?

2017.12.21

ソフトバンク光ルーター(BBユニット)が繋がらない時の解決方法

2017.12.19

ソフトバンク光の料金が高い理由と安くする方法

2016.08.18

スポンサーリンク