安心して光回線へ乗り換えよう!違約金負担キャンペーンやおすすめの光回線乗り換え先まとめ!

インターネットの速度が速く快適に利用できる光回線へ乗り換えようと考えてる人もたくさんいるでしょう。しかし、現在利用中のADSLやWiMAX、ポケットWiFiなど速度が遅いサービスを解約すると違約金の支払いが必要だったり、料金やキャンペーンなど選択肢がたくさんあって、どの光回線へ乗り換えてよいのか解りづらくて困りますよね。

そこで今回は、光回線以外のインターネット接続サービスを利用している人向けに、おすすめの光回線サービスやキャッシュバックキャンペーンなどお得の乗り換えられる方法など、乗り換えに関する情報をまとめてみました。

長文ですが、初心者の人でも解りやすく光回線へ乗り換えられる情報です。

速度が速い光回線へ乗り換えよう

光回線へ乗り換え方法やキャンペーンなどをご紹介する前に、まず様々あるインターネットの接続方法を復習の意味を込めてご紹介したいと思います。

「インターネット接続サービス」と一言で言っても、様々な方法(回線)でネット接続するサービスが存在しています。

インターネットの接続方法は様々ある

光回線は光ファイバーという回線(有線)を利用して提供されていますが、その他にもADSLやISDNといった速度が遅い回線やWiMAXやポケットWiFiなど電波を利用した速度が遅いサービスなどがあります。

他のサービスから光回線へ乗り換える

上記でご紹介したようにインターネットに接続する回線は「光回線」や「ADSL回線」「電波」などなど様々あります。その様々あるインターネットに接続する回線で最も速度が安定して速いのが「光回線」を利用したサービスです。

その為、速度が遅いADSLや電波を利用するWiMAXやポケットWiFiから速度が速い光回線へ乗り換える人が多くいるのです。

きっとあなたもその1人だと思います。

おすすめ光回線サービスは一体どこがよい?

「光回線のインターネットサービスへ乗り換えたい」と思っても、光回線を利用したインターネット接続サービスはたくさんあり、どこがいいのか解りませんよね。

光回線のサービスは、NTTのフレッツ光やauひかり、ソフトバンク光、ドコモ光、ビッグローブ光、nifty光、コミュファ光…などなど、サービス名を挙げればきりがありません。

そこで、私が光回線へ乗り換えを希望するあなたへおすすめする光回線を利用したインターネット接続サービスを以下で詳しくご紹介したいと思います。

管理人
速度が遅い光回線以外のインターネット接続サービスから、速度が速い光回線を利用したインターネット接続サービスへ乗り換える初心者の人に向けた情報を以下でご紹介していきます。

携帯電話会社が提供する光回線へ乗り換え

今や一人に1台の携帯電話やスマートフォンを契約して所有している時代ですよね。きっと、携帯電話やスマホを持っていない人は少ないはずです。

そこで、どこの光回線へ乗り換えてよいか解らない人に一番おすすめなのがドコモ、au、そしてソフトバンクの携帯電話会社が提供している光回線サービスへの乗り換えです。

ドコモ・au・ソフトバンクの光回線サービス

大手携帯電話会社である「ドコモ」「au」「ソフトバンク」は携帯電話やスマホの通話サービス以外にも、光回線を利用したインターネットサービスを提供しています。

携帯会社 NTT docomo KDDI  SoftBank
Y!mobile
光回線
サービス名
 ドコモ光  auひかり  ソフトバンク光

きっとあなたやあなたの家族も上記3社の携帯電話やスマホを契約していると思います。

光回線はどこへ乗り換えた方が良いか悩んだら、まずあなたが現在契約している携帯電話会社が提供する光回線サービスをおすすめします。

携帯会社の光回線はセット割でメリット

現在契約している携帯電話やスマホの会社が提供する光回線も契約することで「セット割」が適用する事ができます。

スマホ・携帯電話と光回線を両方利用でセット割

セット割とは、契約中のスマホ・携帯電話(通話)と自宅の光回線(インターネット)を両方で利用する事で、毎月の携帯電話料金が割引されるんです。

携帯会社 NTT docomo KDDI  SoftBank
Y!mobile
光回線
サービス名
 ドコモ光  auひかり  ソフトバンク光
セット割名 ドコモ光
セット割
auスマート
バリュー
おうち割
光セット

携帯電話会社各社でセット割の名前があり、ドコモ光の場合は「ドコモ光セット割」、auひかりの場合は「auスマートバリュー」、ソフトバンク光の場合は「おうち割 光セット」と呼んでいます。

セット割の条件や割引額などは各社で違いますので、詳しく説明すると解りづらくなるため省略しますが、セット割の最大のメリットは契約者以外にも契約者の家族のスマホ・携帯代も毎月割引対象に出来るので、携帯電話会社が提供する光回線へ乗り換える人が多くいる訳です。

管理人
どこの光回線へ乗り換えた方がいいのか解らない人は、契約中の携帯電話会社が提供する光回線サービスがおすすめですので、一度検討してみてはいかがでしょう。

各社セット割の詳細については、
以下のプロバイダや正規代理店キャンペーンサイトでご確認ください。


光回線の乗り換えに必要な違約金負担キャンペーン

いざ光回線へ乗り換えようと考えても、現在利用している光回線以外のインターネットサービスやプロバイダなどを解約しなければなりませんよね。

解約するためには高額な違約金の支払いが必要な場合もありなかなか乗り換えに至らない人も多いようです。

そんな人の為に光回線へ乗り換えてくれたら、現在利用中のサービスの解約の際に支払わなくてはならない違約金を負担してくれるキャンペーンを実施している場合があります。

ソフトバンク光違約金負担キャンペーン

ソフトバンク光では「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」という乗り換えの際の違約金負担を10万円までキャッシュバックしてくれるキャンペーンを実施しています。

引用:https://www.softbank.jp/ybb/campaigns/list/anshin-norikae01/

対象者 他社インターネットサービスから
ソフトバンク光へ乗り換えた人 
 キャッシュバック
対象
ソフトバンク光へ乗り換える前のサービスに対する
違約金・撤去費用・他社モバイルブロードバンド機種代金の残債
 負担額 最大10万円まで
但し、WiMAXやポケットWiFiなどのモバイル機種代金に対する
キャッシュバック金額は42,000円を上限
 対象外
サービス
ソフトバンクグループやソフトバンクと提携する
インターネットサービスからの乗り換えは対象外

他社の光回線やADSLなどのブロードバンドサービス、WiMAXなどのモバイルブロードバンドサービスからソフトバンク光へ乗り換えると、解約に必要だった違約金や撤去工事費を最大10円まで負担してくれるキャンペーンです。

ただし、ソフトバンクグループのYahoo!BBやY!mobile、提携するサービスからの乗り換えは対象外となるので注意しましょう。


auひかり違約金負担キャンペーン

auひかりでもソフトバンク光同様に他社サービスからの乗り換えで違約金を負担してくれるキャンペーン「auひかりスタートサポート」を実施しています。

引用:https://www.au.com/internet/campaign/

ソフトバンク光の「SoftBank あんしん乗り換えキャンペーン」はインターネットサービスのみの乗り換えで違約金を負担してくれますが、auひかりの「auひかりスタートサポート」の場合は有料オプションに別途加入しなければならないなど若干面倒にも思える条件があります。

対象者 他社インターネットサービスからauひかりへ乗り換えた人 
 キャッシュバック
対象
auひかりへ乗り換える前のサービスに対する違約金
 負担額 最大3万円まで
但し、WiMAXやポケットWiFiなどのモバイル機種代金に対する
キャッシュバック金額は42,000円を上限
 対象外
サービス
auスマートバリュー対象の他社FTTHサービス、
KDDIが指定するケーブルテレビ事業者サービスは対象外

上記でも触れましたが、auひかりのインターネットに乗り換えるだけでは違約金を負担してくれません。auひかりの「ネット」+「ひかり電話」+「電話オプションパック」の同時契約が違約金負担の条件となります。

【関連記事】auひかりスタートサポートプラスの対象条件詳細や違い、申請書などの注意点まとめ


高額キャッシュバックで光回線へお得に乗り換え

たくさんある光回線サービスは「ウチのサービスと契約してー!」と様々なお得なキャンペーンを加入者へ提供していますが、その中でも嬉しいキャンペーンがキャッシュバックです。もちろん、他社サービスから乗り換えて新規で契約する人もキャッシュバック対象となる場合があります。

ただ、公式サイトや携帯ショップ、家電量販店などで光回線を申し込んでも高額なキャッシュバックはもらえません。

高額なキャッシュバックが欲しいなら、
絶対に「正規代理店」のキャンペーンサイトが超おすすめです!

ドコモ光の高額キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光へ乗り換えるなら、プロバイダである「GMOとくとくBB」のキャンペーンサイトがおすすめです!とくとくBBのキャンペーンサイトでドコモ光を申し込むと最大で16,000円もキャッシュバックしてくれるキャンペーンを実施ています!

引用:https://gmobb.jp/lp/docomohikari/

新規契約
他社乗り換え
16,000円キャッシュバック
但し、関西エリアは11,000円
 フレッツ光から
転用
 16,000円キャッシュバック
 キャンペーン期間 2018年5月9日(水)12時~


auひかり正規代理店キャンペーン

auひかりへ乗り換える申し込みをするなら、KDDI正規代理店である株式会社NNコミュニケーションズのキャンペーンサイトがおすすめです!こちらのキャンペーンサイトでauひかりの申し込み手続きをすると、最大50,000円の高額キャッシュバックを実施しています。

新規契約
他社乗り換え
■ネット+光電話で
50,000円キャッシュバック
■ネットのみで
43,000円キャッシュバック
 条件 プロバイダを
So-netかBIGLOBEに選択した場合

ソフトバンク光正規代理店キャンペーン

ソフトバンク光もソフトバンクショップや家電量販店で申し込むと損しますよ。他社サービスからソフトバンク光へ乗り換える場合は正規代理店の株式会社NEXTのキャンペーンサイトがおすすめです。

キャンペーンサイトからソフトバンク光へ新規申し込みして開通すると30,000円もキャッシュバックしてくれるキャンペーンを実施しているんです。

新規契約
他社乗り換え
30,000円キャッシュバック
 フレッツ光から
転用
11,000円キャッシュバック
 キャンペーン期間 只今開催中!
管理人
光回線へ乗り換えの申し込みをする場合はむやみやたらに申し込むと損しますので、上記でご紹介したようにキャッシュバックが高額なキャンペーンサイトから手続きするとお得に乗り換えられますよ。

乗り換える光回線の料金・価格で比較!安いのはどこ?

上記では「携帯電話会社」と「キャンペーン」などから乗り換えにおすすめの光回線サービスをご紹介してきました。

ここからは毎月支払う月額料金から光回線を比較してみたいと思います。
光回線を利用したインターネットサービスをすべて比較すると解りづらくなるので、人気の一度は聞いた事があるサービスの料金のみを比較したいと思います。

携帯会社の光回線料金を比較

光回線 マンションタイプ
月額料金
戸建てタイプ
月額料金
 ドコモ光  4,000円
(タイプAの場合)
 5,200円
(タイプAの場合)
auひかり  3,800円  4,900円~5,100円
(ずっとギガ得プランの場合)
ソフトバンク光  3,800円  5,200円

携帯電話会社が提供する光回線のインターネットサービスですが、マンションの場合はauひかり・ソフトバンク光が月額3,800円で安いです。また、一戸建ての場合はauひかりのずっとギガ得プランで契約すると、ドコモ光やソフトバンク光よりも若干安いですね。

プロバイダ系の光回線料金を比較

光回線 マンションタイプ
月額料金
戸建てタイプ
月額料金
nifty光
【詳細はこちら】
3,490円
(3年契約)
4,510円
(3年契約)
ビッグローブ光
【詳細はこちら】
2,780円
(3年契約)
3,780円
(3年契約)
楽天ひかり
【詳細はこちら】
3,800円 4,800円
OCN光
【詳細こちら】
3,600円 5,100円

プロバイダが提供する光回線の月額料金ですが、通常2年契約を3年契約プランで契約するとビッグロープ光が安い事が解りますよね。その為、ビッグローブ光へ乗り換える人も結構いるようですが、3年という期間が長い契約である事には注意した方がいいでしょう。

 

光回線への乗り換え手順やタイミング

他社インターネットサービスから光回線へ乗り換える手順や時期・タイミングが解らない人もいるようですので、ここからは簡単に乗り換える時期はいつが良いのか、タイミングや手順などをご紹介したいと思います。

乗り換える時期とタイミング

引っ越しした際に光回線へ乗り換えるタイミングと考えて申し込みをする人もいますが、乗り換える人すべてが引っ越しするタイミングという訳には行きませんよね。

避けるべき時期

光回線の申し込みが殺到するのは引っ越しシーズンの4月です。
光回線は当然自宅へ光回線を引き込む工事が必ず必要ですが、申し込みが殺到する4月に乗り換えの申し込みをすると工事が1か月以上先になることもあります。

光回線の乗り換えを検討している人は4月頃を避けると工事も空いている場合があるので、開通する時期も予想しやすくていいですよ。

切り替えるタイミング

WiMAXやポケットWi-Fi、ADSLなどから光回線へ乗り換える申し込みをして直ぐに他社サービスを解約してしまうとインターネットに接続できない期間が生まれてしまいます。

それを避けるため、光回線の開通工事が終わってから、他社サービスを解約する(切り替える)タイミングです。

簡単な光回線の乗り換え流れ(手順)

どのような手順で光回線へ乗り換えるかの方法を簡単にご紹介します。

①申し込みをする

まず、乗り換えようと考えている光回線へ新規申し込みを行います。

上記でもご紹介しましたが、正規代理店キャンペーンサイトなどから申し込むと高額キャッシュバックが貰えるのでお得です。

②開通工事

自宅で利用する光回線を引き込む工事が行われます。約1時間程度の工事です。

③インターネット接続確認

開通工事が終わったら自分でパソコンやスマホなどの設定を行い、インターネットに接続できるかを確認しましょう。

④他社サービスを解約

無事にインターネットに接続できたら、今まで利用してきたインターネット接続サービスの解約手続きを行いましょう。

光回線へ乗り換えた後に考えられる注意点

最後に、光回線へ乗り換えると速度が速くなるのでいいのですが、現時点で考えられる注意点やデメリット、トラブルなどをご紹介したいと思います。

乗り換えの勧誘は注意せよ

「〇〇光へ乗り換えませんか?」
「□□光に乗り換えると料金が安くなります」

そんな電話での勧誘を受けたことがある人も多くいると思いますが、そのような勧誘から光回線を絶対に申し込まないようがよいです!

まず、キャッシュバックなどお得なキャンペーンがないです。彼らもボランティアではなくビジネスで勧誘しています。美味しい話には裏があるものですよ。

さらには今までのインターネットサービスよりも料金が高くなってしまう事も考えられます。

 

電話番号やメールアドレスが変わる

光回線のサービスはインターネットの他にも「ひかり電話」もあります。現在利用している固定電話の電話番号がひかり電話だと引き継げない場合もあります。

また、現在利用しているプロバイダのメールアドレスが光回線へ乗り換えると使えなくなる場合もありますので注意しておきたい点です。

光回線の契約期間は基本2年間

ほとんどの光回線のインターネットサービスの契約期間は2年間、長くて3年間になります。

今利用しているインターネットサービスには契約期間がない事も考えれ、光回線が2年契約の自動更新である事を知らずに契約して2年以内に解約すると違約金を取られます。

これから乗り換えを検討している光回線サービスは何年契約なのかも注意して契約しておきましょう。合わせて契約期間中の解約に伴う違約金はいくらかも確認しておきましょう。

まとめ

今回は光回線のインターネットサービスを現在契約中で、これから光回線へ乗り換えようと考えてる初心者の人向けて、おすすめの光回線やキャッシュバック、違約金負担に関するキャンペーンなど、乗り換えに関する情報をまとめてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?長文にはなりましたがこれから光回線へ他ネットサービスから乗り換えを検討している人には有意義な情報となったと思います。ぜひ、速度の速い光回線にお得に乗り換えて快適なインターネットライフを過ごしてくださいね。

おすすめのネットサービス
一括キャンペーン比較はこちら