一人暮らしにおすすめのインターネット契約とは(初心者向け)

これから一人暮らしを始める人、そして始めた人は自宅で新しくインターネット契約も考えているのではないでしょうか?今の時代、インターネットがない生活は考えられませんよね。しかし、インターネット接続サービスはたくさんあり過ぎてどこで契約すればよいか悩んでしまいます。

そこで今回は一人暮らしの自宅でおすすめの様々なインターネット接続サービスをご紹介して、メリットやデメリット、毎月の月額料金や他社インターネットサービスの違いなど初心者の人でも解りやすく解説してみたいと思います。

設定簡単で工事不要!
一人暮らしにSoftBank Air
詳細はこちら

インターネットは一人暮らしでも必要?

現在、ほとんどの人がスマートフォンや携帯電話を所有しているので、一人暮らしの自宅でインターネット回線の必要性をあまり感じていない人も多いようです。

しかし、ほとんどのスマートフォンではデータ通信量(パケット通信量)が7GBを超えると速度制限されて、速度がとても遅くなります。

スマホは速度制限がある

インターネットで動画を見たり音楽を楽しむ機会が多い人は、7GBのデータ通信量を超えて速度が遅くなり、追加でパケットを購入した経験がある人も多いはずです。

毎月スマートフォンのデータ(パケット)通信量を気にせずにインターネットを利用するためにも、一人暮らしを始めるご自宅でも新たにインターネット契約をおすすめします。

一人暮らしの人におすすめのインターネット契約

特にインターネット回線に詳しくない初心者の人にとっては、自分に合ったインターネット接続サービスはどこなのか解りませんよね。

インターネットに接続してくれるサービスはたくさんあり過ぎます。
そこで、一人暮らしの人におすすめのインターネット接続サービスをいくつか挙げてみたいと思います。

速度重視なら光回線のインターネット

一人暮らしの自宅で速度を重視したいという人は「光ファイバー回線」を利用したインターネット契約がおすすめです。

光ファイバー回線は電話回線同様に電柱をつたって自宅の近所まで来ている高速でインターネットができる回線です。

電柱から光回線を自宅へ引き込む

スマートフォンのように電波を利用せず、回線を利用するので安定した速度が出るのでインターネットをサクサク利用できる点がメリットです。ただ、最初だけ自宅の部屋に光回線を引き込む工事が必要になります。

このような光ファイバー回線を利用したインターネット契約でおすすめなのが以下の3つです。

  • ドコモ光
  • ソフトバンク光
  • auひかり

上記のインターネット接続サービスは、サービス名でもお解りのように携帯電話事業者が提供しているサービスです。スマートフォンと自宅の回線をセットで利用すると、毎月のスマートフォン代が割引になるセット割などがあります。

もし、スマートフォンがドコモならドコモ光、ソフトバンクならソフトバンク光、auならauひかりがおすすめですよ。

⇒ドコモ光の詳細はこちら

⇒ソフトバンク光の詳細はこちら

⇒auひかりの詳細はこちら

工事をしたくないならソフトバンクエアー

上記の光ファイバー回線のインターネット契約は、最初に回線を引き込む工事が必要です。しかし、一人暮らしの自宅で工事はしなくないという人はSoftBank Air(ソフトバンクエアー)というサービスがおすすめです。

ソフトバンクエアーというインターネットサービスは、光ファイバーのような回線を利用せず電波でインターネットに接続するサービスです。

ソフトバンクエアーは電波を利用するので工事不要

ソフトバンクエアーは、スマートフォンや携帯電話と同じように電波を使ってインターネットに接続するサービスですので工事をする必要がありません。

ソフトバンクエアーは「Airターミナル」と呼ばれる機器にコンセントを指すだけで、電波を受信して自宅内がWiFi環境になってしまいます。工事不要で複雑な設定も必要ないのでとても簡単なので一人暮らしの人にもおすすめです。

ただし、光ファイバー回線と比べると速度が遅く、電波を利用するのでインターネット接続が安定しない場合もあるところがデメリットです。

⇒ソフトバンクエアーの詳細はこちら

持ち運びもしたいならUQ WiMAX

一人暮らしを始める自宅以外の外出先でもインターネットをしたいという人ならUQ WiMAX(ユーキュー・ワイマックス)がおすすめです。

UQ WiMAXは、上記でご紹介したソフトバンクエアー同様に電波を利用してインターネットに接続するサービスです。しかし、ソフトバンクエアーと違う点は名刺サイズのWiFiルーターを利用するところです。

出典:http://www.uqwimax.jp/annai/news_release/201710232.html

上記写真のような名刺サイズの端末(WiFiルーター)が電波を受信してインターネットに接続できるため、持ち運びも出来て外出先でもインターネットが利用できるところがメリットです。

しかし、スマートフォンや携帯電話同様に電波のエリアがあります。もしエリア外だった場合は圏外になり利用できなくなる点がデメリットです。

⇒UQ WiMAXの詳細はこちら

おすすめ一人暮らしインターネット契約まとめ

上記では以下の3つのインターネット接続サービスのサービス内容やメリット・デメリットをご紹介してきましたが、解りやすいようにまとめてみました。

  • 光回線(ドコモ光、ソフトバンク光、auひかりなど)
  • 固定WiFiサービス(ソフトバンクエアー)
  • モバイルWiFiルーター(UQ WiMAXなど)

まずは、上記の3つのインターネット接続サービスの違いについて簡単に表にしてみました。

光回線
ドコモ光、ソフトバンク光、auひかり
固定WiFi
ソフトバンクエアー
モバイルWiFiルーター
UQ WiMAX
工事 必要 不要 不要
 持ち運び 不可 不可 可能
 速度 速い・安定
1Gbps(1000Mbps)
やや速い
最大350Mbps
やや速い
最大440Mbps
 提供エリア 全国的で問題なし 電波エリア内のみ 電波エリア内のみ

一人暮らしに必要ないと思うのはモバイルWiFiルーター

上記でご紹介した3つのインターネット契約ですが、個人的に一番必要ないと思うサービスはUQ WiMAXなどのモバイルWiFiルーターです。

現在、ほとんどの人がスマートフォンを持っているので外出先でインターネットをするには困りませんよね。外出先でパソコンを使う場合でもスマートフォンのテザリング機能を利用すればインターネットに接続できるのでモバイルWiFiルーターは必要ないように感じます。

一番おすすめ!一人暮らしのインターネット

UQ WiMAXなどのモバイルWiFiルーターの選択肢がなくなれば、ドコモ光・ソフトバンク光・auひかりなどの光回線のインターネット契約か、工事不要のソフトバンクエアーの2つのサービスがおすすめという事になります。

光回線のメリット・デメリット

光ファイバー回線は速度が速く安定している点が最大のメリットです。
デメリットと言えば、最初に回線を引き込む工事が必要という点です。

ソフトバンクエアーのメリット・デメリット

ソフトバンクエアーは電波を利用するインターネット契約ですので工事が不要な点がメリットです。デメリットは電波なので速度が安定しない点です。

ここで加入!auひかりなら
▼高額キャッシュバック中▼

まとめ

今回は一人暮らしのご自宅で利用するインターネット契約でどんなサービスがあるのか、それぞれのサービスの違いやメリットデメリットなどをご紹介してみましたがいかがだったでしょうか?今回ご紹介したインターネット契約はそれぞれ特徴が違います。一人暮らしの状況で一番自分にあったインターネットサービスだと感じるところと契約することをおすすめします。私個人的には、速度を重視した光ファイバー回線のインターネットがおすすめです。